2017-05

保育セミナー開催のお知らせ 6月26日(日) - 2016.05.16 Mon

先日、少し予告しておりました保育士向けのセミナーのお知らせです。

日時 :2016年6月26日(日)13時~15時半
場所 :Greendays (東武スカイツリーライン東向島駅から約5分)
    東京都墨田区東向島3-29-10 ロングビル2F
参加費:4,000円

テーマ:「”子供の尊重”ってなんだろう? 
     ~理念と結びついた実践を目指して~」
     
     
お申し込みはこちらからどうぞ。↓
『保育士おとーちゃんホームページ』 講演・研修の開催情報



20名程度の小規模な保育セミナーといたしました。
目的は、「保育士」として専門性の高い人材になることを目指すものです。

みなさん「名称独占」という言葉をご存じでしょうか?







これは、ある特定の職業の名称は、その特定の資格を持っている人間しか名乗ってはならないと法律などで規定されているものを指します。

例えば、医師は医師の資格を持っていなければ、そう名乗ってはいけないことになっています。看護師や弁護士なども同様ですね。
その職務に必要なだけの学習をしてきて、試験を通ってさらに実務経験を身につけたことで初めてその職を全うできると認められている、またはその必要性を要求されているからこそ、「名称独占」が保証されています。

つまりは、専門職として社会的にも法律的にも裏付けがあるということなのですね。


保育士も、実は「名称独占」が許されている職業です。
保育の専門家として、その専門性を明確に主張しなければなりません。

しかし、現実はどうでしょう。
社会は、保育士をそこまでの専門家としてみなしているでしょうか?
実際の保育士たちは、その専門家としての見識や知識・経験を確固とした自分のものとして、それを他の人々へ適切に伝えることができるでしょうか?


しかし、そうなっていないのが現状です。
一般には、幼稚園と保育園の違いもよくわかっていない人も大勢いるし、あからさまに保育士を見下している人すらいます。

現場の保育士も、子供が好きでなんとなく保育士になって、経験的に保育を身につけ保育の仕事は無難にこなせるけど難しいことはわからないわ、そんな人も少なくありません。
残念なことに、現実には一定の保育の水準に達していない保育施設も少なからず存在しています。


最近の保育への関心の高まりで、社会的にも保育士の給与を上げるべきといった声が出てきてくれています。
それだけ、社会が深刻によりよい保育を必要としているということです。

また、実際の家庭・子供を見ても、これまでの保育だけをしていたのではうまくいかなくなってきていることを、多くの保育士が日々の保育の中で感じていることと思います。

いまこそ、本当に保育士として高い専門性を獲得し、それを堂々と主張できなければならない時代に到達しているのです。



また、親や社会が保育園に望んでいることと、現在の子供に本当に必要なものがずれてきていることに危機感を持っている保育士も少なくないのではないでしょうか?

「親はこういったことを強く望んでいるけれども、それをしていたらこの子はまっすぐ育てないだろう」

そういったことを実際に経験している保育士もいることでしょう。
しかし、現在の保育の潮流は子育てで本質的に必要なことよりも、そちらの方に流れつつあることを肌身で感じているはずです。

それに対して、ただ流されてしまうのか、子供に関わる専門家として必要なことを明確に主張できるのか、またそれを一般の多くの人に受け入れられる形で実践できるのか、そんな岐路でもあります。



保育士の多くは、誠実で優しさにあふれた人たちです。
しかし、それだけでは本当の保育の職務はまっとうできない時代になってしまいました。

このセミナーでは、そうした保育の専門家として主張できる基盤を個々の保育士が持てるよう、保育の核になる理念と実践をつなげられることを目指して行いたいと思います。



と、熱く語りましたが、
このセミナーでは、そういった理念的なことを理解しやすくお伝えすることを目指しています。
難しくない形で伝えたいと思いますので、現役保育士はじめ、保育を勉強中の方、資格は持っているけど実務経験はない方、保育士へ復帰を考えている方もどうぞご参加下さい。

内容は、講義とグループワークを交えた形で進めていきます。
年齢や経験は問いません。保育の専門性を高めたいという熱意のある方の参加をお待ちしております。



同僚やご友人と連れだってのご参加も歓迎なのですが、ひとつだけお願いがあります。
想定人数が20名前後と小規模なセミナーですので、もし施設の職員大勢でそろって申し込みたいといったご希望がありますと、それだけで多数がうまってしまいます。ですので、施設等からの多人数のご参加でしたら研修という形で別のお日にちにあらためてご依頼下さい。施設としての参加でしたら、その方がよりその施設ごとに適した内容の研修ともできますので、学習効果も高いかと思います。
どうぞよろしくお願いします。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/900-1fd4f488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『事故と事件が多発する ブラック保育園のリアル 』 «  | BLOG TOP |  » 体罰のある学校でイジメがなくなるわけがない!

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (7)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (29)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (85)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (53)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (67)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (10)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析