2017-10

レゴの車と子供の自信   Vol.2 - 2014.03.09 Sun

レゴもなかなかいい遊具だとは思いますが、レゴが家にあると、ただでさえ片付かない我が家のちらかり具合が120%くらいになります。(泣)


実は、昨日のレゴでの子供の姿は、最初は子供について書こうとしてたのではありませんが、ついでなので書いてしまいました。

本当は、ああいったけっこういいものができていてすら自信がもてないで、うまくいくものもうまくいかなくなってしまっているという今の大人の子育てと重なるところがあると思い、それの例としてあげようかと構想していました。







子供のレゴの話と同じように、「子育て」ということも必ずしもうまく出来る必要はないと思います。

自分の作った車がそれなりにうまくできていても、「これでいいのかわからない」「これではこの先失敗してしまうのでは」などと自信がもてなかったり、「ひとのものよりおとっているのでは」と考えてしまったりしてそれを肯定できずにいるのと、

>その子達が作るものより、ずっと大したことのないものしか作っていないのに、「みてみてー、すごいかっこいいのできたよー」と見せびらかしに来て、さらにそれでどんどん遊び込める子もいます。

のように、うまいへたということ関係なしに、そのこと自体を肯定できているのとではあとあと大きく違ってきます。


「車」のところを「子育て」に、「子供」のところを「親」に置き換えてみると、それと同じことが子育てでも起こっているようです。


子供の育ち・成長発達の具合そのものの優劣よりも、親がその状態を自信をもって受け入れているか・肯定できているかということの方が、先々の成長によほど影響を与えるように思います。



子育ての終点は「今」ではありません。
はるかずっと先です。

なにか気になることがあったとしても、そのずっと先で折り合いがついてさえいれば問題はないことです。
なかには放っておいても時間の経過・年齢が解決してしまうこともあるでしょうし、まったくの取り越し苦労ということだってあるでしょう。

もし、なにかその子育てのなかに失敗していることがあったとしても、取り返しのつかないような失敗などというものはそうそうありません。


しかし、いまの現実の中では、そのような子育てに対する「自信」というものが持ちにくくなっているのでしょうね。




>>その子達が作るものより、ずっと大したことのないものしか作っていないのに、「みてみてー、すごいかっこいいのできたよー」と見せびらかしに来て


↑この状態って、子育てに置き換えるとなんだかんだで、「親バカ」という状態かなと思うのです。

「まだまだのところはあるけど自分の子供がかわいくてしようがない」
そういう心持ちが子育てを円滑にしていってくれるのではないかと、いろいろな子供・大人を見ていて思います。


昨日の記事の反響で、お子さんについての萎縮してしまっている姿があるとか、いろんなことに自信をもてていないというコメントが多数寄せられたのだけど、基本的に子供が小さいうちは「その萎縮してしまっている部分」をどうにかしようではなくて、たくさんの笑顔とともに生活して「かわいいかわいい」をしていれば、子供のそういった「全般的な自信」というようなものはいずれ育ってくるのではと思います。


親の気持ちが子供に投影されるということもあるので、親自身が「現状の肯定」・「自信」を持てていないという人の場合だったら、そこも意識して変えていく必要もあるかもしれませんね。
関連記事

● COMMENT ●

No title

こんにちは。

昨日の記事を読んで、まさに今日のお父ちゃんさんの記事の内容を思い、考えていました(*^^*)ありがとうございます。

息子に対する対応もさることながら、母親である自分を、自分で肯定して満たすことが出来たら、それが一番よい方向に向かうきっかけになるんだろうと、とりあえず夜に「今日(自分が出来なかったことよりも、)これが出来た。」と考えたりしてみてます。

たまに公園でメチャメチャ可愛らしい子に会うのですが、あまりの可愛らしさ素直さに、やっぱり自分と息子に心のどこかでダメ出ししそうになったりするときもありますが、「じゃあ、あの子が自分の子ならそれでいいの?」と考えると、それはありえません。
大変でも、息子が一番、と思ったり。

でも、本当に最近家族みんなが落ち着いてきて、家庭の雰囲気はお母さん次第だなあとおくよもいます。

また、楽しみにしてます。
お返事は不要です。
ありがとうございます。

ものすごく納得出来ました。
確かに「今」の姿だけを見てあれやこれや悩み過ぎだと思いました。もう少し目線を上げておおらかな気持ちで子育てしたいものです。自分のキャパが小さくて今目の前の事に一杯になりがちで…。

子ども達はとにかく可愛いし大好きだし、自分も要領悪いなりに一生懸命子育て頑張ってるし、オッケーオッケー!なんて気持ちになれました。単純ですみません(^^;)

おとうちゃんさんのブログには、自分の道標にしたい言葉が一杯です。
お忙しい中でのブログ更新、いつもとても為になる記事をありがとうございます。これからも楽しみにしてます!

わた君&むーちゃんの登場するほのぼの日記も何気に楽しみにしております!

いつも背中を押されます。

小さな子供の日常を見るのは自分の子供が初めてで、常に不安がつきものです。
おとーちゃんの話を読んである程度育児の方向性も出来てきた頃の話です。

保育園からのおたより帳に、発達障害のしおり?案内?みたいなものが挟まれていました。
うちの子もしかして・・・だからこんなに走り回ったり、自己主張が強いのかしら・・・と次の日まで胃がきりきりする程悩みました。
結果、園児みなさんにお配りしているもので、うちの子が発達障害なら、全園児が発達障害の疑いがあるほどだと言われ、その場で泣きたいほど安心しました。

よそはよそ、うちはうち。心配し過ぎで過干渉気味の母と自己主張の強い息子、少しずつ一緒に成長して行こうと思います。
最近では少しだけですが息子(2才半)のイヤイヤ発動した時にも、うんざりではなく、(おー、また始まったぞ~。まずは共感ね)と心の中で思えるようになりました。もちろんイライラすることも多々ありますが(笑)
母の耐性(笑)も少しずつ出来てきました。

単純に感想なので、返信不要です(*^_^*)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/547-8728862d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おしるこ探し «  | BLOG TOP |  » レゴの車と子供の自信

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (90)
日本の子育て文化 (169)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (89)
心の育て方 (91)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (57)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (75)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (21)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析