2017-09

4歳女児 素直に大人に従えなくなっている - 2014.08.19 Tue

8月5日 ゆーたママさんの相談コメントへの返信










4歳1歳の二児の母親です。
幼稚園の年少の4歳の娘は幼稚園では給食やお弁当は常に完食、自分のことはきちんと自分でやるし何事にも全力で頑張ってるので家でいっぱい褒めてあげてくださいと先生に言われます。
でも家では正反対で、着替えも食事も全部親任せ。下の子もいるし、幼稚園で頑張ってる分甘えたい気持ちも分かるのでこれくらいならまだ分かります。
でも、食事中何度言っても椅子に足を上げたり肘をついたり、茶碗を持たずぼろぼろこぼして食べたりします。他にもいろいろ。
私なりに「~しようね」と言うのですが何度言ってもやるので最後には怒ってしまいます。
それから娘は、怒り口調で話すことがとても多いです。
これに対してもおとうちゃんさんのブログを参考に素直に甘えるように促し、その時は多少なりとも理解してくれるのですが、これも食事の時と一緒でまた同じことの繰り返しでなかなかうまくいきません。特に小さい頃から何でもはいはいと言うことを聞いてくれた祖母に対しては一番きつくあたります。
家は主人の両親と同居していて初孫のため、祖父母が甘やかす分私が厳しく接しなければならないところもありましたが、ハグやくすぐりなど愛情表現はたくさんしてきたつもりです。
下の子に比べて赤ちゃんの頃から愛想のある子供ではなかったのでもともとの性格もあると思いますが、根は感動やでとても優しい子です。
それから、これは幼稚園に行く以前からあったことなので幼稚園でのストレスを家で発散してるとは考えにくいです。幼稚園も嫌がることなく楽しく行っています。
イヤイヤ期の時に私が感情的になってしまったり、食事の時に厳しく接したことが娘の性格に影響しているんでしょうか?
親がいないところではちゃんとしてるのに、親がいるところではできない。(常にではないですが)これはただの甘えなのかそれとも何か満たされていないということなのでしょうか?



「受容」が足りないかどうかというのは僕からはちょっとわかりにくいことなのですが、まあ甘えの一種ではないかという感じがします。
それプラス「下に小さい弟がいること」、あと「揺り戻し」の確認作業の姿がもう出ているのかもしれませんね。
「揺り戻し」に関しては検索して過去記事をごらんになってください。

対応としては、僕はこちらの記事に述べたような
→ 『言葉を使う』 

大人の関わりによって子供の正しい姿を出させようとしてしまうのではなくて、言葉を使って大人が思っていることを伝えて、自分でその姿を出せるようにしていってあげるといいのではないかと思うのです。


例えばですが、「~しよう」ではなくて、

「私は、ご飯をこぼさないで食べることはとても大事なことだと考えているから、あなたも気をつけて欲しいと思っているんですよ」
など、自分自身が思っていること、「どうしてほしいのか、それはなぜなのか」ということをそのまま伝えてみるのです。
そしてそれを待つのです。
待つというのは、子供ができなくてもただ我慢していなさいということではありません。
またできなくなっていたら、「~~しなさい」ではなくて、「こぼしていますよ」とありのままを伝えるかたちで言います。
わざわざ言葉にしなくても、大人の視線だけで気づくかもしれません。それならばわざわざ言葉にすることもないでしょう。
僕はあいての子供の状態に応じて、言葉で言うか、「ほらここ」とさりげなく指さして教えるか、指さしだけ、視線だけというように使い分けています。


このことが何を意味しているかというと、「あなたを信用していますよ」というメッセージでもあるのです。
「できないあなた」ばかりを指摘していると、子供の自己肯定感は下がってしまいます。

信用して、自分でやらせてみて、少しでもやるようになったらそこを「認める」という関わりをすることでプラスの循環をつくっていけます。



ほかにちょっと気になることといえば、 4歳、女の子、幼稚園で頑張っている、下に弟妹がいる ということですから、お母さんからの「良い関わりが欲しい」というサインとして出している可能性もありますね。

