2017-03

相談 乱暴な友達との関係(2歳4ヶ月) - 2014.07.17 Thu

7月2日 よしえさんの相談コメントへの返信








相談なのですが…2歳4ヶ月の娘がいます。娘が2歳になる少し前に公園で会って仲良くするようになった3歳1ヶ月の男の子がいます。
あまりに乱暴なため最近付き合い方に悩んでいます。乱暴とは、娘の帽子を投げる、髪を引っ張る、娘に砂を投げる、娘に水をかける、ブランコに乗っていると無理矢理引きずり下ろされる、娘が拾った木の棒などすぐ取り上げる、次を拾ってもまた取る、娘の遊具は片っ端から取り上げる、まだまだ他にも沢山…。娘に抱きついたと思ったらそのまま倒れ混み娘の首のところに腕を回しているのですが離さず娘を押さえつけたり…。私は先日乾いた猫の糞を投げつけられました。最近どんどん酷くなっているような気がします。以前はトラブルがあるから避けるというのは良くないと思い、それに社会勉強かな、なんて思っていたのですが、最近では娘がその男の子を怖がる様になりました。どうするのが最善策なのでしょうか…。 やはり公園を変えるべきでしょうか? 乱文すみません…。 一応仲良くキャツキャ言いながら遊ぶ時もあります。



<乳児期の人間関係は試練にしなくてもいい>

友達関係だけに限りませんが、「子供の成長のためには試練を乗り越えさせなければならない」というように子育てを考えている人は少なくありません。

たしかにそういった面もあるでしょう。
でも、乳児期からそれを子供にあえてわざわざ突きつけていく必要はあるでしょうか?
物ごとにもよりますが僕は子供がごく小さいうちからそれをわざわざ課していく必要はないのではないかと思うのです。

年齢を積み重ねていけば、否応なしに子供が自分自身で乗り越えていかなければならないという機会は訪れます。そのときに安易に大人が手を貸したりしてしまうことは場合によっては子供の経験を奪うことになってしまうかもしれません。

でも、乳児期はまだ子供は自分の力で解決できないことも当然たくさんあります。
その頃から試練を乗り越えなさい式の考え方をしなくてもいいでしょう。
ましてや2歳4ヶ月というのは、そもそもの友達関係ということのモデルすらつかんでいない時期です。
そこで行動が激しかったり乱暴だったりする子供とうまくつきあっていきなさいと望むのは、かけ算もマスターしていない子に因数分解をしなさいというようなものに近いところがあります。

僕はこの段階であえてわざわざそこでの経験を積ませようとしなくてもいいのではないかと思います。



僕はしばしば友達関係について述べるところで、「人間関係というのは本人が自分で経験して乗り越えていくしかないこと」ということを書いています。

これは必ずしも、「子供が困難な状況に突き当たってもそれを乗り越えねばならない」という意味だけで書いているわけではありません。

自分でその状況の対応が困難だと感じたら、その状況を「避ける」ということを経験し身につけるというようなこともとても大事な要素だと考えています。

現実に大人は、なんでもかんでもまっすぐに突き進んでそこでぶち当たった壁を乗り越えていくというよりも、事前にそういうことがあるのを察知してそれをあらかじめ回避したり、もしそういう問題に直面してしまったらそこでいかに身を守れるかということを重視しているはずです。

ときには「避ける」というのも必要なことなのです。



それにしてもなぜその男の子はそこまで乱暴なのでしょう?
原因はさまざま考えられるけれども、その子というかむしろその親の方に今の段階で身につけなければならないいくつかのことがあるようですね。
関連記事

● COMMENT ●

お忙しい中相談へのお返事ありがとうございます

相談をさせて頂いたよしえです。
とても悩んだのですが、今は公園をかえました。おとーちゃんさんの避けてもいいという意見を聞けてとても安心しました。
その男の子は最初は乱暴ではなかったのですが、仲良くなるとその様な様子が出て来ました。日に日に悪化していった気がします。娘は外ではとても大人しくお友達と遊んだり後をついていくようなことはなかったのですが、この男の子とはあっという間に仲良くなり、キャッキャ言いながら遊ぶ様になったのでこのようになってしまってとても残念です。ママ同士もとても気が合ったのでそれもとても残念でした。何とか仲良く出来ないかと、私が男の子の気持ちを代弁して~したかったんだよね~等、色々試しましたが、ダメでした。
公園を変えて暫くたちましたが、娘より小さな女の子と遊ぶようになり、娘はとても満足そうにしています。

男の子のママが身に付けなければならないことがあると書かれていますが、それはどういった事でしょうか?お忙しいと思いますが、教えていただけると嬉しいです。

何度もすみません

相談させて頂いたよしえです。何度も申し訳ないのですが…。公園を変えてから、男の子のママとは何度か道端で会っていて、今の行っている公園のことも話していました。公園を変えた理由は、娘が行きたがるからと言っていました。先日変えた公園にその男の子が来ました。久しぶり遊んだのですが、特にトラブルもなくとても仲良く遊んでいました。一度娘が使っていたスコップを力ずくで取りましたが、私が娘に『嫌だったら嫌って口でいっていいんだよ』と言ったら戻してくれました。たまになら遊んでもいいのかなぁなんて思ったのですが、今日はまた娘が遊んでいる公園に来たのですが、やはりいい関わりが出来ませんでした。娘が持っているものはとにかく奪いたいようです…。以前遊んでいた時の様に、娘もすっかり怖がってしまっていました。公園を変えた本当の理由を言っていないので、これから同じ公園に来るきがします。男の子は家族で出掛けた際も、女の子をよく泣かせてしまうようで、ママもかなりまいっているようでした。

今後その男の子と会った際、私はどの様な対応をするとよいでしょうか?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/628-b00f4e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相談 モノの貸し借りができない(2歳) «  | BLOG TOP |  » 子供の姿を構成する三つの要素

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (87)
日本の子育て文化 (162)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (7)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (26)
満たされた子供 (7)
早期教育 (15)
我が家の子育て日記 (85)
心の育て方 (88)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (51)
その他 (55)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (62)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (7)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析