2017-10

「失敗をしてはならない」が引き起こすつまづき - 2014.04.07 Mon

前回の記事を書いてから、なんでいまの子育ては「先取り」に駆り立てられてしまうのだろうと考えていました。







まあ、いろいろな理由はあるのだろうけれど、その根底にある情緒的な部分をみてみたら「失敗してはいけない」というものがあるのかなと思いました。


今の子育てをみていると、子供や子育てについてはわかっていないところに加え、いまの世の中の先行きの見えなさなども相まって、「○○を身につけさせなければ」という子供への見方・考え方がどんどんエスカレートしていっており、それが不安や心配を増大させ、子供への要求として現れてしまっているような印象を受けます。



子供産業・教育産業の加熱というものも、「お子さんにこれをさせるといいですよ」ということで商売をしているのだけど、それもときに「これをさせておかないとよくありませんよ」という捉え方もできてしまうわけです。


そして周囲の空気というのかな、負の感情には伝染する力があります。
周りの人が、心配していたり、不安になっていたり、恐怖を感じていると、そういうものは周囲にいるそういう感情を持っていなかった人にも伝播していきます。


なんとなく、子育ての世界には「強迫観念的なもの」が漂っているようです。



「子育てを失敗してはならない」という感情は、「少子化」になると必然的に出てくるもののようです。


でも、「失敗してはならない」というところからとる対応が、むしろ本来単純明快であった子育てを難しいものにしてしまって、さらなるつまづきの原因をつくってしまっているというのがなんとも皮肉なものです。




「失敗してはならない」がとらせる、「先取り」のようなアグレッシブな行動という出方もあるし、

「失敗してはならない」が、逆に「どう関わったらいいか自信がもてない」、「子供の行動に対して後手後手にまわってしまう」というパッシブな出方になっている人もいます。



これは両者がまったく別の人というわけではなくて、「どう関わったらいいか自信がもてない」という人が、明快にそうだと一般に言われているところ、思われているところの行動というものに流されてしまうという事態になっているというのが現実のところのようです。



「子供にどうしたらいいかわからない」からこそ、世間で言われるところの「当たり前のこと」。早いうち子供に慣らすだとか、ひとみしりをさせないだとかの、「○○すべき、できるようになるべき」的な行動に駆り立てられてしまうのでしょう。
しかも、強迫観念的に。

さまざまな子供産業・教育産業というものに目が向いてしまうといういまの子育ての傾向も、それと同様の構造があるように感じられます。




子供の成長というのは実は単純明快なものです。

ご飯を食べさせて、きれいにして、寝かせて、遊ばせて・・・

こういう本当に当たり前のことのなかにも、それだけではない様々なものが含まれていて、それら当たり前のことを当たり前にしているだけで、子供はまっすぐに育っていく力というのを持っています。


現代は社会の方が単純で明快なものでなくなっているので、当たり前のことだけでは足りないように感じてしまう部分というのがあるのかもしれないけれど、その上のことはそういった基本のことを終えてからでも充分間に合うことなのではないかと個人的には思います。
関連記事

● COMMENT ●

あたり前の中に様々なことが含まれる…本当にそうですね。
子育ては楽しいです。家庭でのんびりと子育てができることに感謝です。
私の周りの子供たちをみて気になることがあります。それは、2歳前からお昼寝をさせないという家庭が多いことです。赤ちゃんが産まれて…などの理由ではなくてです。
以前にも睡眠の記事がありましたが、またお昼寝についての記事を書いていただけると嬉しいです。

hanaさん

昼寝はとても大事な習慣だと僕は思います。

単に寝る寝ないの問題ではなく、体や心の疲れをそこで緩和させたりするので、病気の予防などにもとても大きな効果があります。

身体の発達や脳の発達にも影響があるということも言われています。


でも、たしかに昼寝をさせないという家庭はすくなくありませんね。



なかには、家庭でのんびり過ごしている子などでは、精神的体力的に余裕があってなくても「なんとかなってしまう」という現実もあるにはあると思います。


ほかにも、「昼寝をさせると夜寝ない」ということが一般的に思い込まれてしまっているようです。

これはケースにもよりけりですが、実際は世の人が思っているほどにそうではありません。


このあたりのことは過去記事でわりと詳しく書いたところがありますので、「午睡」とか「昼寝」で検索してみると見つかると思います。

返信ありがとうございます

過去の記事検索して読ませてもらいました。ありがとうございます。
うちの子はよく寝るタイプの子だから特にそう感じるのか、お昼寝もしないで過ごしてしまう同年代の子がなんだかかわいそうで…でもそれも習慣になってしまうんですね。
とりとめのないコメントですみません。ありがとうございました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/558-5fc1e877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

乳児期における「友達関係」について Vol.3  「慣れ」はあるが「訓練」はない «  | BLOG TOP |  » 乳児期における「友達関係」について  Vol.2  必要なのは訓練ではなく良好な母子関係

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (90)
日本の子育て文化 (169)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (89)
心の育て方 (91)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (57)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (75)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (21)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析