2017-07

兄弟関係について その3 - 2013.02.03 Sun

兄弟関係というとよく「上の子だから、下の子だから」というような、上の子としての下の子としての特質みたいなことが言われる。
また、「一人っ子だから○○だ」というようなことも言われる。

こういったものは、いいわるいは別として、兄弟の位置やいるいないということからくる違いというものはあると思う。






子供の成長は、すごく大雑把に考えて、「もともと持って生まれたもの」「環境」「関わり」の3つが大きな柱となっているだろう。

兄弟関係の違いによってそのうちの、2つ「環境」「関わり」が大きく変わるのだから、その結果の成長が変わってくることは当然のことと言える。



二人以上の子を持っている人が、よく「一人目のときはずっと哺乳瓶を煮沸消毒してたけど、二人目の時は最初だけであとは適当にだったわよ」とか、「一人目の時はなんでもマニュアル通りにやってたけど、二人目からはちっとも気にしなかった」などと話す。

こういうことは多くの人に覚えのあることではないだろうか。

どうしても一人目の子のときは、わからないことが多いために神経質になったり、過保護になったり、かけずともよい手間をかけて大人がへとへとになっていたり、その挙句に子供と笑顔で関わる余裕がもてなかったなどということが少なくない。

そういった関わりや雰囲気などが、上の子を気難しくしたり、神経質にしたり、引っ込み思案にしたりということは往々にしてあることだ。

その一方で、二人目三人目ともなると、親もいい感じに力が抜けてくるので、子供も穏やかだったりのんびりと育ったり。
また、上の子の振る舞いを目にして学習していたりするので、親が口うるさく言うことも少なくなったりする。

いいわるいではないし、こういうことはあくまで傾向というだけのことではあるが、そういった兄弟関係のあるなし、ポジションによる育ちの違いというのはあることだろう。



「子供は多ければ多いほど子育てが楽になる」などとも言われる。
これもまたそう言った意味で真実なのだろう。

だが、このことは育てやすい子が生まれてくるわけではなくて、大人の方の子育ての経験や、落ち着き、手をかけるところと手を抜くことのバランスなどの大人の方の関わりに変化がでてくることが大きな意味を持っているはずである。


現代では子供のいる家庭の半数近くが一人っ子であり、兄弟がいる家庭でも大半が二人であり、三人四人いると聞くと多いと感じてしまうくらいになっている。


もし上の言葉のように「適度に力の抜けた子育てが子育てのひけつ」だということがある面の真実だとすると、そういう子育てをすることは難しくなっているということになる。

むしろ、一人の子どもへの期待の大きさ、あふれる情報や、危機感・焦燥感を煽るような子育てや教育の宣伝や伝聞など、よりひとりひとりの子供にのめり込むような子育てになりやすくなっている。


前回見たような、子供との関わりを回避し続けていたり、過剰な人手で子供を囲ってしまうような子育てをしている家庭では、兄弟がいてもまるで一人っ子が二人いるかのようになっているところもある。

そういった家庭の子育てはとても大変である。
兄弟のいるメリットは少なく、デメリットばかりが大きくなってしまうのだから。




僕が目にする兄弟関係のうまくいっていない家庭の多くは、親の関わり方がその原因となっている。
それには事情があってやむを得ないものもあれば、そうでないものもある。
一時的なものもあれば、ずっと根の深いものもある。

原因となるものは無数にあるだろうが、よくあるところをざっとあげてみよう。


親の神経質さ・自信のなさ、過保護・過干渉、過剰な期待、過剰な要求(過度な教育・しつけなどもここに含む)、親の思いの押し付け、多忙、無関心、親自身の育ち、兄・姉であることの強要、満たされなさ、自己肯定感の有無もしくは自己否定感、関わりの一貫性のなさ、その子その子に対する親の好悪 などなど。

昔ならば、「貧しさ」「モノのなさ」というものがあっただろうが、いまはそれらはまずほとんどない。


また、下に弟妹ができて、上の子が不安定になったり、幼児退行したり、下の子にちょっとした暴言や意地悪をしてみたり、疎外感をもったり、こういったことは誰しも通る道であり避けられないことだ。
ある面では関わりが、ある面では時間が解決してくれるだろう。


