2017-08

しばらく更新停止させていただきます - 2011.06.08 Wed

『乳児の遊び・関わりVol.10』の記事に皆さんの暖かいコメントありがとうございました。
いろいろ親身になってご意見くださり本当にありがとうございます。

最近ではすっかり子育てノウハウブログになってしまったのですが、もともと子育てや保育園のことなどで感じたことを感じた通り正直に書いていこうと始めたものでした。
子育ての参考になるようなことも伝えられたら伝えていこうかなという思いももちろんあったのだけどね。

でもまあ、いつのまにか子育てノウハウがメインのようになってきてしまい、その中で自分の子供のことを書いていると、自慢のようになってしまって読む人からは鼻につくよなこともあるかなとあんまり書かないでいましたが、前回述べましたようにきちんと読んで理解いただければそうならないだけのことは書いてきたかなと思っています。
また、子供が活き活きと輝いている姿を示すことで、『子供』がもつポテンシャルを伝えたいとの思いもありました。

「子供は手がかかる、たいへん、言うことを聞かない、うるさい、イライラさせられる、仕事の邪魔、聞き分けがない」などなど、いま一般の人が持っている「子供観」は少なからずネガティブなものになっていると感じます。
しかし、そればかりが子供本来の姿ではないこと、適切な関わり方しだいでどんな子供もポジティブな存在になれることを伝えたいというのが僕の願いです。

ブログを分けたらどうだろうというコメントも頂きましたが、もともと子育てブログとしてスタートして、すでにそういった記事もいくつも書かれてしまっていることから、もし分けるならば子育ての手引きのほうを独立させて、きちんと整理して書くのが筋なのかなと思います。
しかし、そこまでの時間が取れないこともあり、今のところそうすることも僕としては難しいです。


そんなわけでその辺をご理解いただいて、いたってまとまりはないブログですがこれまでのように感じたことをつらつらと書いていこう と昨日までは思っていたのですが、その後頂いたコメントにがっくりきてしまいました。



何人かの方がおっしゃるように、人を刺激しない程度にやんわりとかけば余計な反感は招かないのかもしれません。
ですが、僕は学者や研究者ではなく、もともと現場の保育士です。

「通常保育の終了時間ごろ仕事や事情があったわけではないのに、ギリギリに迎えに来て子供を見たくないオーラを出している人がたくさんいる」と書けば、特定個人のことを言っているわけでなくても、そうしている人が読めば自分のことを批判されているととるでしょう。

暴力的なテレビなどを小さいころから親が率先して見せておきながら、年齢が上がってくるにつれ手が負えなくなって、叩かれたり放任されたりあげくには子育てを投げられてしまう子供をたくさんみて来てもいるので、強い言い方もついついせずにはいられませんでした。

きれい事やあたりさわりのない子育て論や、いま風の子育てに迎合するだけの話ならば、僕が書かずとも書店にいけばたくさん買い求めることができるでしょう。

親の耳に聞こえのいいことばかりで子供のためになっていけるのならそれもいいでしょう。
しかし、それではいまの子育ての「当たり前」はなにも変わっていけはしないのではないか、との思いがあります。それが言えることこそ現場の人間としての意味があるのではないか。
現実に子供のなかで起こっている、子供たちの言葉にならない声を代弁するのも自分の役割ではないかと。

そう思ってこれまで書いてきました。

ですが、最後に頂いたコメントの方からは
>本文の文章は母親たちを傷つける表現を含んでいると私は思います。それが真意でないにしても。。
と言われてしまいました。

自分としては、少しでも子供のため子育てのためと思い、まことにいたらない文章ではあるけど一生懸命考えコメントや相談にも誠心誠意応えてきたつもりでいたのだけれども、そのようにとる人もいるのかと考えるともう何も言う言葉を持ちません。

また
>砂あそびの重要性について多く触れられていますがどこにお住まいか存知あげないのですが今首都圏を>含め東日本では砂場の放射性物質に注意しなければいけない状態となっています。
>この時期に「砂遊びのをさせなくてはいけない」と書かれるのは適切ではないのではと思われます。
>私はアンパンマンを見せない事よりも、音の出るおもちゃを与えないことよりも
>放射性物質から守ってあげる事の方がずっと重要と考えています。

ともおっしゃっていました。
しかし、僕は放射性物質の専門家でもなんでもありません、砂場の砂にどのくらいの危険があるのかどう対処すべきなのかなど知りえるはずもありません。

僕は僕の立場から言えることを述べてきたにすぎないのです。
読んでくれる方全てが納得できることを書けるはずはないのは当たり前のことなのかもしれませんが、こんな風にとられて批判されるとは思いもしませんでした。


読んでくれる方を憤らせたり、不安にさせたり反感をもたせたりするのはもちろん僕の本意ではありませんし、伝えたいことを誤解されたり、曲解されたりするのにも耐えられそうにありません。
どうにも心が折れてしまいました。

まことに残念ではありますが、しばらくの間更新を停止したいと思います。
また、相談やご質問にも答えられそうにありません、どうかご了承ください。
今日までに頂いた相談やご質問には出来るだけ返信していこうと思いますが、時間がかかってしまうことをお許しください。

これまで読んでくださった方、応援してくださった方には心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。
関連記事

● COMMENT ●

感謝しています

はじめまして。
自己主張が日に日に強くなる息子にどう向き合ったら良いか悩み、3日前にこちらのブログにたどり着きました。

過去の記事もさかのぼって拝見し、親の都合で叱ったり「ダメ!」と否定してばかりだったと気が付き、衝撃を受け反省しました。

息子は現在1歳7ヶ月。むーちゃんと歳が近いので、「むーちゃんみたいに育ってほしいなぁ…」と、昨日から“叱らなくていい子育て”を実践し始めたところです。

これから先も『おとーちゃんのブログ』を楽しみにしていたので、今日の記事を読んで残念でなりません。

同じ文章を読んで、受け取る側の感想・意見は様々ですが、私は『おとーちゃんのブログ』に巡り会って感謝しています。何故なら、息子との接し方を変えて2日しか経っていませんが、暴れ方や泣き方が変化してきたからです。
息子の為にも、自分の為にも、おとーちゃんのような専門的な知識がある方の意見を知ることが出来て良かったと思います。

日が経ってもゆっくりでも、また更新して頂けることを楽しみにしています。

ただ、残念です

こんばんは。少しバタバタしていて、ブログを久しぶりに拝見したら、更新停止という記事を目にしてとても残念でなりません。

コメントにあったという「母親達を傷つけるコメント云々…」というその方に私は言いたいです。親が傷付くという大人の気持ち(と言うか自己保身)に触れる前に、なぜ適切でない親の関わりのために傷付いて、悪い育ちをしている子どもたちのことに思いがいかないのですか?と。

おとーちゃんは、現場の保育士さんとして見てこられた、そういう子ども達を少しでも救うために、親の関わり方の改善のアプローチをこのブログを通してやって下さってるのだと私は理解しています。

砂場の放射能云々は、言い掛かりで、論点がズレまくってるとしか思えませんね。

そんなトンチンカンな人達は無視して、わた君やむーちゃんの記事もたくさんアップしてほしいし、まだまだ教えてもらいたいことはたくさんありますが、いつか再開されることを楽しみに、事あるごとに過去記事を読ませてもらいます。

どうぞ、気持ちを安らかに、育児休暇中の専業主夫(?)生活を楽しんで下さいね。

私も感謝しています!

私はずっと育児に一人悩み、たどり着いたこのブログで、おとーちゃんさんに励ましてもらったり、学ばせてもらっていました。

とうてい誰も教えてくれない事だったり育児書にも載っていない事をわかりやすく書いて下さっていて、私はずいぶん助けてもらっています。

おとーちゃんさん、どうか元気出してね。意見してくる人も、本当は子育てを楽しみたい人ばかりなはずなんだと思うんです。
私達こどもの頃は、学校で先生に怒られて気付いて学んだのに、大人になると変に反発しちゃう力を持っちゃって、素直に聞き入れなれなくなっちゃってるんじゃないかな。
私は大人になったって、もっと学ばなきゃいけないと思う!
おとーちゃんさんを待ってる人がたくさんいます!


今日私達も、ありの行列や、変わった毛虫を見つけたので息子と見ました。二人でゆっくり流れる時間を楽しみました。こんな風に寄り添う育児良いですね。

お疲れ様でした(^w^)

今とても辛いお気持ちなんですね(;_;)

私も正直このブログに出会ってから
自分の子育ての欠点を多く知り、
かなりもんもんと悩んできました。
悩みすぎて
周りから『頭の固い母さんだ』と
思われてしまうほど…(^_^;)

子育てって本当に
その家庭それぞれですし
親達の育ってきた環境や現在の状況で
かなり違いがありますよね(>_<)
そんななかでも
おとーちゃんさんのブログには
育児書では知れない子育てのポイントや
子供達の行動など
実用的な内容ばかりで
私はとっても
救われました(^w^)

全てはできなくても
知識があるだけで
かなり子供と向き合う姿勢を
変えることが出来ました★

色んな意見があるでしょうが
私みたいに
おとーちゃんさんのブログで
子供をまた愛せるようになった母ちゃんがいることも
心の片隅においてください(^w^)

保育園の先生が
日本の子供のためを思い、母親たちのためを思い、
色んな心情の中
発信し続けてくれた
このブログは
本当にすごいですよ(^o^)/


またどんな形でも
おとーちゃんさんの話を聞ける日を
たのしみにお待ちしています!(^w^)

はじめまして。いつも拝見しておりました。

当方、男ですが共働きのため、夫婦お互いが母親であり、また父親であるような子育てしております。

忙しい毎日の中、手探りでいろんな育児書やブログを見ております。

こちらのブログも大変参考になり、子供のこともよく分かり、おかげさまで楽しい子育てをしております。

ですが、参考にしている全てのものを鵜呑みにしている訳ではなく(自分が特撮好きなので、みんなで楽しく見ています。家族みんなで盛り上がれるものはあった方がいいと思います)子育てに活かせそうなものを自分でチョイスしています。

反論する方もいるようですが、気に入らなければ見なければいいものですし、実戦しなければいいだけのこと。

ネットで得る情報などは自己責任だと相場は決まっています。

落ち着いたら、そのような言い掛かりは気にしないで、聞こえる方、耳を傾け聞こうとしている方に、育児の手引きをして頂けるようお願いします。

寂しいです(;_;)

毎日おとーちゃんのブログを読むのが日課であり、自分を修正したいときに立ち寄るのもおとーちゃんのブログです。
以前コメントさせていただいた時におとーちゃんは暖かい言葉で励まして下さいました。
親と子1対1では近すぎてイライラが募る時も多々あります。そう悩んだ時におとーちゃんのブログを読むと納得でき、またがんばろうと思えます。
他のお母さん達のコメントについてもちゃんと言葉を選んで誠実にお答えになっている事も私には充分に伝わっています。
そんな人柄であろうおとーちゃんのブログだから毎日足を運ばせてもらってました。
おとーちゃんの想いが、伝わる方にはしっかり伝わっています!大丈夫です。

おとーちゃんが私に元気をくれたように微力ではありますが私もおとーちゃんを元気づけてあげられたら、という思いだけでコメントしてしまいました。
…が、うまく言葉にならずすみません。

しばらくゆっくりしてください。
またおとーちゃんが元気に戻って来られるのをお待ちしています。

心からの感謝

海外からです。

私は回りに日本語で育児について相談できる親しい人が簡単に見つかる環境にはおりません。そんな中、おとーちゃんさんのこちらのブログを拝見させていただき、沢山の希望、叱咤激励、私達全ての母親への暖かい応援を読ませていただき、心から言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいになりました。

保育士としてのお仕事をされながら、父親、母親役の兼業主夫をされて、その後でまた私達、未熟な母親達へのアドバイスまでして下さり、本当に頭が下がります。

おとーちゃんさんは保育士のプロで今までに見てきた何百(何千?笑)人もの子供達との間で培っていらっしゃった経験は本当に尊いものです。私達は謙虚な姿勢でおとーちゃん先生から学ぶ態度が必要なのではないのでしょうか?

