2017-10

子育てまめ知識特集 その2 - 2010.02.15 Mon

これまでわりといい加減にカテゴリ分けしてたのですが、ちょっとだけ見やすくするために『魔の2歳児』や『排泄の自立』『叱らなくていい子育て』など細かく整理してみました。

このところがっつり子育て文化論をしちゃったので、ちょっと息が抜けるように前回好評だった小ネタ集の2回目です。
でも、あんまし溜まってないのでちょこっとね~。







・赤ちゃんは猫ひろしの「ニャー」が好き
ゆっくりグーにした両手を見せてから、「ニャー」と手をゆっくり前に出しながらパーにして見せてあげましょう。なぜかにっこにこと笑いますよ。


・簡単にできるおとーちゃんが考えた関わり遊び
こどもと向かい合って座ります。
こどもの顔をみながら優しくゆっくり「かわい~かわ~いぃ~」と溜めながら声をかけ頭をなでてあげます。
そして、おもむろに!「もじゃもじゃ、もじゃ~~~~~~」とこどもの髪の毛をぐちゃぐちゃにしちゃいます。
だれでもすぐできる全年齢対応の関わり遊びでした。


・ドールハウス
お人形あそびっていうと日本では女の子のあそびと捉えがちですが、ヨーロッパではこどもからヒゲ面のおじさんまでがどっぷりはまる趣味の王様のひとつと言われているもの、それがドールハウスです。
これは家族の認識、人との関わり方を再現してあそべるコミュニケーションシュミレーターとしてとても優れたものです。
(コミュニケーション大切ですよね。いま問題になっているひきこもりやイジメなどは背景にコミュニケーション力の低下が大きく関わっているといえます)

良質な木や伝統ある職人のつくったドールハウスや人形はそれだけでインテリアになるほどのものです。
しか~し、なにぶんにもお高い。



器用な人なら自作できるかも、またそれが楽しいのですが、そうでない人のためにはアレがあります。

そう、昔からあるシルバニアファミリーです。
インテリアにできるほど立派なものではありませんが、手軽に人形遊びのできるなかなか優れたおもちゃだと思います。(電気がついたり音が出るパーツはいりませんが。)


人形をそろえるときは家族を念頭においてそろえましょうね。
普段の生活をそのままあそびにして再現するようになりますよ。


・生活の中で教え込むのでなく伝える方法
それは大人が自分のすることをきっちりやるだけ。
そこにちょっと一工夫。
することを声に出して言うのです

外から帰って来たとき、「靴脱いだからしまっとこう」「きれいに並べて置いておこうっと」
手を洗うとき「指のあいだもちゃんと洗わなくっちゃ」
床に本が出しっぱなしになっていたら「踏んだらかわいそうだから、本棚にしまっておこう」と言いやらせるのでなく自分でしまう。
苦手な野菜も「おとーちゃんこれ大好きなんだ、たくさんたべちゃおっと」
などなど。

これを応用すれば、指図しない支配しない声がけもできます。
でかけるとき、「時間ないんだから早く早く」と言ってしまうところを
「急いでるからおとーちゃんもう靴はなかきゃ」と声に出して言い自分がする。
出したおもちゃを「かたずけて」と言うのでなく、「もう使ってないからこれしまっておこう」といい自分がするのです。無理に教え込もうとするのではなくとも、こどもはそういう姿を見ていないようで見ています。そしてすぐではないかもしれませんが、半年後1年後それはすこしずつ表れてきます。
命令してやらせればそのときはするかもしれませんが、1年後自発的にするようにはなっていないでしょう。


他にもあったんだけど書くこと忘れちゃった~。そういうわけでまた次回~

↓励みになります。よろしかったらお願いします。

育児ブログ・ランキング
関連記事

● COMMENT ●

今日も

ためになるノウハウをありがとうございますm(__)m
本当にわかりやすいです。
ついつい「早く!」「片付けて!」など口走ってしまいますが、そっかぁ・・・ 親が行動を見せ、言葉で補足すればいいんですね。
親って、つい子供に「命令口調」で話してしまいがちですが、子供自らのやる気を削いでるんでしょうね。
明日から意識して関わろうと思います。

早速!

