2017-08

息子の優しさ - 2014.01.16 Thu

息子のクラスにおそらくなんらかの発達に問題を持った男の子がいます。

僕も妻も仕事柄そういった子供に関わってきたので他人事とも思えず、ときどき息子にその子の様子を聞いたり、行事や学校公開などで姿を見ては、「ずいぶん成長したね」などと陰ながら応援していました。







息子にも少しだけ、「悪気があってしているのではなくて、ちょっとしたことが気になってあとまで引きずったりすることがあるんだよ」、「そういうときは、○○だったんだねって言ってあげると落ち着くよ」といった話はしたことがありました。



最近になった知ったのですが、僕らがその子を気にかけているのを息子もそれなりに受け止めていたようで、その子に声をかけてあげたり、何かあった時に手伝ってあげていたそうです。

その子も息子のことを慕って、休み時間にともに遊んだり、「九九」の練習を一緒にしようなどと誘ってくれるそうです。


息子に人に手を差しのべられる優しさが育ってくれていることをうれしく思います。
関連記事

● COMMENT ●

No title

こんばんは。

記事を読んで、目頭が熱くなりました。
お父ちゃんさんの嬉しい気持ちについてはもちろんのこと、お兄ちゃんが自分の父母の思いを汲んで、それを本当に自分のものとして受け入れて、素直にその子に親切にできることが凄い思いました。

素敵な記事をありがとうございました。
お返事は不要です。

そういう優しさを発揮出来るわたくんて素敵ですね*\(^o^)/*
なんか毎年障害を抱えた子を送り出すたびに、そういう優しい子に出会えますように…と手を合わせています。
ちょっとクラスの中で困ったちゃんになりそうになっても、目を向けて手を差し出してくれる子が1人でもいれば、世界が変わりますよね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/519-e69c9d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

優しさの一方で・・・ «  | BLOG TOP |  » 後戻り

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (165)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (88)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (72)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (17)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析