2017-05

隠れた貧困 vol.2 - 2015.02.27 Fri

黒澤明の晩年の作品に『まあだだよ』というものがあります。
これは、漱石の弟子でもあった小説・随筆家の内田百閒(うちだひゃっけん)の後半生を描いた物です。
ついでに言うと、鈴木清順監督の代表作『ツィゴイネルワイゼン』は百閒の『サラサーテの盤』という小説が元になっています。

この内田百閒は貧乏で有名な人です。








学生の頃から終始、お金に困り続けるのですが、この「貧乏」は「貧困」とはやや異なっています。
なぜなら、物やお金はないとしても、身の内に「教育」というある種の資本が入っているからです。
百閒の貧乏は、世渡り下手だけど節を曲げなかったことから来る面もあって、崇高な貧乏とでも言える部分があります。(まあ、大酒飲みであったこともあるのでしょうけれど・・・)



「貧困」は単にお金や物がない状態だけではありません。

最近流行の自己責任論に依る人からは、例えば、「当人がよい職業に就けなかったのはその人の努力が足りなかったからだ」、「お金がないのならば、自分で勉強して株でもなんでもして儲ければいいじゃないか」といった言葉を聞きます。

しかし、そういった言葉は当事者性を無視した強者の弁であろうと僕は思います。


難なく教育が得られたという人は、学資はもちろん、その間の生活、そして家庭の安定といった背景に支えられて、その人の現在があります。
これらは、単にその人の努力だけではなく、家庭のバックアップがあって教育が得られたということです。

また、成人して一家をなしていたとしても、いざなにかあったときに頼れる家族、親類縁者がいることは、いま現在直接の利益をそこから得ていなかったとしても、実は間接的にその人の生活を支えてくれています。


今回テーマにしている「隠れた貧困」におちいってしまう人には、こういったバックアップが得られないといった事情もその背景にはあるのです。



例えば、最近よく耳にする「毒親」(子供に不利益を重ねてしまう親の意)が、子育てしている人の親であったりすれば、そこに頼ることはそうそうできません。
また、夫のDVが原因で、なんとか離婚した人、逃げてきた人が母子家庭となっていれば、その夫から養育費をもらったりすることは難しいですし、そもそも逃げる段階でそれまでの生活基盤のすべてをなげうって転居せざるを得なかったりということもあります。

このような、手助けしてくれる人と断絶した状態で、親一人で生活し子育てをしていくことは大変に困難な状況を生みます。
現在の生活を維持するのがやっと、将来に展望も持てない状況では、その生活を向上させる努力ができる余裕自体がそもそも持てないのです。



その子供にしても、自己責任論による個人の努力だけに問題をおしつけられるような単純な問題ではなくなっていきます。

前の記事にはケースワーカーをなさっている方からもコメントを頂きました。
そのなかで奨学金についてのお話しがありました。


「勉強したいならば奨学金をもらってすればいいじゃないか」と考える人がいるかもしれません。
近年では奨学金の制度もずいぶんと変わってしまって、通常の貸し付けよりもやや優遇されているところがあるとは言え、普通の借金とほとんど変わらなくなっています。

そういった状況で、高校・大学を出て働いたとしても、すぐに借金の返済が始まります。
また、そういった家庭では、最初から親を養わなければならない、援助しなければならないということもかかってきます。
もし、その家庭がそれまでの生活費を借金していたり、父親の残した借財などを引き継いでいたら、なおさら大きな負担です。

学校を奨学金で出ても、もし就職がうまくいかなければ、たちどころに生活が立ちゆかなくなってしまいます。
なので、この「奨学金をもらって、あとは自分で努力しろ」ということも、現実にはそうそう簡単ではありません。

このように自己責任論だけでは、解決できないさまざまな背景、問題があるのです。



同じ記事に、アメリカ在住者さんからもコメントを頂きました。

アメリカはずいぶん前に軍隊の徴兵制をやめて、志願制になりました。
そして、志願者不足にいつも悩んでいます。
その解決策として、志願して何年間の兵役をこなすと、大学の学費を援助するといった制度があります。

アメリカは日本以上に大学の学費がかかります。
貧困家庭ではそれをまかなうのは困難です。
しかし、教育レベルが低ければ、所得の高い仕事にはつけません。
格差の進んでいるアメリカでは、その生活水準の違いは格段の物です。

なので、その生活から抜け出ようと思ったら、志願して軍隊に行くという選択肢が出てきます。
極端な言い方をしてしまえば、自分の命を掛け金にして生活の向上を目指すのです。
アフガン戦争や湾岸戦争では、実際に戦死者も出て、この問題がクローズアップされていました。


日本でも、将来その気になれば徴兵制をしなくたって、文科省の大学への助成金を減らしてこういったことは簡単にできてしまえます。
特にそのとき格差が進んだ社会になっているならば、それはなおさら余裕です。

実際にいま大学への助成金はどんどん削られています。
助成金が減れば、学費は高くなります。すると、裕福でない家庭の子供は進学しにくくなります。そうなると、その家庭の生活水準が(特に上昇できない方に)固定化されて、社会全体としてはさらに格差が進むことになります。


しかもそうなってしまうと、持てる人たちは自分の命を張る必要がないので、よりアグレッシブな外交や政権が支持されて、実際にそのようなことが出来易くなるわけですね。


次回は貧困と教育の不備がどのような現実をもたらすかについて。
関連記事

● COMMENT ●

少子化の理由の1つ。

子供への教育費を考え、子供の人数を夫婦で悩んでるところです。

大学進学も、学費だけでなく生活費(寮なり一人暮らしなり)のバックアップを考えると、どうしてもお金が必要です。

日本で、大学卒でないと、給与水準の高い職へ就くことが厳しい現実は、身を持って知っています。

だから、大卒までの教育費を3、4人は正直無理なので、多くて2人までかな…と思ってしまいます。

本当なら、3、4人子供は欲しいです。
きっと『子供=お金が掛かる』現状から、同じ思いの人もいるんじゃないかと思います。

No title

北欧のどこかの国の方が
「私たちの国が子供たちの教育にお金を使うのは、より優良な納税者を育てるためです」
と言っているのをテレビでみました。
大学まで無料、お小遣つき、だそうです。

一方で日本で高額な納税をされていると思われる方の
「貧乏なのは努力が足りないから。私たちが頑張って働いたお金をそんな人の為に使われるくらいならよその国に行く」
という何だかモヤモヤする意見もネットで見かけます。

うまく言えませんが、何だか暗い気分です。

教育への公的支出

日本は子供の教育投資は親任せのため、窮する親が増えれば子供へも影響しやすいとの記事(URL)を見かけました。

米百俵なんて言葉もある国なのに、どうしてこうなのでしょうね。
文部科学省がヘタレ?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/755-8fab2b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

隠れた貧困 vol.3 «  | BLOG TOP |  » 隠れた貧困 vol.1

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (7)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (29)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (85)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (53)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (66)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (9)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析