現代のこの混沌とした時代に、私達の子供達に明るい未来を残したいと願うのは万国共通の母親達の願いでしょう。私達は皆、未熟です。完璧な人間がいないように、完璧な母親なんていません。でもそれでいいのではないのでしょうか。おとうーちゃんさんが私達に求めているのはあくまでも子供達に向ける母親の暖かいまなざしであると私は理解しています。

最後に、おとうちゃんさんが「お父さん達もお母さん達にもう少し感謝してくれるといいのにね」と言う一言に脱帽です(笑)。母親役をご存知であるお父ちゃんからしか聞けないお言葉かもしれません!

長くなりましたが、暫くゆっくり休養されて、また是非、私達未熟な母親達をご指導下さい!!心から応援しております。

こんにちは

初めまして。
私はこちらのブログを最近知り、とても参考にさせて頂いたので残念です。
私もほかのサイトで発言し、震災、原発の事で不安を吐露したら「だったら死ね!」と色々辛口なコメントされたりした時はなんとも言えないショックでした。
でもそれ以上にたくさんあたたかいコメントも頂けたのが救いでした。
こちらのブログに色々言いたい人はいるのだと思いますが、ありがたく思っている人のほうが多いと思います。
文句を言う人はそうする事で今までの子育てを肯定したいのではないのでしょうか?でも文句を言ってる時点で間違っていた事を認めているとも思います。
本当に間違っていないと思っている人は、他人からなんと言われても気にしないものですから…。
現場の生の声をきけるなんて、中々ない事です。
ですので、とてもありがたいです。
私はあまり文章力がないので色々書けないですが、とにかく応援してます。
また更新される日を楽しみにしてます。
でも、大事なのは毎日の日常を幸せに生きる事だとも思うので、ご家族とハッピーな日々を送ってほしいです。
やっぱりこどもには親の笑顔が一番かな?とも思うのでo(^-^)o

ありがとうございました

以前非公開コメントで返信いただいたものです。
おとーちゃんさんのブログが、更新停止というのは寂しいです。

私自身もまだまだ未熟なため、このようなブログを拝見して、物理的・状況的に実現できそうなこと、また、自分の子供に合うことを参考にしているのですが、
なにより自分が子供へ接する際の、気持ちが良い方に、穏やかに変わるのが喜びでした(まだそうでないときもありますが・・)。

子育ては試行錯誤の連続だと思います。
一生懸命になりすぎて、批判がちになってしまうお母さんたちも、ちょっとひと呼吸おいて欲しいと思います。
結局は、自分の子供を一番身近で見て、その環境と個性を踏まえた上で、何が大切かわかっているのは親である自分のはずですから。

私は、ちょっと迷ったときにこのブログにたどりつき、少なくとも自分の子育てを客観的に見られただけでも、子供にとって良かったのではと思ってます。
子育て日記を再開されるときを、楽しみにお待ちしています。

残念です

私は、おとーちゃんさんのブログ記事を読んで、自分の育児の方向性を起動修正できましたし、参考にしています。
相談に対しても、温かい言葉をたくさんかけてくださり、感謝でいっぱいです。

育児って、はっきりした答えがないことだと思っています。

アンパンマンや特撮物もを一緒に楽しみたければ見ればいいし、放射能が気になり砂遊びをやらせたくなければさせなければいい。

何を選ぶかはその親自身が決めればいいことです。

ブログがお休みになるのは本当に残念ですし、何より心を痛めてしまう出来事があったことが残念です。

言葉は時として人を傷つけるからこそ選ばなくてはいけないし、顔が見えないネットだからこそ気をつかわなくてはなりません。

ネットでのマナーも、こどもが成長したら教えるべき事だなと私は思いました。

おとーちゃんさん、ゆっくり休んでくださいね。

残念です。

こんにちは。
更新停止は、とても残念です。

このブログは、私にとって、どんな育児書よりも大切なものでした。
おとーちゃんの意見は、現場の保育士としての生の経験に裏打ちされたものであり、大人側からの都合のよい子育て論でなく、子どもの視点からみる事を私に気づかせてくれたから。

ただ、最近では、寄せられるコメントの中に相談が増えて、返信が大変だろうにと感じていました。育児の相談は状況や環境が一人一人違うので、相談したいのも分かるけども、過去記事を検索すれば出てくるような内容の相談や、おとーちゃんに相談する内容なのか疑問点がつくものもあったりして・・・・。
そんな中で、おとーちゃんは丁寧に返信されており、感心しておりました。

今回寄せられたという砂場遊びへの批判については、論点がずれているとしかいいようがない意見ですね。

公開されていないコメントの中にも、おとーちゃんを傷つけるものがあったかと思います。

でも、ここにおとーちゃんの意見に救われた母親がいます。
落ち込まないで下さい。

おとーちゃん、今までありがとうございました。
そして、充電後の再開をお待ちしております。

残念です

今日のブログを見て驚きました。そんな風に読む方がおられるなんて・・・
私は先日のブログで相談をした者ですが、このおとーちゃんのブログが大好きだったんです。
相談のところでも書いたのですが、ウチの娘は本当に育てやすいと思っています。それはここでいろんな勉強をさせていただいたことが活きていると思っているのです。

食べ物をポイポイするのが困っていたときに、このブログで「食事前に落とす遊びをしたらよい」と書いてあり、チェーン落としのおもちゃを作って実践したところ、ポイポイがなくなりました。
アンパンマン等のキャラモノを悩んでいるときに、このブログで弊害を知り、やっぱり私がやめたほうが良いと思っていたことは正しかったと自信が持てました。
さらに、早期教育について悩んでいたときも、このブログで本当に良いことを教えていただいて、私の育児の指針のように感じています。
他にもたくさんのことを学ばせていただいています。
おかげで・・お友達のお母さんからも「どうやって教えているの?」とか言われるぐらいで・・・
本当にこのおとーちゃんのブログには助けられていました。
これからももっともっとここでいろいろ学ばせていただきたいなと思っているのです。

でも、このブログを読む方全員がプラスに感じていなくて、それにクレームを言う。
おとーちゃんがわた君やむーちゃんの自慢をしているわけじゃないのに、そう読んでしまう人がいる。
難しいですね・・・いやなら読まなきゃいいのにって思いますが。

本当に残念でなりませんが、おとーちゃんのブログを私みたいに育児の指針のように読んでいる人もたくさんいるんですよ。
だからまた書こうかなって思ったらぜひ書いてくださいね。
楽しみにしています。
そして勝手なお願いですが、どうか今まで書かれたブログはこのまま公開していただきたく思います。
育児で困ったり悩んだとき、このブログを何度も見返すことがあると思うので・・・
お願いします。

最後に・・・おとーちゃんのことを応援しています。

私も海外からです

以前相談させて頂いた4歳と1歳児の母こなゆきです。
私も海外在住で周りに子育てについて日本語で相談できる人も少なく、夫は月のほとんど出張、親に預けたりする事も出来ずで、正直イライラしてしまう事が多いです。

いつもブログを読んで勇気づけてもらったり、戒めてもらった気持ちになったり、本当に大切なブログでした。
確かに最近は本当に悩み相談も多く 、それに丁寧に一人一人にお返事されていて、おとーちゃんさんも私たちと同じく子育てをされている訳で、その合間をぬってのブログ更新も大変なことだったと思います。

ゆっくり休養されて、また子供の手もかからなくなってきた頃にでも再開されたらと思います。

おつかれさまでした。そして、ありがとうございました。
これからも過去に書かれた記事参考にさせて頂きます。

ありがとうございました

保育士おとーちゃんさま

子供が寝て、家事を終えてから、毎日夜中にこのブログを読むのが楽しみでした。突然のお休みということで、大変残念ですが、本当に今まで多くのことを語ってきてくださってありがとうございました。

二歳児の男の子を育てて右往左往しているところに数ヶ月前にこのブログに出会いました。最初は確か積み木のことでググっていたのです。そのうち、どんどん他の記事も読んでいって、自分の子育てについて考えさせられ、いろいろとすすめてくださる事柄を実践しているうちに、ずいぶんと子供との関係が変わってきました。
外でも自分からすすんで手をつないでくれるようになり、お互いに心がよりそうようになってきたのです。

おとーちゃんブログがなかったら、私の子育てはもっと過干渉+放任で荒れていたと思います。親しくしている友人のこどもに、むーちゃんのような「こころが育ってる」子がいて、いつも「どこが私の子育てと違うんだろう」と自問自答していたのですが、おとーちゃんにはたくさんの答えをもらいました。だから私は、靴をはける云々のむーちゃんのおはなしが「自慢」だとは全く思いませんでしたよ。ちなみにその友人は夫婦ともにヨーロッパ人なのですが、テレビ無、音の出るおもちゃはほとんどなし、キャラクター無、子供を大人と同じに扱いなんでも一通り説明するって感じです。

他の方も書かれていますが、あえて繰り返させていただくと、ホンの一部のこのブログの趣旨を勘違いしているような人々による言葉で、おとーちゃんのような体験と知識を兼ね備えた人の意見が聞けなくなるのは、おおげさじゃなくて社会的な損失だと思います。

「母親たちを傷つける」とおおげさな表現を使っている人は、実は自分自身が以前の私のような「ちょっとヤバい母親」でしかもそれを認めたくないだけなのではないでしょうか。それに傷ついていやなら読まなきゃいいんです。誰も読んでくれって頼んでるわけじゃないんだから。子育てなんてあっという間に過ぎてしまうもので、大切なのは「母親たちを傷つけない」ことじゃなくて「こどもを傷つけない」ことなんです。大人は傷つこうが荒れようが自己責任です。

それと放射能の件も他の方の指摘通り、完全に論点がずれています。これもおとーちゃんは「放射線が高い地域で、被曝したとして外遊びを子供にさせた方がいい」といっているわけではなく、一般論として外遊びの効用を説いてくれているのですl。こういうアホなつっこみはもう荒らしに近いと私なんかは考えてしまいますね。放射能を避けたければ、自分で離れた地域の水や野菜や肉を買って、せっせと庭やベランダを除染し、外から帰ったらこまめにシャワーを浴びればいいんです。私は東京の中でも比較的ホットスポットに近い地域にいますし、放射線の影響に関してはかなり神経を使っています。食材や水の生産地には気を配り、帰宅したらこまめに体やものを洗ったりしていますが、それでも外遊びは必要なのであえてリスクをとっていますよ。外遊びサークルに入っていますが、そこで「いや、でも今の御時世ちょっと外遊びは放射能が」とかいっても意味ないし、瞬く間に過ぎていく子供の成長期、若干のリスクをとっても楽しく過ごすことも大事じゃないですか。そのかわり、守れるところで守ってあげればいいんです。

とすいません、駄文で長くなってしまいました。ただ心ないコメントでこのブログが休止してしまうことになんだかやりきれない思いを感じてつい怒りがこみあげてしまいました。

最後になりましたが、おとーちゃん、ほんとに今までありがとうございます。これからもお仕事も子育ても頑張ってください。再開を楽しみにしております。お疲れさまでした。

いいよ~~(^▽^)

