2018-05

名前を呼び捨てにすること ~子供の人権~ - 2018.01.17 Wed

男性保育士の話からのつづき。

なぜ子供を呼び捨てで呼ぶべきでないのか?


◆「男性だから許される」はない
女性でもこの問題は同様ですが、一般的な男性観から、男性保育士の中には「男性だからそれが許される」といった感覚を持つ人もいるようです。





これは性差を強調することであり、男女平等を旨とする現在の社会においてそれはそぐわしいことではありません。
ゆえに、「男性だからそれをしても許される」という意見や意識は、論理的な主張になりえません。

この点、男性であろうと、女性であろうと関係ないのです。
このような主張をしてしまうと、男性保育士は社会的に受け入れられない方向にいきます。

男性保育士の方は、この見解におちいらないよう気をつけましょう。



◆閑話 アニメ『サザエさん』に見る一般的男性観

あのアニメはあのアニメなりに、その時代の意識を反映させるべく意識をしていますので、現在は変わっているかもしれませんが、かつてはその時代の感覚のまま性差をそのまま出している表現がありました。


例のごとく、カツオ君がなにかをやらかしたときに、

ふね「おとうさんにいいつけますよ」

また別の場面では、

サザエ「とうさんが帰ってきたら叱ってもらいますからね」


この言葉に違和感を感じますでしょうか?
または、この違和感の正体がわかりますでしょうか?


この言葉には、前提として「男性が叱るもの」「男性は子供に強く出るもの(or出ていい)」というとらえ方があります。

この感覚は、上で述べたような「男性だから子供を呼び捨てにしていい」といった理解を人に持たせる背景にあるものと同じです。

また、それが派生すると「男性は子供に体罰を振るっていい」といったものへ発展する可能性を秘めています。



このふねさん、サザエさんのスタンスは子供を適切に子育てする見地から見ても不適切な対応と言えます。

もし、その子供の行動を見た当事者として、ふねさんなり、サザエさんなりがいるのならば、その人自身の意見・感覚から「その行動はおかしい」とか「それはやめて下さい」と伝えるべきことです。

これが、1対1、人対人としての適切な関わりです。

にもかかわらず、そこにいた当事者でもない人を出してきて、「その人から叱ってもらう」というアプローチは、完全に「子供を力で押さえつける」(威圧)方向での子育てになってしまいます。

これをすれば、子供は力で押さえつけられているときだけは大人の要求する行動を取るが、その押さえつけがないところでは大人の要求に自発的に従わない子に導いてしまいかねません。


ここからわかることは、男性だから女性だからといった価値観や、どちらが上だから下だからといった価値観でもなく、子供も大人も同じウエイトを持った人対人の関係から子供へのアプローチを出発することの大切さです。


子供にすべきでないことを指摘するのならば、「誰かに叱られるから」(威圧)ではなく、「私が嫌です」と正直な気持ちや感情を提示する「信頼関係」を用いた関わりの方がそぐわしいのです。

閑話休題。


ここからが本題です。


◆呼び捨てにしてきた事実の背景

子供を呼び捨てにすべきでない理由は、子供の人権にあります。

人間の人権は、誰しもが等しいものです。
そこに、年齢や性別、国籍、人種といったことの差異はありません。
人権の観点から見れば、子供も大人も同様ということがわかります。


しかし、それが昔からまっとうされていたわけではありません。

子供はその未熟さゆえに、不十分な人間と見なされていた時代があります。
そもそも「子供」という、現在ではだれもが当たり前と考えているとらえ方そのものがありませんでした。

当たり前すぎて、現在ではいちいち気に留めることもなくなっていますが、では「子供」とはなんでしょう?

