2017-05

”サンタクロース”という存在 - 2015.12.02 Wed

これまで日本では、子供へのプレゼントを「子供の欲しいものを与える」という考え方が主流であったようです。

うん、たしかにそれはわかります。
せっかくプレゼントしたのに、その子が見向きもしてくれなかったら悲しくなってしまいますよね。

だから、普通の贈り物や誕生日プレゼントは、その子が望んでいるものや、望みそうなものを僕も考えます。(それでも、子供に迎合するのではなく、大人としてなにを与えたいかで吟味はしますが)








ただ、サンタクロースからのクリスマスプレゼントは、必ずしも子供の欲しがるモノでなくてもいいかなと僕は思っています。
それよりも、もっと”夢”のあるものでいいかなと感じるのです。

サンタクロースは直接面識があるわけではないので、子供が欲しがっているものに必ず応えなければならないという必要はありません。

なので、「子供がなにを欲しがっているか」で選ぶのではなく、
「子供にどんな夢を持って欲しいか」「どんな子供になってほしいか」そんな想いを込めたプレゼントであっていいのではないでしょうか。

サンタクロースは、子供にねだられたものを与える存在ではないわけですね。
もし、子供が望んだものとクリスマスプレゼントが違ったとしても、子供が「自分がもらったものと、おともだちがもらったものが違う」と言ったとしても、
「サンタクロースは、その子その子に一番いいと思うものを選んで贈ってくれているんだよ」と伝えればいいと思っています。


贈り物というのは、なかなかに難しいものです。
思ったより合わなかった、なんてこともありますしね。

でも、サンタクロースというファンタジックな存在からの贈り物が、しばらくしたら飽きられてしまうような消費されるだけのものというのではもったいないと思うのです。
できることならば、長いこと大事にできたり、心に残る愛着の持てるものであって欲しいです。
さて、今年はどんなものが贈られるのかな・・・・・・。
関連記事

● COMMENT ●

No title

幼稚園や保育所でもクリスマス会をするのでしょうか。3つになりたての息子が街々の飾りつけを見ては「あれ何?」と聞くので困っています。
「あんなんしとくとお客さんが入りたい気持ちになるやろ」と答えているのですが、キリストの誕生日と答えてもピンと来ないだろうし、そもそも宗教自体まだ理解できないと思うので本当に困ります。
中には他の宗教を信仰しているご家庭もあると思いますが、クリスマス会をされると困るという要望はないのでしょうかねぇ。
来年幼稚園に行き出してクリスマスを「なんだかよくわからないけどプレゼントがもらえる日」と覚えてきたらどうしたらいいでしょうか・・・

ちょうどそんな話をしたところでした

息子1歳。これからクリスマスのプレゼントの扱いをどうする?ということを主人と話をしたところでした。うちも、サンタさんは欲しいものをくれるんじゃなくて、遊んでもらいたいものをくれるということになりました。欲しいものをサンタさんにお願いする…とかもなんか違うなぁと思っていましたので。まあ、そもそも主人の家はプレゼントをもらう文化がなかったみたいで、始めは え?あげるの?みたいな反応でしたが(^^;;

とても素敵

とても素敵な記事で、読んでいて気持ちが温かくなりました。もらう立場から、渡す立場になり、プレゼントを選ぶ難しさも感じるようになりました。プレゼント選びは悩むけれど楽しいですね。クリスマスが待ち遠しいですね。

