2017-06

幼保一元化とこども園制度  Vol.3 - 2011.01.20 Thu

こども園制度(「子ども・子育て新システム」)が福祉の切捨てになる、というところまで前回お話しました。

なぜ「子ども・子育て新システム」が福祉の切捨てになるのでしょうか?

そこのところについて見ていきたいと思います。

保育園設置の根拠となる法律は「児童福祉法」というものです。
ここに保育園の目的、理念、具体的な設置基準などが定められています。

保育園を現在の保育園たらしめているのはこの法律のおかげです。

ここでは明確に保育を、『福祉』と位置づけています。

『福祉』でありますから、それを必要とする人がお金の有無に関わらず、どの人も全て一定水準のその福祉を受けられる権利があるわけです。
また、各自治体にはそれを必要なだけ設置したり、必要な人にその福祉が受けられるように配慮する義務があります。

児童福祉法は、我々一般人がその利益をこうむることの多い法律なのだけど、目にする機会もめったにないので、その理念となっている最初のところだけ上げておきます。


   第一章 総則

第一条  すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。
○2  すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。

第二条  国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う。
第三条  前二条に規定するところは、児童の福祉を保障するための原理であり、この原理は、すべて児童に関する法令の施行にあたつて、常に尊重されなければならない。

児童福祉法
(昭和二十二年十二月十二日法律第百六十四号)



「子ども・子育て新システム」の最大の問題は、『保育』というものそのものをこの福祉の枠から取り出して、別個に扱えるようにするための制度にほかならないところなのです。
それが「新システム」なわけです。なんとも恐ろしい「システム」です。


この「子ども・子育て新システム」が施行されたあとの「認定こども園」では、もう福祉である理由はなくなってしまうのです。
民間企業の参入は自由、利益を得ることも自由、保育料金の設定も自由。保育内容も自由。誰を入れるかも自由。
自治体にこういった保育施設を設置する義務すらあやしくなっていまいます。


これまでの公的保育園では、所得に応じて保育料が変動してきました。現行では自治体により違いますが0円~~~~5ないし6万円台くらいではないでしょうか。
お金のない家庭でも福祉としての保育を受けることができたのです。

認定こども園では保育料は一律となるところもでてきます。
「こども手当て」を子供のいる家庭全てにあげているのだから、そのお金を補助金として使いなさい、という理屈なのです。

しかし、「こども手当て」を子供のために使わなければならないという義務はありません。
以前、虐待を理由としての入所も多くなっているというお話をしました。
そんな家庭やアルコール中毒になっている親の家庭なども、子供を「こども園」に入れるために使ってくれるでしょうか?

これまで「福祉」だからこそ、自治体などが配慮していたそういったケースから手を引くことが可能になってしまうのが、この「子ども・子育て新システム」であります。


普通の家庭であっても、問題は同様です。
入り口でお金を渡すけれども(こども手当て)出口でさらにそれ以上のものを保育料として取ることになります。

この方式、以前にも似たものがあるのに気づかされます。

それは『介護保険制度』です。
導入前は、介護保険制度によってそれぞれの人によって必要に応じた介護保険金が下りるので何の問題もないと説明されていましたが、民間参入を許可し実際に運用されるようになって見ると介護保険だけでは全然足りず利用者負担分がすくなからず必要になっているのを指摘されています。

これも、入り口でお金(介護保険)を渡して、実際利用すると出口でそれ以上のものを取る形となってしまっています。



施設運営に関しても、それまで福祉であるから公的な資金をつかって運営、質の維持向上に努めてきたものが、独自に収益を確保して経営していきなさいという形(システム)になります。

これは国立大学独立採算制に似たやりかたですね。

しかし、実際は国立大学の制度よりも悪い形になっていくでしょう。
なぜなら、民間参入を大きく許可することで、利益追求を第一とした施設がでることを止められないからです。

