2017-10

『こどもの食事について Vol.3』 - 2010.08.20 Fri

昨日から回線の調子がおかしくなり、しばしば接続障害に><
明日のブログ祭り企画にUPできるかちょっと心配です。


つながっている今のうちにVol.3を投稿しときます。


僕は大人になってから、同級生の友人達に聞いたことがあります。

「保育園とか幼稚園の思い出で残ってることってなに?」

悪い思い出はなに?と聞いているわけではないんですよ、でも返って来た答えのほとんどは下の2種類でした。








1つは、「お昼寝のとき(胸を)トントンされるのが嫌だった」「お昼寝で寝なきゃいけないのが嫌だった」という午睡関連のネガティブな思い出。


もう1つは、「給食が食べきれないで、ずっと残らされたこと」
      「嫌いな食べ物の○○を隠してたのがばれたこと」
      「苦手な食べ物を無理やり食べさせられたこと」

などの食事のネガティブな思い出。
食事関連のネガティブな思い出は、一人が言うと思い出したように大勢の友達がしゃべりだしました。



「食べ物の恨みは大きい」と昔から言いますが、食事のことでしたネガティブな経験というのは実に根深くなるようです。 


たしかに、きちんと量をたべられることや好き嫌いなく食べられるのはとても大切なことだと思います。
当然そうなってもらいたいと思うのです。

でも、それはある程度長い目でみてそうなればいいことなのですね。

だから、そうなる前に「食べること」自体を嫌なもの、苦しいものと思わせてしまってはそうなるものもなりません。

そういうわけで怖い顔して無理やり食べさせるような類のことは、結局は逆効果となってしまうのです。

偏食の対応に関しては以前こちらで書きましたので今回はパス。



それから、1~2歳またはもうすこし大きい子でも「一品食い」ということが往々にしてあります。

日本の食文化、食事のマナーでは、最初に汁物に口をつけごはんや主菜・副菜をバランスよく食べ最後に汁物を食べ終えて食事を終わりにするという考えがありますので、このこども特有の一種類ずつ食べおえていくという「一品食い」という食べ方をあまり許容的に捉えません。


たしかにその属する文化やマナーを伝えるというのも、食習慣のなかでは重要なことです。
だから出来れば、それにそうように食べられることがいいのはもちろんです。

しかし、これも長い目で捉えてあげればいいのだと思います。

いい歳した大人がそれでは困りますが、2歳のときずっと「一品食い」だったからといって20歳でも「一品食い」をしているというひとはあまりいないでしょう。

(ときどき大人でも食事のマナーなど身につけてない人もいます。しかしこういう人の大部分は食事のさいに放置されてきたしまった人です。しかるべき年齢のときに適切な大人の援助があった上で身につかなかったという人はまずいません。)


2歳でそうだとしても、ある程度のスパンのなかで改善できればいいことです。


「一品食い」の改善のために目くじらをたてて食事をつまらないものにしていくより、一品食いでも自分の分量が全部食べられるのであればそっちのほうを認めていってあげることが、よい習慣の確立へとつながると思います。


文化によっては「一品食い」が当たり前のところもあるのですよ。
たとえばフランス料理とかね。

一品ずつ順にでてきて、一品食べ終えたら次の料理が運ばれるようになってるでしょ。
あれはあれで、軽いものからだんだんと重いものへと移ることでお腹の準備もでき、消化にもよいという合理的な食べ方であるそうです。一品づつ作り立てを食べられるというのも実に合理的ですね。

だから一概に「一品食い」が悪いという風に考えることはないのだよね。


子育てする上で食に関することはいくっらでもあるので、明日のブログ祭りUPをはさんでまだまだつづきます。


↓励みになります。よろしかったらお願いします。

育児ブログ・ランキング
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/120-0093603f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

たくさん笑う赤ちゃんにしよう! ブログのお祭り『笑顔の輪 2010』参加企画  «  | BLOG TOP |  » 『こどもの食事について Vol.2』

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (90)
日本の子育て文化 (169)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (89)
心の育て方 (91)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (57)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (75)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (21)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析