2017-08

子供の人権 Vol.2 『子供』の発見 - 2011.09.02 Fri

二義的な「子供の人権」を見る前に、ちょっとそれますが、歴史的な『子供』について見ておこうと思います。

『子供』という考え方は、実は一種の発明品です。
しかも歴史的に見ればわりと最近の発明品なのです。

ヨーロッパで最初に『子供』という考え方を思いついた人は18世紀の思想家ジャン=ジャック・ルソーです。

それまでの社会は「子供は小さな大人」しかも「半人前・未熟な大人」「文明的な人間以前の状態」と考えられていた。
人間が人間たらしめるためには教育が必要であるが、大人以前の状態では「子供」という固有の世界があり、大人文化の押し付けでなく、その世界のなかで即した教育のかたちが必要である。
ということを説いた人です。

ルソー以前はもちろん、その後も長いこと子供は「子供」として守られない時代が長く続き、国連が『子供の人権宣言』を必要としたように、いまでもその問題は解決しきっているわけではありません。





そういった時代の子供のあり方は、現在でも有名な文学作品などに多々みられます。

たとえば、『小公女セーラ』では父親が死亡し送金がなくなると寄宿学校の生徒から小間使いに落とされてしまいます。
現代的に見ればこれはひどい話なのですが、当時としては当たり前、むしろ温情的といえることであったかと思います。

またディッケンズの『オリバーツイスト』はルソーから50年後くらいが舞台であるが、孤児院でのひどい扱い、また社会的な受け皿のなくなった子供たちが犯罪組織に組み込まれてしまう様子が作中に描かれています。


こういったことはその当時の社会としてはあたりまえにあったことでした。
産業革命真っ只中のこれらの社会では、農村型の社会から都市型の社会へとの変革期であり、貧富の拡大や土地を失い一家離散など、そのしわよせはもっとも弱い存在である子供へとダイレクトにきたのでした。

身体の大きい大人よりも、子供のほうが炭鉱の坑道での作業に適していることから、長時間の過酷な労働を課せられ早死にしてしまうということがあっても、そもそも『子供』概念が無い(浸透していない)のでその子供たちを守ろうなどという考え方をするひとは世の中にいない時代だったのです。


ルソーが著作『エミール』のなかで『子供』の存在を提唱してから約220年たってようやく世界的な規模で子供の人権を認めようとしたのが、この国連の『子供の権利条約』(1990)なのでした。

日本は4年遅れの1994年にようやく批准していますが、国はもちろん我々日本国民も子供の人権をまもる義務があるわけです。
関連記事

● COMMENT ●

お久しぶりです

お久しぶりです。再開してからも頻繁にお世話になっているのですが、コメントは控えていました。前回ちょっと大人げなかったかな、と反省したので^^;

今日はまもなく5歳になる長女のことでご意見を伺いたくて。

夏休みに私の実家に長期帰省して、子どもたちは甘えまくり遊びまくりの楽しい日々を過ごして戻ってきました。
帰省中に気になったのは長女の言葉づかいや態度です。
ちょうど「反抗期」に差し掛かったのでしょうか、ちょっとした注意などをなかなか素直に聞き入れないことが目立ってきました。(最終的には聞きます)

横目で睨んだり、「わかってるよ!」「いまやろうとしてたの!」などといった感じです。それでも「自分が注意されるようなことをした」という自覚はあるようなので、言葉や態度が反抗的でも「そんな言い方されると悲しいなあ~」とやんわり言うようにしていたのですが。

大好きなはずの祖父母にまでそんな態度。「この人は甘える人、自分を叱ったりしない」と思っているのか態度は私に対するものより更にひどく
「もう、うるさいなあ!」と言いながら近くにあるものを蹴飛ばしたり…。
さすがに「なんてことするの!謝りなさい!」と怒るのですが絶対に謝りません。
ちなみにその出来事は「ペンを持ったままの手で妹を叩こうとしたので反射的に危ないと注意された」ものであって、決して長女にとって理不尽なものではありませんし、今までならちゃんと妹に謝れていました。

素直になれない「時期」のようなものだと理解もできる一方、そんな時期でも謝らなければいけない時というものはある、とも感じています。
更に祖父母や他人様に対する礼儀や尊敬の念はしっかり教えたいと思っています。(こちらは時間がかかりますね)

このまま受け止める努力をしつつ見守ってよいものでしょうか。すこし甘すぎたかな、とも思っています。

強制的に謝らせても何も効果がないという理由で「本人が自覚しているし反抗期だから?謝れなくても仕方ない」といったスタンスは家庭内では通用しても外で迷惑をかけられた方には通用しないでしょう。
内と外で親の言い分が違っていては子どもも混乱するでしょうし。

