2017-08

叩いて育てること vol.2  「叩くこと」を招きやすい子育ての構造 - 2015.01.27 Tue

僕はこれまでにも、「しつけ」で子育てを考えることの弊害や危うさについて述べてきています。(これについては該当箇所が複数ありますので、興味のある方は検索して過去記事をご覧下さい)

その「しつけ」と、前回からテーマにしている「叩くこと」というのは、実に親和性が高いのです。








「しつけ」という子育てのメソッドは、その行き着くところが「子供を大人の思い通りにする」ということです。
このことは、「子育てを子供を支配すること」にしてしまう危うさがあります。

そして、少なからず「子供を効率的に支配すること」を子育てそのものにしてしまっている人がいます。


そのある人は子供をモノで釣り、またある人は子供を脅すことで言うことを聞かせようとし、またある人は子供のご機嫌を取るようになり、そしてある人は子供を叩くことで大人の意に沿うように動かそうとします。

このような子育てのメソッドは、「いま目の前の子供」にしか効果を及ぼさないことがほとんどです。
僕が「子供そのものを伸ばす」という語でお伝えしているような、長期的な子供の成長にはなかなかつながりません。



「子供を大人の思い通りに動かすこと」で、つまりさまざまな方法はあれ「支配」することで育てられてきた子供は、「自発性」「主体性」「考える力」そういったものを置き去りにしていき易いです。

また、「子供らしさ」や「モチベーション」「創造性」といったことを、それこそおろし金でおろしていくように、すり減らしていきかねません。


大人の中には、子供の「子供らしさ」を手放させることを、「子供の成長」と捉える人がいます。
僕はこのことを、子育てのリスクを上げることだと感じています。


「想像力」や「創造力」「共感性」といったものは、「子供らしさ」のなかにふんだんに含まれており、それらがあるからこそ「優しさ」や「思いやり」といった心の成長も培いやすいのです。



「叩くこと」で子供を育てることは、「子育てを子供を支配すること、思い通りにすること」というメソッドの中にどっぷりつかっている人の主観からすれば、それは実にうまい方法のように感じられるかもしれません。

たくさんの子供、たくさんの子育てを見てきた僕のような人間からすると、それは大変もったいないことをしているような気がしてしかたがないのです。
関連記事

● COMMENT ●

叩くことの正当化

本当に迷惑していたんです!!

叩くこと・脅すこと・物で釣ること
大人の勝手な交換条件
(○をしたら△してあげる的な)

それが普通で、それで問題なかった。

「お前は甘やかし過ぎ」
「なめられている」
と何度も言われ…

それがダメだと言うなら
根拠を納得いくように説明してみろと。
何度となく説得を試みたものの…
「育児初心者に何がわかる!」
「こっちは○人それで育てたんだ」と
旦那や家族と言い負かされてきました。

今回の記事を読んだだけで
そうなのよ。それが言いたかったの。
と、自分の気持ちがスッキリしました。
それだけで救われました。
おとーちゃん、ありがとう
♪───O(≧∇≦)O────♪

そして、取り寄せ出来ませんと言われてしまった おとーちゃんの本。
どうしても?なんとかなりませんか?の粘りに「ダメ元で・ゴリ押しで、取り寄せしてみますか?」と店員さんの配慮で
取り寄せしてくれました。

この本で、
ふる〜い・かた〜い頭の育児に
言い負かされない知識と実践!!!
頑張りたいと思います( ´ ▽ ` )ノ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/734-ee84c1bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

叩いて育てること vol.3   子供の将来の幸せを奪う可能性 «  | BLOG TOP |  » 叩いて育てること

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (165)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (88)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (72)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (17)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析