「ニャー」と「もじゃもじゃ」やりましたよー。簡単に関わり遊びができていいですねー♪
生活の中で教え込むのでなく伝える方法の一つで「ありがとう」「ごめんね」など、私が子どもに率先して言ってます。これは、効果覿面で本人も「ありがとう」などが自然と出てくるようになりました。子は親のかがみを実感中です。

そうですよね~

<生活の中で教え込むのでなく伝える方法>
私も同感で、あまり指示せずにやっているつもりです。
でも、「つもり」なのです。
なかなか・・・。
主人の方がその辺は、とても上手です。
そして、私がいつも後悔する子供に言う一言。
「ちょっと、待っててね~」。
また、気を入れなおして、気をつけて行きます。

なるほどぉ

と 読ませて頂きました

確かに 言ってやらせる のではなくて、自分が少し動作をおおげさに、たとえば、帰ったら、靴ぬいで、揃えておこう♪ と していたら、子供たちは 真似するようになりました。まだ完ぺきじゃないけど。

おもちゃも、本も なかなか 片付けが出来ない 我が家のお二人さん。

さっそく、実践してみようと思います

*HOUKISOU*さん

> ついつい「早く!」「片付けて!」など口走ってしまいますが、そっかぁ・・・ 親が行動を見せ、言葉で補足すればいいんですね。
> 親って、つい子供に「命令口調」で話してしまいがちですが、子供自らのやる気を削いでるんでしょうね。

たしかに、こどもの意欲をそいでしまう声がけを大人はしばしばしています。
ほんとうはこどもの持っているちからを引き出してあげればそれでいいんだけどね。
まあ、そこが難しいところでもあるんだよね~。

ちえっつママさん

> 「ニャー」と「もじゃもじゃ」やりましたよー。簡単に関わり遊びができていいですねー♪

うん、手軽でしょー。これだと気軽にできちゃうのがいいよね。

> 生活の中で教え込むのでなく伝える方法の一つで「ありがとう」「ごめんね」など、私が子どもに率先して言ってます。これは、効果覿面で本人も「ありがとう」などが自然と出てくるようになりました。子は親のかがみを実感中です。

「ありがとう」「ごめんね」この言葉こどもに対して使わない(使えない)親たくさんいるんです。でもそういう人に限って言わせようとしちゃったりするんだよね。
そういう風にされている子は自発的にすることはなくなっちゃうのだけど。
また、あいさつなんかも同じで親がしっかりやっているなら、いずれ自発的にちゃんとできるようになるんだけど、言わせるものだからしたくなくなっちゃうってこと多いんですよ。
そうきちんと意識できたちえっつママさんはさすがだね~

みんしゃみーさん

> 私も同感で、あまり指示せずにやっているつもりです。
> でも、「つもり」なのです。
> なかなか・・・。

たしかにちょっとコツというか慣れがいるからね~。
まあ、なんでも全部できる必要なんかないんだから、出来るとこからやってけばいいんだよ~。

> そして、私がいつも後悔する子供に言う一言。
> 「ちょっと、待っててね~」。

「ちょっとまってて」は言っても大丈夫だよ。その後忘れずにきちんと待たせたことを実行してあげる限りはね。お母さんはいろいろ忙しいんだもの、こどもだってちゃんとわかってるはずだよ。

うさぎさん


> 確かに 言ってやらせる のではなくて、自分が少し動作をおおげさに、たとえば、帰ったら、靴ぬいで、揃えておこう♪ と していたら、子供たちは 真似するようになりました。まだ完ぺきじゃないけど。

そうそう、それがいいんだよね。こどもなんだから完璧にできる必要もないしさ、出来ないときがあっても否定するのでなく「そういう日もあるよね~」って受けてあげれば、こどもは小さくならずに育つよ思うよ。

今回も勉強になりました~!!!

保育士おとーちゃんさんが書いて下さる事って、何かを買って行う事じゃない、自分たちで、今から出来る事だからこそ、本当に素敵だなぁって思います。
こんなおもちゃが!
とか、こんな本で!
などなど、本来子どもと大人のコミュニケーションにそんなに道具は必要ないはずだからこそ、こちらに書かれている事、良いなぁ~、勉強になるな~って思います☆

まだ子どもは居ませんが夫婦円満の為にも、直球でない、カーブなコミュニケーションとして声に出してアピールする方法☆早速意識して実践してみます~☆

えいこさん

何かを買って行う事じゃない、自分たちで、今から出来る事だからこそ、本当に素敵だなぁって思います。

そうですね~子育てって毎日のことだからこそ日々できることが大事なのかもしれませんね。
僕なんかは仕事で普段からこういう声がけに慣れてるから、なんでもなくできるのでむしろがんばって子育てしているわけじゃないんですよね。
しつけなんかしなくてもいつもの生活の中でこどもはいろいろ吸収していってくれているのだと思います。だから親は楽です(笑)