つらつら書いたのでまとまりがなくなってしまったが、こういうことがあるということを頭の隅にでもおいておくといいかもしれない。


次回はポジティブに、なにが兄弟仲をよくするかについて考えてみたい。
関連記事

● COMMENT ●

No title

最近コメントをさせていただいている、3児の母です。
兄弟のメリットとデメリットというお話でしたので
最近考えていたのと共通する話題と思ったので、書き込みします。

次男が発達支援を受けています。
ちょっと遊び方が幼くて、興奮してくると騒ぎ出したり走り出したり、あと細かいことにこだわりがあって癇癪を起こしたりします。
障がいの認定は受けていなくて、グレーゾーンらしいです。
こういう症状は、障がいであるかないかの線引きは難しく、程度問題というか、本人と周囲の困り感の問題である、と関連書籍等で読みました。
保健センターのすすめでデイサービスの施設に通っていますが、
私としては「療育の必要ない普通の子ですよ」と言ってもらえることを期待して通わせたのですが、
この前、担当の方に「『治る』ということはない、というか、おにいちゃんのようには、ならないですよ」と宣言されました。

奇声を発したり怒鳴ってしゃべったりで、騒がしい状態であることが多いです。
次男本人にゆっくり時間をかけて向き合えないことは勿論、
長男にとってストレスなのでは、とか、三男の成長にも影響を与えるのでは、と思うことがあります。
また、次男ですから、生まれたときは長男のかげに放っておかれ、
長男が手がかからなくなってきたら三男の世話で放っておかれ、
いい関わりができなかったからこうなってしまったのだろうかと責任を感じたりしました。
一日怒鳴りあう兄弟の仲裁で終わることも多いです。
物を囲い込むくせがあり被害妄想気味の次男と、まだ何でも持っていく1歳三男、次男が興奮するからとおもちゃをひとりじめされても我慢させられがちな長男、3人で大騒ぎです。各自しっかりと遊ぶ時間を確保できていないのでは、と心配になったりします。

こういうのがうちの「デメリット」だと思います。

しかし、
甘えんぼで臆病な長男が、次男の相手をしてやったり、手をつないで連れて行ってくれたり、
次男も、感情を親以外にぶつけたり、しかえしされたりで、加減を覚えたり、
私自身が、もしひとりっこだったら子供にべったりで過保護にしてしまったかもしれないけれど、三男の世話を名目に長男を一人で冒険に出したりできて、
兄弟がいてよかったことがたくさんあると実感しています。

これがうちの「メリット」だと思います。

特にオチはない話です。
しいていえばデメリットにばかり目がいきがちだけれど、メリットを意識して、それを活かせるようにして、楽しくすごせたらいいな。と思います。
ポジティブ思考、ですね。こちらのブログからのいい影響だと思います。

続きを楽しみにしております。

miyuriさん

さいきんつくづく兄弟がいることって素晴らしいなと思います。

親ではできないこと、どうしたってしてあげられないたぐいのことが、兄弟同士の関わりの中でたくさんあるからです。

いろいろ大変なこともあるかと思いますが、それはきっとそれ以上の価値のあるものとして返ってくるものだと思います。

No title

返信ありがとうございます。

発達障がいについて考える、のシリーズを改めて読ませていただきました。
【なんらかの発達障がいを持っている場合や、そうでなくとも発達に強い個性を持っている子に対しては、個別的な対応というものが必要です。】
わかっているつもりでも、うっかりしてしまいます。

最近あったできごとですが、大きい公園で、
人が多いけれど安全な敷地内なので、遠くから見守っていたら、
どこまでもどこまでも走っていく次男。
しまいに見失うことになりました。

外出してもきちんとおりこうさんにしていることも増えてきていたので、
つい、この行動をやめさせなくては(もうそろそろ、やめさせられるのでは?)、と思い、
「離れたらいけないって言ってるのに、どうして遠くに走っていくの!」とか「迷子になっても知りません!」と言ってしまいました。