このことは質の低下を招く可能性が多分にあります。
こういった施設では、利益を増大させるには経費を削ることが最短の道であるからです。

また施設ごとの質の差も問題になってくるでしょう。


しかし、この「子ども・子育て新システム」は一般の利用者にとって好意的にとられている部分もあります。

・入所要件の緩和 (保育に欠ける児童でなくても入所が可能になること)
・相対的な入所者数が増大することで待機児童が緩和されること
・保育施設でありながら教育など多様なサービスが受けられること

これらをうたい文句にして「子ども・子育て新システム」を宣伝しているからです。


しかし実際はどうでしょう。待機児問題にしてももっとも待機者の多い0~2歳でみたところで、認定こども園になったところで0歳児~2歳児の定員数はあまり増加しないのです。

どういうことかというと、例えば幼稚園がこのこども園になったとします。
このときに、この幼稚園が0歳児から2歳児を預かろうとしたときには、それに対応する部屋を確保し、トイレや沐浴室など設備を整え、さらに新規に保育士資格をもった職員を増員しなければ、0~2歳は受け入れられないのです。
これまでの認可園と同じ基準で0歳施設に看護師を置くことも必要であるならば、さらに看護師も確保しなくてはならないということです。

よしんば、施設の拡充に補助金がでるような制度を自治体で設けたとしても、そもそもの敷地面積などがたりなければできません。

こうしたところで、0~2歳児をあずかれる人数というのは、基準の関係で幼児に較べてはるかに少なくなってしまいます。

であるならば、独立採算であったり利益追求であるこども園は3歳以上の幼児の人数を増やしたり、保育時間を長くしたりすることで収益をあげたほうがてっとりばやいことになります。

看護婦や乳児担当の保育士の人件費を増やすよりも、少ない人数で多くのこどもをみれる幼児を多くした方が儲かる道理です。


これは保育園がこども園となった場合でもけっきょく0~2歳児の保育人数というのは増えないでしょう。
なぜならすでにある施設でこどもを預かる以上定員増というのができるわけがないからです。


仕事に行くためなどで本当に保育の必要な人は増加しているので、結局のところ入所要件が緩和したところで、誰しもが入れるということには少しもなりません。

にもかかわらず現在のように保育の必要な人の認定の制度がなくなり誰でも先着順などで入るようになってしまうと、本当に必要とする人が入れないという今よりももっと悪い状況が生まれるかもしれません。


また、利益確保のために少ない人数で多くの子供を見なければならない状況は、受け入れる子供を選ぶことになっていくかもしれません。

障がいをもった子や、手のかかる子を(建前はともかく)入所させないところが出てくる可能性もあります。

このことは別に不思議でもなんでもありません。
幼稚園ならばもともと学校なので、入る子供は選べるのです。
施設によっては定員があいていれば、どんなお子さんでもこれますよ、という幼稚園もありますが、幼稚園に入園面接などがあり場合により落とされることもあるというのはみなさんご存知のことですよね。
本来的に学校ですからある一定程度の基準にたっしているかどうか判定する必要があるのは当然のことです。

保育園でも預かれる障がい児数が決まっていたり、施設・職員の関係上程度によってはお断りすることもあるけれども、本来受け入れるものとして存在しています。
基本的にLDやADHDなどであっても断ることはありません。


こういった二者がひとつになったとき果たしてどうでしょう。
おなじ種類の施設であるのに、片や受け入れるところがあり、片や断るところがあるという状況がうまれるでしょう。
しかしそれ以前に利益確保のために手のかかる子自体をそもそも預からなくなる可能性すらあるわけです。
「障がい児は別料金であずかります」なんてところが出てくるかもしれませんね。

この「子ども・子育て新システム」ではそういったことはなんら倫理的・法律的に問題のあることではなくなります。
利益の追求を許し、料金を独自に定めることができ、入所する子を選ぶ資格ができるわけですから。