今は書きたくない気分なんですね。
個人のブログですもん。自由自由♪

今まで、たくさんの人の気持ちを受け止めてきたんですから、
今度は受け止めてもらいましょう。

私も海外からです。

はじめまして。海外で育児中の新米ママです。

育児の壁にぶつかる度に、いつもこのブログを読ませていただいてました。しばらくブログを停止されるという事で、本当に残念で仕方ありません。普段はブログにコメントを残す事のない私ですが、今回はどうしても一言お礼を申し上げたくてコメントさせていただきました。このブログを通して、育児に対する考え方など、本当に沢山学ばせていただきました。本当にありがとうございました。

またいつかブログを再開していただけるのを楽しみにしております。

お体には気をつけて頑張って下さい。




本当に残念です

初めまして。

数ヶ月前にこのブログにたどり着き、どんな育児書にも書かれていない記事に目から鱗が落ち、過去記事も全て拝見させて頂きました。

息子は2歳なので、反抗期真っ最中ですが、子育てに不安を感じる度、おとーちゃんさんのブログに助けられてきました。
もちろん、私は全てを完璧に行えている訳ではありませんが、世間にこのような常識が広まれば、子供達にとって絶対にプラスになるだろうと思っていました。
ですから、おとーちゃんさんのブログの更新を毎日楽しみにしていたので、更新停止は本当に残念でなりません。

いつでも色々な意見はあると思いますが、私のように記事を楽しみにしている人がたくさんいると思います。ごく少数の意見によって、良い情報が伝わらなくなるのは本当にもったいないことだと心から思います。

とはいえ、良い物を、と思い発信した物を否定されるのはお辛いことと思います。どうか、気持ちが落ち着かれましたら、また戻ってきてくれるのを心待ちにしています。

感謝でいっぱいです

このブログからはいつも子供達へのとても深い愛情を感じていました。また、どうしていいかわからない母親へも優しくアドバイスと励ましをしてくれていたと感じていました。決して母親受けのする内容ではなく、でも子供も親も笑顔で生活できるための内容が盛り沢山でした。どんな育児書よりも大切にしたいブログです。育児に限らずどんな内容でもいいので、いつかまた拝見できる日を楽しみにしています。今まで本当にありがとうございました。

またいつか。。

更新停止、とても残念です。どんな育児書よりも、役立つ情報、助言が満載でした。育児、家事で疲れ、今日は、おとーちゃんのブログは更新されているかなあと、子供の寝息を聞きながら、毎晩、携帯から、暗闇でチェックしてから、眠りにつく。。これが日課でした。たくさん、教えて頂きました。色々あって、心が疲れてしまわれたのでしょうね。どうか、お仕事、育児の合間に、ゆっくりなさって下さい。また、いつか、ブログ更新される日を楽しみにしています。お気に入りからは、削除せしません。

追伸、この指とまれ~、いいよ~、食事の食べ歩きを直す方法、あれこれ実践し、役立ちました。大人が変われば子供も変わるのですね。おかげさまで、育児が楽しくなってきました。ありがとう。



ゆっくりお休みされてください

おとーちゃんさん、おつかれさまです。
いつも参考にさせていただいてました。
実践できることもあれば、家の構造や時間的に難しいこともありました。
でもそこは取捨選択するのも自分の役割ですから。
おとーちゃんさんが何の義務もないのに、たくさんの方の相談にのられていたこと、頭が下がる思いです。
がんばったからこそ、お疲れになったのでしょう。
いつかまた再開されたら応援します。
最後に、ブログを見ていたほとんどの方はおとーちゃん応援派で、一部偏った方がいらしただけではないでしょうか。ネットでの、攻撃って傷つきますが、あまりお気になさらず…

感謝

おとーちゃん
お疲れさまでした。

子供も夫も寝静まったあと、布団の中でこっそりケータイからアクセスする毎日です。

子供は1歳8ヶ月、1歳半検診で多動の疑いありと言われた子です。

実際の障害のあるなしに関わらず、
私自身が この子にどう向き合えばいいのか分らなくなってしまって。


そんな時に おとーちゃんの記事 たっくさん読みました。

ニンゲンの心の一番深い場所を愛情で満たす。

たったそれだけの でも 当たり前で難しいこと。

教えてくださったのは、おとーちゃんです。

愛情を込めて 娘が私を呼びます、
ダンスを一緒にしようと誘いに来ます。

こんな幸せを取り戻せたのは したり顔の専門家ではなく

おとーちゃんのおかげなんです。

どうぞ お体を大切に。
丁寧な質問の応答も少しオーバーワーク気味かなと感じたり
しました。
また 書きたいと思ったら どうぞよろしくお願い致します。
心よりお待ちしております。

感謝しています

毎回楽しみに拝見していましたので しばらくお休みとのこととても残念です。
2~3歳の自己主張が激しい息子にどう対応したらよいかわからず おとーちゃんさんのブログでいつも勉強させてもらっていました。
特に参考になる記事は画像メモにしたり 書き留めて何度も読んでいました。
本当に何度救われたかわかりません。
お友達にもこのブログをたくさん紹介しました。

是非また再開されるのを楽しみにしています。

心の支えでした

はじめての育児、わからないことだらけでしたが、おとーちゃんさんのブログに救われました。今では、主人と二人でブログを拝見しております。

おとーちゃんさんのブログに出会えていなかったら、うちの育児、子供はまた違った方向へ行ってしまっていたかもしれません。どうか心が元気になりますように。いつか、戻っていらして下さい。待ってます。

お疲れ様です

育児も保育士の仕事でも参考にさせていただいていました。ありがとうございます。

おとーちゃんの体験に基づいたお話し大変わかりやすかったです。
これからしばらく読めなくなるのはとても残念です。
おとーちゃんが傷つかれるような書き込みがあったことも残念です。
世の中いろんな人がいるもんですね。
おとーちゃんの心が早く癒やされますように…

残念ですね…

質問するまでもない質問だったかもしれません…
でも、丁寧に返信して下さりありがとうございました


二人目が生まれてからイライラしっぱなしの毎日でしたが、このブログに出会えていなければ、イライラから解放されなかったと思う!というくらい助けられました。

本当にありがとうございました。


ユックリ傷が癒える事を願っています。


美味しい物いっぱい食べてわたくんやむーちゃん、奥さんからたくさん元気をもらって…
嫌な事はどっかに飛んでいけ~~っ!!

残念です

私は自分の育児に自信が持てなくなった時にこちらを拝見させていただいて、「がんばろう!」と思ってきました。
そうではない時も参考にさせていただいてましたし、とても批判されるような内容ではないと思っています。
でもブログというのはいろんな人が見るもので、いろんな考えがあるのも事実。
誰しもが理解してくれないとはいえ、更新を停止してしまうのはとても残念です。
ただ今までの記事はこれからも参考にしたいと思ってるので、見にはきますね。
もし気持ち的に再開できるようになれば、また書いていただきたいです。
お疲れ様でした。
ありがとうございました!

ありがとうございました

こんばんは。
何度かコメントさせて頂いたことがあります、ずんです。
(ブログタイトルを変更していますが、以前は「続・いたちごっこ」でした)
最近はロムばかりでしたが、こちらのブログは実践的だしすぐ取り入れられることを沢山紹介してくださっていたので、随分参考にさせて頂きました。

読者が増えれば増えるほど、真意が伝わらない場合も出てくるんですね・・・
お気持ちお察し致します。
どうかお気を落とさずに。
私はとても勉強になりましたし、子育てがより楽しくなりましたよ。
子供は1歳7ヶ月で園児を満喫中ですが、毎朝ぎゅぎゅっと抱きしめるを実践したおかげで、早く慣れてくれたのだと思っています。
また時々読み返させてもらおうと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。

がんばれ!おとーちゃん!

更新はまだかな~?と見てみたら、なんと衝撃的な…

私は保育士としてまだまだ新米で、日々よりよい子育てを考えていて。
とても、とても参考にさせていただいていました

みんなが可愛がられる子に育つように、健康な心と体が育つように、いつも読ませていただき、実践していました。

傷つくほどのコメントがあったら、お辛いだろうとお察ししますが…
またどこかで会えますように。

私はこれからも、おとーちゃんの考えも取り入れつつ、楽しくよい育ちを促せるような保育を心がけたいと思います。

おとーちゃんのブログが大好きでした♪

初めてコメントします

いつも参考にさせて頂いてます。
過去記事もコメントも読み、新しく更新されていないかなと日々楽しみにしている一人です。
おとーちゃんさんが前向きにブログを書けないのなら、寂しいですが少し休んで充電してください。

わたしは、親の枠からはみ出ないように「いい子」でいないといけない、わたしのことは親自身の子供だからかわいいと思うけど、本当のわたし自身のことは親は受け入れられないだろうと思って育ってしまいました。
大人になりだいぶ改善しましたが、自分の根っこの一部の自己肯定感をうまく伸ばすことができずにいます。そのため「しなければいけない」ことを優先してしまい、無意識に自分以上のことを自分自身に求めてしまったりして、できない自分はダメな自分だと思ってしまうこともあります。
だから、子供を押さえつけないように子供の心に寄り添って自己肯定感を持たせてあげたいと思っています。
上の子が2歳になり、イヤイヤが出てから本当に参考にさせてもらっています。
全部はできないけど、自分ができる範囲のことを少しずつやっています。
そんなわたしがふと思ったことなんですが、子育てって、子供からの目線と、親からの目線と両方ありますよね。おとーちゃんさんは、子供達のことが好きだから子供のために子供からの目線で書いてくれている感じがします。反対に親からの目線で読むと、自分の育て方、方法がよくないから子供が荒れる→親である自分のやり方が間違っていると受け止めてしまう人もいるのかなと思います。
たまに、わたしもこれはいけない子育てだ、間違ったことをしてしまったとちょっとだけ凹みます。でも間違っていたら修正すればいいだけです(^^)
ただ、子育ては間違えてはいけないと思い込んでる人もいたり、間違った子育てをしている自分はダメな親だと思ってしまったり。また、一生懸命になればなるほど反対に子育てに行き詰まってしまい、どうしたらいいか出口が見えなくてネガティブになっていると、自分のやり方が悪いから子供が荒れるのだろうと傷つき、攻撃的になってしまうこともあるのかなと思います。
おとーちゃんの書き方がどうこうではなくて、立場の違いで受け止め方が違うのかなと思います。
もちろん、ただいたずらに怒るだけわがままなだけな人もいるとは思いますが。
そういう人には振り回される必要はないですもんね。
的外れな内容だったらすみません。
そして、落ち込んでしまった時にこのような内容のことを書いて気分を害してしまったらすみません。
このブログを愛読しているので、少しでも元気に前向きになってもらえたらと思って書きました。
またいつの日か拝見できることを楽しみにしています。

はじめてコメントします。

過去の記事もコメントも全部読み、毎日のように更新されてないかチェックするぐらい、おとーちゃんさんのブログ楽しみに拝見しておりました。
コメントをすることはなかったのですが、毎回勇気づけられ、自分の子育てを再確認しておりました。
思い切って買った積み木や、推薦の絵本など今では子供(と旦那)の宝物です。

突然の更新停止。本当に残念です。それに、おとーちゃんさんを追い詰めるような批判的なコメントを残した方がいたことも残念でなりません。
 
私のようにコメントすることはなくとも、このブログを楽しみにしていた方はたくさんいると思います。
みなさん同様、私もおとーちゃんさんの傷が早く癒えることを願っています。
お疲れ様でした。

