2017-07

にいにとむーちゃん 小さな小人さんたち - 2014.04.21 Mon

この頃さらにたくさんのお手伝いをしてくれるようになりました。

驚いているのは、別に手伝ってもらうことを頼んだわけでも仕向けたわけでもないことです。
もちろんご褒美がもらえるわけでもありません、彼ら自身のモチベーションでしてくれているみたいです。








むー「おとーちゃーん、もうせんたくものとりこんでもいい~?」
お願いすると・・・。
むー「にぃにー、おせんたくいれよ~~」

すると二人で庭の物干しのところへ、イスや台を運んでいって背伸びしながら、取り込んでくれています。

むーちゃんはさすがに背が届かないので、洗濯バサミを運ぶ係りを自分の仕事にしているようです。

むーちゃんがお気に入りのおもちゃなどをしまっている、大事なものボックスがあるのですが、この前のぞいたらそこに洗濯バサミが入っていました。

食事を終えると、むーちゃんは自分の食器を台所にさげて、さらにおとーちゃんの食器も下げてくれて、あとはちゃっかりおとーちゃんの膝の上でくつろぐのが毎日の日課になっています。



上履きを洗うブラシを風呂場においていたら、いつのまにか二人で風呂の床磨きをしてくれていました。

にいには学校から戻ってくる際に、郵便受けから手紙をとってくることを自発的に自分の仕事としたようです。


大きな毛布を干していた時は、後で僕が取り込めばいいかと思っていたら、ちゃんと寝室まで持って行ってくれていました。
ふたりでせっせと運んでくれたのでしょうか。

まるで西洋のおとぎ話に出てくる、いつのまにか仕事をしてくれる小人さんみたいです。
関連記事

● COMMENT ●

No title

こんばんは。

もう、素敵過ぎて、ほんわかほんわかしてしまいました。
小人というか、天使ですね。

おとぎ話に出てくるような、こんなに可愛らしい子供が本当にいるのですね。

自分も兄も妹も子供の頃それなりにお手伝いはしましたが、ここまで前向きに微笑ましくはなかったので、ここまでとは!と、新鮮でした。

ありがとうございました。
お返事は不要です。

素敵ですね!

記事を読んでおとーちゃんさんに育てられたかったー!!って思っちゃいました。

私の記憶ではお手伝いには良い思い出がひとつもなくて。
うちではお手伝い=親が子供に一方的に割り振って与える仕事でした。やりたいな、役に立ちたいなと思ったことは「あぶない、余計な仕事が増える、そんなこといいから自分のことをやりなさい」と言われました。また、お手伝いは出来て当たり前で、失敗を叱られることはあってもほめられたり感謝されたりすることもありませんでした。

なので今回の記事を読んで、何て素敵なんだろうって感動しちゃいました。

うちの息子たちは1歳10ヶ月、最近大人の真似をして色々お手伝いしてくれるようになりました。特に「ハイ、ドーゾ」がブームで洗濯物を干すときにカゴから取って渡してくれるのは腰痛持ちの私にとっては本当にありがたく、心からお礼を言うのが伝わっているのか息子たちも積極的に手伝ってくれています。記事を読むまでは、それもブームが去ってしまえばやってくれなくなるのかな?って思っていたのですが、そう言うことじゃなさそうですね!

今日は寝る前に双子と一悶着あってイライラしてしまい、家事も滞っていてぐったり疲れてしまったのですが、最後にほっこりしました。私も子供自身がモチベーションを高く持てるような子育てを目標に、また明日から頑張りたいです。

忙しい中大変申し訳ないです。

今までのブログにあったかも知れませんが…相談したいことがあります。

私は母親です。子供が父親や祖父に怒られた時、どう接してあげればいいかわかりません。

一緒に怒ると子供の逃げ場がなくなると本で読んだんですけど…ただ受け止めるだけだと父親や祖父がなぜ怒ったのかわからないままだろうし…優しく丁寧に伝えようとしても子供は怒られた事を思い出すのか泣き出す感じです。

子供が孤独感を感じてしまってないか心配です。

保育士のおとーちゃんさんはどうしていましたか?

名無しさん

>子供が父親や祖父に怒られた時、どう接してあげればいいかわかりません。

なにで、どう怒られているのかにもよるかと思います。


その怒られたことが、まったくもって怒られるだけのことであったのであれば、ことさらどうする必要もないでしょう。

もし、怒られたことが理不尽であったり、起こり方が過剰なものであったのであれば、気持ちを受け止めフォローしてあげるということが必要かもしれませんね。


我が家では、基本的にはそもそも怒る必要がないだけのことをしていますし、まれに怒るときもそれだけの理由があって、それに見合うだけの怒り方を自信をもってしますので、子供がそれを消化するまで放っておきます。

消化できないような理不尽なことで怒ったり、過剰に怒ることはそもそも大人の避けるべきことです。
理不尽なことでないのならば、子供は消化していけるでしょう。


おじいさんお父さんの怒ったことがまっとうなことならば、下手なフォローはその怒ったということを台無しにしてしまうこともあります。
それを打ち消すこともないですが、重ねて母親がくどくど言う必要もないでしょう。

自分で消化するのを待てばいいだけです。


理不尽だったり過剰であるならば、ある程度気持ちを受け止めるというフォローをしてあげてもいいかもしれません。
ちょっとくらいの理不尽さならば子供はそれで乗り越えていけます。


しかしもし、それらが目に余るのものであったら、そこは大人同士で話し合って考えていく必要があるかもしれませんね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/567-d1b8d1f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

むーちゃんの花占い «  | BLOG TOP |  » はじめにお読みください

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (40)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (87)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (71)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (15)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析