2017-05

失われた感覚 - 2016.07.28 Thu

僕は保育士をする中で、ある感覚をつかみました。

それがつかめたことが、保育士としてのステップアップにとても大きな意味を持ちました。
その感覚はその後の保育経験と、我が子の育児を通してある種の確信に発展し現在に至っています。

それがなければ、僕はこのように子育ての本を書いたりブログで発信することはなかったかもしれません。






その感覚を背景としたものは、これまでにもいろいろな方向から書いています。(ほとんどがそうといってもいいかもしれませんが)


例えば、「おおらかさ」が子育てで大切とか。
この前書いた、「目先のできること」よりも、「モチベーション」を維持していることのほうが大切であるとか。
他にも、「1のことには1の援助」の話や、「子供の感情は子供のもの」などなど。


それらの根っこには、その感覚があります。
言葉にしてみると、それは「それで子供は大丈夫。きちんと育つ」そういうものではないかと思います。



それを僕は、多くの子供を見て、その経過、その成長した後の姿。また、親、保育士などの大人の関わり、そこから導き出される子供の姿。

そういったものをたくさん見てきたことで、それを観察し考察し、整理し、ある種の因果関係のようなものを理解してきました。

そう書くと難しいことのようですが、それは僕自身がそもそも子育てが”うまい”人間ではないことが原因です。
僕は本来それが下手な部類の人間だから、意識的にそれをせざるを得ませんでした。


この感覚を、最初から持てている人もいます。保育士にもいますし、一般の親にもいます。
そういう人は、保育士としても、親としてもその人のその感覚で、もちろん子育てにまつわる大変なことはあるにしても、それなりにうまくできてしまいます。

しかし、保育士を長年したからといってその感覚を持てるようになるかというと、必ずしもそうではありません。

子供を動かす「対象」、やらせるもの、作り出すもの、と徹頭徹尾みなしてしまう人はそれは難しいようです。


「どうせできないだろう」という気持ちが先立ってしまうのですね。
すると、「やらせずにはいられなくなってしまう」

それはいくら重ねても、子供が自分で必要なことを身に着けていくという結果を見られません。
その結果を見ることができないので、「子供はやっぱりできないもの」という認識に落ち着いてしまいます。

なので、いくら年数を重ねてもその感覚をつかむまでに至りません。
(いつまでたってもその人にとって、子供は「やらせる対象」でしかありません。それは「子供を信じられない」という問題に発展します。)





しかし、実はこの感覚は特殊なものではなかったのです。
かつては!


いまの70歳よりも年齢が上の人にとっては、例えば5人以上のきょうだいがいた人は珍しくありません。

その頃の家庭のあり方をちょっと思い浮かべてみましょう。

もし、5人の子を3年ごとに1人産んだとしたら、下の子と上の子の年齢差はおよそ15歳位になりますね。2年おきだとしても10歳差です。

そうなると、上の年齢の子はそれなりに物心ついた状態で、下の子の子育てを間近で見ることになります。

さらには、当時の母親は家事労働の多さから子育てにかかりきりになれない状況がありました。
(例えば、洗濯は洗濯板、繊維製品は今と違って高級品で手縫いが基本、風呂や炊事には薪や焚き付けが必要だった時代)

なので、上の子が子守をしなければならなかったり、家事の手伝いをしなければなりません。
そのように間近で、家事育児を目の当たりにし、経験しながら育ってきます。




逆に今度は下の子にとってはどうかというと、その頃はまだ現在よりも人生のサイクルが早かった時代です。
女性ならば20歳前後で結婚し20代で子供を産むということが当たり前と考えられてしました。
ですので、下の子は上のきょうだいが家庭を持ち、子育てするところを身近でみることになります。
(当時はまた、二世帯・三世帯同居が当たり前と考えられていた)

そういった状況がありますので、子育ては多くの人にとって”ある種の感覚”として、こういうときは子供にどう関わればいいかといったようなこと、そういったことが知らず知らず身につけられていたと考えられます。


具体的な関わり方もそうですし、僕が「子供との距離感」の問題としてあげているような、子供に対するときの気持ちの持ち方のことなども、かなりの部分その自然に身についていく感覚でカバーできてしまっただろうと思われます。

それらがある種の空気感のように、社会全体に漂っていたのではないでしょうか。

そういう状況ならば、子育てはさほど難しく感じたり、今のように不安ばかりが大きくなったりということは少なくできたはずです。


そして、そういった諸々が「それで子供は大丈夫。きちんと育つ」といった実感を多くの人に感じさせていたことでしょう。




拙著『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』を読んでくださった、75歳の方がこういった感想を下さいました。