残念。。。

もうすぐ6ヶ月になる娘をもつ母です。私も「お気に入り」から立ち上げてチェックするのが毎日の日課になっていました。

いつも泣き続ける娘に心身共に疲れきっていたところに出会ったこのブログ。コメントもその返事から参考になることが多く、初めの記事から読んでいました。


私も相談をさせていただき、前向きに頑張って行こうと思える、内容の濃い温かいお返事をいただきました。


またこのブログは、自分が5~6歳くらいの時の感情を思い返すきっかけになりました。

友達のお母さんに、「こども(一般の)のことすき?」と聞いたら「嫌いだよ」っとサラッと言われてすごく悲しい気持ちになったこと。

父親と一緒に歩く時に、手を繋ぐのではなく指を握らせてくれるので、次はこの指~次はこの指~と自分の中での密かな楽しみだったこと。

大人にしてみれば大したことではない事も、こどもには大切な毎日の積み重ね。私も悩んでばかりではなく、こどもが安心できるようにまずは愛情たっぷり注いでいこうと気付かされました。

娘はすぐに変わりました。
笑顔が増え、泣きにもメリハリがつき、何を欲しているかがわかるようになりました。

マンションでの缶詰め育児にイライラすることが多かったのですが、今では大変なことはあってもストレスに感じることはなくなりました。

母子ともに1ヶ月でのこの激変にはびっくりするとともに、このブログには本当に感謝しています。


そして、前よりは気持ちに余裕のできた今、「初めてコメ&非公開&長文の相談」をしたことを少し反省しました。
保育士で慣れているとはいえ、主夫や子育てしながらのブログや、それに加えてブログに残らない部分への細かい対応まで…かなり大変だと思います。
感謝してもしきれません。

そう思っていた矢先にブログ中止。
普段から本当に気を付けてみえた受け取り側への配慮も解ってもらえなかったとなると、やるせない気分になるのは当然。
おとーちゃんをそんな気持ちにさせてしまったことが残念。
また何も励みになるようなことが言えない自分に残念。

おとーちゃんやご家族の気持ちを考えたら一時停止も仕方ないですよね…


でもまたふとした時に普段の気付いたことなど載せてもらえるとありがたいです!ぜひぜひ‼

…と大変だろうと気遣う気持ちとは裏腹なことを言っていますが^^;


このブログは迷える親の道しるべです。大人が忘れてしまった、こどもの気持ちを発してくれています。
だから、他の方もおっしゃられているように、過去記事は絶対公開しておいてくださいねー‼

私にとっておとうちゃんは、かなり強力なバックアップに感じているので、それがなくなってしまったら絶対動揺しちゃいます。
おおげさな話ではなく本当に必要としています。

少しの間、復習しています♪
またよろしくお願いします(^^*)












お願いします

いつものように更新を楽しみにして覗いてみたらびっくり!

私も過去にさかのぼって行きながら勉強させてもらってたのでとても残念です。
娘はこの何カ月かで本当にいいほうに変わりつつあります。

多分ここでお礼のコメントしてらっしゃる方々はみんないい方向に影響を受けた人達ですよね?
きっとみんな本心は続けて欲しい。でもおとーちゃんがしんどいなら無理は言えないな・・と思ってるんだと思います。

前回の日記でご家族の事を書いていいかと質問されていました。
質問してしまうと、正直世の中色々な人がいるので反対意見もいっぱい出てくると思います。
特にネットでは匿名性が高いため、相手の気持ちやこれを読んでる方々の気持ちを考えずに気軽にキツイ事を言えてしまう。

どうしても女性は脳的に感情論が優先に来る傾向があるので、
多分反対意見も出て、
おとーちゃんが善意で書いていればいるほど傷つくだろうな・・とちょっと心配してました。

反対意見の方がどういう事を書いたのかは詳細が分からないのでその方々がクレーマー的な部分があったかは分かりませんが、
意見を求めれば必ず論点がずれてたり、そういう理屈あり?とか、
そんな言い方しなくっても><。みたいな方々が絶対出てきます。

ただ、時間をかけて体得していける能力も女性は強いので、
否定的なメッセージを送った方も、みなさんの反響を見て自分のしたことの大きさに気づいたり、もしくは(クレーマー的な要素がある方なら)喜んでいるんではないでしょうか。

私はこのまま継続をお願いしたいです。
色々気になると思いますが、気にせずにブログに書かれていた「ですがこれまでのように感じたことをつらつらと書いていこう 」を待っています。
もちろん個人的にはお子さんの話も聞きたいです。

少数の言葉ではなくて、みなさんの声を信じてくれたらうれしいなと思います。

感謝。

はじめまして。
いつも楽しみに拝見しています。
とても勉強になり、参考にさせて頂いています。
またいつの日か更新される日を楽しみにしています。

ありがとうございました。

残念です

おとーちゃんさま、今回のブログ休止宣言、とても残念に思っています。

私は現在2歳半の息子の子育てをしており、このブログは毎日毎日更新を楽しみにしています。

ブログを知ったきっかけは1年ほど前に友達にいいよ!って教えてもらってです。

おとーちゃんさんのブログに出会っていなければおそらく、トイレはトレーニングするものだと思い込んで息子に無理をさせたでしょう。

こどもに寄り添う大切さ、と頭ではわかっていても具体的な方法がわからずに無意識にこどもとの信頼関係を損なっていたことになっていたと思います。

毎日くすぐるようにしていますが子供は本当にくすぐられるのが好きですね! 

とりとめのない文章でごめんなさい。
とにかく、私はおとうちゃんさんにすごーくすごーく助けられています!

息子も成長期の割りにはとても育てやすいです。
でも私はもともとキャパが狭く、つい子供にスピードを求めてしまいがちです。
するとたちまち子供は扱いにくくなり、ハッとしてこのブログで教えてもらったように実践するとたちまち子供はぐんと扱いやすくなり、毎回びっくりします。


私の子育て間違ってる。。そう思った時は焦ります。
むーちゃんやわたくんに嫉妬心が少し芽生えたりもします。

でも、うらやましいと思ったら今日から実践すればいいのです。
お父ちゃんさんも何回も仰ってくださっているように、子供は柔軟です。
今日からできる事から始めたら、子供って良い方向に変わってくれます。


今までコメントしたことはなかったのですが今回の休止宣言で、どうしてもお礼と感謝の気持ちを伝えたいと思いでてきてしましました。

お疲れなのでゆっくり休んでください。
でもこんなにも毎日感謝している母親がいるということだけ知ってください。

長文失礼いたしました。

感謝しています♪

いつも更新を楽しみにしていました。

私も以前保育士をしており、今は3歳の息子を保育園に預けながら、飲食業のアルバイトをしています。

息子は言葉が遅く、気になる行動もありましたので、言語科や地域の発達のゆっくりな子たちが通うグループにも通っております。

保育士をしていたのに、我が子の子育てがなかなか上手くいかず、悩んでいた時にこのブログと出会いました。

読んでいくうちに、私の接し方もまずかったのではないかと反省し、毎日なるべくですが、優しくゆったり接していったら、少しずつ言葉も増え、意思の疎通が取れるようになってきました。
そうなってくると子育ての負担も減ってきて、今は息子といることが楽しいです。

本当にありがとうございました。心から感謝しています。

今は十分お休みになって、またブログでお会いできる事を楽しみにしています。

ありがとうございました。

初めてコメントします。

育児で悩んだとき、何度も救っていただきました。

ときにはプリントアウトして、何度も読み返したほどです。

おとーちゃんの言葉はすっと心に入っていきました。

これからは、教えてもらったことを我が子達にいっぱい実践していきますね。

ほんとうにありがとうございました。

ありがとうございました

自分が厳しいしつけ、過干渉、ダメ出しの多い両親に育てられ自己肯定感の低さに現在も悩まされています。


今、2歳の男の子を育てていて自分の子には大人になった時、同じキモチになってほしくない!
といろいろ調べているときに『叱らない育児』というワードに出会い、おとーちゃんさんのブログに辿りつきました。
初めて拝見させていただいたときは息子はまだ8ヶ月くらいだったのですが、おとーちゃんさんの子育てをヒントに自分なりに実践してみた所、
とてものびのびと育ってくれています。


おとーちゃんさんのブログ中に何度も出て来る、『自分の子が可愛いと思えてれば大丈夫。』という言葉が自分の軸になって、イライラさせられる時、言い聞かせる時も心にこの言葉が浮かびます。


おとーちゃんさんのブログに出会うまでは育児はマニュアル通りやらなきゃいけない!と思っていました。でも、自分のこどもの頃を振り返り両親にされて嫌だった事をせず、ただこどもの事を愛して一人の人間として接して行けばいいと気付かせていただきました。


まだまだこの先不安はありますが、(来月第2子出産予定で…)ここで学んだ事を糧に笑顔で毎日過ごしたいです。心から感謝しています。
こどもはやっぱり宝ですね!!このまま自分の事も少しずつ好きになれそうです(*^_^*)
長文失礼致しました。。

こんにちは

以前、相談に乗って頂いた、あいらです。

その際には、丁寧なお返事ありがとうございました!!
お礼をコメントするのは、コメント欄が混み合って見辛くなってしまうかしら...などと考えてしまって、お礼を言わず、大変失礼致しました。。

おとーちゃんのコメントに、とっても勇気づけられてました。
本当にありがとうございました!!

今回のこと、残念です。
また気が向いたら、かるーい気持ちで書いてくださいな☆
子育てノウハウもとっても参考になったし、お子様達の様子も楽しく拝見してましたよ♪

我が子自慢、というか、私にはお子様達を可愛がっていて、誇りに思っているように感じました。
親がそうでなかったとしたら、その方がちょっと問題ですよね。。
堂々とお子様達の様子を書いてくださいな☆

傷ついた人達は、おとーちゃんの子育てノウハウやお子様達の様子によって傷ついたんじゃなくって、本当はその前から不安でひび割れていたのではないでしょうか。
おとーちゃんのブログを見る前に、誰かに気づいてもらって、大丈夫だよって安心させてもらっていたら。
おとーちゃんのブログの内容を曲解することもなくって、傷ついたと書きこむ事もなかった、ように思います。

そして、そのことによっておとーちゃんが傷ついてしまったこと、お気持ち察します。。
とっても理不尽ですものね。。

私は、救われたこと、勇気づけてもらったこと、感謝してること、お子様達の様子を微笑ましく拝見してたこと。
お伝えさせてくださいね☆

No title

ここで非難にさらされてしまっているママの友人で4児の母で保育士の経験が
あります。
このブログを見て悩んでしまっていると以前相談を受けていました。

今回送ったというコメントについても見せてもらいました。

友人は今はかわいい2歳の子を生き生きと楽しそうに育てていますが
(成長も早くとても元気ないい子で、園には預けていない)
以前子育てで悩んでいた時に、こちらのブログを読んで悶々と悩んで答えが出ず、本でまったく別の考え方に出会って救われた
だからこのブログに書いてある偏った内容に
他にも傷ついて抜け出せなくなっている人がいるのではないかと思い心を痛めていました。

なので今回考えに考えてコメントすることにしたそうです。
見せてもらったら
「とても役立つ情報をいろいろ書かれていて勉強になる」こと
「これほどの内容を毎日更新するのはとても大変であると思うこと」
「自慢などでなく日本の子育てのことを真剣に考えてのことであろうけど」
ととてもとても丁寧に長い文章で綴った後
「一部に母親が傷つくような表現がある」
「話が矛盾して混乱を招いているところがあると思う」と
自分の意見を言っていました。

夜中に何時間も失礼のない文章になるように考えて
長い長い文を書いたそうですよ。

それを文章にあるようなセンテンスのみをピックアップして彼女があたかも批判だけ
したかのように見せ、彼女への攻撃コメントを集めるよう細工するのはおかしいと思います。

彼女は正々堂々とメールアドレスも書いたのだから
言いたいことがあるなら、彼女に直接言ったらよかったんじゃ
ないですか?
非公開コメントで返信先もちゃんと書いてあるコメントを
こうやって自分の都合のいいように加工して
無断公開するって、ネットのモラル上どう思いますか?