> まだ子どもは居ませんが夫婦円満の為にも、直球でない、カーブなコミュニケーションとして声に出してアピールする方法☆早速意識して実践してみます~☆

「あ~ぁ、結婚決まって以来ちっともプレゼントとかくれなくなったよね~~ボソ」とかいうのは違いますから気をつけてくださいね~~。

No title

ドールハウスって本格的なのは高いんですね~
値段見てびっくりしちゃいました。
シルバニアファミリー♪
懐かしいです。
昔持ってました。
多分捨てられてもうないだろうな~。
なんてことないぬいぐるみだけは大事にとってあって娘にくれたんですが(^^;;

親が見本を見せることは効果大ですね。
最近たまたま靴を揃えることを教えたくて楽しそうに「こうやって~、そろえて~ピタっ」なんて言いながらやると喜んで真似してくれるようになりました。
おかたづけなんかも声に出すといいんですね。
早速いろんなことに応用してみます♪
楽しみながらやってくれるようになるのが一番ですね。

さっちんさん

> ドールハウスって本格的なのは高いんですね~
> 値段見てびっくりしちゃいました。

びっくりしちゃいますよね~。保育園にはあったのですが自宅用にはとても買えません。

> シルバニアファミリー♪
> 懐かしいです。

これがけっこういいんです、僕もこどもが出来るまでほとんどまったく知らなかったのだけど、人形遊びの要点をちゃんと押えていて十分遊べます。

> 親が見本を見せることは効果大ですね。
> 最近たまたま靴を揃えることを教えたくて楽しそうに「こうやって~、そろえて~ピタっ」なんて言いながらやると喜んで真似してくれるようになりました。
> おかたづけなんかも声に出すといいんですね。
> 早速いろんなことに応用してみます♪
> 楽しみながらやってくれるようになるのが一番ですね。

そうなんですよ~。こどもは元々いろんな力をもっているわけだから、それを引き出すだけ。仕込んだりしつけてしまってその力を壊すことはないんだよね。

勉強になります!

ほんとにためになります~。
ちゃんと勉強したいので(笑)、リンクはらせてもらってもいいですか?

さやっくま。さん

> ほんとにためになります~。
> ちゃんと勉強したいので(笑)、リンクはらせてもらってもいいですか?

ありがとうございます、こちらからもリンクさせていただきますね~

No title

わかってはいるけど・・ついつい言ってしまう「早く」です。
またまた痛いところを付かれています(笑)
行動を声にする、いいかんじです。是非今日から意識してやってみようと思います。

ドールハウス、本当にはまりますよねぇ~。なんだか幼少期に戻ったようで楽しい部分と、今の生活を充実させたい欲望を満たしてくれる小さな箱庭です。

うちの長男なんかはおもちゃ売り場でシルバニアファミリー見つけたら動きません。かなり遊んでいます。ぶつぶつ言っています。妄想の世界に浸っています。ありえないことも言っていますが(笑)、楽しそうにしています。今までに知りえたことを実現していっている、おとーちゃん曰く「メルヘンの世界」を楽しんでいるようです。

今回も楽しませていただきました。

ぴよままさん

> わかってはいるけど・・ついつい言ってしまう「早く」です。
> またまた痛いところを付かれています(笑)
> 行動を声にする、いいかんじです。是非今日から意識してやってみようと思います。

ちょっとアプローチを変えるだけで意外といろいろなところで楽になったりしますよ~。
慣れるまでが少し難しいのだけどね。

> ドールハウス、本当にはまりますよねぇ~。なんだか幼少期に戻ったようで楽しい部分と、今の生活を充実させたい欲望を満たしてくれる小さな箱庭です。


大人からみても素敵なパーツとかあって、将来こんな家に住みたいとか夢がひろがりますよね。

> うちの長男なんかはおもちゃ売り場でシルバニアファミリー見つけたら動きません。かなり遊んでいます。ぶつぶつ言っています。妄想の世界に浸っています。ありえないことも言っていますが(笑)、楽しそうにしています。今までに知りえたことを実現していっている、おとーちゃん曰く「メルヘンの世界」を楽しんでいるようです。

こどものそういう姿ってほんとにこどもらしくて、我が子かわいいな~って思える瞬間ですよね。字や英語を覚えるのはあとでも出来るけど、そういう想像力っていましか身につかないものだからほんとに大切だとおもいます。

はじめまして♪

今回、初めてお邪魔しました。

「生活の中で教え込むのでなく伝える方法」とても参考になったのでまたこれからもちょこちょこ見させて頂こうと思ってます♪

今回、私のブログにリンクさせてもらいましが、よろしかったでしょうか???


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/57-73f33eac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『遊べる子、遊べない子』そして『友達との関わり』 «  | BLOG TOP |  » 現代の子育ての落とし穴 Vol.5 「認可園と認証保育所」

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (90)
日本の子育て文化 (169)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (89)
心の育て方 (91)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (57)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (75)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (21)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析