『福祉』の枠からはずし、民間サービスになるというのはそういうことです。


今の親である世代の人たちに、「仕事にいっていなくても入れます」 「これまで以上に長時間あずかります」「英語や文字も教えます」「さらにうちではこんな習い事のオプションも選べます(別料金ですが)」などと宣伝すれば大いに賛同する人がでてくることでしょう。

利用者のニーズをついて、福祉の枠から切り離し、これまで公的責任でおこなわれていた子供の保育ということを、お金儲けの種として市場に解放します。

福祉から切り離してしまえば、これまで救われていた多くの子供のケアを放置することにつながるでしょう。
いま自分のニーズにあっているからと喜んでいた人たちも、それら福祉のケアから取り残された子供達が大きくなったときに出現しているすさんだ社会に愕然とする日がくることでしょう。

福祉をなしくずしにしようとする政府のリップサービス的な目先の利益にとらわれて、今児童の福祉のシステムを壊すことに賛同してしまうことは、結果的に社会全体を悪くしてしまい自分達の子供が育ったときにそのなかで生きていくことを選ぶことになりかねません。


この児童福祉を切り離して公的な支出を削減し、民間業者に利益をあげさせ、それを税収としてあてこんでいるのかもしれません。
しかし、そのお金がでてきたのはどこからでしょう?
それはすべて国民の財布からです。

これまで無駄な高速道路や使い道のない空港や、いらないダム・河口堰をつくり莫大な赤字を生んだ政府はそのツケを福祉から切り崩して、国民から吸い上げることを選択しています。


僕は政治のことにはうといほうですが、いまの政府は国民のためにそういった無駄遣いを批判して現政権をとったのだと記憶していました。
それらのツケを国民にまわすようになったとは、ずいぶん短い間に宗旨替えしたようですね。
不思議でなりません。


いまの公立保育園には欠陥もあります。
しかしそれが公共の福祉の役に立っているのは紛れもない事実です。

保育園を福祉と考えたときにいつも思い出す子がいます。

離婚した一人親家庭で住む家がなく、保護されて保育園に入所してきました。
保育料は無料です。

その後、祖母にひきとられましたがその家で祖母から虐待されつづけました。
家で家族が食事していてもその子が食べるものは、生のキャベツの葉っぱです。

保育園の給食が唯一のまともな食事でした。

そんな子ですからものすごい手がかかる子になっていましたが、心根の優しい子でそんな状況にも負けない楽天的な性格でした。
でも、安心感や満足感がないので午睡になっても寝ることがなかなかできないでいました。
そのときすでに5歳だったけど、赤ちゃんにするように子守唄をうたってあげて寝かせてあげたことをよく思い出します。

小学校にいきしばらくすると、虐待がさらに悪化し命の危険があるというので、強制措置されいまは児童養護施設にいます。


こんな子はこれからもたくさん出てくることでしょう。
福祉としての保育園がなくなり、すべてが独立採算の利益追求のサービスになってしまったらどうでしょう。
どこか受け入れてくれるところはあるでしょうか。キャベツの葉っぱで生きていけるでしょうか。一生だれからも子守唄も歌ってもらったことのない人間に育つのでしょうか。


今回の「子ども・子育て新システム」というものに僕は大きな不安と、恐ろしさを覚えずにはいられません。
大変長く重い文章を最後までお読み下さり本当にありがとうございました。


今日のむーちゃんメモ:ご飯を食べた後、廊下においてあるみかんの箱まで「チュ チュッ ポポッ」と汽車になってみんなでみかんを取りにいくのが毎日の楽しみらしい。

↓励みになります。よろしかったらお願いします。

育児ブログ・ランキング
関連記事

● COMMENT ●

No title

わ~~~。そういうことだったんですね( ̄□||||!!
確かに介護保険制度ができてから、ひどい民間業者が増えましたからね・・・。
もう、利用者がお客様となってしまえば、中身は本当にひどいものになってしまうことを実感したことがあります。
それと同じことになってしまう可能性があるんですね。