リアルの世界では保育している子供の親に
アドバイスを聞いてもらえないそうですが
聞いても、母親が別の意見を持っていたら
「せっかくアドバイスしたのに聞かない」と思ってるではないですか?
子育てに正解はない。新米ママが保育士と違う意見を
持ってたって、保育士が絶対正しいなんてことないと思います。
それは4人の子の母で保育士である私でも同じで
彼女のような繊細な心を持った新米ママから学ぶ事だってたくさんある。


「あなたは素晴らしい」「おっしゃる通りです」
と貴方に100%同意してくれ自分の価値を上げてくれる人たちにはとてもよく接する一方
自分の意見を言う母親達のことは実の世界でも園のママたちをこうやって「批判された」「傷ついた」と言って
くるしめてきたのかしら?
それとも実の世界ではできないからやっているのかしら?


砂場の放射線量のことにしても、
砂場で遊ばない母親のことをどうのこうのと
批判している記事を書くことに疑問を持ったのでしょう。
私も不思議だなと思いましたよ。
私の周りでも今は砂場に気をつけている人が多いから。
それをコメントのその文章だけとっていろいろ周りに言わせるよう仕向けるのはおかしいでしょう。


それに彼女が書いてたことを完全無視してるけど「育てやすい子」が良で
「育てにくい子」が悪いといというのもどうかと思いますよ。
長男はやんちゃで手なんてつながず目を輝かせて
アチコチふっとんで歩き、やりたいと思ったらダメといっても言うことを聞かず何度も繰り返した
けどそれが悪いなんて思ったことありませんでした。
大変だったけど、「そこがいいところ」「男の子なんてそんなもん」と
思って大らかに育ててきました。
今高校ですが自分のやりたいことのために一生懸命努力するいい子に育ちましたよ。

あの頃「手をつながない子うんぬんは満たされてない」「男の子だから大変なんてありえない」
なんて言葉を言ってくる人がいたら私も悩んだだろうな。
育てやすい子は親はラク、でもだから良い人間に育つというものではないと私は
思うけど。

「傷つけられたからやめます」って言って、
彼女に対する批判コメントが集まり
満足したらまた再開するのでしょうか?
だとしたら
うちの小学生高学年の娘にこの間相談された悩みに似てますよ。
娘はある活動のリーダーをしているんだけど、ちょっと困った子がいて
リーダーなので時々注意しないといけない。
でもちょっと言うと、娘にいじめられたから私はもうやめると大げさに騒ぎたてる
んだそうですよ。


横ですが、「母親はいくら傷つけてもいい」なんていう人とても悲しいですね。
母親が悲しいと子供は悲しい
母親が幸せだと子供は幸せなのにね。
母親の心を壊すことは、確実に子どもの心を傷つけるのにね。

感謝しています

私はおとーちゃんさんのブログに出会ってから戦隊物を見せるのをやめました。
やめて2ヶ月ほどたち、子供が少し落ち着いてきたように思います。

私は色々な育児書などを読みましたが、このブログには本当に助けられました。

子供になにを与えるか、最終判断は親がすべきだと思います。
自分にあわないと思ったらスルーしていけばいいのに…
世の中色々なかたがおいでますね。

今までコメントしたことはなかったのですが、感謝していることを伝えたくて書き込みました。

ゆっくり休んで下さいね。

すごく残念です

おとーちゃんさんには、たくさんお世話になりました。

たしかに、自分にダメ出しされている気分になりますが、おとーちゃんさんの育児や考え方もあるんだ
参考になるものは、やってみよう
これは、どうかな?と自分で選別しながら子供に対応してきました。

見ていて嫌な気がした人は、スルーすればいいじゃないですか

なぜおとーちゃんさんを責めるのか?
わざわざ時間使ってまで、反論するのか?
理解できません

過去のブログを読み返しながら
これからも参考にさせていただきます

おとーちゃんブログ復活を待っています!

お世話になりました

更新停止はとても残念です。でもおとーちゃんの心が壊れては困るので、ゆっくり休んでくださいね。
おとーちゃんのブログを読んで子育ての勉強になったし、自分自身の自己肯定感の低さの事も理解できました。忙しいのに相談に乗っていただいて本当に助かりました。これからも以前の記事を遡って参考にしていこうと思います。

おとーちゃんを批判されている方へ。
ご友人はご自分に合う方法が見つかって良かったですね。
私はおとーちゃんの考え方が自分に合うのですが、『男の子は戦隊物が好きで良い』という考えの方の本を持っています。テレビも容認していらっしゃいます。ただ『テレビを見た分、親子の触れ合いが必要だ』とおっしゃっていました。本をよんで受け入れられない部分もありますが、気が楽になる分もあります。
子育ての方法に合う合わないがあるのは当然です。でも本の作者もおとーちゃんも『子供を好きと思える事が一番大事』という考えは共通していると思うんです。
だからおとーちゃんのことをそっとしておいてください。お願いします。

余計な事書いてすいません。
今まで本当にありがとうございました。

感謝です

以前、単なる聞いてもらいたかっただけの、非公開メッセージに、丁寧に返信を下さって本当にありがとうございました。

毎日のように更新を楽しみにしていて、ずうっと読んでいきたかったですが、おとーちゃんのように、繊細で優しい方が今の体制(育児相談に全力でこたえる)のは大変ですよね。本当にお疲れ様でした。しばらく休んでくださいね。うまくかけなくて上から目線の書き方でごめんなさい。

もし再開するとなったら、コメント受付不可で、相談は受け付けないということで、おとーちゃんが書きたいことを自由にお書きになったらいいなと思いました。

私も自分のブログでこちらのブログを紹介したりして、おとーちゃんのブログに耳目を集めてしまった責任を感じております。ごめんなさい。

こんばんは

ご無沙汰しております。

私もいつも楽しみに読ませていただいていたので、ブログ更新停止されるとのこと、とても残念です。
ですが、そこまでお辛い気持ちでいらっしゃるなら、今はひとまずゆっくりお休みされて、また気が向いたらそれこそお子様との日常を存分に綴ったブログなりを始められてはいかがでしょうか。その折にはまたお会いできたら嬉しいなと思います。

以前より思っていたのですが、個人の考えを書いてあるようなブログに対して、批判的なコメントを寄せることは決して楽なことではないと思うんですよね。自分だったら、きっとすごく後味悪い思いをすると思います。
また今回のように、さらにその批判コメントに対する批判も出てきたりすると逆に自分が傷つくことになりますよね。だからご友人という方がフォローを入れてらっしゃるんじゃないかな、と思うのですが。

当然、批判されたブログの書き手もいい気持ちはしないわけですし、結局、誰にとってもあまりいい結果を生まないように思われます。

反対意見を言うにしても、「自分はこう思うのでこうしています。そしたらこんなでしたよ」という書き方もありますよね。
砂場の例で言うなら、「今、砂場で遊ばせるお母さんが少ないのは、放射性物質の影響もあるかもしれないですよ」と書けば障りがないのになぁと思います。そういう冷静なコメントを書けないほど思い悩んでいらっしゃるのかもしれませんが。
話が反れ気味ですみません。

最後になりましたが、おとーちゃんさんと、ご家族のご健勝をお祈り申し上げます。ありがとうございました。

リスペクト!!!

おとーちゃんさん、リスペクトしてます。

おとーちゃんさんのおかげで、うちの子、あっさりオムツがとれました。
トイレトレなんてホントにいらないものなんですね!!

人って受け取り方が一人一人違うから、自慢だとか、偉そうに、だとか感じる人もいるんでしょうけど、考え方が合わないのであれば見なければいいのに・・・と思ってしまいます。
十人十色とはよくいったもんですね・・・・。

またいつか読ませてくださいね。

しつこいけどもう一度言わせてください。

おとーちゃんさん、リスペクト!!!!!!!

No title

更新停止のお知らせをみて、驚いたのと、残念なのと、
休んでくださいという気持ちが錯綜しました。

以前に、非公開で相談させて頂き、返信まで頂き、
本当にありがとうございました。

現代のように情報が膨大な時代において、
我々は、【自分で情報を選択していく能力】
また
【きちんと情報を読解する能力】が必要だと感じます。

おとーちゃんのブログもとても参考になりますが、
(以下の表現が失礼にあたったらごめんなさい・・・)
おとーちゃんが絶対的な表現者でも確言者でもなく、
育児現場に携わるおとーちゃんのブログであり、
感想であること。

人間ですから表現したい事が全て文章に出来ているなんてない。
読む方だって、全てをきちんと理解して読んでいるわけではない。

その事をきちんと踏まえた上で
我々もアクションを起こす必要がありますね。

おとーちゃんさん、
ゆっくり休んで下さい。
そして、おもいっきりお子さんと遊んで嫌な事も忘れて、
いつか更新再開をしてください。
私もその間、子供とおもいっきり遊んで待っていま~す☆

再開を願っています(^^)/

おとーちゃんのブログ、いつも参考にさせて頂いていたので、更新停止は本当に残念です。

以前、英語育児ブログでも意見の違いから論争があって
いろいろなブログを巻き込んで騒動になったのを見たことがありますが、

ブログはあくまで個人の日記のようなもので、ブログ主(おとーちゃん)が何を書いても自由だと思います。

それを読んで不快に思うのであれば、「このブログ主とは意見が合わない」ということで、その人が読まなければいいわけで・・・育児ブログなんて、星の数ほどあるのですから。

ブログに書いてあることを参考にするかどうかは、読み手の自己責任でしょう。

それを、「このブログを読んで、私のように悩む人がいるかもしれないから、ブログ主に意見する」というのは、
ブログの本質を見誤っていると思います。

お砂遊びのことも、ブログでお砂遊びの効用を説いたからといって、
実際にそれを参考にして子供を遊ばせるかどうかは
親が「自己責任」で決めることのはずです。

子供が白血病を発症してしまい、
「おとーちゃんがブログで、放射能の危険性を示さずに砂場遊びを推奨したのに従ったから、おとーちゃんのせいだ」
ということを言い出す親がいたとすれば(いないと思いますが)、

他人の意見に盲目的に従って、親としての責任を転嫁しているとしか言いようがないでしょう。

とはいえ、インターネットの世界にはいろいろな人がいますから、
批判的なコメントを寄せて来ることは止められないわけで、
おとーちゃんには、そういう批判は、表現が悪いですが「トイレの落書き」くらいに受け止めて頂いて、軽く流して頂きたいです。
まがりなりにも、インターネットは「全世界に向けて」発信するのですから、そういう強さを持って頂きたいです。

でも、やっぱりストレスになっちゃいまいすよね。
ゆっくり休んで下さいね。
ファンの一人として、再開を待ち望んでいます。

長文失礼しました。



ありがとうございました。

小さい頃から家庭の不和に悩み、
満たされないまま大人になり、
現在も子供との関係に悩む者です。

私はこのブログに随分助けていただきました。

他の方々もおっしゃっていますが、
ブログを読み、影響をうけたり参考にしたりすることは
個人責任だと思います。

納得できなかったり傷ついたりしても、
スルーするのが常識的なやり方だと思います。

ですが、顔の見えないネット社会、
コメントを無制限に受け付ける限り、
批判を浴びるのは避けられないとも思います。

世の中にはいろんな親がいます。

 親から満たされて育ち、自分の子供も同じように満たしてあげられる人
 
 満たされずに育ちながらも子供を満たしてあげられる人
 
 満たされずに育ったがゆえに子供を満たしてあげられない人

 満たされずに育ち、満たしたくても満たし方がわからない人

 満たされずに育ち、満たせず傷つけてしまう人

 傷つけていることに気付き後悔する人

            なんとかしようとする人

 傷つけていることに気付かず、ずっと傷つけてしまう人

そんなすべての人々を納得させるような考えは
きっとこの世には存在しないと思います。

不特定多数の人々に考えを発信する場合、
自分の意見は伝わる人にだけ伝わればいいと
わりきらなければやっていけないと思います…。

『私はこう思ってますよ~ みなさんはどうか知りませんけど』
ぐらいドライにならなければ
ネット上の無法地帯では傷つくだけだと思います…。

ですが、
批判され、傷つきながらも
悩める私たちを救ってくれた保育士おとーちゃんは
本当に本当に素晴らしい方だと思います。

本当に優しい方だと思います。

優しいからこそ、
批判に傷ついてしまわれたのだと思います。

コメントを受け付けない方式でブログを書くことも可能だと思いますが
保育のプロとして、
子供たちを救いたい、
悩める親たちを助けたい、
との思いで続けてこられたのだと思います。


私はたくさん助けていただきました。

自分が親からもらえなかったものを
子供たちには少しでも多く与えたいです。

これからも試行錯誤してがんばっていきます。

お疲れ様でした。
そして心からありがとうございました。

応援しています!

