2017-10

子供の尊重の実践 vol.0 - 2016.02.10 Wed

今日はやや子供関連のお仕事をしている人向けの内容です。

「子供の尊重」。
このことをきちんと理解している人は、子供関係の仕事をしている人でも、必ずしもそう多くありません。
理念としては理解をしていても、実践には現われていない人も少なくありません。

おそらくそれは本当に「理解している」のではなく、「”子供を尊重する”ということは大事なんだ」と理解しているにすぎないのでしょう。
言葉ではすごく立派なことを言うのに、実際の子供への関わり方はとても尊重と呼べるものではないといった人を大勢見ています。
理念だけで実践がともなっていないのです。

そのように「子供の尊重」という言葉だけが独り歩きしていることはとても大きな問題です。







多くの人が「尊重」という言葉から実践の場で理解しているのは、子供に「優しく」「柔らかく」接するということです。
しかし、尊重していない関わり方は優しくやろうとも、柔らかく接しようともそれは尊重にはならないのです。
だけど、子供関係者でも多くの人がこういったレベルでの理解に留まっています。


これにはやむを得ない部分があって、日本人の思考の特徴で、ものの関係を「上下」でとらえがちなために、なかなか「尊重」という概念自体がつかみにくいのです。

それが子供相手のこととなるとなおさら「子供だから」という先入観が強くあって、「尊重」という概念が「優しく接すること」「子供の要求をきくこと」といったレベルでの理解になってしまいます。
ですから、理念と実践がなかなか一致しません。

実践どころか概念としてとらえるだけでも、そうとうしっかりした問題意識と学びが必要になってきます。

子供に関わる施設は山のようにありますが、これを組織として意識し、すべての職員が理解して子供に対するアプローチを考えているところは、そうでないところと比べてとても大きな質の差が生まれます。


僕がこの「子供の尊重」について概念でも実践レベルでもお話しすることもできますが、答えだけ知ったとしてもそこに問題意識がともなわなければやはり実践として継続していくことはできません。

まずは。「子供の尊重とはなんなのだろう?」と、子供に関わる人それぞれが普段から疑問を持ってもらいたいと思います。
関連記事

● COMMENT ●

考えさせられます

おとーちゃん様

アメリカで子育てをしている52ママです。
以前英語教育に関して質問させて頂きました。
その節はありがとうございました。

娘はもうすぐ4歳になります。
人見知りがほとんど無く天真爛漫な子に育っています。
その一方で家ではもの凄く自己主張が強くなったり
私が言った事はやらない、しないでと言った事をするという天の邪鬼な面もみせたりで
1日中一緒にいるのが少々疲れたりしていました。

しかしこの記事を読んではっと考えさせられました。
「子どもの尊重」とは「子どもを1人の人間として見る」ということと思っています。
しかしおとーちゃんが指摘なさるように私も理解しているが実践できていないのだと気付かされました。
ついつい時間に追われて娘の「自分でやる」という気持ちを中断してやってしまったり
こっち来て、という呼びかけを軽く流したり。
大人相手にはしない様な態度で接しているなと思います。

今は少し時間に余裕ができてきたのでじっくり娘のペースに付き合えるよう努力して行きたいと思います。

私にとってはタイムリーな記事をありがとうございました。

僕が、子どもと接するときに気をつけているのは、3点ですね。

1 子どものあるがままの姿を見ること
2 子どもの自己主張を認めること
3 自分の自己主張をちゃんと伝えること

子供の尊重ですか…

おとーちゃん様、初めまして。四月に入園を控える3歳5ヶ月の一人娘をもつママです。「叱らなくていい子育て」ついさっき読み終わりました。途中、涙しながらも噛み締める様に読みました。私は公園にヒールを履いていくのを無意識にやめていて、娘といるのが楽しくて楽しくて、可愛いくて愛しくて仕方なくなりました(あ、前から勿論仲良しだし大好きですが(笑))。本を何日にも分けて少しずつ読んでいました。娘は取りあっていた玩具を人に貸し、「やーだよー」が口癖だったのが「イイよ!」が増え、一日の出来事を振り返ったお話をお家についてから娘と話すのが日課になりました。穏やかになってきた娘だから可愛いのではなく、おとーちゃん様の本を読んで、あー子供って健気なんだ、と知り今までの事が嘘みたいにイライラしなくなりました。あと私が一番気持ちが楽になったのが、好き、嫌い、悲しい、とか。お母さんも感情を素直に吐いていいんだ、と思った事です。ママ疲れちゃったな~歩いて足がパンパンだよ~とか。人間気持ちを素直に吐くって大切なんですね。お互いにたまに大好きが爆発して、アイコンタクトした瞬間抱き合ったりしています(笑)前から子供は本当に可愛かったのですが、今はお腹の底から愛しさが溢れてくるような、前よりもっと言い表せない実感を感じています。一生のバイブルです。素晴らしい本をありがとうございました。これからもお身体に気をつけて、ブログもこれから順番に全部読んでいきたいです。



