2018-05

保護者の信頼と安心 - 2018.04.02 Mon

僕の妻も保育士ですが、この年度末で異動になりました。
昨年度は少々変則的な配置で、育休代替の要員として約半年しかその園には在籍しておりませんでした。

「泣き崩れる」という言葉がありますが、異動の発表があった日と最終日には文字通り何人かの保護者の方が泣き崩れました。涙するだけでなく、へたり込んでしまうという姿です。
単に悲しいとかそういうことでなく、子育てをしていく上での支え、安心感になっていたのでしょう。実は同様のことは、上半期にいた別の園でも異動に際してありました。





妻はそれだけの仕事をしたと思います。
クレームとして意見を伝えてきた保護者に対しても、そのクレームを受け、しかしそのクレームの収束に終始してしまうのではなく、その背景にある子育てに対する親の不安やもろもろに寄り添い、その上で具体的な子育ての方向を示し、さらには子育てだけでなく仕事や家庭の大変さを理解、共感するなど。

しかし、そういった踏み込んだ対応をした人だけでなく、多くの保護者が妻がそのクラスに入ってから子供の姿が明らかに変わったことを認識していました。


それまで、保育の中で「言うことを聞かされること」を多く求められ、その負荷を家庭で大変な姿として出したり、保育園に行きたがらないという様子に日々接していた保護者が、あるときから帰宅後も機嫌良く過ごしていたり、朝も楽しみにしながら通う様子を見て、それが妻の保育ゆえにもたらされていることを理解してくれていました。
こういった保育の専門性は、端からはわかりにくいこともありますが、中途からクラス担任に入ったことから、より際だって見えたのでしょう。
また、保護者会や日々の送り迎え、ケガやトラブルなど保育の中で何かあったときに際して、普段から保育・子育てのあり方をわかりやすく伝えてきていました。

こういった積み重ねが、安心と信頼となって保護者の心の支えとなっていたのでしょう。


本来はこれはどの保育士もしなければならないことです。
少なくとも、その保育に関する部分だけは最低限できなければならないことです。
しかし、それすらもできていないのがこれまでの保育の現状です。

これまでになく保育の専門性と、家庭への支援が必要な現代において、ここを向上させるのは喫緊の課題です。


関連:「いい保育」と「上手い保育」 1~8
http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/blog-entry-960.html

関連記事

● COMMENT ●

素敵ですね

そんな先生がいらっしゃる保育園、いいなぁと思ってしまいました。
私の娘は幼稚園に通わせていますが、担任の先生は否定的な言葉を使うことが多く、正直苦手だし、なかなか信頼関係を築くことが出来ないままクラス替えを迎えました。
何か相談したいことがあっても、「きっと先生には否定される、責められる」と頭に浮かんでしまい、通っている育児サークルに相談しています。
大人の私でさえこうなら、子供達は余計怖いんだろうと思います。
娘を幼稚園までお迎えに行った際、同じクラスの子が転んでいても先生は「大丈夫?」と声をかけることはなく、転んだ子は私に寄って「転んで痛かったから、痛いの痛いの飛んでけ〜ってして」と言いました。
近くにいた先生ではなく、私にそう要求してきたということに、その子と先生との間の信頼度の低さを垣間見た気がしました。
先生が多忙で余裕もないのは分かりますし、年少のクラスを受け持つことは、先生にとって負担だったのかもしれません。
そして、先生自身が否定的な言葉を使う環境で育った、それに慣れているんだろうと考えています。
ただ、そんな先生の教育も頭から否定や拒絶をしてしまうのも違う気がするので、先生に注意されてへこんでしまった娘には「先生は心配だから言ってくるんだよ、ちょっとお母さんと言い方が違うだけ」と伝えています。
先生ももう少し普段のストレスを吐く場があったり、やりたいことが実現できる、負担が軽くなる労働環境だったら、子供との接し方も変わるのかな、と感じました。
これはどの人間にも当てはまることですね。

