2017-08

本当は誰かの役に立ちたい - 2015.02.24 Tue

子供は自分のことしか考えていないか、というとそれがそういうわけでもないようです。








子供は「子供らしさ」をふんだんにもっていると、素直で、純粋で、子供らしい正義感にあふれています。
「子供らしい正義感」というのは、信頼している人が言ったこと・したことなどを、そのまま「正しいこと」として持っている気持ちです。

そういうものがあるので、人に親切にしたり、なにかを手伝ってあげたりということにも積極的です。
人と関わるのが得意・苦手といった個性によりその出し方はさまざまではありますが。


そういった他者への行動を、子供同士の間で自発的にすることもあれば、大人からきっかけをもらってそれを自分の役割として「したい!」と思うようになることもあります。

人の役に立つことにも、子供はきちんと満足感を見いだすことができているわけですね。


しかし、自分のことで精一杯な子は、なかなかその気持ちに到達しづらいです。

また、普段からたくさん指示や命令・支配されてしまっている子も、あまり他者のための行動に意欲を示しません。

ではどんな子が、人のために行動することに喜びを見いだせるかというと、人に優しくされ大切にされた経験をたくさん持っている子が、そうなりやすいようです。



保育園の子供たちには、年々この「自分のことで精一杯な子」が増えているように感じます。
別の言い方をすれば「満たされていない子」です。


滑り台で遊んでいるだけで、「はやくいけよ」と後ろから突き飛ばしたり、手を洗うのに水道に並んだといったちょっとしたことでも、「ボクのほうがはやくならんだ」「いいや、ボクだ」と言い争いになってしまったり。

クラスの中でそんな子の割合が高くなってしまうと、満たされていて他者に優しい行動を示せる子も、なかなかそのままの形でその優しさを発揮することが出来にくくなってしまいます。

逆だと、ちょっとしたことでも突っかかるような子のほうが、「自分の行動は友達同士の中で許容されないのだ」と感じることができるので、自然と収まりやすいのですが、(そういう子に対しても気持ちを慮ってあげられるようなとても優しい子も出てきます)

同じような子がたくさんいる環境だと、「売り言葉に買い言葉」のようなことが日常茶飯事になって、子供たちだけの集団の関係の中だけでは収まっていきにくいです。

これは年齢が上がれば上がるほど大変さが増していきますので、小学校などでこのような問題が出た場合は随分と対応が難しいのではないかと思います。



「本当は誰かの役に立ちたい」ということは、実のところ大人もそうなのですよね。
大人であっても自分が誰かの役に立っていると感じることは、精神的な満足感、自身の存在肯定を得られることです。

でも、いまの時代は大人も子供と同じように「自分のことで精一杯」になってしまっている状況がたくさん増えてしまっているのでしょう。

仕事も忙しかったり、単に忙しいだけではなくそれがストレスフルだったり、納得がいかない状況でも我慢して働いていたり、時間に余裕もなく、気持ちにも余裕がない、そんな状態で家庭のことや子育てもしなければならない。

子供たちの余裕のなさ、「自分のことで精一杯」になっている原因の根っこをたどっていってみると、この大人の方の「余裕のなさ」がその大元にはあるようです。
関連記事

● COMMENT ●

No title

昨年の5月に一人遊びについて相談させていただきました。そのとき息子は3歳3ヶ月の年少さんでした。もうすぐ1年経とうとしていますが、息子は順調に上手に一人遊びができるようになってきています。おとーちゃんさんの「できないことも認める」「一緒に楽しむときは精一杯」「めりはりをつける」などのアドバイス今も心に染みています。時には「たまにはひとりで遊んでよ!」と声を荒げてしまうときもありましたが、それもまあよしとして(笑)本当に今も一緒にカルタや絵本、おりがみをやってとはいいますが、一人でブロックやぷらレールなど楽しめるようにもなり日々息子の成長を感じうれしく思っています。おとーちゃんさんのおかげです。
1月に幼稚園の面談がありました。先生からお友達に優しい、生活面は問題なし、新しいことを誘っても断らない と言ってもらえてこれもまたおとーちゃんさんのおかげだなぁと感じ感謝感謝です。
2月で4歳になり、最近少し反抗期です。2才のいやいや期もあまりなく、今まで受容メインの息子でしたが最近では口答えしたり、特になんでも受け入れてくれるジジババの言うことを聞かなかったり。でもきっと自我が芽生えてきたんだなと喜び、受容もしっかりしていきたいと思っています。
これからも記事楽しみにしています。息子にたくさんやさしくして人にやさしくしてあげられる子になってもらいたいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/753-bcfca60c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

隠れた貧困 vol.1 «  | BLOG TOP |  » 注目されることで安心感と満足感を

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (165)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (88)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (72)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (16)
子育てに苦しむ人へ (5)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析