「そうなんだよね。昔はこういったことは当たり前に多くの人がわかっていたのだけど、いまは教えなければならなくなってしまったのだよね」





とはいえ、時代は大きく変わりました。
僕は「昔はよかった、昔のようになりなさい」と最近の政治家がよく口にしているような考えを述べているのではありません。
むしろ、そういった懐古主義はなにも解決しないと思っています。

現代は現代の問題や状況を踏まえ、それに適切な対応をしていくべきだと考えます。




さて、タイトルを「失われた感覚」としたのは、かつて当たり前であったであろう、その「それで子供は大丈夫。きちんと育つ」といった社会で多くの人が共有していたであろう感覚のことです。

いまは、そのように子育ての感覚を自然発生的に身につけている人は、非常にまれです。
家族の形、社会の形が変化する中で、その「当たり前」はいつのまにか失われてしまいました。

しかし、もしこれを伝えることができれば、子育ては無理のないもの、楽しめるもの、幸福感を感じさせてくれるものにできるのではないかと思っています。

僕自身、いまそう思えているからね。


僕はいくつかの偶然が重なってたまたま保育士になったのだけど、そうでなかったらきっと子育てに悩める側の一員であったのは確実です。
でも、僕は本来下手な人間だったことで、そこから学び、種々のことを意識的に理解することができるようになりました。

だからこそ、多くの人に無理のない子育てを伝えることが自分の使命なのだと感じています。
それは形のあるものではないから、伝えるのは簡単ではないけどね。




ママの知りたいが集まるアンテナ【ママテナ】にて監修した記事が掲載されています。
「次へ」から全部で3本です。
~”ほめる子育て”は間違いだった?~



関連記事

● COMMENT ●

感覚をつかみにくくなった背景

いつもブログを拝見しては、育児の支え、道しるべとしています。

今回の投稿で
今まで漠然と思っていたことがクリアになった感覚があります。
自分の育った背景と関連して述べさせてください。

私(35歳)は、田舎のさびれた寒村で育ちました。
両親とも、父6人兄弟、母7人兄弟の末っ子、生まれた時からすでに甥姪がいる状態。
田舎の子だくさん、当然貧乏です。学歴も義務教育のみです…
老いた今、田舎でつつましやかに素朴に日々過ごしています。

そして夫(35歳)両親。
舅2人兄弟、姑2人兄弟、「お金がなくて苦労したわー」と謙遜しますが、
すべての兄弟が大卒、一流企業に勤務後(女性はすべて専業主婦)、天下り先で顧問をしながら悠々自適の日々です。
政界に進まれた知り合いもいるとか。

前置きが長くなりました。
私の両親、たまにしか合わない(飛行機の距離)こともありますが、孫4歳(女の子)に対してきわめておおらかです。
生きていればそれでよし。
よその子だって子供はかわいい。
近所の保育園の運動会(付近の老人は招待される)を観戦するのが楽しみ。

対して夫両親。
0歳のころからお教室探し。
4歳の今、ともに公園に行っては、過干渉(スカートのすそが汚れる、鉄棒は危ない、階段は手をつなげなどなど)で大騒ぎ。
わが孫はかわいいが、よその子の声はうるさい、と毅然とのたまいます。
悪気はありません。

政治家になられる方、日本を動かすエリートといった方は、
舅姑のような方が多いのではないでしょうか。
そしてその方々が作った環境が、今の子育てしにくい環境なのでは、と思いました。

わかりにくいうえ長々すみません。
これだー!!!と目からうろこが落ちた感じがして思わずコメントさせていただきました。

2歳か3歳の頃、気づきました

4歳10ヶ月、1歳11ヶ月の2人の息子がいます。
「それで子供は大丈夫。きちんと育つ」という感覚、上の子が2歳か3歳の頃にふと気づきました。

どうして気づけたのか、少し長くなりますが書いてみます。

はじめのきっかけは、妊娠中に感じた「いいお母さん、完璧なお母さんにならなければ」というプレッシャーだったと思います。
でも、私はやや性格に難ありの普通の人なので、いろいろ考えた末に「完璧なお母さんになるのは無理」という結論に至りました。
普通の人なのに、子供が生まれた途端、完璧なお母さんという人格が生まれるわけないんですよね。
がんばればできるかもしれないけれど、その無理がどこかで破綻して子どもにしわ寄せがいくと思いました。

そこで私は、ありのままの、等身大のお母さんでいよう、と決めました。

次に、生まれてくる子にどんな子になってほしいか、考えました。
成績のいい子?でも、勉強はダメだけど芸術に目覚めたら?
学歴の高い子?でも、専門学校に行きたいと言ったら?
健康な子?でも、先天的な障害を持って産まれたら?生まれた後に不慮の事故で障害を負ってしまったら?