うまく言えないのですが「さじ加減」のようなものがまだ私の中で確立していなくて少し混乱しています。

お時間ありますときにアドバイスいただけると嬉しいです。
相変わらず長文のくせにまとまりがなくてすみません…。

ろんさん

ろんさんこんにちは。

こみいったことになってくると適切なことを言う自信はないので、あくまで一般論としてですが。

>横目で睨んだり、「わかってるよ!」「いまやろうとしてたの!」
>「もう、うるさいなあ!」と言いながら近くにあるものを蹴飛ばしたり…

といった態度は、過干渉から導き出されることがよくあります。


子供は絶えず自立の方へと向かっていきます。もっといえば、自立と庇護のあいだをいったりきたりしてバランスをとっています。

5歳で女子ともなると自立心はそれ以前にくらべ随分と強まっていることでしょう。
それにたいして過干渉を重ねてしまうとストレスは大きいものになっていきます。

このコメントを読んで感じたことだけなので適切かどうかわかりませんが、僕の考えからすれば

>素直になれない「時期」のようなものだと理解もできる一方、そんな時期でも謝らなければいけない時というものはある、とも感じています。
更に祖父母や他人様に対する礼儀や尊敬の念はしっかり教えたいと思っています。(こちらは時間がかかりますね)
このまま受け止める努力をしつつ見守ってよいものでしょうか。すこし甘すぎたかな、とも思っています。
強制的に謝らせても何も効果がないという理由で「本人が自覚しているし反抗期だから?謝れなくても仕方ない」といったスタンスは家庭内では通用しても外で迷惑をかけられた方には通用しないでしょう。
内と外で親の言い分が違っていては子どもも混乱するでしょうし。

とおっしゃることは間違ってはいません。
しかし、以前にも記事で書きましたが正論を押し付けることだけでは子供は育たないというのも事実です。

「~~すべき」というのを強く持ちすぎてしまうと、過干渉に陥りやすいものです。またそのへんの意識が強過ぎれば反発も招きやすくなるでしょう。


子供が現在の状況に強い不満を感じると、まず暴言などの「言葉の暴力」がでます。
それは一種のサインです。
それでも自分の気持ちが受け止められないと、子供はあくまで無自覚的にですが、次の段階へすすみます。
それは「物への暴力」です。身近にあるものを投げたり、蹴ったり、壊したりという行動がでます。
これもサインです。別にその子が悪意があってやっているわけでなないのです。
やむにやまれず出てしまうサインなのです。

さらに進みますと「人への暴力」となっていきます。
これもサインです。

こういったサインがでているときは、いくら叱って矯正しようとしたところで直るものではありません。
また「~~すべき」という型にはめるようなことも通じません。

そのサインの根っこをみつけて対応して行く必要があります。

その対応の根底に大切なのは、援助される人への「全面的な肯定」です。
すべきでないことを野放しにしろという意味ではありません。

「~~するな。~~しろ」というのは結局のところ「いまのあなたはダメだ」と伝えていることと同じになります。
「おまえはダメだ」と言われながら、その言った人に好感をもち素直に認めていくというのはなかなかできるものではありません。

ことあるごとに否定で関わるのではなく、その根底にどういう思いがあるのかきちんと受け止めるためには肯定が必要なのだと僕は思います。

そこさえ受け止められれば、いまあるような暴言や反発などは「それをするな」と教えずとも自然と無くなっていくはずです。

実際の状況をしっているわけではないので、まったく見当違いかもしれません、ご参考までに。

ありがとうございました

お忙しい中アドバイスありがとうございます。

ご指摘のほとんどは当たっています。第一子だからと気負ったり期待しすぎたり「○歳児ができること、できないこと」が見極められなかったり自分自身の理想が高すぎたり…過去記事を読んで過干渉の部分はいつも身に詰まされるのですが、心にとめているつもりでもなかなか常時実践というところまでいかないものですね。

夏休みに長期帰省したのには私の妊娠が伴っていました。つわりの激しい体質のため、子どもたちは祖父母に任せっきりで自分は寝ているという日々が続いていました。
長女が寝ているところにひょっこり顔を出してくれても、「今気持ち悪いから向こうで遊んでて」と追い払ってしまったり。

甘えたい、話したいのにできない、なのに怒る時だけ出てきて偉そうに怒る。これでは強い不満を感じて当たり前の状況でした。
実際、自宅に戻って2週間ほど経ち、多少のつわりは残っていても何とか相手ができるようになってきた途端、暴言を伴う拗ねかたは格段に減りました。物にあたることはまだ一度もありません。
良い関わりかどうか、という話以前に「ただ子どもと向き合う」だけでこれほど違うという事実を肌で感じています。

まだまだこれから「反抗期」に手こずらされることも多いと思いますので、いただいたアドバイスと今回の経験をしっかり心に刻んで日々を過ごしたいと思います。

ありがとうございました^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/214-19bee528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子供の人権 Vol.3 二義的な「子供の人権」 «  | BLOG TOP |  » 子供の人権 Vol.1

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (165)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (88)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (72)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (17)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析