2017-06

父親の育児参加 Vol.4 ―近代における子育ての変化― - 2012.10.04 Thu

前回からの続きです。

僕も以前は、「日本人が子供を支配的に扱うのは、儒教的な考え方に基づいているからなのではないか」と思っていたのですが、どうもそれは間違いでした。

儒教の根幹は、子が親を敬う『孝』という考え方にあるのですが、それに対して親が子に対して施すのは親からの抑圧や支配ではなく、『仁慈』『慈愛』というような慈しみの精神でした。






江戸期の子育てについての資料などからも、そういったことは読み取れるのですが、近年日本・中国・韓国にでの質問紙による調査で、子育てにおいての意識調査をしたところ、同じ儒教的な伝統を持っている国であるのに、中国・韓国では「子育てにおいてなにが大切か」の問いに「暖かさ」「寛容さ」という答えが支配的であったのに対して、日本では「厳しさ」や「甘やかさないこと」などの意見が多くを占めていました。
(出典は『児童心理』、結構前に読んだので号数や論文の題名は忘れてしまいました)

この二国との差からもわかることがあります。

それはもともとあった子育て観を上書きしたものが、実は日本の近代化・西洋化にあるという点です。



しばしば、日本の子育てにおいて『しつけ』『躾』という言葉が使われます。
『躾』という字は平安時代頃、日本で成立した漢字。いわゆる国字というものだそうです。

現代においても『しつけ』『躾』ということは、日本の古来からの伝統的な価値観・子育て法と思われていますが、実はこの今ある「しつけ」は明治以降、西洋文化の影響を受けて成立したものです。

例えば、「叩いてしつける」、子供を矯正するための「体罰」などは、この時期に入ってきた西洋の考え方の一つです。

江戸期にはこういった概念はないことでした。
江戸期の子育ての要諦は、「慈愛」であり「(大人側の)誠実さ」だったそうです。



さらに極端に言ってしまえば、このような支配的な方向性の子育ては、近代列強を目指した国特有のものだと言えます。
『富国強兵』という言葉を、近代の日本の歴史の授業で習ったと思いますが、まさに『富国強兵』を目指した国づくりの中で、こういった子育て法が強烈に取り入れらて今に至っています。

「子供は(ひいては国民は)国家に命を投げうつ程の奉仕をするべきもので、国家のお役に立つことがその主たる使命であり、そのためには一刻も早くお役に立てる存在にならなければならない」というわけです。

特に男子は兵隊になることが、最大の名誉であり義務であるとされてきました。
そこにおいては、子供であっても「幼くあること」「成長の遅いこと」「弱いこと」「集団から逸脱すること」「甘えること」「甘やかすこと」などなど。
そういったことは否定的にみなされます。

なので、「早くにオムツをとることが善であり、いつまでもオムツをしていることは悪いこと」「指しゃぶりや吃音など幼い行為は叩いてでも直さなければならないこと」「少しでも早くお箸を使って食べられること」など、今も色濃く残っている考え方が造成されてきたと言えるでしょう。



また明治期だけでなく、現在も残る「しつけ」概念が、明治期のそれをさらに色濃くしたような戦前の『修身』教育に強く影響を受けていることもまた考慮に入れてよいことでしょう。

近頃の江戸時代の子育てブームとは別の本ですが、近代以前から現代までの子育て観の変遷、戦前戦後教育についてこちらの著作が大変詳しいです。
貝原益軒から修身教育まで具体的事例とともに著されています。

『日本人のしつけ―家庭教育と学校教育の変遷と交錯』  有地享 法律文化社
日本人のしつけ―家庭教育と学校教育の変遷と交錯

こういった、江戸期(近代以前)の子育てを知ることと同様に、現在の子育て観の起源(近代以降)を知ることもまた、現在の硬直した子育てから脱却する契機となるのではないでしょうか。



ちなみに、身近でもそういった近代列強競争・富国強兵とは無縁で来た国の人の子育てをみることもできます。
例えばフィリピン人のお母さんの家庭です。

保育園で何人もフィリピン人のお母さんの子を預かりましたが、彼女たちにはいわゆる日本の「しつけ」にとらわれていないし、かの国にもそういう概念はあまりないようです。
もちろん、悪いことをしてはいけないとかそういうことはきちんと伝えます。

でも、子供を分別がましく育てなければならないとか、甘やかしてはならないとかそういった強迫観念めいた子育て観とは無縁なのです。
ただただ、子供を可愛がって育てています。

それで子供がまっすぐ育たなかったり、道を踏み外したりするかと言えばそんなことはありません。
その子供たちもおおらかで、とても人に優しい子に育っています。

そういうのを見ていても、やはりこれまでの日本の子育て観というのは窮屈で硬直しているなぁと感じます。


*今回だいぶテーマと外れてしまいましたが、男性の育児参加を考えるにあたっての現代の子育て観の源泉を考察したということでご容赦を。



参考文献
『明治近代以来の法制度・社会制度にみる児童の養育責任論とその具体化に関する分析』  主任研究者 田澤薫(国際医療福祉大学講師)
関連記事

● COMMENT ●

韓国に暮らして

実に興味深い視点です。韓国人と結婚して、韓国で子育て経験がありますが、韓国では親子でおおらかに過ごしているんだと日本に帰る度に感じていましたし、実際に日本では子どもたちと外出すれば神経をとがらせていました。
韓国の人々は子どもの幼さや未熟さそのものを可愛がり、大人は泰然と子どもの有りのままの姿を受け入れていました。
特に日本と異なるのが、ご指摘通りに成人男性でしたし、高校生や大学生の男子たちも違った印象を受けました。

今は日本で暮らしていますので、近所の韓国料理屋さんやインドカレー屋さんで店員さんがうちの子どもたちを可愛がってくれたりすると懐かしさで胸がいっぱいになります。

そらみさん

>韓国で子育て経験がありますが、韓国では親子でおおらかに過ごしているんだと日本に帰る度に感じていました

そうですか、やっぱり実際にそうですか、とてもいいことを聞けました、どうもありがとう。


いまの日本で子育てっていろいろ窮屈ですよね。

この前blogosでも「ベビーカーを持って電車に乗るのは是か非か」みたいなオブジェクションスレッドが立っていましたが、そんなことまで槍玉に上げなければならないほどギスギスしているのかな~とか感じました。

うちの近所にもバングラデシュの人とかが働いているスーパーがあるのだけど、もう近頃の日本人ではありえないほど子供に暖かいのですよ。男の人も女の人も。

日本でももっとおおらかになれればいいのにね。

考えさせられますね。

初めまして。
日本と韓国の子育てと教育に関心を持っている者です^^
韓国に住んで3年目です。
そらみさんの視点も興味深いですね。
確かに、韓国の方々は小さな子どもには優しいです。
でも、小学生以上になると、
ちょっと違ってくるような気がします。
それと、厳しい人は厳しいです。
(勉強と競争の激しさ、大人の意見が絶対的という感覚)
キリスト教文化の影響なのかもしれませんが・・・。
日本とは違う意味でかわいそうだと思う事があります。
でも、電車やバス内で、
「子どもは甘やかしちゃいかん、混んでいたら立っているべきだ」
というのが一般的な日本とは違い、
普通に子どもに席を譲ってくれる人が圧倒的に多いのが
韓国ですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/334-9fce841c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いろんなものが変わった明治期 «  | BLOG TOP |  » 父親の育児参加 Vol.3 ―江戸時代の子育て―

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (31)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (86)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (53)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (69)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (12)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析