「先回りした関わり」をもう一歩進めて、お手伝いしてもらったり、なにか役割を持たせるようにして、「褒める」「認める」で自信をつけていくようにするのもいかもしれません。

関連記事

● COMMENT ●

No title

3歳の息子が通っている保育園のことでご相談があります。
民間企業が運営する認可保育園に0歳から通っています。認可なので安心していたのですが、毎年、年度末に大量に先生が辞めるのです。さらに今年度に至っては、新しく入った先生がほぼ全員新卒で、息子のクラスは、5年目の先生が主担任、それ以外1名が2年目、2名が新卒という構成になってしまいました。
そのため先生方に余裕がなく、また息子の言葉づかいも悪くなったり、先生が目を離した隙に友達に引っかかれて顔に大きな傷を作ってきたことが2日続いたり・・・。

保護者の間でも問題になり、市に相談をした親が多数いたそうです。先生の人数は認可保育園の基準を満たしていますが、それでもギリギリぴったりの人数。さらに半数近くが新卒の先生。親として不安ばかり強くなります。

そんなこともあって転園を考えています。ただ転園先として自宅から通える園はそちらも民間企業が運営する認可保育園。今の園から転園したママさん(複数)の話からは、転園してよかった、先生が落ち着いている、言葉づかいもよくなった、などよい声が聞こえます。

ただ息子は今の園に楽しく通っていて、特に大きな問題はなさそうにも見えるのです(しかし年度初めの先生が大きく入れ替わった時期はかなり荒れて情緒不安定が酷かったです)。このまま今の園にいた方がいいのか、転園した方がいいのか迷っています。

転園先の保育園には一度見学に行ったことがあり、もう一度今月中に行く予定です。そのときどんな点を見てくればいいのでしょうか。正直、短時間の見学では保育の質を見抜くことができなくて。たまに公園でその園の先生と園児が遊んでいる様子を盗み見したりしていますが、それでも判断ができません。

転園は子どもにとって大きな負担になるのでしょうか。今の園には仲良くしているお友だちも数名おり、自宅でもその名前が出てきます。また今の園に比べて、転園先の園は狭くてのびのび遊べないことも気になっています。

民間企業が保育園に参入すること、正直、利用している側の親からすると不安が大きいです。入園前にはわからなかったことですが、やはりリスクが大きいし、そのしわ寄せは子どもたちにくるのだな・・・と実感せざるを得ません。

長文になって申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

ひらがな

いつも勉強させていただいています。
たくさんの相談があり、お忙しいところ本当に申し訳ありませんが
どうしても教えていただきたくて、コメント欄から失礼します。

6歳、年長の息子のことです。
息子の通っている保育園では、年長から平仮名の練習を始めます。
私は小学生になったら本格的にやればいいと思っていたので
今まで息子に教えようと思ったことがなく、何もしてきませんでした。
しかし、先日、息子の担任の先生からお話がありました。
息子の平仮名の覚えがかなり悪いようなのです。
い、とか、こ、とかの簡単なものはいいのですが、
ほ、とか、る、とか、少し複雑に、曲がりが入ってくると
形が全然取れないようなのです。
他の子のペースに全然ついていけないので、
時には先生が個別に指導をしてくださっているとのことでした。
息子の平仮名の練習帳を見ると、たしかに形がとれておらず、
「る」などは「る」になっていませんでした。
先生が赤もとても多かったです。
先生の言い方では、だから家でやってきて、という感じではなく
今のこの現状を知っておいてください、という感じでした。
1年生になってから困るといけないので。
また無理に押し付けて、平仮名が嫌いになってもいけないので
ゆっくりやっていきましょう、とも言ってくださいました。

1年生になってからでいいと思っていたものの、
保育園で自分だけ書けない、先生がつきっきり、という状況では
息子にもプライドがあるでしょうし、自信もなくなってしまうという
心配もありましたので、家で少し練習をすることにしました。

