2017-07

「思い出補正」と「思い込み補正」 - 2014.05.14 Wed

うちのむーちゃんはナスがあんまり好きではありません。







でも、ナスのはいったカレーは大好きです。


にいにの好きな野菜はなに?と聞くと「うん、オレはやっぱりピーマンかな」と答えます。
でも実はあんまりピーマンは得意ではありません。



むーちゃんがナスを好きなのは、一緒にカレーを作った時があってその作ったのと、そのときとても楽しく食べたので思い出補正でナスにいいイメージをもっています。


にいには3歳の頃、保育園の友だちに家庭菜園で作ったピーマンをもらって、それがうれしかったらしくその頃から「好きな野菜はピーマン」といつも言っていました。

大きくなるにつれて味覚が変わってきたようで、5歳ころからは実はピーマンは苦手な様子。

でも、自分は「ピーマンは好き」と思っているので、ピーマンを出しても食べてくれます。
こっちは思い込み補正かな。


これまでにもピーマン出した時に、残したりということもあるのだけど、「好きとか言っておきながら、食べられないじゃないか」などと責めたりはしません。
せっかく好きでいてくれるのに、そんなこといったらつまらないものね。

なので、ほんとのところは苦手なのだけどいまでも「好き」でいてくれています。

またそのうち、味覚が変わって食べるのも好きにもどるでしょう。
関連記事

● COMMENT ●

No title

確かにそういうのありますね。
良い思い出や、とても美味しかった思い出があると、それに引きずられてずっと好きだと言います。
逆もよくあるのですが。(嫌いな物を食べた時の不安と一緒に覚えてて、その食べ物を見ると不安も思い出してしまうので嫌いと言う。)

子供が好きって言ってて実は苦手でさり気なく残して食べない、、微笑ましいですね。
事実と違うことを言っていても、おおらかに捉えて尊重してあげるのが、いわゆる、余裕のある大人の態度というやつなのかもしれないですね。

そういう時にたまに、からかいたくて口がうずうずしますが、心の中でニマニマしながら我慢してます。

No title

こんにちは。

記事を拝見して、私は長女に対して「マイナスの思い出補正」を
つけてしまったなぁと反省の思いです。

娘は食物アレルギーがあって、3歳頃から卵の減感作療法を始めました。
1/64のゆでたまごから始めて、少しずつ進めていったのですが
気分によって食べたくない日もあるのに、
それを認めずに「食べなさい」と言い続けてしまいました。

その結果、家では卵の黄色を見ると「食べない」と言って
一切口を付けなくなってしまいました・・・
(保育園では食べているようなので、深刻な心の傷に
なっていないようなのが救いですが)

現在はハンバーグやケーキを一緒に作るなどして
卵への拒否反応を減らしていければと取り組んでいるところです。

1年半掛けて「大嫌い」にしてしまったので、
「普通の玉子焼きを食べられる」になるには2年3年かかることを
覚悟しないといけないかなと考えています。

さやさん

大人はどうしてもつい、子供の直すべきことがあると思うとそれに躍起になってしまうのですよね。
本当は、特に小さい子にはその子のそれができる必要があるときまでの最大のスパンで考えて、長い目で見てあげればいいのだけどね。

お返事ありがとうございます

>子供の直すべきことがあると思うとそれに躍起になってしまう
そうなんですよね。
今回のは(私のコンプレックスである)人見知りとかましてや早期教育とかではなく、「治療」だ「必要なことなのだ」と
「正義は我にあり!」みたいな感じで前のめりで取り組んでしまいました。

>最大のスパンで考えて、長い目で見てあげれば
仰るとおり、「長い目」が欠けていたなと反省しています。

「保育園ほど細かな対応が期待できない小学校に上る前に・・・」
「4歳位になると、お友達と食べているものが違うと気がついて気にしてしまう(小麦と牛乳もダメだったので、おやつがパンの時、娘はおにぎりでした)だろうから、その前に・・・」
などなど、期間を親が決めてしまっていました。

アレルギー反応が出た時に飲む薬(大人でも震えが来るほど苦いです)も、
頑張って飲んでくれる娘なのに、卵は頑として食べない姿を見ると、
相当嫌な記憶を植え付けてしまったのだろうとため息が出てしまいます。

でも気にしすぎてもよくないかなと思うので、
地道に「卵おいしいよ」運動を続けていこうと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/580-910f34ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講演について «  | BLOG TOP |  » だし巻き卵

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (40)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (87)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (71)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (15)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析