いつもブログありがたく拝見させて頂いていました。
初コメですが、今日この記事、そして寄せられたコメントを見て思わず書かずにはいられませんでした。

まずおとうちゃんさんが一部のコメントにより深く傷付かれていること、とても悲しく心配しております。

おとうちゃんさんがこのブログで発信したかったことって何だろう…
決して母親批判ではないはず。
全て子どもたちのよりよい育ちの為に綴ってこられたのではないでしょうか。

子育てって本当にデリケートなものですね。
大切に思うわが子のことだからこそたくさん悩み、色々な意見に浮き沈みしてしまうことって母親なら誰しも経験はあるはず。

そんな色んな意見に触れて自分自身を振り返り反省してみたり、取り入れられる部分は取り入れてみたり…
納得いかないのなら納得できるやり方を模索していけばいい。
そう思っています。

おとうちゃんさんは一個人としてブログを綴っているだけなのですから、その意見にYes Noを主張する必要はないのではないでしょうか。

嫌なら見なきゃいい。納得できない内容はスルーすればいい。

おとうちゃんさんが今回傷ついたとされるコメントを引用したことだって、何もその方を皆で寄ってたかって攻撃したかった訳ではないはず。

大丈夫。
分かっている人にはちゃんと分かります。
伝わっています。

多くの方は応援しています。

もちろん私としてはブログが停止してしまうこととても残念ですし、再開を心待ちにしています。

でもおとうちゃんさんが今回の事で気を揉み、日常生活の中で常にわだかまりとして付きまとってしまっているのではないかと心配でなりません。
ですのでどうかいったんブログの事からスパッと離れ、お子さんたちと、ご家族と思いきり楽しく過ごしてください。

そうして気持ちが前に向いたときにまたステキなブログが更新されていたらとても嬉しいなと思います。

何だかちっとも言いたかったこと言えてない気がする…文章もまとまっていない…
文章で人に伝えるのって本当、難しいですね。
おとうちゃん尊敬します!



休養期間も必要です。

おとーちゃんお久しぶりです。
以前は色々と相談に乗ってもらい、ありがとうございました。

私、宮城県南部出身でして、最近まで色々とバタバタしており多忙で
全くこちらに来る余裕がありませんでした。3ヶ月経ち、少し落ち着いてきたので
今日かなり久しぶりに来てみたら、相談した私の悩みについても
ちゃんと取り上げて頂いて、ありがとうございました。

2月下旬頃から、娘の情緒不安定になっていた為、3.11当日はたまたま一緒にお休みして、
2人で自宅で過ごしていました。
こちらも結構揺れましたが、娘は走り回っていて気がついていない様子でした。
その後、すぐにTVを点けるようにと仲間から電話があり、TVを点けると
よく知ってる場所が津波に流される所をリアルタイムで私と娘2人で見て呆然としました。
すぐ安否確認の作業に入りましたが、当日の夜までに安否確認できたのは姉1人のみ。
生きてるかどうか、生きていても見てるかどうか分からないけれども、ネットとツイッターで情報収集し、
メールで全員に送り続けました。
私もその件で必死になりすぎて、とあるネットの場所で「大炎上」しましたよ。 おとーちゃん一緒?ですね。

あの時は、今後どうなるか分からなくて、笑える日が来るのか?と絶望し
そして、私に次々と起こる「出来事」に周りから、声もかけてもらえない状態にもなりました。
その中でも、私の為に必死に動いてくれた仲間が数人いました。
その仲間のおかげで、私は笑えるようになりましたし、元気になりました。

おとーちゃんはマジメな方なので、衝撃を強く受けちゃうタイプなんですよね。
 
私も少し悩みがあって、今日ひょっこり来たのですが
私からすれば「師匠」の域であったおとーちゃんも、悩む事があるって分かって、少し安心しました。
(いい表現が浮かびませんでした。気分を害されたら申し訳ございません)

おとーちゃんも、おとーちゃんの発信をすこし?と思った方も
全員子育てに一生懸命なお母さん方で、そのお子さん方は全員幸せ者だと思いました。
十人十色でいいんじゃないですかね。

また書きたくなったら 再開して下さい。
お互い、ぼちぼちいきましょうね。

バックナンバーを大切に読みます

今回人に紹介しようと思ってここにきたので、こういうことになってとても残念です。

意見を述べれば当然反響があり、勇気が必要な行為だと思うのに、不特定多数の方に読まれるネットで、これだけ丁寧に多くの情報を上げ続けていらしたことを、すごいなと思います。
助かった方もたくさんいると思います。

返事をする人のモチベーションを考えるとた賛同する人より、反論や批判意見の方が発信手に届きがちになるのではないでしょうか。
こちらのブログにアクセスしにくくなっていまして、表に出ずとも多くの方が関心や心配を寄せられているのではと思います。

私には、どうしてそのように読めるのか?というコメントも見受けられますが、十人十色ですから、そういう人もいるという覚悟で、志あって続けてこられた部分もあるかと思います。

ブログなら好きな人だけが読めばいいかもしれませんが、
意見の表明に伴う結果は出版物もブログもさして変わりはないと私は思っています。
そして私はどんな発言も、個人を名指しで中傷するものでなければ絶対に制限されるべきではないと常々考えています。
そんなつまらない世の中になってほしくない。
Aさんには励ましになるメッセージがBさんを傷つける、ということは往々にしてありますが、私はぶっちゃけそれは仕方ないことだと思うのです。

感情的にとれるコメントの中にも、私にとってなるほどと思える部分もありましたし、意見の交換は発言者も受け止め手も傷つけるネガティブ面だけでなく、本来、新しい考えを生み出したり反省や気づきをもたらし得るポジティブな面もあるはずだと思っています。
だから皆にとって今回のことも無意味ではなく、そこからポジティブなものが生まれるきっかけになればいいなと思います。

全然うまく言えてないですが、どうか発端になられた方も、いろんなコメントされている方も、そしておとーちゃんさんも、あまり長く重荷とされないようにと願っています。

皆さんおっしゃられるように少し休息して間を空けられて、また戻ってきていただけたらなと思います。

あとこどもの成長によって、親の悩みも変わってくるので、どうかバックナンバーはずっと残しておいてもらいたいです。

子育てのことで悩む…そんなのみんな同じです。風邪が長引けば、何かケアがきちんとできてないんじゃないかとか、母乳が足りずミルクを足せば、母性が足りないからだとか…まわりのひとにいろんなこと言われて、落ち込むことなんかしょっちゅうです。
それをわざわざ、自分が批判されてると感じるような記事を見つけて、傷ついたとコメントするのには、ちょっと違和感を感じてしまいます。

我が子の育てにくさを感じてなやんでいるお母さんが、このプログをよんで、「満たして」あげられなかったのかしらと思い悩む…それの何が問題なのでしょうか。

問題を打開しようと頑張っているお母さんなら、「これは違う」と思った時点で別の情報を探すだけのこと。

おとーちゃんの記事に「傷ついた」といったかたは、何がしたくて、どうして欲しかったのでしょうか。おとーちゃんの子育論(?)に、対等に意見をするのはいいと思います。でも「傷ついた」だとか「他にも同じようなひとが…」なんて、不自然だしそれこそ一方的です。

こちらのブログでは、こどもとの関わり方たくさん勉強させてもらいました。ありがとうございました。

色々教えてもらいました

こんにちは

しばらく前にこのブログを知って、参考にさせていただいている者です。
これだけの文章を、子育て、仕事を抱えながら書くというのは
そうとうのエネルギーが必要だったと思います。

このブログを読むことができて良かったです。
沢山の事を知ることが出来ました。
現場にいる先生の意見は、とても貴重でした。

どうか無理せず、心を大事になさってください。
ありがとうございました。

私は感謝してます

私はこのブログを読んでおとーちゃんにコメ返して頂いてとっても感謝してます!
私はおとーちゃんのお陰で育児が楽しくなったし前向きになれました!
育児に自信が持てないのは今でも一緒ですがきっと息子がいくつになっても変わらないと思います。親だからこそ不安だし心配です…でもそれでも子供がいとおしいのはかわらない!子供の為に自分がどー変わるかなんだってことが解っただけで私は救われたと思います!そのことを教えてくれたのはおとーちゃんです!ホントに感謝してます。私も旦那も考え方が変わったし息子の行動が成長した証として、周りから見ればこんなことしてと思うことも「成長したんだねぇ」と笑顔で見守ることが出来ました!
ホントにありがとうございました。
精神的ダメージはホントに辛いことですよね…
無理せずに休んでください(o^∀^o)
ありがとうございました!

四児の母さんへ・再投稿

すみません、一度投稿したのですが肝心なことを書き忘れていたので削除して推敲文を投稿しなおします。文頭に「-」がついている部分が追加部分です。
すでに目を通していたとしたらややこしくて申し訳ありません。


事の背景とご意見、読ませていただきました。

非公開でもきちんとアドレス等記載して、全体の感想を述べつつのご意見だったのですね。
誤解したままの感情的な反論になってしまい申し訳ありませんでした。

>以前子育てで悩んでいた時に、こちらのブログを読んで悶々と悩んで答えが出ず、本でまっ>たく別の考え方に出会って救われた
>だからこのブログに書いてある偏った内容に
>他にも傷ついて抜け出せなくなっている人がいるのではないかと思い心を痛めていました。

このブログで述べられていることは、やはり一個人が書いている故に偏っている部分もあるのかもしれません。
しかしながら、彼女が救われたという考え方も、見る者が違えば(おとーちゃんさんの意見とは別の方向に)偏った内容ということになります。
――それは悪く言えば「偏り」ですが、一般的には「方針」とか「信念」と呼ばれるものではないでしょうか。

どの考え方が自分に合うのか、自分の子どものためになるのかはそれこそ百人百様です。
やはり「ネット上での情報収集は自己責任」です。本屋で本を探すときに合いそうにないものは本棚に戻してスルーするように。

>それを文章にあるようなセンテンスのみをピックアップして彼女があたかも批判だけ
>したかのように見せ、彼女への攻撃コメントを集めるよう細工するのはおかしいと思います。

>彼女は正々堂々とメールアドレスも書いたのだから
>言いたいことがあるなら、彼女に直接言ったらよかったんじゃないですか?
>非公開コメントで返信先もちゃんと書いてあるコメントを
>こうやって自分の都合のいいように加工して
>無断公開するって、ネットのモラル上どう思いますか?

