2017-07

子育て支援 ーいま保育園に求められていることー Vol.1 - 2015.05.09 Sat

前回は、社会通念として「子供を叩かない」と言える世の中にするために、ひとりひとりが意識を持ちましょうということを述べました。


ここからはこの関連で、いまの保育士・保育園に求められていることを書いていこうと思います。







保育園は、園で預かる子供だけでなく、地域の子育て支援などにも貢献する必要があるということは、すでに20年は前から言われ、実際に子育て支援への予算もつき、事業として行政から行うことを求められてきたことですので、これについて保育関係者は周知のことでしょう。



いまの家庭は、都市化・核家族化が進み、子育てが核家族というもっとも小さな単位で行われる時代になってしまいました。
実際には、母一人で子育てするという、核家族すらも割り込んだ単位での子育てが普通になっています。

結果的に家庭の持つ潜在的な養育力はこれまでになく低下しています。

このことはもはや良い悪いではなく、既成の現実として受け止めなければならない段階です。


かつては祖父母や近しい親族、地域のつながりのなかで行われていた子育てが、いまは不可能になっています。

その低下してしまった機能を補うために、公的な扶助が必要となっています。つまり児童福祉ですね。

保育士・保育園は、この部分を本格的に担わなければならなくなっているのですが、まだまだなのが現実です。




話を虐待との関連に戻します。

「子育てに叩く必要はない」というのはそうなのですが、じゃあ「叩いてはいけない」と言っただけでは、本当の問題は解決しません。


子供の養育の難しさ、そこからやむにやまれず起きてしまう虐待といった問題は、現代の孤立した育児環境では自己解決が困難だからです。

それまでの家族や地域の力に代わって、子供の相手の仕方、育て方、病気や難しいときの対処法などを伝えられる存在が欠かせません。


いま、第一子が生まれて、新しくお父さんお母さんになった人たちの中には、ごくごく基礎的なこと(子育てだけに限らず一般常識的なことも含めて)を知らなかったんだということが珍しくありません。
責めているのでも、良い悪いでもなく、いまはそういう時代なのです。

それらをサポートする社会的な役割が、保育園には求められるようになっています。

直接に虐待の防止活動としてでなくとも、これらの機能をきちんと保育士・保育園が果たすことによって、ネグレクトや虐待の発生数は確実に抑えられるようになっていくことでしょう。


本当はもっと早くにこういった活動に本腰をいれるべきでした。
それがかたちとして見えていれば、現況のような保育がサービス業化した営利企業への移行という事態は、また違ったものとなっていたかもしれません。



では、いまの保育界がどのような方向に向かっているかというと、サービス業化した保育の後を追うようなことになってしまっています。

公立園や認可園でも、営利で経営する施設と同じように、親向けのアピールポイントを模索するようになってしまっています。

「こんなことをさせます」、「あんなことも覚えさせます」のように、客寄せパンダ的な特色を作らなければと考えてしまっているところが少なくありません。

でも、現代社会のありようから、保育園に求められている社会的な意義を考えたら、一にも二にも「育児支援」がくるであろうことは明らかです。


客寄せパンダをつくらずとも、その点をしっかりと考えている保育園はすでに地域・保護者からも高い評価を得ています。




児童福祉として保育をしているところは、営利のために保育施設をしているところと張り合う意味はないのです。
しかもそれを後追いでやる必要はさらさらありません。

福祉としての保育をきちんと見据えて、社会の中で保育園のあり方を考えなければならない時代に来ていると言えます。


いまのままだと、表面的なところに流されて、間違った方へと舵を切りかねないと感じます。
どうか、そこのところを心に留めて置いて欲しいと思います。
関連記事

● COMMENT ●

地域の子育て支援には本当にお世話になっています。2歳になり少しお友達を意識するようになってきた娘を園庭解放に連れて行きますが、周りに刺激されて様々な遊びに挑戦する姿を見ると嬉しくなりますし、併設の支援センターのスタッフさんに子育ての相談をしたり世間話をしたりと頻繁に利用させて頂いています。

とっても素敵な園がある一方で、ちょっと違和感を感じる園もあります。近所の公園に遊びにくるのでよく見かけるのですが、保育士さんが常に写真ばかりを撮っているんです。親向けの報告に使うようで、確かに日中の行動を写真で見る事が出来れば親は嬉しいと思います。
でも写真を撮る事が目的になってしまっている感じがして…

先日も目の前にいた園児がタンポポの綿毛をつんで先生にみせたところ、ふいて~と言い写真を撮っておしまい…
ふわふわ飛んで気持ち良さそうだね~とか、年中くらいの子供達なので、種はどこに行くのかな~?と想像をふくらませるお手伝いをしたりするのがプロじゃないの!?
ベンチに座って見てるだけの保育士さんもいますし… ただ公園に連れて来て写真撮っておしまいでいいのかなぁと他人事ながら、頑張って働いているお母さん方のためにも、もっとプロとしての保育をしてほしいなぁなんて思ってしまいました。

No title

私も3歳の息子がいるので、公園で保育園の子供と一緒になることがあるのですが、なぁちゃんさんと同じことを思っていました。

公園に来ても遊ぶ遊具が決まっているのは団体だから仕方がないのかと思うんですが、写真ばかり撮っているんです。
しまいには「ここでジャンプしてー!」「滑り台の写真取るから、一人ずつ降りてきてー!」です。子供達は滑り台に行列になって並びながら、息子のボールとかシャボン玉を見ていいなぁって言っています。
通わせているお母さんは写真を見て安心するのかもしれませんが、
せっかく公園に来たのだから、もっと自由に遊ばせてやればいいのに…と思ってしまいます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/787-e9023123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子育て支援 ーいま保育園に求められていることー Vol.2 «  | BLOG TOP |  » 虐待 ーいま我々に求められているひとつのことー

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (40)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (87)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (71)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (15)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析