2017-08

名前の使い方 - 2012.10.29 Mon

なにげなくやってしまっていることでも、度が過ぎてしまうと子供の姿に影響を及ぼしていくようになることもあります。

僕がときどき気になるのは

名前で叱責すること
名前を注意や否定、禁止に使うこと

です。






ドラえもんを見ていると、よくジャイアンがお母さんから
「たけしっ!」
と叱られています。

これと同じように、叱るときや、不適切な行動を止める時など、名前そのもので子供をに伝えたりすることが癖になっている人がいます。


安全・危険に関わることで本当に緊急のときならば、なんと言って止めようとかまわないと思いますが、日常でこれが多くなってしまうと、子供の姿に影響が出てくることがあるように感じます。

このことばかりが原因ではないのかもしれませんが、このような関わりを頻繁にされている子は、落ち着きのない姿になったり、大人の言葉をスルーすることが多くなっているようです。



もちろん、その名前で呼ぶところを「オイッ!」とか「こらっ!」に変えたから良くなるというものではありませんが、あまりに多く名前そのものがネガティブな使われ方をしてしまっていると、普通に呼びかけた時ですら大人のことを意識しないような姿すら見られます。

また、大人の言葉そのものを最初からネガティブなものと感じてしまっているのか、集団で話を聞くときや、他児と協調して行動しなければならないときの注意力・集中力が散漫になってしまっている子にも、これらの普段の関わりが見られます。

やはり名前というのは、その人間にとってかけがえのないものですから、大事に使ってあげたいですよね。

関連記事

● COMMENT ●

No title

こんばんは。

「叱るときに名前(だけ)で呼ばない。」というのは、かつて犬を飼い始めたばかりのときに、『犬のしつけ本』にも書いてあったことを思い出しました。

その本いわく「犬は、いたずらをしたときなどに、名前だけで呼ばれると、その単語を自分の名前というより、禁止や否定の語として覚えてしまい、以降、普通に名前を呼ばれても、ビクッとしたり、防御から敵対心を持ったりしてしまう。」とのことでした。

もちろん、犬と人間の子どもを同列に扱うことには、とんでもないという反論があって当然ですが、それでも、犬と幼児には、純粋さとか親(飼い主)に対して忠実であろうとするところなど、良い共通点がたくさんあると思います。

むしろ、犬ですらそんな反応をするのですから、人間の子どもの心には、禁止や否定の際に自分の名前だけが呼ばれることを繰り返していたら、名前がネガティブなサインとして定着してしまうことで、自己肯定感が育ちにくくなってしまたり、自信がもてなくなってしまったり、反抗的な気持ちが起こってしまうということがあっても不思議はないかもしれませんね。

保育園のように、子どもが大勢いるところでは、他の子どもの耳にも、禁止や否定のために名前が呼ばれるのが聞こえているわけで、「また○○チャンしかれてる。」というサインが蓄積していって、その子についての印象に影響が出るということも考えていないといけないのだろうと思いました。

注意するときには対象になっている行為を言い、褒めるときにはその子の名前を呼ぶというように、心がけていこうと改めて思いました。なかなかむずかしかったりもする日常ですが、努力していくべきですね。

大切なことを思い出させていただき、ありがとうございました。

はっとさせられました

今回の記事、ほんとにはっとさせられました。

そうですよね。大切な名前。大事にしてあげたいですよね!
今までこのように考えたことなかったです、お恥ずかしながら・・・
名前そのもので不適切な行動を注意することも、たまにあったと思います。
これからは注意の対象そのものをきちんと伝えていこうと思いました!

気づかせていただきありがとうございます。

No title

こんばんわ。コメント失礼します♪
私は子供の頃名前で怒られたことはあまりないですねー
そのためか自分の名前大好きです。笑

子育てって大変ですよね。
私もまだまだ先になると思いますが気をつけたいです。

相談:家庭と保育園の呼び方が違う

こんにちは、いつもブログ楽しく拝見させていただいています。

おとーちゃんさんの意見を聞かせていただければと思うのですが。
1歳0か月の息子を、保育園0歳児クラスに預けています。
同じ保育園の2歳児クラスに3歳0か月の兄がいます。
家庭では、息子の名前を「あつし」だとすると、「あー君」と呼んでいます。
入所の際の書類にもそう書いたのですが、最近保育士さんが「あっちゃん」というあだ名をつけたようで、保育士さん内ではそちらのあだ名があっという間に浸透してしまいました。
お兄ちゃんのクラスでは家庭と保育園で呼ばれ方が違う子はいなかったし、これから本人もクラスのお友達も言葉を覚えていくのに、呼び方がまちまちだと混乱しないかな。。と思ってしまいます。
すでにお兄ちゃんが混乱していて、「あっちゃん」が誰の事だかわからず、0歳児クラスの担任が「あっちゃん」の話を振ってきても「???」という感じです。
家庭と保育園での呼び方・・まだ言語の理解が拙いうちは統一してもらうべきでしょうか(お兄ちゃんのことがあるので、家庭のほうに統一してもらいたいのですが・・)。
そんなのは神経質で、保育園もかわいがってくれているからつけたのであって、いろいろな呼び方があってよいのでしょうか。

さつきさん

その思った通りのことを園側に要望として伝えていいと思います。

本来ならば、園側が家庭と同じ呼び方をするように配慮すべきところです。


入園のさいの児童調査の書類の中でも、「家庭での呼び名」について記載してもらうところがある園も多いです。

幼児くらいで子供同士の中で愛称ができたというのならば別ですが、年齢が小さいのであれば園として配慮するのが当然というものだと僕は思います。

通っている園には、そういった知識がそもそもなかったのか、配慮の足りない職員がいたのか、なにか勘違いしてしまったのかなのでしょう。

さつきさんがそうお感じになるのならば、遠慮せずに伝えて見るべきだと思いますよ。

ありがとうございました

子供が交互に体調を崩したため、お礼コメントが遅くなり失礼しました。

園側に要望を伝えてみようとおもいます。
うちの保育園の0歳児クラスは、去年度ほとんどの職員が退職してしまい、新人さんとパートさんとちょっと考えの古い(保育=子守)ベテランさんといった構成になってしまったのでした。
その状況から、まだ話せない乳児さんの呼び方については、深く考えてくれる人がいなかったのかもしれません。
うちの自治体は急速に保育園の増設増員をしているので、園側も保育士さんも大変そうです。上の子が入園した時はゆったりしていて、よく気付いてくれる良い園だったのですが。。

おとーちゃんさんも体調に気を付けてくださいね。
ブログこれからも楽しみにしています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/360-ee2b9c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生活科の授業 «  | BLOG TOP |  » 相談 「叩く子供の姿」 Vol.3

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (165)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (88)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (72)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (17)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析