2017-05

子育てをシンプルに vol.3 - 2017.02.04 Sat

そろそろ確定申告が近づいてきてしまいました。
締め切りのある原稿の仕事もけっこうプレッシャーですが、数字を扱うのが苦手な僕にとってこれはとてもしんどい作業です。それでもいまは会計ソフトがあるのでなんとかなっていますが、これのない時代だったらとてもじゃないけどお手上げです・・・・・・。


さて、vol.2からの続きです。

前回は「かわいがること」で形成される「他者への信頼感」をお話ししました。
「かわいがること」には他にも生み出すものがあります。






●成長への意欲、ものごとへ取り組むモチベーション、自信

子供からすると「かわいがられること」はそのまま「肯定」になっています。
普段から日常的に「かわいがられること」によって、肯定がたくさん積み重ねられることになります。

この状態にある子供はとても意欲的です。
僕が繰り返しお伝えしている「受容」にあたる行為ですね。

意欲的であるのは、遊びや生活面だけに留まりません。


成長そのものにも意欲的になるのです。

ちょっと逆の場合を考えてみましょう。
「受容」は子供のもつ本来的な欲求と言えます。
それがもらえない状態の子は、なんとかしてそれをもらわなければという焦燥に駆られます。
すると、そこで大人を困らせたり、大人からすると注意しなければならない姿が増えてきます。
子供の行動のベクトルがそちらに向いてしまって、前向きな成長に回す余裕がどんどん失われてしまいます。


「かわいがること」=「受容」=「肯定」によって、子供は無理なく成長の課題に自分から取り組み前進していくことができます。
その子は、そこに自分でも達成感を感じることができ、さらに普段からかわいがらってくれる人たちもその成長に気づき認めてもらえるので、好循環となっていきます。

大人が子供に「~~できるようにしなければ」「○○の能力を持たせなければ」、「~~の決まりを守れる子にしなければ」などのことは、そこを大人が過干渉をして子供に刷り込むような必要もなく「かわいがること」を基礎として身につけていくメカニズムを持っているのです。




●自己肯定感→生きる力

「かわいがられること」は短期的に見れば上のように、遊びや生活、そして成長への意欲と言うことができますが、人生という長いスパンでみたときそれは「自己肯定感」になっていきます。

屈託なく、自分に自信を持って生きられる下地が、幼少期の「かわいがられること」に端を発していると考えていいと思います。

「かわいがる」というありきたりにも見えるこのことは、その子が大人になった後も「生きる力」としてその人のあり方に反映していくわけです。



これらゆえに、子育てのたったひとつの大切なことは「かわいがること」であると言えるわけです。






こちらの子育て座談会はまだ若干名の空きがあるそうです。

子育てで心配していることや悩んでいることを僕に聞いてくれてもいいですし、一緒に子育てしている人と話してみるのもいいものです。また、他の人がどんなことで心配しているとか、「その年齢にはそんな悩みも出てくるのね」と言ったことを実体験として耳にするのもプラスになることだと思います。

よろしければ一緒にランチをいただきながらざっくばらんなところでいろいろお話してみましょう。
こういう場だとみなさん緊張してしまわれるのだけど、どうぞ気楽な気持ちでいらしてください。
全然構えなくて大丈夫だと思います。


2月11日(祝)保育士おとーちゃんと紡ぐ Café
お申し込み詳細はこちら

関連記事

● COMMENT ●

かわいくない

子どもがかわいくないと感じるのは関わり方が悪いからですか?楽しくないし。
可愛がる気持ちがわきません。診療内科で治療でしょうか

育児に行き詰まったとき、いつも保育士おとーちゃんのブログに励まされています。
今、保育士の資格を取ろうと勉強中なのですが、参考書以外にも色々と本を読んでいて、現在はアリス・ミラーの「魂の殺人」という本を読んでいるのですが、保育士おとーちゃんはこの本をご存じでしょうか?
冒頭の「いわゆる闇教育」という項目を読んでいたら、昔はこんなことがまかり通っていたのかと暗い気持ちになりました。もしかしたら、今の保育、教育現場でも、まだこの考え方が残っていたらと思うと、子どもに対して受容的であろうとする保護者には辛いものがあるなあと思った次第です。

ななしさん

> 子どもがかわいくないと感じるのは関わり方が悪いからですか?楽しくないし。
> 可愛がる気持ちがわきません。診療内科で治療でしょうか

「子供をかわいいと思えない」「かわいがる気持ちがわかない」「かがいがるということがわからない」といったことは実は珍しいことではありません。
それが必ずしも悪いことではないし、その問題を解決もしくはフォロー・軽減していくことも可能です。

心療内科が効果的かどうかはわかりませんが、ある種のカウンセリングでラクになる場合もあります。

クロワッサンさん

いまでもそれに類する問題は厳然としてあります。
これは連鎖するからです。

保育・教育現場以前に家庭において連鎖していますので、必然的にそういった場にも持ち込まれています。

科学や技術は進歩しても、人間の心のメカニズムは変化しないものなのかもしれません。


育児の悩みにしても、保育・教育現場の問題にしても結局のところ背景にこの問題に行き当たります。
僕はそこに「怒り」というキーワードを見いだします。


なんとかそれを少しでも軽減していける方法をいまも模索しています。



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/999-36435f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「頑張る」ということ «  | BLOG TOP |  » 『我が家のアイドル選挙』

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (7)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (29)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (85)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (53)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (66)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (9)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析