2018-05

普通の抱っこと赤ちゃん抱っこ - 2018.01.23 Tue

『おとーちゃんはメロン味』の記事に、親としての立場から経験した方のコメントがいくつかあったので補足してきたいと思います。


まず、子供がそういった状態になってしまったのは、少しも悪いことではありません。
また、そのときに拒否的な対応をしてしまったとしても問題ありません。
なぜなら、それはいくらでも補いのつくことだからです。家庭での子育てはそういうことがあったとしても、それでどうにかなってしまうわけではありません。子供はつねに親の味方だからです。
このあたりについて後述します。





保育士としての立場の人であっても、過去に拒否的な対応をしてしまったということで自分を責める必要はありません。
そんな状況が起こることや、そのときの対応などを保育学校や職場の先輩などが教えてくれるといったことはまずないでしょう。
そのときの適切な対応がとれなくても普通なのです。
それが自然にできてしまうのは、もともとの性格がものすごくおおらかな人か、保育のセンスが抜群に優れている一部の人だけです。

よい先輩に恵まれたり、経験と学びによって時間を経て多少なりともそれができるようになる人もいます。
僕自身もそうです。最初からそれができていたわけでもなく、若い頃は真逆の下手な対応もたくさんしてきてしまいました。
いまだってもし仮に僕が現役の現場で働いていて、その職場の労働環境が劣悪で精神的に疲弊していたり、上司や同僚が意地悪だったり、子供の姿に対してのプレッシャーをかけてきたり、私生活でなにか悩みを抱えていたりするときにその状況にあたれば、前記事で述べたような対応がとれず、イライラして拒否的な対応をとってしまうかもしれません。
ですから、過去の対応を責めることなく次に活かしていきましょう。



さて、では家庭でのこういった子供の姿に関して。

子育てではいろんなことがあるものですから、このような姿は往々にしてあるものです。
自分を責める方に気にする必要はまったくありません。

ただ、世間には「子育ては愛情が大切」といった考えが一般的に流布されていますので、子供が精神的にマイナスの状態におかれているといった話を聞くと、多くの人が自分を責める方向に感情を動かされてしまいます。
ですので、あえて気にしないようにしておきましょう。


なにか足りないことがあったら補えばいいのです。
また、もしかするとすでにそれは他の誰か(身近な大人の関わり、友達同士の関わり、子供自身の個性、楽しい経験など)によって補われてしまっていることにすぎないかもしれません。


僕はよく座談会などでは、失敗を申し訳なく感じて穴埋めするような関わりをしなくていいから、その分どこかにプラスの関わりをすればそれでいいんですよとお伝えしています。


もし、子供が自分のことをペロッとなめてきたときに、つい拒否的な対応をとってしまったとしても、それはそれでいいからどこかで補えばいいわけですね。

くすぐり遊びだって、追いかけっこだってそれはできます。
「ああ、そうなんだ~」と話をあるがままに受け止めてあげることでもいいです。
子供が作った工作や、描いた絵を「それすてきね」と認めることでも達成されます。

それこそ、中学生、高校生になってすら、なんらかの方法でそれを補うことは可能です。


とりあえず、現時点でそういった、非常に密接な情緒的・身体的関わりを求めている乳幼児への対応でできるちょっとしたコツを書いておきます。

それがタイトルにした「普通の抱っこと赤ちゃん抱っこ」です。

抱っこができる子でしたら、抱っこするときにただするのからもう一歩進めて、大人の身体と子供の胸からお腹までを密着するような抱き方で、ぴったりと抱き留めてあげて大人もほんわかした気持ちでしばらくそのまま続けてあげます。これを僕は勝手に「赤ちゃん抱っこ」と呼んでいます。


この身体をなめてくるような傾向を持った子が、なにかごねるようなさしたることでもない理由でごねるようなとき、その子の根っこにあるのは、この情緒的つながりを求めてのことが多いです。

そんなごねてきたようなときに、「うんうん、わかったから大丈夫だよ。こっちにいらっしゃい~」と膝に抱え上げるなどして、上記の「赤ちゃん抱っこ」をしてあげます。
しばらくして、「はい、落ち着いた?じゃあ、○○の続きしようか」と何事もなかったかのように元の遊びや、生活の行為に戻していきます。

こういったことを繰り返していくうちに、情緒の安定が図られ、それまで足りていなかった部分をあとからでも取り戻していくことができます。


関連記事

● COMMENT ●

前回の記事を読んで、さすがプロの保育士さん、そういう風に考察してうまく対応するんだなぁと感心しました。
保育士さんってそんな場面を何度も経験していろんなテクニックを体得していくんですね。

話は変わりますが、息子が私や主人をふざけて叩いたり頭突きしたりして悩んでいたことがありました。自分の育てかた悪かったのかとか、テレビの見せすぎかなとかいろいろ原因を考えたり、叱ってみたり、無視してみたり、説教したり。

そのことをを実家で愚痴ってみたら父が、「あ~それはあれだよ、猫とか犬の子がじゃれて狩りの練習するのと一緒!本能だな。」と雑というかおおらかな意見をのべて、悩んでいた私は衝撃でした。
でもものすごく気が楽になりました。おとーちゃんの言う「おおらかさ」ってこういうことなのかなぁと思いました。(違っていたらすいません。)

それから息子が叩くと「こら~おかーさんをたたく子は誰だ~!食べてやるぅ~!」と捕まえてこちょこちょしたりじゃれあって遊んでいると、最近は叩いたりするのが減ってきました。
それと同時に、何も考えずにじゃれあって笑いあうという原始的な触れ合いを息子はすごく求めていたんだと気づかされました。つい成果を求めて、絵本とか、おもちゃで遊ばせようとしていたなと。

もともと抱っこ大好きな息子でしたが、重くなってきたし周りの目を気にして無理に歩かせたりしていたなぁと反省です。今日は赤ちゃん抱っこで遊んでみようと思います。

補足ありがとうごさいます。おとーちゃんさんのおかあさんを責めない、想う気持ちがいつも嬉しいです。
『足りなければ補えばいい』『プラスの関わりをすればいい』心に止めておきたいです。イライラしたら最終的に自分が嫌になるんですよね。小さなことで怒ったり、息子に当たってしまう自分。
ふれあいあそびをたくさんしていきたいと思います。膝の上で絵本も最近よくしますがやっぱりいいんですね。身体が大きくなりつつあるし、絵本が読みにくいですが笑続けて行きます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/1131-c9f05006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

保育士バンク!コラム『「自主性・主体性の保育」って何だろう?わかりやすい考え方』 «  | BLOG TOP |  » おとーちゃんはメロン味 vol.2

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (76)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (101)
日本の子育て文化 (174)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (45)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (93)
心の育て方 (105)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (61)
その他 (62)
未分類 (22)
講座・ワークショップ (88)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (28)
子育てに苦しむ人へ (18)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析