2017-07

片付けのしかた  Vol.3 - 2012.08.25 Sat

前回は、それまでの遊びや生活の中での過干渉が、片付けをすることのモチベーションを奪ってしまうこともあるということまで書きました。

大人が「片付けをさせようとすること」も場合によっては、同様のことになってしまうでしょう。

排泄の自立でもトイレットトレーニングを迫ることが、むしろ自立を遠のかせてしまうことがあると書きましたが、このように子育てにおいては何をするかよりも、何をしないかのほうが大事なことがあるようです。







・モチベーション

過干渉や片付けをさせることが、片付けをすることのやる気を奪ってしまうならば、その逆をすればいいでしょう。

そのためには、「片付けをできること」を目的とせず「片付けのできたこと」を認めていくといいと思います。
そしてモチベーションをちょっとづつでいいので高めていくといいでしょう。

片付けるときは、子供と一緒に大人もやって子供が一個でもしまえたら、「ありがとう」「持ってきてくれてたすかるよ」などと関わっていきます。


大人が「自分で出したものなんだから自分で片付けるのが当たり前」という気持ちでいると、なかなか片付けを「良いもの」として子供は受け止められません。
一緒に片付けて「ああ、きれいになってよかったね」というような、「共感」をともに感じていけると、子供にとって「片付けは大変だけれどもするといいものなんだな」という気持ちが育まれていくでしょう。

ある程度の大きくなって片付けが自分で出来て当然の年齢になっていれば、叱咤激励してやらせてしまうこともできますし、それで片付けることを習慣化することも可能かもしれませんが、やはり自分で片付けようというモチベーションを育てることに比べると次善の策になるのではないかと思います。



・必然性

小さな子供に、使ったもの出したものを「全て片付けなさい」ということにしていると、それは無理なこと・多すぎてそもそも片付ける気をなくしてしまうということもあります。

片付けというのは子供にとってそもそもそんなに楽しいことではありません。
それでもそれをするからには、なぜそれをするのかという理由を子供自身がわかっていればそれも受け入れていけるでしょう。

その子にもわかる理由・片付ける必然性というものを大人は普段から伝えていける、もしくは生活の中で経験的に理解していくようにするといいかもしれません。

そのために、無理なくできることを習慣にしていきます。
例えば、
「ご飯にするからテーブルの上の紙とクレヨンをしまってね」とか
「通り道にはものを置きっぱなしにしない」
「本は床に置かない」
など、部分的に片付ける習慣をつくっておいて、それができればよしという積み重ねをしていくといいと思います。
関連記事

● COMMENT ●

こんにちは

絵本を床に置いていて、息子が絵本を踏み、滑ってテーブルの角に頭をぶつけて流血したことがあります…私が床に置いてしまうので、気を付けます(T_T)

ちょっと相談したいのですが、来月三歳になる息子が、誉められると怒ったり『偉くない!頑張ってない!凄くない!』などと反対の事を言います。
機嫌が良くても、誉めたら機嫌をそこねたり訳が分かりません。
それでもママは嬉しかったなど伝えてますが、いちいち機嫌が悪くなると疲れます…
あと、七五三の写真をとりにいく予定ですが、いつもと違う服を着て写真を撮るのが恥ずかしいのか、凄く嫌がります。
わた君はどうでしたか?何かいい方法があったら知りたいです(T-T)

ナッツさん

>来月三歳になる息子が、誉められると怒ったり『偉くない!頑張ってない!凄くない!』などと反対の事を言います。

こういった姿の原因で多くあるのが、「確認作業」だろうと思います。
子供が意識してやっているわけではありませんが、そこでごねてかわいくない姿を出したとしてもさらにそれでも受け止めて欲しいという子供の気持ちの現れ、簡単にいってしまえば「ツンデレ」のようなものではないでしょうか。

詳しくは
http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/blog-entry-192.html
ここのsatoさんの質問とその返信のところに書いています。参考になるかもしれません。


>あと、七五三の写真をとりにいく予定ですが、いつもと違う服を着て写真を撮るのが恥ずかしいのか、凄く嫌がります。
わた君はどうでしたか?何かいい方法があったら知りたいです(T-T)

3歳くらいになると恥ずかしさもでるし、自己の意思も強くなってくるので「慣れないことはしたくない」とか「人に注目されるのがいや」とか「得体の知れないことをされる不安」みたいなものも出てきます。

うちの息子はもともとの性格なのか、「これをするよ」といえば「ちゃんとやらなくちゃ」とするタイプなので、すんなりと行っていました。

嫌がるならば、することを説明して少しでも安心感を持たせてあげるとか、どうしてもダメそうならばこういう場合だから物でつってしまったりしてやり過ごすのもひとつの手ではあるかと思いますよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/308-db5d3cbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

片付けのしかた  Vol.4 «  | BLOG TOP |  » 片付けのしかた  Vol.2

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (38)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (87)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (71)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (15)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析