「どうして~するの」と言われても子供は困るのですよね。
「知りません」と突き放すのはどんな状況でもだめですよね。

そう言われた次男が悲しそうに泣くので、本当に悪いことをしたと思いました。

怒らないですごせるようになってきたと思いましたが、
油断すると癖がでます。3歩進んで2歩下がっています。

ところで上の兄・下の弟はこんな母よりよっぽど大人なのか、
いい感じにとりなしてくれたり、案じてくれたりします。
幼児、あなどりがたいです。

返信不要です。これからも楽しみにしています。

miyuriさん

>「どうして~するの」と言われても子供は困るのですよね。
「知りません」と突き放すのはどんな状況でもだめですよね。


記事は一般論として書くので、まあいろいろ書いてあるとは思いますが、僕はその状況でそういった対応をしたからといって「ダメ」だとは思いませんよ。


もしかすると、もっとうまい言い方というのはあったのかもしれないけれど、そういったことでお母さんはどれだけその行動で困ったのかということは伝わったと思います。


そしてその気持ちに嘘はないわけですから、言い方のベストかベターかなどということは小さな問題にすぎないことでしょう。


親子の絆、日々一緒に生活することのつながりといったものは、そうそう簡単に壊れるものではありません。

親も人間、子供も人間ですから、うまくできないことや、思い通りにならないことなどたくさんあります。
それでもきちんと人は育ちます。
3歩進んで2歩下がるでいいと思います。

No title

涙が出そうです。
ありがとうございます。

3歩進んで2歩下がって、1歩分進んでいるのは、
まちがいなくこのブログのおかげです。

No title

どの記事を読んでもストンと入り、学ぶことばかりです。
お忙しい中あたたかい言葉を発信していただけることに感謝しています。
4歳になる一人息子がいます。兄弟を望んでいるのですが高齢のため諦める気持ちが強くなってきました。
今は園から帰ると近所の子と遊べるのが楽しみな様子で、毎日外でおいかけっこをしたりかくれんぼをしたり、家の中で一緒に工作をしたりして遊んでいます。親としても周囲に恵まれたことを喜んでいます。しかし近所の子が習い事に行ったりして遊べない日は私と遊んでいます。(公園に出掛けても私の地域はあまり外遊びをしていません)こういう時、兄弟をつくってあげたかったと胸が痛いです。
幼稚園は帰りが早いので、夕方はたくさん時間があります。子どもを肯定的に見てくださると感じた園を選んだのですが、長く友だちと遊ぶことができる保育園にした方がこどもにとっては楽しかったかなと思う日もあります。幼児時代はたくさん遊ぶことができるよう願っているので、習い事も本人が望むまで考えていないのですが…。
一人っこを育てることになったら、おとーちゃんならどのように育てられるでしょうか。降園後や小学生下校後のことも含めて教えていただけると嬉しいです。

一人っこママさん

いまでは子供のいる家庭の約半数が一人っ子ですので、そのことを負い目に感じる必要もないと思いますよ。

基本的に一人っ子でも兄弟がいても関わりというのはそうそう変わりませんが、さまざまな家庭を見ていて思うのは、一人っ子の家庭だとプレッシャーをかけられすぎて、その子らしく育っていないということがあるのを感じます。

子供というのは、ほうっておいても親の意向にできるだけ沿おうと考えています。


その家庭、両親にもよるでしょうけれども、なかには一人っ子で、それらの親の要求、願望、注文、期待というものを強くかけられすぎて、それに沿おうとはするのだけど、その子自身の意思とそれらが折り合いがつかなかったり、過剰なプレッシャーになりすぎたりして、萎縮して育ったり、抑圧され続けていくというようなケースもあります。

ですので、もし気をつける点があるとすれば、よりおおらかに見守っていってあげることが大事かと思い
ます。


>降園後や小学生下校後のこと

あまり深く考えないで、その状況、状況にあわせたことをしていけばいいのではないでしょうか。

「なにかをしなければならない」「なにかが足りないのではないか」というような、強迫観念めいたものを持ちながら子育てすると、しんどくなってしまいますよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/400-17230f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

兄弟関係について その4 «  | BLOG TOP |  » 兄弟関係について その2.1

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (38)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (87)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (71)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (15)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析