2017-09

発達障がいについて考える Vol.6 ― 発達障がいはどこからどこまで? ― - 2012.07.18 Wed

僕の友人がこの前うちに遊びに来たとき、「電車の中に手土産もってきたの忘れてきちゃたよ」と言ってました。
「そういえばずいぶん昔にも同じことあったよね」と僕が返したら、その友人は「そういうことは、自分はしょっちゅうだから覚えてないよー」と。

他にも物忘れが多かったり、集合時間に間に合うことがめったになかったりと、いわゆる「天然ボケ」なキャラクターをしています。






別にその人は天然ボケとか、おっちょこちょいとかそんな憎めない性格なのでその人の個性だと思って、普通に付き合っていますが、これが例えば仕事上などで大きな支障をきたすようであったりすると、場合によってはなんらかの「発達障がい」と呼ばれるものになるかもしれません。

「天然ボケ」が「発達障がい」になるかもっていうのは、理解しやすくするためも例え話なのでオーバーなのですが、「発達障がい」の線引きというのは↑にでてきた「支障をきたす」という点にあるのです。

逆に考えると、なんらかの問題点があったとしても、「支障をきたさない」ように行動や対応・配慮ができればそれは「障がい」にはならず、「その人の個性」の範囲におさまるのです。



俳優のトム・クルーズは自身が発達障がいの一種である「読字障害」であるということをカミングアウトしています。
物事を考えたり理解することに問題はないのだけど、書いてある字を読むことがほかの人に比べて著しく困難というものです。

そのため彼は、映画の台本を読んでもらったものを録音して耳から聞くことで覚えているそうです。

彼は押しも押されもせぬハリウッドのトップスターの一人であると言えるでしょうが、これが日本でだったらそのようになれたでしょうか?

僕はなれなかったのではないかと思います。
それどころか、「台本も読めないのか」と排斥されてしまっていたのではないかと。


つまり何が言いたいかといいますと、「個性」と「発達障がい」の境目にあるのは、本人の努力とか能力だけではなくて、「周囲の理解」によるところが大きいということです。



お酒のシャンパンは瓶熟させる過程で、ビンをほんの少しの角度だけ回転させていく必要がありました。
昔、フランスでシャンパンがまだ手作りで作られていた頃は、その仕事を自閉症の人たちがしていたそうです。
そのような神経を使う単純作業でも、彼らはさぼったり手抜きをしたりすることなく、毎日正確にビンを傾けていきます。
ほかの人には真似ができないようなことが、彼らには可能だったのです。


「個性」をいかすのもころすのも周りの理解しだいであるということを、知っておくといろいろな新しい面がみえてくることでしょう。
関連記事

● COMMENT ●

No title

なんだか、イイお話でした。おとうちゃんさん、ありがとうです。
「個性の理解」なるほどと思いました。
アールヴリュット?作品展で感動した気持ちを思い出しました。

No title

以前、子どもの発達障害に関しての講演を聞きに行った時に、
「あれ?この子何かおかしいな。普通と違うな。
と直感的に思う子は、間違いなく何らかの発達障害を持っている。」
と、言われていた事に、全てをそれで捉えても良いものなのか?
と、違和感を覚えましたが、おとーちゃんさんの説明で、
何となく理解できました。
ありがとうございます。

感想です

人の長所を見られるかどうかは、やっぱり受容と観察力なのかなと感じました。
対象が障害があるない、子供でも大人でも変わらない気がします。
シャンパンづくりのお話初めて知りました。
コスト削減や効率化が主流の今ですが、人を活かすという価値観はそれより高等な気がします。
このシリーズでも、色々勉強になりました。
ありがとうございます。

ゆうゆうさん

>「あれ?この子何かおかしいな。普通と違うな。 と直感的に思う子は、間違いなく何らかの発達障がいを持っている。」

「間違いなくもっている」と言い切ってしまうのはちょっと言い過ぎのような気もしますが、おそらくその人の本意は発達上でなにか気になるところがあったら、そのままにしないで早めにアプローチをとることが大切というようなところなのでしょう。

なかには一目でわからないものもたくさんありますので、その点はちょっと注意かな。

友里さん

シャンパンを手で回す作業というのは現在はほとんどなくなってしまったそうですが、いまでも発達障がいの人たちがコンピュータプログラミングやそのデバッグ作業などになみなみならぬ集中力と根気でとりくんだりという適正にあった仕事というのはやはりあるようです。

自然とそういう方面に職を見つけることもあれば、外国などでは積極的に発達障がいの人を雇用しているというところもあるそうです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/300-64ab0d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

発達障がいについて考える Vol.7 ―忘れられないエピソード―  «  | BLOG TOP |  » いじめについて考える

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (169)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (88)
心の育て方 (91)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (73)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (19)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析