ポケモンが好きなので、ポケモンのドリルを用意し、
迷路や運筆練習を中心に、毎日少しずつやっていきました。
私は鉛筆の持ち方、姿勢だけを気をつけるようにして、書けたら
「できたね。この線ははみ出さずに書けたね。」などと
できるだけほめるようにしてきました。
最初のうちは本人もやる気で、こちらが声をかけなくてもがんばっていましたが、2週間で飽きて、今はもうやっていません。
こちらが声をかけても、やる気がないので、無理強いはしていません。
どうしたものかと思っています。

小さいときからお絵かきが嫌いで、とても下手です。
お箸の使い方もうまくありません。
手先がとても不器用なんだと思います。
そして、それを本人も自覚していて、
「おれ絵下手だもん。」などと言って、書く前からあきらめてしまいます。
自分が苦手でできないことは、最初からやらないタイプです。

それ以外では、友達との関わりも特に問題はなく、
2歳下の妹にも優しいお兄ちゃんです。
運動が大好きで、鉄棒や自転車なんかも教えなくても
すぐにこつをつかんでやってしまいます。
ブロック遊びも大好きで、自分で考えて飛行機やロボットなど
いろいろな形を作ります。

おとーちゃんさんに教えていただきたいのは、
この年齢でひらがなが書けないのは、
発達段階上問題があるのかということです。
見て、形がうまくとれないのは、学習障害か何かでしょうか。

書くだけではなく、読むほうも苦手なようで、
ひらがなはまだ全部は覚えていません。
覚えているものでも、2,3秒考えてから言える感じです。
4文字くらいの単語になると、一文字ずつは読めるけど
つなげて単語にできません。

もっとしっかりやっておくべきだったのでしょうか。
今から私が家でやってあげれることがあるでしょうか。

おとーちゃんさんのお時間があるときに
おしえていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。



2歳女児

いつもお世話になっております。
お父ちゃんさんのブログに出会い、くすぐりをする等少しずつ関わりを変化しているところです。
2歳4か月の女の子の母で、経済的な事情で娘が6か月の頃からずっとフルタイムで働いています。
今月末に出産を控えており、お盆休みと同時に産休に入っているため、最近は娘と家で過ごす時間が多いですが、家族構成は娘・夫(中学校教諭)・私(広告代理店の営業時事務)・(ともうすぐ下の子)で核家族、実家・義実家・親戚等、すべて遠く、普段は保育園(7時~19時)にお世話になって何とかやっている状況です。
夫は家事・育児共に協力的で、私が残業の日はごはん・お風呂・寝かしつけまでやってくれます。娘は夫を試したり、所有したがったりと、まるで我儘な恋人のように振る舞うことも多く、夫が休日出勤等でいなくなると、仕事だと何度も説明してから出かけるにもかかわらずベランダから泣きながら夫を呼び続けるなど(30分程度)、お父さん大好きっ子です。(私にも同様のことをすることもありますが、夫に対するものとはちょっと違うように感じています)
うちでの娘は、好き嫌いをして葉野菜を食べなかったり、思い通りにいかないと物を投げたり親を叩いたり、「やめてほしいな」とお願いすると「やめてほしいなじゃないの!」と怒鳴ったり…といった我の強い子なのですが、保育園では全く違うようで、自分からお友達を叩く等しないどころか、お友達に噛まれてもやり返さない、先生の言うことをよく理解して言うことを聞く、と言った感じで、主任先生からも「4月生まれということを除いても本当に発達の早い賢い子ですね」と言われています。
オムツは本人の「オムツでしたい」という強い希望で外せずにいますが、私自身はあまり気にしていません。(園では一日に数回連れて行くようですが、うちでは誘っても「行かない」と強くお断りされるので断念してしまっています)
うちと外で随分と様子が違うようなのですが、単なる甘えなのでしょうか?それとも、親の対応が下手で保育園のように上手に子育てできていないのでしょうか?夫とふたり、どうしたものかと悩んでいます。

