2017-03

子供の尊重の実践  vol.3 補足 - 2016.02.27 Sat

前回の続きを書く前に、いくつか注意点を補足をしておきましょう。

まず、今回テーマとしていることは、あくまで「保育における”子供の尊重”」についてです。
一般の方が、家庭での子育てで多く直面する”子供の尊重”にまつわる問題とはかなり違ってくることがあると思います。







家庭の子育ての”子供の尊重”にまつわる問題は、とかちさんのコメントにあったような「尊重」という言葉から、「過保護」「過干渉」「いいなり」「モノの与え方」などの適切なとらえ方がわからなくなってしまうことからくるケースが多いです。「子供の尊重」というテーマでも、保護者向けの講演ではそういった点を主にお伝えしています。

もちろん、いま述べていることが家庭の子育てではまったく関係ないというわけではありませんが、家庭ではそこまで事細かに概念的な理解をせずともさして影響はないかもしれません。




また、「背中に手を当てる」というのはあくまで”子供の尊重”という概念の理解のため例としてあげたものです。
問題は行動そのものなのではありません。
ですから、「背中に手を当てて誘導することがいけないのだ」とだけ理解してしまったら僕がお伝えしたいと思うことは伝わらないことでしょう。


例えば、「この子はどうせできないだろう」と決めつけをして、冷たい関わり方をするA保育士と、「この子は幼いなぁ」と思いつつ普段からもあたたかく関わってその子供との間に信頼関係が形成されているB保育士がいた場合。
この両者ともが、同じように背中に手を当てて誘導したとしても、その子供に与える影響は厳密には同じではありません。
つまり行動そのものに問題を見いだせるわけではないということです。


家庭の場合であれば、事細かに”子供の尊重”の理解がなされていなかったとしても、その多くはこのB保育士の関わりのようなかたちになることでしょう。ですので、一般的な家庭の子育ての範囲でいえば今回テーマとする「保育における”子供の尊重”」はスルーしてしまってもいいかもしれません。
(なかには、実の親子であっても”子供の尊重”が焦点となる「モラハラ」などケースはある。例えば、いま話題になっているゲーム機を親が破壊した事例のようなものでは)


さらに、行動面には例外もたくさんあるということ。
例えば、背中に手を当てての誘導だとしても、そこが交通事情などで安全性の問題があるとき、こういう場合は安全性が優先されます。そういうときならば、その対応も問題にはなりません。ただし、実はそういったときですら、”子供の尊重”を理解している人と理解していない人には、その対応に違いがでてきます。

また、その子が例えばその場に不安があったりするようなとき、その不安を解消して上げるために手を添えているといった「その子自身がそれを求めているor必要としている」ケースであれば、その対応は”子供の尊重”を損なうものではないでしょう。

このように、ひとつひとつの行動自体に是非があるわけではないのです。
つまり、「あれはしてはいい」「これはしてはいけない」という認識では、”子供の尊重”の理解にはなりません。


”子供の尊重”の概念と、具体的な関わり方をつないで認識できるようにすることがこの記事のねらいです。

そのあたり、一般の方にはややわかりづらいかもしれません。
保育などの実務経験を持っている方だと、「ああ、それはこういうことだよね」とご自身の経験・知識と照らし合わせて理解しやすいのではないでしょうか。
ですので、この一連の記事は基本的に保育士向けになっています。



また、ここで述べられているのは、あくまで”子供の尊重”の概念理解のための「一般論」としてのものです。個々の子供への対応法といった「個別論」ではありません。
ですので、その点からも「この関わりはいい」「この関わりがよくない」ということを述べているのではないことをご理解下さい。


個々の子供への対応については、今回テーマの「子供の尊重」と隣り合った概念である「個人の尊重」や「個性の尊重」という似てはいるけど、違う考え方の領域の問題になってきます。
(保育研修などではそれらもお伝えしますが、今回の記事ではとりあえずそこまで書く予定はありません。専門的になりすぎてしまって、多くの方にはつまらないかと思いますので)
ちなみに、これら”子供の尊重”と隣り合っていて関連する概念としては、いま挙げた「子供の尊重」「個人の尊重」「個性の尊重」の他に、「子供の人権の尊重」が考えられます。
これらは互いに重なり合う部分もあり、理解がむずかしくもありますが、これらが実践レベルでいかせるように理解されることは、大いに保育の助けになると思います。

以上、補足でした。
関連記事

● COMMENT ●

本文とは直接関係なくてすみません。
おとーちゃんの本を拝読して感動し、ブログに辿り着きました。
最初の投稿から読みはじめ、今2011年途中です。
受容が大事、子供を大切に扱うなんて簡単にわかりそうですが、ブログを読んでみて、反省しきりです。
娘は1才0ヶ月、今のところ非常に困ることもなく、イヤイヤ期に備えるためてに読み始めましたが、今から改めるべき点ばかりです。
落ち込みましたが早く気づけて良かったです。
私自身ひねくれて育ってしまい、またそんな自分が好きだったりして、娘をいい子にしたいという思いがあまりありませんでした。
おとーちゃんのお子さんがそのまま大人になったような人に何人か会ったことがあります。
娘もそのような人になれたら幸せだと思いました。
ブログにあるノウハウのようなものを数日試しただけでも効果は絶大です。
そして、誉める認めるをたくさんするからでしょうか、なんだか私の性格まで素直になってきたような気がします。
私は3才から保育園に預けられ、卒園の少し前まで毎朝泣いていました。
暴力など荒れることはなく、先生の言うことをきちんと聞くまじめな子でした。
が、とにかく友達ができず、保育園が嫌いでした。
今でもその園の前を通ると目が潤むことがあります。
雨の日は室内遊びなので、友達がいなくてもおもちゃで遊んで時間を潰せるので、泣かなかったことを覚えています。
卒園の少し前に転校生が入ってきてその子と友達になり、泣かなくなりました。
友達がいないが第一の原因ですが、親があまり誉めてくれなかった、早引きして公文に行かされていた、私のクッキー缶が大きかった、いつまでも泣いている私を見て、年中の先生が担任の子に「年長さんにもなって泣くなんてダメだねー」と言っているのを聞いてしまったなども原因だったような気がします。
そんな私ですが、4月から娘を保育園に預けます。
娘の心を満たしていく参考に、引き続きさせていただきます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/866-969e73db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PHPファミリー 『子どもへの愛情に自信がない・・・・・・子育てに行き詰まったら』 «  | BLOG TOP |  » 子供の尊重の実践  vol.2 ”見えない”ことが最大の問題

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (87)
日本の子育て文化 (162)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (7)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (26)
満たされた子供 (7)
早期教育 (15)
我が家の子育て日記 (85)
心の育て方 (88)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (51)
その他 (55)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (62)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (7)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析