2017-09

『ジョブデポ保育士』監修のお仕事 - 2016.10.20 Thu

『保育士求人・転職サイト「ジョブデポ保育士」』 の運営する

『ジョブデポ保育士 「保育のヒント」』 を監修することになりました。

保育士の方はもちろん、子育て中の方にも役に立つヒントがたくさん載っています。
どうぞご覧になってみてください。


<僕が選んだ子育てにも役立つ『保育のヒント』記事5選>↓



「幼少期に親から得た記憶で大人になっても忘れない5つのこと」

「保育士も必見!子どもの新しい習慣がはじまるときに実践したい5つのヒント」

「自分も周りもどんどん良くなる「ありがとう」の魔法」

「保育士も注意が必要?子どもには言ってはいけない10のフレーズ」

「こどもの心を開かせるための話し方とは?」

関連記事

● COMMENT ●

まりささん

”こども園”における、子供への関わり方とくに乳児に対するものでは、同様のケースを少なからず耳にしています。

この問題はとても難しいことを僕自身も感じます。

というのも、そこの保育者には「そこのなにが問題か」が理解してもらえないからです。

おっしゃるように自身の問題点というのは目に映りにくい作用があります。これを心理学では「認知バイアス」と呼びます。
そういう状態になってしまっている人にはいくら話をしても、同じテーブルにつけないのですね。

当事者に対してでなくとも、その施設や上位の部署に話の理解してもらえる人がいればまだいいのですが、そういうこともまったく期待できないケースもあり、ため息をつくしかないこともあります。僕自身もそれを実際に何度となく経験しています。


しかし、やはり子供にとって家庭の存在は大きいです。
そういった子供の心を掴むことのできない人の関わりは、信頼関係がそもそもあつくならないので、子供に対する影響は小さく収まることが多いです。

子供の心は柔軟で、嫌なことなどは忘れたり、スルーする機能を持っているからです。
強い疎外や虐待でなければ、比較的子供は乗り越えていくことが可能です。

家庭で子供をしっかりと受容し「ここがあなたの居場所」であることを伝えていけば、お子さんは乗り越えていくことができるかと思います。

ありがとうございました

大変ありがとうございました。
お返事くださって感謝しております。

お返事があると思わず、先に、自分で書いたものをあまり人が見ていいものではないと思い削除してしまいました。失礼いたしました。お詫びします。

園の上下構造的にやはり難しいと思います。
ただ、(大人のストレス発散かのように)子どもにとって逃げ場のないキツい怒り方をしているという指摘をしたのですが、それについては改善するということでした。

けれどもやはり古い体質なんだ、ということはよくわかりました。私でも動揺し憔悴しますから、おとーちゃんさんも多数見てきて非常に残念でいたたまれないお気持ちは、察するにあまりあります。
同様のお母さんもいっぱいいるんですね。

私の子供は”いま”しかないけど、これから保育園も増えるし、もっと地域と園とが密接につながりをもって、みんなが気持ちよく過ごせるような、地域社会全体がよりよくなっていくといいですね。

私の家庭でのありようも花丸ではありませんから、こちらでお勉強をもっとしっかりさせていただきながら、いいものになるようにしていくことを見ていきたいです。
自分の弱気さにくじけず、頑張ります。

(さっそく、最近夜が遅くて朝起きないのですが、過去の私なら、子育てをしたお母さん方のお話だけで、うわべの改善を頑張らないといけないんだと自責の念でまた苦しんで、負のスパイラルに陥っていたと思います。今の私は、子どもとの対峙のありようを反省してもっと明るく元気にいくことに努力したいと思っています)

考えや希望を一方的に伝えることはあっても、心情を話し合える人はおらず、非常に精神的に参っておりました。温かいお気持ちをいただけて、嬉しかったです。
このたびは本当にありがとうございました。
お礼と今の気持ちを書いたらまた長くなってしまいました、失礼いたしました。
ありがとうございました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/967-bdb45f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「いい保育」と「上手い保育」 vol.7  ~「介入しない」というアプローチ~ «  | BLOG TOP |  » 「いい保育」と「上手い保育」 vol.6

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (169)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (88)
心の育て方 (91)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (73)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (19)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析