しかもそれが子どもたちに・・・。
一体どうなってしまうのでしょう。
民間企業が儲けを意識し、その上の政府もお金のことしか考えてないだなんて最低ですね。

しかも今まで保護されなければならなかった子どもたちがどうなってしまうのか。
虐待がますます増えて死亡する子どもが増えなければいいですが。
なんと恐ろしい世の中になろうとしているのか。情けないです。

儲け主義の私立保育園(評判が悪いのを知っていながら割り切って)に仕事復帰した友達が、保育園だというのに、手がかかりすぎるからとか外国人だから断るいうのを何件か見たというのをつい最近聞きました。
今ですらそういうことが影で行われているというのに、こども新システムなんてものができたらもっと堂々と行われるということですね。

今年から娘を行かせる幼稚園では障害を持った子どもでも入れるようで、先生が1対1で対応している子どもが数人いてびっくりしました。
私立でもそういう園があるんだな・・・と。
そういう子と一緒に育つからこそ、他の子どもたちもいろいろと学べるのだと思います。
その子たちを切り捨てて障害を持った人たちのことを知らずに育ったこどもたちは一体どんな大人にそだつのでしょう。
お勉強ができても冷たい人間になってしまうなんて本当にいやです。
そんな風に育った大人が、今度親の介護なんてできるわけがないですし、介護への理解がなければ手のかかるようになった親への虐待にもつながるかもしれませんよね。
すでに今でもそういう問題はたくさんありますが。きっと私たちがとしをとったときには老人虐待が増えていることでしょう。
長い目で見ると幼児期に育つ環境というのは本当に大切だなと実感しました。
とてもわかりやすくい説明、ありがとうございました。

勉強になりました。

幼保一元化と子供園について記事にしていただけて、本質や問題点がわかることができて助かりました。
私は今まで漠然と「一元化したら保育してもらいながら、英語とか音楽とかの教育もしてもらえるんならラッキー」って思ってたんですが、それが大きな間違いだとわかりました。
保育園から幼保一元化への反対の署名用紙を持ち帰ってきた時も、なんで反対するんだろう?って思いながら書いたくらいです・・・。
今さっきヤフーニュースで2013年度から10年程でこども園に移行していく方針をまとめたと読んで、もうすぐじゃないかと冷や汗が出ました。
私達一般の主婦でも反対意思を伝えることができるような方法は署名活動しかないんでしょうか?
何とかしたいという気持ちとどうすればいいのかわからない気持ちでいます。

さっちんさん

こども園問題は福祉切りの突破口になりかねないので、非常に恐ろしいものであったわけです。
おっしゃるとおり、介護保険制度が実施されて質の悪い民間業者がクライアントを食い物にしたりしたことが、今度は子供相手にも起こりうるわけなので、なんとも信じられないことですよね。

小鳥さん

今日の子ども・子育て新システム検討会議の最終案が出され、その中で13年から実施ということになりましたので、恐らく「新規の業者」によるこども園はもう再来年には出来てくるかもしれませんね。
10年というのは現行の保育園・幼稚園がこども園化していくための移行期間ということみたいです。
最初は完全に10年で保育園・幼稚園をなくしてこども園と言っていたのですが、反対が多いことと、移行に必要な予算のめどがまったくたっていないので、とりあえず年限をきらないで10年間の中でどうにかしていこうかという区切りの数字のようです。

いまのところ「子ども・子育て新システム」自体があまりしられておらず、マスコミも大きく取り上げたりしていないので、署名くらいしか意見をあげていくところがないようです。
今後、法案提出にともなって注目されていくことと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/157-ffd584e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最も多い検索キーワード 「早期教育 メリット」 «  | BLOG TOP |  » 幼保一元化とこども園制度  Vol.2

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (31)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (86)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (53)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (69)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (12)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析