2017-07

大人の入れないお菓子屋さん - 2014.01.21 Tue

オトナ禁止!兵庫に子どもしか入れないお菓子屋さんができたワケ


コンセプトがとてもおもしろいのだけど、それだけでなく子供の育ちについて鋭いことが書かれていました。
ご紹介したいと思います。

近くならぜひ行ってみたいですが、さすがにちょっと遠かったです。
関連記事

● COMMENT ●

楽しい!

なんて面白そうなお店でしょう!
いいなぁ、こどもに戻って行ってみたい。

子供たちが一生懸命お話してくれて、大人が一生懸命耳を傾けてという流れ、今まさにおしゃべり三歳児がうちに居るのでわかります。

今はこの怒涛のようなおしゃべりを楽しんでいますが、これから先子供が成長しても忙しさにかまけて邪険にしたりしないようにしなきゃと思いました。

駄菓子屋さんの記事も拝見しました。
私が子供の時にはすでにこんなに素敵な場所はなかったけれど、今住んでいる場所は子供とお年寄りが多いせいかどこでも子供が可愛がってもらえるところです。
近くの銭湯では、店主の女性が「子供は待合場所で私や他のお客さんが見ていてあげるからお母さんゆっくり入ってきていいよ!昔はこうやってみんなで子育てしてきたんだよ。」
と言ってくださって…感動してしまいました。

こどもに対する愛ある目がたくさんある世の中になっていければ良いと本当に思います。

この環境のおかげか、こどもは誰にでもこんにちは!と声をかけてお話をしにいきます。
いつか知らない人には話しかけない、などの防犯上の注意をしなくてはならなくなるのが若干切ないです。

あやんさん

本当にそういった人との関わりというのが現代では貴重になってしまいました。
子供がいることで人の暖かさに触れられるのはいいものですよね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/522-899d763d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それは『意地悪』って言うんだよ «  | BLOG TOP |  » 子供の意地悪は直せる

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (38)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (87)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (71)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (15)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析