ひまわりさん

>そのときどんな点を見てくればいいのでしょうか

これはたびたび聞かれるのですが、伝えるのはすごく難しいのですよ。

言うまでもないことかもしれませんが、一般的なところでは子供がいきいきしているとか、保育士がきちんと子供を見ているか、叩いたり威圧的に関わることで子供を思い通りにするような対応をしていないかなどあるでしょう。

それが直ちに悪いということにはなりませんが、あまり親を喜ばせようとしすぎているところは僕だったらちょっと眉につばをつけて見るでしょうか。親を喜ばせすぎるというのは、行事などが派手すぎ頑張らせすぎなところです。合う子はいいですが、こういうところは合わない子を置いてけぼりにするところもあって(そうでないところもありますが)、ちょっと慎重になりますね。

見た目の立派さにはだまされないほうがいいでしょう。
むしろ見た目の立派なところは要注意です。
僕の友人の勤めている私立園は、すごく立派な熱帯魚の水槽が玄関に設置されています。
それの月々のレンタル料は友人の給料よりも高いそうです。
そういうところは経営側が保育の内実よりも、お金を払ってくれる人の方を向いている可能性が高いわけですね。
ぼろい建物でも子供に丁寧な保育をしてくれるところの方がずっといいと僕は思います。

乳児の食事風景をみると、多少は丁寧さがわかります。
ただ食べさせればいいと考えているところと、そこで様々なものを身につけさせようと配慮しているところでは、その差はかなり出てきます。
そこでの丁寧さというのは、他の年齢の他の保育の場面でも同様の丁寧さにつながるでしょう。
ただ、いくつかを見比べないとちょっとわかりにくいかもしれません。

保育の質というのはほとんどが人間の部分なので、これこれこうというのはとても難しいです。
うまく言えなくて申し訳ないです。

保育方針についての話を聞いてみるのも手だと思いますが、なかには口だけ達者で言ってることとやっていることが全然ちがうなんてところもありますので・・。

小春日和さん

読字障がい、識字障がいとった発達障がいの一種というものもあります。
発達障がいの一連の記事書きましたが、それらはある特徴が強くなったり弱くなったりすることであって、必ずしも不可逆的な障がいというものではなく、たんに獲得する時期が遅くなっていたりするだけということもあります。

それともたんに不器用なだけだったり、それらを好まないから本気になっていないというだけかもしれません。

>もっとしっかりやっておくべきだったのでしょうか。

そういう対応もあるでしょうし、まだ焦る時期ではないのだから気にしないという選択肢もあるかと思います。

なんらかの発達上の問題の可能性を感じるならば、専門的な適切な対応を今の段階からとることで学齢期に備えるということもとれるとは思います。

字について以外で気になる点がありますか?
例えば、もののかたちの認識があいまいなようだとか。


そういった気になる点がないのであれば、あまりいまからプレッシャーをかけてしまうのは得策ではないように感じます。
人はその必然性がなければ本気にはならないからです。
小学校に入れば、子供にもとうぜんその必然性が感じられるようになりますので、そこから働きかけてもいいでしょう。

ひらがなについて ありがとうございました

おとーちゃんさん

お忙しいところ、お返事ありがとうございました。

読字障がい、識字障がいとった発達障がいの可能性もあるんですね。
ただ不器用なだけならいいなあと思います。

>字について以外で気になる点がありますか?
 例えば、もののかたちの認識があいまいなようだとか。

ものの形についての認識は、今まであまり気にしたことはありませんでした。気になることはなかったように思います。
言葉が出るのが少し遅かったですが、
それ以外で息子の発達について気になったことはありませんでした。
だからこそ、今回、保育園で言われてびっくりしました。

今保育園でひらがなをやっていて、本人なりに思う所は少しあるように思います。なのでドリルを買った時も、自分からやろうとしたんだと思います。
でもやっぱり、書けない、ということから目を背けたい、というか
どうせできないし、という投げやりな感じというか
できないことから、逃げたい、という感じです。
それは自信のなさからくるものなのでしょうか?

