2017-08

子供は寝てても起きている - 2010.12.18 Sat

いつも子供を寝かしつけているお母さん方はなんとなく感じていると思いますが、子供って完全に寝ているときでも、母親の寝ている方を時々手を伸ばして確かめたり、添い寝していて寝込んだと思って布団から出ようとしたときなんか急におきたりすることがあるでしょう。







子供に限らず大人でも、寝ているときでも意識下の知覚は常に働いていて、睡眠中の光や音にもちゃんと反応しているそうです。
なので、アイマスクや耳栓を使うことでより深く眠れるらしいですよ。

子供はどうもそういった意識下の感覚で大人の存在を確かめているようです。
なぜそんなことをするかといえば、子供は大人が守ってくれることで初めて安全を確保できると理解しているからだと思います。

寝ているときはとても無防備な状態です。だからこそより安心したいのでしょう。
大人が離れるとすぐ泣いて起きてしまうのに、添い寝しているとよく寝るのはこのためです。

そんなふうに寝ているときですら子供は安全と安心をつねに求めています。

これは日中起きているときでも同様です。
自分の方を見てもらえず、ずっと携帯電話とにらめっこだったり、子供を見ていても無表情だったり、イライラやめんどくさそうな顔を大人がいつもしていれば、子供は不安になります。

その不安感が、遊びに集中できなくしたり、多動的だったり、攻撃的な行動に向かわせたりもします。
子供が大人のほうを振り返ったりしたときに「ちゃんと見ていますよ」と目で伝えたり、うなずいたり、にっこりしてあげるだけで子供の心のありようはだいぶ変ってきます。

年齢が小さければ小さいほど安心感を求める気持ちは強いものです。

そして、小さいうちにきちんと安心感を与えられるようにしていれば、子供が落ち着いて過ごせるようになるのも早くなる道理です。


公園で遊んでいても遠くから無表情に眺めているだけのお母さんや、ずっと携帯電話ばかりみている人、病院の待合室などでとりたてて読みたそうなわけでもない週刊誌をとって子供の方はちっとも見ていない人、何かやらかしたときだけ叱責の言葉をかけるだけのドライな関わり方をしている人などがこの頃とても多くなってきたようで気になります。

そういったドライな関わり方ばかりになってしまうと、そう遠からず「手のかかる子」となってしまう可能性がとても高くなってしまうので、親御さんはみずから子育てをよけい大変なものにしてしまっているようで心配です。

前回のところではちょこっと「家庭で安心感を」と文中にでてきましたが、保育園にいっていない子供でも、安心感を持てるように過ごしていくというのは育ちの上でとても子供に大きな影響を与えていくことだと思います。

↓励みになります。よろしかったらお願いします。

育児ブログ・ランキング
関連記事

● COMMENT ●

No title

そうなんですよね~。

時々私の存在を確認しているようで、うまい具合にこっそり布団から抜け出せても、何度も目を覚まして泣いたりするのでお昼寝の時でも何度も目を覚ますので、大変なんですよね~。
でもそうやって無意識の中でも私を求めてくれてるのだと思うと嬉しいです。

起きてる時でも同じですね。
来年には幼稚園にいってしまうのでそれまでにたくさんの安心感を与えてあげたいなと思います。

No title

いつも更新を楽しみに&参考にさせてもらっています。
今回もとてもドキっとする内容でした。
過去ログも少しずつ読ませてもらっているので、子供達を
’ちゃんと見ている’ということに気をつけて過ごせるようになってきました。
けれど、日によってはなかなかそういう気分になれず、書いてあるような
よくないお母さんの行動をとってしまいそうな日も時々あります。
無理して笑っても子供達に読まれているような気がして後ろめたい気持ちでいっぱいになります。
このように作り笑顔で、ぎこちないものであっても、見ていないよりはましなのですよね?

これからもいろいろなお話楽しみにしています。

さっちんさん

ほんとに寝かしつけたと思ったら目をさますので大変ですよね(笑)
もう、来年から幼稚園ですか~早いですね~

nao さん

そっか~でもそういうときもあるよ。
子育ては長いんだから無理してやることはないのよ。
疲れてるときは「ごめんね今日はちょっと疲れてるんだよ」って言ってもいいんだし。
子供も大人も無理をしないでぼちぼちやってくのが一番だよ。

出産しました

私事ですが、 
12月12日4時36分に3860グラムのBIGで元気な赤ちゃんを出産しました。 

あいちゃんは入院中主人の両親にお願いしたのですが、お見舞いがえりにないてこまらせたりせずとてもお利口ですごし、 
 今は私と私の実家にかえって、猛烈に赤ちゃんがえりしています。 (大変ですが、多分子どもながらにわかって頑張っていたんだと思うのでこの赤ちゃんがえりはある意味安心しました。)

 今まで大好きだったおもちゃももってきてますが、遊びに集中する時間がとても短く、すごく目でおってます。 

弟のことを大切にしてくれて、よごれたおむつをとりにきてすててくれたり、色々せわをやいたりしてくれますが、私(ママ)が自分だけのものでなくなってしまった感が多分あり、それをなかなかうけいれられないのかな。。。ともおもいます。 
 私もなるべく穏やかに構えて、皆で新しい環境になれていけたらなーと思います 


しかし。。女の子 
やさしくしてくれて嬉しい&かわいいです。

るいるいさんおめでとう~

無事元気な赤ちゃん産まれてくれてよかったね。
娘さんもやっぱりそれだけの力が育っていたんだね。
赤ちゃんがえりもまた自然な姿だし、そんなときこそ受け止めてあげたり、赤ちゃんだったときのことを話してあげたりすることで、より愛情を実感できるようになるし、成長の大きなきっかけになったりするよ。

子供2人になると大変なことも多くなっちゃうけど、楽しさはきっとそれ以上だと思います。
うちも兄弟ができてほんとによかったなと日々思わされることばかりです。
身体に気をつけてこれからも子育て楽しんでいってください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/152-3626f105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

保育園に預けたときのフォローの仕方  その3  «  | BLOG TOP |  » 保育園に預けたときのフォローの仕方  その2

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (165)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (88)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (72)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (17)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析