おとーちゃんさんが細工したとは穏やかでないですね。
ご指摘の通り返信先が明記された非公開コメントを抜粋して公開したことはモラルに触れる部分があります。
しかしながら私は何度かおとーちゃんさんに育児の事を相談しまして、温かいお返事もいただいています。自分の母の話を書かねばならないことがあって非公開で相談したこともあります。
その数回のやりとりと、これまでの過去ログから受けるお人柄を鑑みると私はこの行動が「意図的に攻撃が集まるよう編集して公開した」とは考えられません。
ネット上のトラブルに対して経験が浅いために起きたイージーミスだと感じています。
――イージーミスだから許してあげてほしい、と言っているわけではありませんよ。

――かなり感情的で攻撃的な文も見受けられますね。ご友人がそれほどまでに大切な方であることは良く伝わってきます。
――それなのに想像にすぎない人格像を強い口調で並べ立てておとーちゃんさんを否定し蔑む文章を載せることは大変挑発的でもったいないことです。
――ここはおとーちゃんさんのブログですからね。批判や意見は冷静であればあってもよいものですが、否定や蔑みはあってはならないものです。
――お言葉をお借りします。
――こうやって主のブログ上で主の人格を否定し蔑むことって、ネットのモラル上どう思いますか?

>それに彼女が書いてたことを完全無視してるけど「育てやすい子」が良で
>「育てにくい子」が悪いといというのもどうかと思いますよ。
>長男はやんちゃで手なんてつながず目を輝かせて
>アチコチふっとんで歩き、やりたいと思ったらダメといっても言うことを聞かず何度も繰り
>返したけどそれが悪いなんて思ったことありませんでした。
>大変だったけど、「そこがいいところ」「男の子なんてそんなもん」と思って大らかに育てて
>きました。
>今高校ですが自分のやりたいことのために一生懸命努力するいい子に育ちましたよ。

それは素晴らしいですね。私などいまだに子どもの行動を受け止めきれずに大人の都合でイライラすることがありますので見習いたいです。
貴女のように大らかな気持ちで育てられる子どものことを「育てにくい子」とは誰も言えないのではないかな。
子どもの個性的な行動、自由でやんちゃな部分、有り余る体力…それを「そこがいいところ」と受け止めきれないで母親が子育ての悪循環に陥ってしまう。そんな時にそういう子をつい、大人の都合から見て「育てにくい子」と表現してしまう…と私は自分なりに噛み砕いて受け止めています。
自我が出てきた2歳あたりを大人が勝手に「魔の2歳児」と呼ぶのと同じ感覚かと。
どちらにしてもこんな表現、子育て世代に浸透してしまっていますがあまり褒められたものではないですよね…悩む母親が少なくなればこんな表現も消えていくのかな。そんな時が来るといいですね。

少し話が逸れてしまいましたが。
「育てにくい子」が悪で「育てやすい子」が良、ではないです。おっしゃる通りです。
「母親が」育てにくいと感じて母親の笑顔が消えて良い関わりが出来なくなることが悪く、「母親が」育てやすいが故に母親の笑顔が増えて良い関わりが増えていくことこそが良。

母親がラクをしてはいけませんか?
子どもの「育てやすい気質」におんぶに抱っこで後は放置、という意味のラクではなく、母親が笑顔でいられる、育児が「楽しい」と思える「楽」をするのは必要ですよね。

>あの頃「手をつながない子うんぬんは満たされてない」「男の子だから大変なんてありえない」
>なんて言葉を言ってくる人がいたら私も悩んだだろうな。

満たされていないという表現は確かに突き刺さるんですよね(苦笑)。私もそれで随分悩みましたから。
でも一方「満たされるまでの器が大きい子もいる」という言葉も何度も出てきました。決して「手をつながない」時点までの母親の努力や子どもそのものを否定したりする意図の言葉ではないことが今では理解できます。

子育ての主役は子どもと母親の両方。だから子育てについて語るとき、母親目線で母親をラクにするためのお話が出る一方、子ども目線で子どもにとって良いことを教えてくれるときがあります。おとーちゃんさんにとっては無意識で切り替えられることなのでしょうが、読み手にとっては時に「主語(母or子ども)」が抜けているため、矛盾や混乱を招くことがあるのかもしれませんね。(…と今初めて感じました^^;)

何だか支離滅裂になってしまいましたが、貴女のご意見を読んで考えさせられましたので稚拙でまとまりのない文ですが載せさせてください。
おとーちゃんさん完全擁護ではなく、このブログに出会って救われ、今も参考にさせていただいている者がまさに今、子育てをこう感じとっているという一例として。偏っていますか?

決してブログ炎上やロングになる揚げ足取りの意見のぶつけ合いを狙うものではありませんので、皆さんよろしくお願いします。

最後になりましたが先に私が載せましたコメントは一部誤解があった上に感情的なものであると判断し反省いたしましたので、この後削除させていただきます。
大変申し訳ありませんでした。
おとーちゃんさんと同じく、ご友人の方が受けた心の傷が早く癒えるよう願っています。

こんなことになっているなんて…

悲しいです。過去に 何度も相談にのってもらい とても ありがたく思っていました。
育児書とは また違って 率直な意見 保育現場を目の当たりにされている経験からのお話…楽しく読んでいました。
このブログを見て傷つくならスルーしたらいいのに 自分にあった 育児のブログや本を参考にされたら いいのに…わざわざ批判するような内容が書かれているとは思えませんし、違う傷ついたと思うなら、見なければいい。おとーちゃんブログに助けられ、相談したい人はたくさんいるのに。
丁寧に返信してくださるし、ブログの内容だって詳しくてわかりやすい、とてもありがたいと思っています。
過去記事も 何回も読み返していて参考にしています。
おとーちゃん ゆっくり休んでくださいね

ありがとうございました。

初コメです。こんな流れになって残念です。

このブログに会えてほんとうに救われました。
更新ストップも悲しいですけど、
なくなるとほんとー!に困るので
過去記事(ブログ自体?)の削除だけは
しないでいただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。

批判的なコメントをされる方へ

このサイトにアクセスしてくる大半の人は、おとーちゃんの記事を読んで、
自分の育児を見直すヒントにしたり、参考にさせてもらいたくて
アクセスしているのだと思います。

記事の中には、読む人によっては不快に思える表現や、
疑問に思われることもあったかもしれません。

コメント欄は制限されていないので、
不満や疑問をぶつけようと思われることも当然かと思います。
本来、インターネットは自由な議論の場であるべきです。

ただ、おとーちゃんの時間は有限です。
ブログの記事を書いて、コメント欄の相談に返事を書くだけで、
相当な時間を使っていることは明らかなのに、
その上で、議論につきあわなければいけないとすれば、
かなりの負担だと思います(子育て中なのに)。

議論も大切かもしれないけど、そんなことよりもっと、
おとーちゃんの意見を、自由に、思い通りに書いて欲しいです。

批判的・攻撃的なコメントへの対応が、
おとーちゃんの貴重な時間を奪い、心を傷つけ、
おとーちゃんのブログを書こうという意欲を消失させてしまっているこの現状が

「もっとおとーちゃんの記事を読みたい!!」
と思ってこのブログにアクセスしてくる人たちにとって
「妨げ」になっている、
誤解を恐れずにいえば
「迷惑」
となっていることは、事実だと思います。

このコメント欄の議論も、いろいろな意味で勉強になりましたが、
私が一番したい勉強は、子育てについての勉強です。
私が一番読みたいのは、おとーちゃんが自由に思ったことを
書いてくれるブログの記事です。

どうか、不快に思われることがあっても、
「自分とは考えが違う」ということで、スルーして下さい。
おとーちゃんの貴重な時間を、議論で奪わないで下さい。

(ちなみに、非公開コメントの引用は、許容範囲内だと思いますよ。
全文や個人情報を公開したわけではないし、
意見表明をする際に相手の意見を部分引用することは、
世間一般的に行われていることで、非公開コメントだから特別扱いされる筋合いはないと思います)

そして、おとーちゃん、どうか気を取り直して
またいつか、ブログを更新して下さい。
首を長ーくして、待っています。

何度もすみません。また、長文失礼しました。

応援してます!

これまでコメントのひとつひとつに丁寧に答え、誹謗中傷まがいのものにもきちんと対応していたのに更新停止とまでとは書かれている以外にもよほどのことだったのでしょう。 このブログで親を傷つける内容があるといってる人は書いてあることを理解できていないか被害妄想としか思えません。私達親に気づかないことを教えてくれてそれを乗り越える方法も丁寧に書いてくれているのに。 元のコメントの人が悪気はなかったと言うのならおとーちゃんに精神的ダメージを与えてしまったことを謝った上で自分が言いたかったことをちゃんと伝えて誤解をとけば良かったのに。友達という人が出てきて自己弁護と攻撃を重ねたことで余計に悪い方へ行ってしまったのでは? 他の育児アドバイスみたいなブログは結局アフィリエイトばっかりだったり、書いている人の考えの押しつけだったりでここみたく相談に丁寧に答えてくれるどころかコメントに返信してくれるとこのがすくないのにこんなことになってしまって残念でなりません。ゆっくり休んだらぜひまた再開してください。それまで待っています。

ありがとうございました。

おとーちゃんのブログ読者になったのはつい最近なのですが、全くの子育て初心者には本当に勉強になりました。

子供の心を満たせるように、寄り添った子育てをしていきたいと思います。

ただ、心がけてもうまくいかなくて、ドツボにはまってしまったとき、おとーちゃんはどう言ってたかな?と参考にさせてもらいたいので、バックナンバーはどうか、残しておいてください!

そしていつか、またおとーちゃんの記事を読める日をお待ちしています。

本当にありがとうございました。

こどもとの遊びの関わり方、声かけの仕方で検索し、とても思慮深く、面白く、拝見させていただきました!次回の記事もまたいつか心待ちにしています!

ありがとうございました

おとーちゃんブログはとても参考になり、何度も何度も読ませていただきました。更新停止は残念ですが、いづれまた更新されることを楽しみに待ってます。
頑張ってください。

何回も助けられました

こんにちは。
最近こちらのブログを知って、子育ての参考にしていました。
5月末に第二子が誕生し、お姉ちゃんが激しく赤ちゃん返りしてしまったこともあり、相談にのっていただけたら・・と思い久しぶりに訪問したらこのようなことになっていて。
本当に残念でなりません。

子供のことが絡むと冷静でいられなくなるのが「親」ですよね。
ただ、「他人のため」にわざわざ「非公開」で・・・。なんだか違和感を感じてしまいました。
世の中には一人として同じ人間はいないので意見がぶつかるのは仕方のないことかもしれませんが。
相手を尊重して意見交換をすることって必要だと思います。

おとーちゃんにはなんと言ったらいいのか・・・。
おとーちゃんの子供に対する姿勢に共感している人は多いと思います。
私は待ってます。
いつか、またPCに向かう気持ちが出てきた時にはブログ再開してくださいね。

感謝しています!!