こんにちは。

3歳半と新生児、二人の女の子の母です。

上の子は保育園で、サンタクロースのことを教えてもらったようです。
仏教系の認可保育園ですが、クリスマス会はあるようです。

私自身がクリスマス大好きで、リビングには天井近くまである大きなツリーがあり、臨月のお腹で娘と飾り付けしました。

クリスチャンの親の影響か、子供の頃、12月はチョコレートの入ったカレンダーをもらい、毎日、ひとつづつ食べながらクリスマスを待った記憶があります。

ケーキやご馳走を焼くオーブンをのぞきこんでワクワクしたり、プレゼントをもらったり、教会にいったり、楽しい思い出です。

ただ、保育園では、「いい子にしていたら、サンタクロースがきてくれる」と、子供達に言うことをきかせるための道具にされているような雰囲気があります。

夫も娘が「サンタクロースきてくれる?」ときくと、「どうかな?お片付けしないときてくれないかも」と、躾の道具にしていたり。

サンタクロースって、そういうものではないように思うのですが・・・。

おとーちゃんさんのおすすめのオモチャ、積木やプラステン、娘は本当に大好きです。

プラステンはおままごとの食べ物になったり、お店屋さんごっこのお金になったり、色々活躍してます。

また、おとーちゃんのおすすめのオモチャを紹介していただけると嬉しいです。

おとーちゃんの二冊目の本も楽しみにしています。

最近はサンタさんが単なる「おもちゃ屋さん」扱いされているような気がしてました。
うちは子供ふたりが12月生まれなので、欲しいものは誕生日、クリスマスは親が選んだもの(たいてい絵本なのですが)にしています。

私の誕生日がクリスマス

だったので、クリスマスの価値がイマイチわからないです。子供の時はクリスマスではなく誕生日祝いだったので、特にクリスマスだから嬉しいとかなかったです。だから、自分の子供にどうクリスマスを祝えばいいのかわからないです。
いつも、クリスマスの時は、今流行りのハロウィンについていけない気持ちと同じです。

私は子供達が欲しい物をあげたいです。
普段からあれが欲しいなぁ、これが欲しいなぁと言われると高い物だったら
これは誕生日かサンタさんだね、と言っているから。
本が欲しいと言えばなんでもない日でも買っています。
私自身サンタさんの存在を小学六年生まで信じてました笑
現実を教えてくれる友達もいたけど、私は両親を信じてました。
手紙を書いたらちゃんとなくなっていたり、朝には欲しかったプレゼント、サンタさんから英語の手紙が来たこともあります。
親になってうちの両親はここまでしてくれてたんだと嬉しくなりました。
なので自分の子供達にも朝になったら欲しかったプレゼントがある!
っていうあの嬉しさを味わってほしいのです。
さっそく子供達は欲しい物を手紙にかいてます。
字が書けるようになった長男、絵しか描けない次男、毎年の恒例行事になっていて去年のもとってあります。
それぞれの家庭でクリスマスの過ごし方ってあるので自己流でもいいですよね。

悩んでいました

クリスマスのサンタクロースからのプレゼントについて、欲しがっているものを与えるか悩んでいました。大変勉強になりました。ありがとうございました。シェアさせていただきます(*^^*)

じんママさんへ

我が家には4才の息子がいますが、去年まではおとーちゃんと同じ考え方でしたが、今年のクリスマスはじんママさんと同じ方針にしました。というのも、去年、夫が考えて用意したプレゼント(レゴブロックの追加アイテムとトミカ)に対して、明らかに期待はずれな様子で、見ていてちょっとかわいそうだったからです(本人の希望は戦隊モノのおもちゃでした)。

息子は今年も相変わらず戦隊モノをリクエストしてきました。去年までは私自身が戦隊モノに対してネガティブに感じていましたが、自分や夫の子供時代、そういうものも思い出のひとつになっている経験もしているため、今年は納得の上、プレゼントすることにしました。もちろん、「いい子にしていないとサンタがこない」などという脅しはしていません。

というわけで、各家庭によって色々な考え方があっても良いと私も思っています。普段の私はおとーちゃん信者で、夫からは理想を求め過ぎと言われる程なので、クリスマスはお気楽にします(笑)。

うちではクリスマスは「サンタさんが欲しいプレゼントをくれる日」ですよ(^ ^)
私にとってクリスマスは楽しく夢あるイベント扱いなので、それでいいと思っています。当たり前ですが家庭それぞれいろんな考えがありますね。

子どもと一緒に作ったアドベントカレンダーを毎日ひとつずつ開けて、とっても楽しみにしています♪
3歳なので、「これが欲しい!」と主張したクリスマスは今回が初めて。

流行りもののすぐ飽きるかもしれないおもちゃですが、朝起きたら枕元に欲しかったプレゼントが置いてあるあの感動を味わって欲しいです。どんな顔を見せてくれるか本当に楽しみです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/844-b30117a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こっそり・・・・・・ «  | BLOG TOP |  » タイトル『保育士おとーちゃんの「心がラクになる子育て」』

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (7)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (29)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (85)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (53)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (67)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (10)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析