2017-10

楽しい子育てのために その3 「魔の2歳児」 - 2010.01.08 Fri

「魔の2歳児」についてちゃんとまとめてからきっちり書こう!なんて思ってたけど、
そんなこといってるといつまで経っても書けなそうなので、とりあえず思いつくままに書くことにします。
グダグダな内容になちゃったらごめんなさい~。

え~と、「魔の2歳児」っていわゆる「第一次反抗期」のことですね。
これまでにも反抗期について触れるたびに最近では、「成長期」と言うようになってますとご紹介していますが、
「反抗期」っていうとなんかとってもネガティブなものとして捉えられがちになるんですよね。
「反抗」の反対は、「支配」とか「抑圧」とかだしね・・・
「反抗期」っていう言い方は子育ての中で適していないと僕も思いますので、ここでは今後「成長期」と述べていきます。





では、そもそもこどもにはなんでこの「成長期」というものがあるのでしょうか。
簡単に言ってしまえば、「母親という殻から出て自立するプロセス」だと思います。

それまでのこどもは自我というものが母親と未分離の状態にいます。(ここでは「母親」と決め付けてしまっていますが、母親がいなければ他の人になるでしょう。ですが、通常は多くの場合において「母親」です)
なので、それまでは常に母親と離れることなく逆らうこともあまりありません。
ですが、人間として生きていくためには必然的に自立しなければなりません。
そのために殻を破って出てくる必要があるのです。

だから、親を拒否することもあるし、逆らうこともでてくるのです。
そういうわけだから、「成長期」っていいことなんですよ。 親のためにこどもががんばっているのです。

「もうすこしで一人の人間として生きていきますから、ちょっとだけあなたたちで練習させてね。ほんとはボクだってこんなことはしたくないんだよ~、カラの中に閉じこもってたほうがらくだしさ~。でも、それじゃみんな困るでしょ。そういうわけだからこらえてつかあさぃ。」

と、「成長期」のこども達は言っているわけですね~。
ですから、タイトルでも「魔の2歳児」なんて書いちゃってますが、この時期を悪くとらえないで下さいね。
ちっとも恐れることはないですから。


たしかにこの時期のこどもの対応は大変です。
でも、その大変さもそれ以前や普段の関わり方しだいで大きくも小さくもできるのです。
実はそれに関して以前にもココ→[日本の子育て文化 排泄の自立 その3]でちょっぴり触れていますが、日ごろから支配されたり、命令されがちだったり、また甘やかしすぎていたり(甘えさせる甘やかすは違います、念のため)放任していたりすると、この時期に破るべきカラがとっても厚くなってしまっているので、逆らう程度や期間もどうしても多くなってしまいます。

逆に言えば、それまで普段から自己を尊重されてきた子は、破るべきカラが薄く、自我の獲得がすんなり行くことが多いので比較的楽にいきます。
個人差もあることですから人によっては大きく出たり少なく出たりということはあるでしょうが、尊重されて来たかそうでないかということの違いは変わらないと思います。

また、なかには反抗する時期がほとんどなかったという子もいます。それはそれで良いのですが、場合によっては反抗することすらできないくらい普段から抑圧されていた、ということもありそれだと返って人格形成の上で非常に危険です。
まあ、あっけらかんとしていて成長期のなかった子と、抑圧されすぎで目だった反抗がなかった子の違いはだれからみても一目瞭然だと思いますので、普通はあまり気にしないでも大丈夫だと思います。

長くなってしまったので、具体的な対応の仕方とかは次回にもちこし~。
では、きょうはこれでおやすみなさい。


↓励みになります。よろしかったらお願いします。

育児ブログ・ランキング
関連記事

● COMMENT ●

こんにちは

こんにちは。
今、甥っ子が「成長期」真っ只中。
パパもママも、すごく大変そうでi-201
うちはまだ4ヶ月だけど、
いずれくる「成長期」を不安に思ってました。
この太字部分は目からウロコでしたi-189
こういうふうに捉えられたら、きっと大丈夫ですね。
いつも、ためになる記事ありがとうございますi-179

No title

ただ今息子氏、成長期真っ只中。
私の成長期に対するみかたをかえたら、かたひじ張らずに見守れるのかなって思いました。
ありがとうございます♪

まめこさん

まめこさんコメントありがとお。
そうなんですよね、周りで大変そうな姿みちゃうと余計心配になったりしちゃいますよね。
でも、まめこさんとこはまだ4ヶ月だしこれから一人の人間として尊重して関わるようにしていくと、いざその時期がきたとき楽にのりきれると思いますよ。
だいじょぶだいじょぶ~。

けいさん

そっか~けいさんところは真っ最中なんだよね~。
きっといろいろ大変だろうね。
そういう時期に母親ばっかりが子育てしてると、ほんといっぱいいっぱいになっちゃうから、
抜けるところは手を抜いたり、任せられるところは旦那さんにお願いしたりしてあんまりがんばりすぎないようにするといいよ。
まあ、そうはいってもそれがなかなか難しいんだよね・・・

こんにちは!
『成長期』なんですね~。
うちの姪っこはちょうど2才ですが、『イヤ』とは言うものの比較的穏やかなのは姉が姪っこの意見を尊重してきたからなんでしょうね☆

いつかお暇なときに『甘やかす』と『甘えさす』の違いを詳しく記事にしてほしいなぁ…なんてリクエストしてもいいですか?

あと赤ちゃんとの色んな遊びも教えてもらえると嬉しいです!
6ヶ月になった息子との遊びで迷ってます。
歌を唄ったり、オモチャで遊ぶもののすぐ飽きちゃうので(汗)

まめさん

わかりました!いまの「成長期」のことが一段落したら甘やかすと甘えさせるの違いをできるだけわかり易く説明しますね。
赤ちゃんの遊びも少し紹介します。

いや~次のネタができてたすかった(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/28-c54473b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

楽しい子育てのために その3 「魔の2歳児」 つづき «  | BLOG TOP |  » 明けましておめでとうございます

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (90)
日本の子育て文化 (169)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (89)
心の育て方 (91)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (57)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (75)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (21)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析