最近このブログに出会いました。

二歳児の育児中ですが、過去記事もすべて読ませて頂きとても勉強になりました。 

~子育てに正解はない~
~子育ては自分育て~

日々自分と向き合い、子どもと向き合いながら皆必死なんですよね。
悩んだり自分をせめたり・・・
子どもの笑顔に救われてまた頑張れたり・・・

育児の方法は賛否両論があっていいと思います。


このブログには子どもへの愛が溢れている。
コメントされている全ての方に子どもへの愛を感じます。


またいつか再開される日を願っております。
ありがとうございました。


No title

今回のブログ更新停止は一時のお休みであろうと楽観的に捉えることにしてます。仕事じゃないですからね、疲れたらお休みすればいい。気持ちが出てきたらまた是非新しい記事書いてくださいね。

私はドイツで子育てしていて、ここでの記事に本当によく共感させられました。後の記事でドイツ語学を専攻されていたことが分かって、随分納得したものです(笑)。

ウチの子供たちは半分ドイツ人なので、現地の幼稚園や習い事に通っています。日系はいつもうちだけ。そして、自分のやり方と周りの育児の方法の違いに随分戸惑いとか感じながら、おとーちゃんの記事を読んで、あー、そうか、そういうことでここでの親たちはこんな対応なんだな、なんて考えていたものでした。私も 「叱る」育児に偏っていて、周りとの温度差に自分で違和感感じてたり(汗)。

きっと戻ってきてください。私は上の方のコメントに同感です。賛否両論あっていい。批判も真剣に考えた上での意見ならとても大切な声の一つだと思います。様々な意見にくじけない子供たちを日本で育てて欲しいです。教育者として世の中にどうぞ貢献してください。それが出来る能力がある人は限られているでしょうから。

No title

まだ小さいお子さんの子育て中という事は、おとーちゃんさんはわりと若い方ですかね?
やはり、もう少し保育士としての経験を重ね、かつお子さんも立派な成人になられてからの方が言葉に重みがでるのではないでしょうか?

ちなみに私は戦隊ものを見せていますが、自分から手をあげるような子には育っていませんし、むしろ泣き虫ですが・・・w
男の子はありあまるパワーを発散するのにチャンバラごっこのようなものはむしろやった方がよいという育児書なんかもありますよね?
まー、それだけが発散する手段ではないですが、お友達同士の遊びの一環として今の時代では必要性もあるんじゃないかと私個人の意見です。

受け止め方は人それぞれなので、言葉って難しいですね。
ただ"こども"とひとくくりで語るのはやはり無理があるのではないでしょうか。育児書がてんでばらばらな内容だったりするのも、結局はこどもは一人一人が違う人間だから。
そして親も皆違うからできる事も違ってくる。私自身はマニュアルとおりではなく、自分らしい子育てができればいいなと考えています。情報はほんの参考程度に・・・惑わされずに・・・

ゆっくり休んで下さい

おとーちゃんのブログ再開をお待ちしています。

初めてコメントします。このブログに約2ヵ月前に出会い毎日更新を楽しみにしていました。ブログ休止を知り寂しく感じております。今はゆっくり休んでいつの日か再開していただけたら嬉しいです。それまで過去記事を読み、日々の育児の参考とさせていただきます。


今はゆっくり休んで下さい。

いつも楽しみにしてましたよ(^_^)

こんばんは。
おとーちゃんのブログをいつの楽しみにしていた1人です。

ネットはとても便利なものですが、その性質上、時として鋭い刃を持つことがあります。

1つの意見には常に賛否両論あるもので、どちらもそれぞれの立場の意見なのですが、ネットだと文字だけの表現なので同じ内容でも受け取る側によって内容が変わったり、両極端に出やすいですよね。

時に心が折れてしまうようなこともあったりするので、そんな時はしばらくネットから離れて、ゆっくり、ゆっくり、深呼吸。

お子さん達と1日1日を楽しく過ごしてください♪

久々にのぞいてそれでも書きたいな…そう思ったらまた書いてくださいね。^)

大丈夫ですよ、おとーちゃんが伝えたかったことは、こんなにたくさんの人に伝わっていますから。

人の意見や考え方は千差万別で、その中から、自分のよいと思うことを取捨選択して、取り入れていけば良いのであって、すぐ人の意見を否定する、攻撃的で、エセ評論家、幼稚なチャイルドママが多いんですね。

おとーちゃん、あなたがしていることは現場経験から培った、貴重な情報です。

見たくない方は、みなければいい。

おとーちゃん、負けないで!!

いつもありがとうございます☆

いつも楽しみに読ませて頂いてました☆
おとーちゃんには、ほんとうにイロンナ気付きを教えてもらいました☆感謝です♪
自分のペースで、ゆっくり休んで下さいね(*^^*)

はじめまして

先週こちらのブログを見つけた1歳女児の母親です。
子育てサロンでよその子のおもちゃをとったり、小さい子をつついたりして、注意するとぐずって困っていたところこちらを見つけました。

まさにおもちゃをとったときの対応が目からうろこで、その後もどんどん読み進めてとまらなくなりました。
子供に対する声かけ、それから「リフト」のことなどふむふむと思うことがたくさんでした。

うちの娘はおっとりしていて、支援センターなどに行くとどーんと落ち着いていて一人でじっくり遊ぶタイプなのですが、いつも「よその人に興味がないんじゃないかな」と不安になっていました。
どうしてもよその子と交流させなくてはと思ってしまうのですが、まず一人遊びを充実させてからというお話を読んでほっと安心しました。

せっかくこちらを知ったばかりなのに更新停止は残念です。
私もこちらを読んで、自分の今までしてきたことにがーんとしたり、ぐずりが多い娘の態度が不安になったことももちろんあります。

でも、読んでなんだかじんわりあたたかい気持ちになれました。
いつまでたっても家事ができるようにならないこと、してほしくないことをし始めた娘のことでイライラしていたのに、こちらを読んで「一人の人間とじっくりかかわることってこんなに貴いんだ」思うことができました。

そして、過去にある人から受けた冷たい仕打ちを思い返し、「ああ、あの人は多分以前同じことを誰かにされたからあんなことをするんだ」と思え、その人を許すことができました。

人はたくさん愛情や優しさを与えられていたら、それを今度は他の人に与えることができるんですよね。
そんな子に育ってほしいなと今は願っています。

こんな気持ちになったことを、どうしても伝えたくてコメントしました。本当にありがとうございます。

No title

アメリカ、ロサンゼルスからです。
ブログ更新をしばらくお休みされるとのこと、本当に残念でなりません。

自分の母にも旦那の母にも子育ての相談をできる状況にないため、このブログだけが私の子育ての指針となっていました。
保育士というお仕事をされていたからこそできる的確なお話、そしてその優しい目線にいつも癒され、そして考えさせられてきました。

一部の心無い方により、このブログが停止状態にあること、本当に悔やまれます。その方達にはその方達なりのご意見があるのはわかりますが、世界中でおとーちゃんさんの助けを必要としている人たちがいることを、どうか彼らにわかって頂きたいです。そして、今後はそれをふまえた上で適切で思いやりのあるコメントしていただきたく思います。

おとーちゃんさん、どうかゆっくり休まれてください。そして、エネルギーを満たされて、是非戻ってきてください。アメリカから再会を心待ちにしています!!!!!

はじめまして

9か月の子どもをもつ母です。
私もおとーちゃんの日記を楽しみに拝見していたひとりです。
今までコメントしたことはないですが、
とても参考にさせてもらっていました。
いろいろ迷いながら手探りでの子育てです。
今のところ子どもと過ごす時間を楽しく感じているし、
子どもも元気で明るく育ってくれているのでまぁいいか~
とは思いますが、自分の子供への対応はこれでいいのか?と
常に自問自答の毎日です。
そんな中、おとーちゃんの日記は具体的な例をあげてわかりやすく
大切なことを書いてくれていて、
そういう時はこうすればいいのか~、と読んでいて心が明るくなりました!
世の中にはいろいろな意見の人がいるので
こういう風にブログに書いたりするのって本当に勇気のいることだし、
今までもすごくいろいろ気を遣われて書かれていたと思います。
本当にありがとうございました。
また、再開できる時がきたらぜひ読ませていただきます。
更新がなくなっても、ずっとお気に入りに入れて
今後の子育ての参考にさせていただきます。

おとーちゃんさんへ

おとーちゃんさんには今まで何度となく相談に乗っていただきありがとうございました。

おとーちゃんさんの記事には毎回ハッとさせられるものがあり、ダメな自分に自己嫌悪することもしばしばでした。でも少しずつ実践していくと親も子も変わっていくのが実感できて、子供が本当に可愛くなっていくのが分かりました。うまく言えませんが何だか良い循環が回っていくんですよね~。

今回の更新停止のお知らせ大変残念です。一人一人は違うから異なる意見があって当然なのですが、おとーちゃんさんのブログを読んで根本的な芯を理解するとその方にもいい循環が回るのになあと思うとまた残念です。

でもたくさんの応援コメントを見ると、みんな子育て頑張ってるんだと勇気づけられます。いまは過去記事を読み直して勉強しているところです。

いつの日かまた再開されることを願っています。それまでゆっくり休まれて下さい。

No title

初めてコメントします。

保育の現場からの情熱的な文章に毎回心を揺さぶられていた私も、一人の母親であり、一人の人間です。

言葉って不思議ですね。自分の魂から出る時に既にちょっぴり変化してて、他人の魂に入ると、まるで別物になってしまうこと、よくあります。

これが誰か気のおけない知人に宛てた手紙なら、互いの関係性が、文章を豊かに紡いでくれると信じていいのですが。ブログは不特定多数の人達、とくに母親達の目と心に飛び込んで、思いがけない変化を遂げることもあるのですね。

それでも、また心がざわめいて、言葉がぴょんぴょん飛び出てくる日が来ますよ。それが誰の心に入り込んだって心配無用!あなた自身の魂が輝いていれば、多くの母親達を明るく照らす道しるべになります。これまでそうであったように。信じています。

Ps.きっと可笑しな表現に聞こえるかもしれませんね^^
いろんな人間がいると思って受け流してくださいな。
私も言葉にならない感情が爆発し続けてるんですよー。

おとーちゃんはホンモノだよ。

お久しぶり。
僕はずいぶん最初の頃からこのサイトでお世話になってきたけど、
おとーちゃんはホンモノだと思う。

悩みながら、どんな風に表現すれば
伝わるだろう?って深く、深く考えながらやってきたじゃない。

リスクも覚悟で、それでも伝えたい想いがあるって
書き続けてきたよね。

更新の頻度と読者とやりとりが増えて、
仕事に家事に育児の両立…
本当に大変だったと思う。

そして、このコメント欄がこれまでの成果だよね。
僕が「ブログ終わります」って言っても、
ここまでのコメント、絶対集まらないもん(笑)

中には「誹謗中傷」ってとれるコメントもあるみたいだけど、
それはね、
『本気で育児に熱くなれる連中が
このサイトに集まれるようになった』っていう
とてつもない“実績”なんだよ。

相手を否定したくなる時って
それだけ「そこがイチバン大事」ってことじゃない?
それが「育児」っていう共有のテーマになんだから。

これだけの人が育児に熱くなれるブログって
他にないと思う。

これは、保育士おとーちゃんだからできたことだし、
これからも続いていく財産になると思うんだ。


休憩は本気で走り続ける人にこそ、
必要なもの。

どうかゆっくり休んで、
また書きたい気持ちになったら戻ってきてくださいな。

僕は、さらにマイペースが磨きかかってるけど
ボチボチやらせてもらいます。

またのコメントのやりとり、
楽しみにしてるからね♪

No title

お疲れ様です。

この間はお返事ありがとうございました。
なにかつらいことがあったようですがおとーちゃんさんなら乗り越えられると信じています。
かといって続けてくださいと言ってるわけではありません。
ここまできたら終わるってこともありなんじゃないでしょうか。
もちろんおとーちゃんさんが続けたい!って思ったのなら別ですが、私たち読者のわがままだけで続けていかれるのは楽しくないと思います。
おとーちゃんさんの日常や育児が疲れるものになるのなら読者さんの望んでいることではないと思うし;(思い過ごしなら気にしないでください;

おとーちゃんさんの言葉はいつも納得させられるものばかりです。
のでできたらこのサイトは残していてほしいのですが・・・;

それでは梅雨もあけて暑くなってきたのでお体に気をつけてください。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/195-5908c0a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

更新再開します «  | BLOG TOP |  »  乳児の遊び・関わり Vol.10

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (165)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (88)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (72)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (16)
子育てに苦しむ人へ (5)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析