2017-06

『子育てと虐待』 Vol.3 - 2010.05.24 Mon

なぜ虐待が起こってしまうのか。
考えました。
僕は学者でもないし、調査研究の末に導きだしたものでもないのでなんの根拠もないけど、ちょっぴりわかったことがあります。


それは「必要だからです」
いえ、僕が虐待を肯定しているわけではありませんよ。
むしろまったく逆です。「必要だから」といってもなくなればいいと思っていますよ。

「必要である」とはどういうことかと言うと、正確には「虐待の末に形成された人格が社会に有用なことがある」ということです。

こういってもおそらくちんぷんかんぷんだと思います。
これからどういうことかご説明しますね。


ちなみに今回は「子育て」とはなんの関係もないかもです。
どうしようもなくおひまなひと以外はスルーしてください。





人類の歴史をみるとそれは戦争の連続です。
現代日本のように数十年も戦いのない時代というほうが、むしろ珍しいことといえます。

かつて戦争の時代において重要になっていたのは、自分の命をかえりみないような勇敢さだったり、人のそれも尊重しないような冷酷さだったりしました。

愛されないこども、虐待されて育ったこどもには、自分を肯定する、大切にするという感覚が乏しくなることがあります。
そういう風に形成された人格は、戦争が普通の状態であった時代には有用な才能となったのではないかと思い至ったのです。



そしてこのことは、歴史をなぞりかえせばたくさんの実例が見られます。

例えば、日本の歴史において知らない人のいない人物。
織田信長と伊達政宗はその生育歴上とても類似した部分があります。
両者ともに実母に愛されず、弟ばかり溺愛されあまつさえ実母から暗殺までされかかったのです。
織田信長は冷酷非常な人格はあまりに有名ですが、その結果彼は覇者となり戦国時代を終焉にむかわせるきっかけを作りました。
伊達政宗にしても、「あと数十年生まれるのが早ければ天下を統一した」といわれるほどの勇者、傑物であったのは有名な話ですね。

また、信長の後に続いた覇者たちも恵まれた幼少期を送ったとはいえません。豊臣秀吉は再婚した母・義父との関係がうまくいかず、いられなくなって家を飛び出して放浪の末に信長の家来となったひとです。
徳川家康にしても、幼少期から親元を離れずっと過酷な人質生活を送った人物です。


こういうものは日本の歴史にとどまりません。
マケドニアのアレクサンダー大王はインドに到達するほどの征服戦争を繰り広げた人物ですが、親から愛されず父に疎まれた王子としてあまりに有名です。

いまでも「スパルタ式教育」と名前の残るギリシアのスパルタという都市国家は幼児期に親元から完全に切り離されて、冷酷無比な戦士教育をする国でした。そのスパルタ兵300人を中心としたギリシア連合軍が全滅するまで戦い、数万のペルシア軍を撃退した「テルモピレーの戦い」はスパルタ兵の勇敢さを示す逸話として知られています。映画「300」の元となった話ですね。
戦争の英雄の愛されなかった生い立ちなど歴史を掘り返せばいくらでもでてきます。


このように愛情や保護からかけ離れた生い立ちが戦乱の時代では威力を発揮するのではないかと考えたのです。



これを僕に思いつかせたのは、小学校の同級生であったO君のことを大人になっても覚えていたからです。

彼のお父さんは暴力団関係の人でしたが、身体を壊し家にいることが多かったそうです。母親はいなく、普段から父親の暴力的な虐待を受けていました。
小学校2年か3年生のときだったと思います。
そんな彼になぜか僕は好かれていたようです、なんでかは今もってわかりませんが。

2人で1階にある給食室へ給食をとりにいくことになりました。
階段にさしかかると彼がいきなり肩を組んで「絶対止まるなよ」というなり全速力で駆け下りるのです。階段の段を踏んで走るのではなく、角だろうとどこだろうと足がかかったところを蹴っていくと、ものすごいスピードだけど転ばずに降りられるのです。僕はものすごく怖かったですが、彼は眉一つ動かしませんでした。

4年生のとき自転車で走っている彼を見ました。
路線バスが走る幹線道路の真ん中のライン上を走っているのです。
右車線と左車線をわけるラインです。
ものすごく交通量の激しい通りの車が対向で走ってくるところを全力で走っていました。

その光景をずっと忘れなかったのですが、こども関係の仕事に就くようになって、あるときふと思いついたのです。
「彼は自分の命とか存在ってもの自体をなんとも思っていなかったのだな」と。
そんな彼はいつのまにか小学校からいなくなっていました。ただ学校に来なくなっただけなのか、転校してしまったのか、誰からも彼の話を聞くことはありませんでした。



初めに「虐待が必要だから」と書きましたが、現代の日本でもそれが必要だとは思いません。
「かつての必要」だったからこそ、社会全体で取り組んで乗り越えなければならないのだと思います。


↓励みになります。よろしかったらお願いします。

育児ブログ・ランキング


関連記事

● COMMENT ●

おひまでははかってけど~

やっぱり読んじゃいました\(^o^)/


とても 勉強になる お話でした。

そして納得!! 


天下をとった人たちは 大変な生い立ちがあったのか!!

その虐待 今はなんの必要もないもの!

誰一人受けてはいけない! 無くなってほしいものですね

ちっぴ~ さん

ほんと虐待なんてないほうがいいんですよ。
でも、どうもさらに増えつつあるのが現実みたいです。
このままだとますますゆがんだ世の中になっちゃいますよね;;

No title

私も学校の階段を最上階から1階まで同じ方法でものすごいスピードで降りていました。とても参考になります。有難うございました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/94-7dbc97da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『言い聞かせる』 «  | BLOG TOP |  » 「ネグレクトされた子はどうなるか」

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (31)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (86)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (53)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (69)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (12)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析