ひらがなについてはもちろんなのですが、
今後も、できないことを避けて通るようにはなってほしくないです。

とりあえず、今はひらがなは無理にやらせないようにします。
今息子ができること、がんばっていることを認め
とにかくいっぱい良い関わりをしてあげたいと思います。
少しでも自分に自信をもってほしいなあ。。。

これからもおとうちゃんさんのブログを楽しみにしています。
書籍化されたら絶対買います!
まだまだ暑い日が続きますが、お体に気をつけてがんばってください。

まとまりのない文章ですみません。
ありがとうございました。




はちさん

多分に推測が入りますのでそのおつもりで参考までにどうぞ。

>うちと外で随分と様子が違うようなのですが、単なる甘えなのでしょうか?それとも、親の対応が下手で保育園のように上手に子育てできていないのでしょうか?


これは普通のことです。
むしろある意味では健全とすらいえます。

大人だって会社でビシッとしていたら、家ではだらっとしたりするのは誰しもありますよね。
子供もそれと同じです。

逆に、「家でいい子、外で問題児」の方がずっと根深いものがあることが多いです。


ここからは多分に推測になりますが、

>うちでの娘は、好き嫌いをして葉野菜を食べなかったり、思い通りにいかないと物を投げたり親を叩いたり、「やめてほしいな」とお願いすると「やめてほしいなじゃないの!」と怒鳴ったり…といった我の強い子なのですが

こういう姿はお母さんに対する一種の甘えの出し方なのだと感じます。

女の子と母親ですと、素直に自分の感情を出せずにこのようなひとつ角を曲がったような出し方をしてしまうことが往々にして見られます。いわゆるツンデレに近いですね。


その背景にあるのは、12時間にわたる保育時間ですからこの頑張りを認めて欲しいというものがまずあるでしょう。
「私はこんなにも頑張っているのだからそれをしっかりと認めてよ、お母さん!」という主張をネガティブな出し方を通してしているわけですね。


もうひとつは、お母さんにもっとおおらかに穏やかに過ごして、ありのままの自分を受け止めて認めて欲しいということなのだと感じます。
このあたりは過去記事の「全面肯定」というところが関連記事になります。検索するといくつか出てくると思います。

>うちと外で随分と様子が違うようなのですが、単なる甘えなのでしょうか?それとも、親の対応が下手で保育園のように上手に子育てできていないのでしょうか?夫とふたり、どうしたものかと悩んでいます。

この部分が、「家庭でも外と同じようにきちんとできるはずだ、きちんとできるように育てなければ」という気持ちが少しでもあっての問いなのならば、お子さんのメッセージはより先鋭化します。
つまり、「できない私であってもありのままの自分を受け入れてよ」という心理があるわけです。

「できること」に目を向けた育児になってしまうと、しばしば子供はこの心理状態に追い込まれていきます。
だから、わざわざ大人が気に入らないであろうという姿をだすことで、深いところでの「受容」と「肯定」を求めるという行動にでてしまうのです。


真面目な人、一生懸命に子育てしようとする人ほど、こういうことに直面してしまいがちです。
そこに留意して、大人の側の大きな包容力でもって、子供のネガティブな姿ごと受け止めてしまうような姿勢を出していくことで子供の姿を安定化していきやすくなります。


これらは大人の方の自信のなさや迷いなども拍車をかけてしまいます。
大人の方もいまの状態が「子育てがうまくいっていないのだ」とか、「長時間預けているから負担をかけてしまっているのだ」というようにネガティブにとらえるのではなく、誰しも当然出てくる成長の一過程だと思って長い目で、またおおらかに見ていくことが大切です。

「受容」「肯定」「認める」「温かい目で見守る」といったことの積み重ねでお子さんの姿は安定化していけるでしょう。
まずは、くすぐりなどでお互いが楽しいという経験を共有していってみるといいと思いますよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/646-65319253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相談 夜寝ようとしないので昼寝をやめるべきか? 追記あり2014/08/22 «  | BLOG TOP |  » 続『目が合わない、受容してこなかった』(1歳9ヶ月)むにむにさんスレ

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (169)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (88)
心の育て方 (91)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (73)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (19)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析