いろいろ思いつきましたが、もしそれができなかった時、できなくなった時の子供の気持ちを考えると、子どもに期待をかけること自体、よくないのかもしれないと感じました。

そこで、私の子育ての目標は、「毎日子どもが笑顔で過ごすこと」になりました。
これなら私にもできそうだし、子どもにも負担にならないのではないかと思いました。

そうやって過ごしてきて、子どもが2歳か3歳になった頃、思いました。
とってもいい子に育ってくれてる。イヤイヤ期もたいしたことなかったし、毎日笑顔で過ごせてる。
私は何もしていないのに、話せるようになったし、走れるようになったし、ほかにもいろいろなことができるようになった。

そして、気づきました。
子どもは、何もしなくても成長してくれるんだなぁ。
子どもが育つためには大人の助けが必要だと思っていたけど、違うのかもしれない。
必要なのは、助けではなく、その逆の「子どもの成長を邪魔しないこと」なのかもしれない。
大人は、子どもが安心して自分で成長していけるように、後ろからそっと見守り、時々そっと手を添えてあげるだけでいいのかもしれない。

そう気づいてから、息子に接するときの立ち位置が少し変わったような気がします。
息子を自分の思う通りに動かそうとしてしまうことが最近増えてきたのですが、時々この気持ちを思い出してリセットするように気をつけています。

そして今気づきましたが、私の場合、「子どもに期待をかけない=子どものありのままを認める」になっていたんですね。
なんか、すごくうれしいです。

息子を自分の思う通りに動かそうとしないように気をつけながら、子育てがんばります!

感謝です。

保育士おとーちゃんの本やブログに救われました。子供は三歳と10ヶ月で二人でコロコロとじゃれて遊んでる姿を見るとなんとも言えない幸せを感じます。昔は子育てってどうすればよいか本当に分からず、自信がない、不安、イライラという感情に押し潰されそうでした。今はもう大丈夫です(*^^*)おすすめしていいのか分かりませんが…心屋仁之助さんのブログも保育士おとーちゃんの考えと通じるものがあります。どちらかというとママ自身のメンタルに対するアプローチです。育児や仕事、夫婦関係に疲れやストレスを感じてる方に是非読んでもらいたいなぁっと思います。

ある感覚

「目先のできること」よりも、「モチベーション」を維持していることのほうが大切であるとか。、「1のことには1の援助」「子供の感情は子供のもの」といったものの根底にある感覚、とてもよくわかります。そうしたものが失われつつある世の中であることも強く感じています。わたしは、子どもたちと遊びや学習で関わっているのですが、そのどちらに対しても、大人が目先のできることにとらわれて、子どもの気持ちより自分の満足を優先させたり、時間内に他の子と同じようにできることばかり気にして、子どものモチベーションがさがって自発性が失われていくのに気づかない姿をしょっちゅう見かけますから。大事な根っこに光を当てるお仕事、応援しています。

御出版された2冊の著書、Ⅰ章ごとにていねいに読ませていただきました。とてもすばらしい内容でした。

(none)

教育系雑誌、本、ウェブサイトなど、どちらかというと親としての自分にプレッシャーを与えてくれるリソースが多い中、こちらのブログは育児をしている私に安心感を与えてくれたり背中をそっと押してくれる存在です。ありがとうございます。
「子供の感情は子供のもの」、全くその通りだと思います。

おはようございます。
今回の記事、自分の母(7人兄弟の末っ子、長兄の子ら(甥・姪)と同居)のことを思い出しました。

長女が小さい頃は、
「Aくん(私のいとこ)はいろんなことがゆっくりで、皆心配したものだけど
3歳過ぎたら急になんでもできるようになった」
といったことを思い出話としてよく聞かされていたのですが、こういった実地経験が

>「それで子供は大丈夫。きちんと育つ」
という感覚につながっていたのでしょうね。

そういった感覚を持った人から見ると、私たちのような「現代の親」は
「どうにかなることを心配しすぎている頭でっかち」に見えるのかもしれないですね。
「お勉強のし過ぎじゃないかしら」くらいのことは思われていそう(笑)

続きの記事で子育て広場・サロン的な場所の重要性に触れておられましたが、
そういった場所で話を聞いてくれる「子育ての先輩」たちには

>「それで子供は大丈夫。きちんと育つ」
この感覚を持ちにくくて、不安でいっぱいになっている親も多いのだという
前提でお話聞いてもらえたらなと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/926-10b03559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講演会のお知らせ 9月4日(日) in 名古屋 «  | BLOG TOP |  » 『ほめて ほしかった』

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (7)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (29)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (85)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (53)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (67)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (10)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析