尊重することに慣れてないので…

育児していく中で子どもを尊重するって、思っている以上に難しいことだと私は感じております。
尊重している風ならそこまで難しいことでもありません。でも、長い期間を通じていくとそれではいつか必ず限界が来ます。(ボロが出ると言った方が実情に近いかもしれません。)
子どもが小さい頃は、まだ分かっていないことも出来ないことも言葉で言い表せないことも(子どもには)たくさんあったから(多分私が受け取ろうとしていなかったせいで、よりそのように思えたのかもしれません)、尊重している風でも何となく「ちゃんと尊重している」つもりになっていました。ところが4歳にもなると、理屈も言えるし親の不条理もはっきり認識して「それはおかしい」ときっぱり言い返せる。成長していくにつれて、親の言うことを聞いてくれない厄介な子どもになってきたなんて感じてしまっていました。そこからは尊重している風すらなくなって、更に不条理さを押し付ける。「間違っていることにはちゃんとNOと言わねば」と思い、親の正しさを分からせてやるって感じで意地になって。でも意識の片側にある「何かこんなの楽しくない。何か違う気がする」という思い。そこから、「今の自分は、きちんと子どもを尊重出来ているのか?真の意味で子どもを尊重するとは何だろう?」という疑問にぶつかりました。
たとえ親とは違った考えでも、いや違うからこそ、その子のあり方として認めるという意識が、尊重するということの根っこにあるのかなと思います。(文章にしてみると今更感が半端ないですが…。)
尊重するって、慣れていない私にとってはすごくすごくめんどくさいものに思えてしまいます。でも、そこをちょっとこらえて、話を聞くべきときにしっかりと耳を傾けると、子どもはすごく腑に落ちたようなすっきりした顔付きになりました。
「毅然とした態度で子どもを導く」ことと「子どもの言い分をしっかり聞いて受け入れる」こと。一見相反することのように私には思えて、ついついどちらかに偏りがちになってしまうのですが、ふたつは決して共存出来ないものではないと思います。
まぁ、私がこれをやろうとするとすっごくエネルギー使っちゃってすぐに音を上げてしまうんですが、もう少し肩の力を抜いて、自然に出来るようになれたらなって思います。(やっぱり、親子双方楽な方がいいですしね)

子どもの尊重

 「子どもの尊重」親にとって自問自答しながらも考えていく必要があると思います。親のえごになっているのではないかとハッと考えてしまうときがあります。
 娘が1歳を過ぎ、自分の意思を表現できるようになってきたので、これからもっと考える機会が増えるのかと思います。
 こちらのブログに初めて訪問させていただきました。大変参考になるので過去ログなどゆっくり拝読させていただきます。

実践するのは本当に難しい。。

すいません。ちょっと愚痴に近いですが、、三歳と10カ月の子供の母です。

親戚の叔母のおうちにたまに遊びに行かせてもらうのですが、、叔母の言葉がいつも気になってしまいモヤモヤしてしまいます。

下の子の後追いがすごくてちょっと離れただけでも泣くのですがそれを見て、「大変だね。」「よく怒らないでいれるね。」「これは周りも大変だわ。」となどなど、、。

私としては子供は純粋に母を求めてるだけなので、むしろ愛おしいのですが、、

上の子もそこではすっかり顔色を伺いながら行動しているので、そこではとってもおとなしく
、「上の子はいいね!」とか、平気で言います、、。
大人達にとって都合の良い子がいい子供と言われて、都合の悪い子供はよくない子といわれてるみたいでモヤモヤしながら帰ります。

ちなみにそこの息子さんは小さい頃全然手がかからない子だったそうなんですが、引きこもりになって今は社会復帰できるよう凄く頑張っています。。
抑圧されちゃったのかな。。と勝手に思ってしまいます。。でもこんな事考えるなんて本当失礼ですよね。。


叔父がすごく子供好きで可愛がってくれるのと、私も頼る人が周りにいないので、たまにお邪魔しては、叔母の発言にモヤモヤ(笑)


だけど私も10カ月の赤ちゃんに対してはそんな感じでおおらかに出来ますが、三歳の子のかまって欲しさの嫌がらせのような(笑)イタズラやしてほしい事はしない、してほしくないことをする攻撃(笑)
には心底うんざりしたり、怒鳴っちゃうこともあるのです。。反省。

自分がされたら嫌なことはしない!大好きな親友に接する気持ちで接しよう!ときめていても、なかなか実践するのは難しいと感じています。

子供に対して誠実でいたいです。
全然出来ていない日もあるけど、ここのブログを読み返しては、気持ちを入れ替えています。いつもありがとうございます!



No title

読んでいて、以前子どもを預けていた保育園を思い出しました。

その園は、少人数でアットホームが売り。
子供の自立をうたっていて、よく子供に自分でさせてくださいと注意をされました(私は出来る時は手出しをしなかったのですが、保育士はそれを見ていない)が、お迎えがギリギリ(と言っても15~10分前)の私が、子供が靴を履いたり荷物を取りに行ったりする数分を待っていたら、遊んでないで抱きかかえてもいいから早く帰ってください、と言われました。
一生懸命にやってる子どもの前で言われて切なかったです。

結局、子供が嫌がり、言葉も話せなくなり、目も合わず、家でずっと荒れてわーわー泣くようになり、一年足らずで止めました。
止めたらすぐに、落ち着いた以前の子どもに戻りました。

色々な園があるんだな、と思いました。

私は子供といるのがとても好きで、子供の発達を見られなくて残念に思ってたこともあり(私の子供の発達を一番に見られるなんて先生いいなあ、と思うほどでした(笑)、家で私がみたほうがいいなと思い、仕事を辞めました。

全ての子どもが、良い大人との出会いを迎えられますように。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/862-65e7e42c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子供の尊重の実践  vol.1「思考の演習」 «  | BLOG TOP |  » 体罰で人を正すことはできない

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (90)
日本の子育て文化 (169)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (89)
心の育て方 (91)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (57)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (75)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (21)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析