2017-08

父親の育児参加 Vol.5  ―熟年離婚が意味するもの― - 2012.10.07 Sun

最近でこそ男性の育児・家事への参加が進んできているが、まだまだ全体でみれば一部のことであるだろう。

いまだに前の時代の価値観、「子育てや家事は女性がするもの」という意識でいいる人も多い。

父親の父親の時代、つまりいまの祖父たちの時代はその価値観だったので、その子供である今の父親にも多分にそういう意識が刷り込まれている。

しかし、その祖父たちの時代ですら実はこの価値観ではうまくいっていなかったのである。
そのことは最近爆発的に起こったある現象が示している。

それは、熟年離婚である。




団塊の世代が一斉に退職を迎えた始めた頃、この熟年離婚がいろんなところで話題にされたことは記憶に新しいだろう。

その原因はいろいろあるだろうが、男性が「男親は外で稼いでくれば良いのだ」と家庭や育児をかえりみずにきたことが、その主なものであることはさまざまなところで指摘されている通りである。



このことは何を意味しているか?

つまり、今の父親世代の男性も、自分が子供時代だった頃の父親の価値観によってここまできていたとしても、実はもうその子供時代にその父親の価値観というものは、男性が一方的に思っているだけで母親からは許容されていなかったということである。

いわば、「父親は稼いでくれば、家事や子育てなどはしなくてもよい」というのは、とっくの昔に空洞化したハリボテの価値観になっていたのである。

熟年離婚があれほどの勢いで出たということは、それまでの男性の価値観に女性が集団でNOを表明したとも言えるのではないだろうか。

熟年になるまで離婚を思いとどまっていたのは、別に夫のためではなく子供が十分に成長するまで待っていたりだったり、その半分は当然の取り分である夫の退職金が出るまで我慢していたなどという理由も多いようだ。



前の世代だからこそそこまで待ったが、いまは女性も子供を育て自活するくらいには十分に働ける時代である。
もう、子育て中だからなどの理由で、離婚を思いとどまりはしない。

Vol.1での引用にあったように、男性が働くこと・稼ぐことだけをアイデンティティにしていては、やっていけない時代になってしまっている。



父親の時代にすら実際はNOと言われていたのである。
それに気づかずに繰り返していたら、もはや家庭は健全に維持できないだろう。


「仕事が忙しい」「疲れている」「時間がない」そういうことを理由にその時は逃げることができるが、それをすることはその一言一言が夫婦間の価値観のギャップを広げている。

実際に、家事や育児を全くできない男性もいるだろうし、そのような時間を持つこともできない人もいるだろう。
しかし、実際できないならばできないことは母親も十分理解している。

問題は、意識・姿勢なのだ。



母親が子育てで本当に悩んでいるとき、「そんなことは俺はわからん」「子育てはお前の責任なんだからしっかりやれ」「お前が甘やかしすぎるからだ」 
そのように取り付く島もないような対応をされれば、理由はどうあれ母親からしてそれで許容されるはずもない。
自分で問題なく対処できるならば、そもそも相談などしていないのだ。




男性に課せられている第一の課題は、子育てや家事というものに理解を示すことだろう。
直接手伝うことができなかったとしても、ねぎらったり感謝の言葉を伝えたり、子供の様子を相談されたら真剣に耳を傾けたり、グチだと思ったとしてもそれにつきあったり。


「イクメン」の流行が示しているように、本当はいま要求されているのは、第二の課題、実際の家事・子育てへの参加である。

なので、上の第一の課題というのはもはや最低ラインといってもいいだろう。


それができないで早々に離婚に至っている例は多数ある。

興味深いことに、このケースの多くの男性が、切り出されるまで妻が離婚を考えているなどとは露ほども感じてはいなかったことである。

つまり、家事や子育てを妻に押し付けてきたことは、悪気や確信犯的に行っていたのではなく、「当たり前」と思ってしていたということになる。

それがその男性にとっての価値観であるからこそ「当たり前」なのだろう。
だからこそこの問題は根深いと言える。

関連記事

● COMMENT ●

No title

こんにちは!
コメントは久しぶりですがいつも読ませていただいています。
「熟練」じゃなくて「熟年離婚」だと思います。
それだけお伝えしようと。非公開コメントは拒否だったので、こちらでごめんなさい。
これからも記事を楽しみにしています。

てんさん

てんさんありがとう。

ほんとだ、どうしてこんなケアレスミスしてたんだろう。
どうもね~。

保育士おとーちゃん様へのお願い

初めまして、男性保育士の知恵というサイトを運営するはる蔵と申します。
webサイト:http://www.menshoikushi.com/

この度、プロの男性保育士による知恵袋という企画ページを作成しようと思い、ご連絡させていただきました。

熱くあなたの経験を語っていただけませんか?
男性保育士を目指す後輩達へ送るメッセージ、意見を大募集。

プロの男性保育士からのアドバイスや体験談など…きっと未来の後輩たちの力になることでしょう。

■募集について
http://www.menshoikushi.com/chiebukuro/contribution.html

お忙しいことと思われますが、保育士おとーちゃん様の貴重なご意見をお聞かせ願えれば幸いです。
ご検討のほどよろしくお願い致します。

No title

「当たり前」の反対語は「ありがとう」とか感謝を意味する・・・て
何かで読んだ記憶があります。

「ありがとう」は家族にとっても大事です。

No title

お久しぶりです。
私も、子育てで一番大切なのは、
夫婦円満だと思います。
夫婦間のコミュニケーションが
きちんととれ、互いが支え合っているという
実感をもてている家庭では、子どもも
それなりに、曲がらずに育つように思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/337-45aeccee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近気になるコマーシャル «  | BLOG TOP |  » 保育園にあずけることについて

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (165)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (88)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (72)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (16)
子育てに苦しむ人へ (5)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析