プロフェッショナル

奥様はプロフェッショナルですね。ここまで親に寄り添うことができる保育士さんを、実際に見たことがないので驚きました。奥様の保育を受けることができた、子どもと保護者は非常に幸運だと思います。赴任先の保育士さんも、半年とはいえ奥様の保育を目の当たりにして、だいぶ影響を受けたのではないでしょうか。
奥様の持つ理論とノウハウが、一人でも多くの保育士に伝わり、当たり前のように現場で実践される日が、いつか来るといいなと思います。奥様にひとりでも多くの後進を育てていただきたです。
2、3年前、私の娘が通う保育園で、保育士さんが子供の頭を叩いているところを目撃しました。情けない気持ちになるのと同時に、保育士の資格をとるときに、どういったことを学んできたのだろうと、考えさせられました。その保育士さんは、もう園にはいませんが、若くて優しい先生でした。普段から叩いているわけではないと思います。非常口から子どもが外に出てしまい、慌てていたのかもしれません。非常口から出た子どもは発達障害がありました。
使命感に燃える特別な保育士だけが、保育の専門性を努力して身に付けていくというのではなく、流れる川のように自然に先輩保育士から後輩保育士に専門性が受け継がれていくようになるといいですね。

素敵な保育士さん

記事を読んで,子どもが0~2歳のころに預けていた一時保育施設(認可外)の保育士Fさんを思い出しました.おばあちゃん先生ですが,乳児を預けて働くことに不安を覚えていた私の話に耳を傾けてくださったのを覚えています.母乳を続けることにもとても協力的で,お迎えにいくといつも「お母さん,授乳されますか?こちらへどうぞ」と別の部屋に案内してくれていました.心配事があるといつもF先生に相談しては,発達段階を踏まえた今後の見通しなどを分かりやすく説明してくれて,本当に安心して預けることができましたし,プロとはこういう人のことだなと今でもとても尊敬しています.

子どもが大きくなり認可保育園に移ってからは,規模が大きいこともあってか戸惑うことの連続でした.色々あるのですが,悪いことをすると鬼やお化けのお部屋に連れていくと子どもを脅すことがあり,「それは子どものためを思ってやっていることなのか?」ととても疑問に思い,先生に伝えたことがありました.でも,ここの先生たちはクレームをクレーム化させないという技術に長けているようで(笑)いつのまにかうやむやになってしまい,正面から受け止めてもらえないままです.それでも子どもは楽しく通っているし,とても良い取り組みもたくさんあるので,プラスマイナスゼロかなと思っていますが,どうしてもF先生と比べてしまうと専門性に欠けるのは否めません.そのF先生はとても勉強熱心な方で,子育て関係の講演会でもお見かけしたことがあります.そういう先生が増えてほしいと切に願っています.



素晴らしいですね

素敵な奥様ですね。関わることができた子ども、そして周りの大人もいい影響をたくさん受けたことでしょう。

我が子は4月から3園目、やっと認可園へ入ることができました。
綺麗な建物や新しい設備、今までの無認可園とは規模も違うのでワクワクしていました。
入園式では在園児が椅子に座ってずっと話を聞いていたので流石だな感心しました。
しかし、1人の子が少し足をぶらぶらさせただけで保育士が軽くその足を叩いているのを見て不安がよぎりました。
立ち歩いているわけでもないのに叩くのはやり過ぎですし、まず「どうしたの?」と聞くべきではないかと思いました。

私自身も保育園でお尻を叩かれたりした記憶はあり、どんな場合でも叩く必要はないこと、決まりを守らせることばかりに固執して子どもをしっかりと「みる」ことができないのは、大人にも子どもにも悪影響であることを心に留めながら子どもに関わろうと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/1156-14aaa752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子育て座談会のお知らせ  6月11日(月) 愛知県東海市しあわせ村 «  | BLOG TOP |  » 慣れてはいけない ー子供のいじめを考えるー

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (76)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (101)
日本の子育て文化 (174)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (45)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (93)
心の育て方 (105)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (61)
その他 (62)
未分類 (22)
講座・ワークショップ (88)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (28)
子育てに苦しむ人へ (18)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析