2017-06

「人手がたりない」クラス - 2013.08.14 Wed

前回述べた『子供の上限を決めつける』と似たようなことが、保育園でもしばしば起こっているのをみています。

たしかに保育園は慢性的に人手が足りなかったり、手のかかる子供が多いクラスだったりすると、一定程度の保育をするためには実質的に保育士の数が足りなくなるということはあります。

昨今は家庭での養育力が下がってきているということもありますので、そういったことは顕著になっているといってもいいでしょう。

でも、そうではなく職員の間から「手が足りない」という声がでてくることもあります。






はっきり言ってしまえば、子供を伸ばす保育をせずに、子供の手のかかるところに大人の手を増やすだけの対応になってしまっている保育士がすくなからずいるからです。

年配の保育士などで体力的に追いつかなくなってきたり、若手の職員で経験不足から子供を見きれなかったりということも背景にはあるかもしれませんが、どうも比重が大きいのはそういったところよりも、「保育」を向上させようという意欲をもっているかいないかというところにあるように感じます。

「手のかかる」状況に、それを押さえつけるような対症療法的な関わりをしていては、いつまでも子供そのものを伸ばしていくことはできません。

なぜ子供たちにそういった姿がでているのか、ただ効率よく集団としてスムーズに動かすことだけをもとめるのではなく、個々を尊重してとらえそれら個々の問題を軽減していけるような保育を模索していく必要があるでしょう。



大変だからといくら人手を増やしても、その大変さは子供の大きくなった分だけ大変さも大きくなるので、少しも子供の姿は落ち着いてはこないのです。

この辺は『子供の上限を決めつける』でみたような家庭でのありようと同じです。


保育士は「大変だ、大変だ」とその大変さを抑えるために必死に努力しているようでも、その努力の方向性が違っていれば、それはたいして意味のあることではありません。

よくよく見てみたら、子供と保育士の間に信頼関係が少しも築けていないなどということもしばしばです。

その前の年齢のクラスからもちあがってきた職員ですら、子供からすると慣れているだけで信頼関係にまでなっていないなどということもありますから、それでは子供が落ち着いて過ごせるわけもありません。


年配の保育士やリーダー的な存在の保育士がこのように、大変さに人手を増やすというような考え方でいると、園全体にそういう保育の仕方や子供の見方ができてしまうので、全体的に大変なクラスばかりにというようなことも見られます。

たしかに、ある程度の保育士の数がなければきめ細かな個別の対応に手の回らないこともありますので、人手があるに越したことはありません。

でも、最初から「この子供は大変だ」と決めつけて、大変さを押さえようとするだけでは子供は伸びていかないのです。

そのことを理解していなければ、なかなか安定したクラスにも、よい保育にもなっていかないでしょう。
関連記事

● COMMENT ●

保育士の対応について

保育士おとーちゃんさん

はじめまして。娘の成長期で大変な時、こちらのブログに出会いそれからファンで欠かさず読ませて頂いています。

現在、娘(3歳3カ月)の2歳児クラスの保育士さんについて気になることがありコメントさせていただきました。

今朝、登園した時、娘のクラスメイトと一緒になり、2人である担任の保育士さんのところにかけって行きました。先生はお友達の方を先に抱き上げて、「昨日は何の電車覚えたの?」と会話してからそちらの親子を丁寧に受け入れされてました。その子の受け入れが終わり、先方のお話が終わるまで先生の足元で娘は待っていてたのに、その子を抱きながら娘の受け入れになりました。「お変わりありませんか?」と言われ、私が「すいません。今日はおねーさんパンツはいています」と言うと、そのあと「○○ちゃん(娘)トイレ行って」と言われ娘は一人で急いでトイレに行っていました。抱っこされているお友達の方がぐずっていたりするのなら、分かるのですが、ニコニコご機嫌な子です。これは今朝の例ですが、他のお友達と朝一緒の時も娘以外の子を抱っこして同じような対応でした。これで3回目ですが、、偶然ですかね・・。今日はあまりに気になってしまい、ご相談させて頂きました。

保育士さんも人間ですので好き嫌いや相性はあるので無意識の行動だと思います。娘も自立心が強いとともに自我も強いので、良い意味でも悪い意味でも放っておかれやすいのかもしれませんが、さすがに今日はつらかったみたいで、引き渡す時に私に抱っこをせがんできました。

トイレトレーニングについても、家ではほぼトイレでできる状態だったのでおねーさんパンツで登園したりしたのですが、その担任の方に「パンツはまだ失敗するのでオムツをつけてください」と何回か言われました。最初保育園で失敗するのは、遊びに夢中だからかな、と思ったのですが、最近この先生が怖からなのでは?と思ってしまいます。最近はやる気がなくなり気味です。(※他のベテラン保育士さんは「○○ちゃんおねーさんパンツがんばってるね」など言ってくれていました)

本当に些細なことなんで、きっと気にしすぎなのかもしれませんが、、、。知らないところではちゃんと対応して頂いているのだと思いますが、親が見れるのはそういう一場面なので気になってしましました。その保育士さんについてはちょこちょこ気になることがあるのですが、保育士さんの対応で気になることがあれば、保護者としてどのようにモンスターにならず、対応(対先生・対子ども)をしたら良いかご教授頂けると幸いです。世の中いろんな人がいるから、先生もいろいろいるので、受け流そう、とも思ったのですが、本人も無自覚だと思うので言った方が今後の保育士キャリアのためになる?とも思ってしまいます。

ちなみに、その先生は0歳児の時新任でずっと持ちあがりです。2歳児クラスはこのブログ内容のように人手はなりなそうです。

あおむしさん

疑問に感じたことは疑問として、ほかの担任やベテランの保育士、園長や主任保育士などに「どうなんでしょう?」という形で聞いてみるといいと思いますよ。


しばしばこういう話はあるのですが、多くの場合は行き違いやちょっとした誤解ということがほとんどです。
深く考えてしまうよりもさらっと聞いてしまったほうがいいかもしれませんよ。

ありがとうございます

保育士おとーちゃんさん

どうもありがとうございます!!
確かに考えすぎなのかもしれませんので、同じクラスの主任の先生にタイミングを見てさらっと聞いてみます!

昨日の朝も気になる先生が朝いらっしゃり、娘の受け入れ時は抱っこせず、次のお子さんの時は抱っこされており、また考えすぎそうになってしまってたところでした。。娘が昼寝せず?できず?その先生に怒られた、と言ったりしていることがあるので、何か娘の問題行動があるのかもしれませんしね・・。

おとーちゃんさんに的確なアドバイスを頂き少し落ち着きました。これからもブログ楽しみにしています。ちなみに、娘がデパートにあったキュボロ&クゴリーノにはまり、コレをサンタさんにお願いすると言っています。さすがおとーちゃんさんのお勧めですね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/461-ac7c180b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

息子の成長 Vol.1 «  | BLOG TOP |  » 子供の上限を決めつける

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (31)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (86)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (53)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (69)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (12)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析