現代では、子供は守られ、食事をしたり清潔にしたりといった基礎的なことも含めて適切に養育され、教育を受け、遊び、健やかに大人になっていくべき存在としてあります。さらに忘れてならないのは、子供が親(大人)の従属物でなく、独立した主体ということです。

しかし、それは昔からではありませんでした。
子供の命は安かったり、子供の健康を社会的に守ってあげる必要もなかったり、教育を受ける権利が保障されていなかった時代・社会があり、そこからだんだんと現在に至るまで改善されてきています。

このあたりは、ルソーの『エミール』から「子どもの権利条約」への流れで、保育士になる際にみな学んでいます。

そのさらに元には「近代的自我」ということがあります。「人権」という概念を理解するには「近代的自我」が密接に関連しています。
「近代的自我」の確立ゆえに、「個人の独立」があり、そこから「個人の尊重」「個人の人権」「市民権」といったものが派生します。
そこに遅れて「子供」という概念の確立が加わり、ようやく「子供の人権」に至ります。
この部分は、あまり保育士養成の過程では習わないかと思いますので、ここでは軽く触れるにとどめておきましょう。


何が言いたいかというと、現在当たり前と思っている「子供」というものは、もともとあったものではなく、社会の進歩にともなって先人たちが築きあげてきたものだということです。
また、それは同時に壊れてしまう可能性もはらんでいるということです。
その時代時代を生きる人が守っていかねば、簡単に壊れてしまう砂の城のようなものです。
ですから、その時代に生きる人は、それら人権を損ねることなく、むしろ向上させ、次の時代にバトンタッチしていく責務があります。




◆それらを踏まえて、名前を呼び捨てにすることを今一度振り返ってみましょう

1,かつて子供が尊重されていない時代があった
         ↓
2,多くの人の努力で子供を尊重する時代になってきている


現代はこの2,のところにいます。
子供を呼び捨てにするといった行為は、1,の時代にしていたことです。

では、2,の時代である現代において、子供を守る立場である資格を持った保育士が呼び捨てにすることは果たして許容されることでしょうか?

このことは、保育士でない一般の人であったとしても尊重して守っていくべきことであるのですから、保育士がその点に留意しなければならないのは言うまでもないことです。

大人が子供を呼び捨てで呼ぶことは、「大人が上で子供が下」という上下意識を強調するものであり、そこから子供の存在を軽んじる方へつながる可能性を否定できません。
私たちの歴史は過去にそういった子供を不当に扱っていた時代を経てきており、その片鱗はいまに至ってもまだ残っている現実の中におります。
だからこそ、保育者が率先してそれに留意していかなければならないのです。


(もし、子供の呼び捨てが人権を損なわない例外があるとすれば、同時に子供にも大人を呼び捨てで呼ばせるケースです。
インターナショナル系の保育施設などは、このケースが該当し、文化的な経緯とあいまって、一定の論理的主張となりえるでしょう。
ただし、現状の日本の子育て文化の中では、外国のような上下関係を強調せずに人を愛称としての呼び捨てで呼ぶ文化が一般的とは言いがたいため、このケースをすべてに当てはめることには無理があると言えます。
それゆえ、一般的な保育施設では園側が「我が保育園ではそのようにしています」と主張したとしても、預ける保護者側が必ずしもそれに同調できるとは限らないのでそれが適切と判断できる状況は多くないでしょう)



◆子供の人権についての法的根拠は?
児童福祉法のさだめるところや、「子どもの権利条約」への批准にあります。
条約への批准には、法的効力があります。
よって、日本国民には、子供の人権を守り、それをさらに推し進めていく義務があるのです。
いわんや保育士をや。




◆「自分にはそんな悪意はない」という主張に対して

「私はそれをしていたが、そんな差別的な意図はなかった」という反論があった場合。

それ自体は、「ああ、そうだったのですね。今後重々注意して下さいね」と返していいでしょう。

無知は必ずしも罪ではないからです。
しかし、本来理解していなければならない有資格者が無知であったというのは、あまり褒められたものではありません。実際はあってはならないことですが、人は誰しもあやまちをおかすものですから、そこは理解をうながして許容していっていいでしょう。


しかし、
「自分にはそんな悪意はないのだからやっていいのだ!」という強弁につながってしまう人はまた別です。

知らずに間違ってしまったことが大目に見て許されたとしても、不適切であることを指摘されたのであれば、それを理解するよう努めるのが社会人としての大人の態度です。
問題を明確に指摘されたにもかかわらず、自身の我を通そうというのは、大人になりきれていない未成熟な態度と言えます。

類するものに、「私は愛情を持ってやっているのだ」というものもあります。


「悪意がないのだからやっていい」というのも、「愛情があるのだからやっていい」という主張も、人間的にはあまりに幼い未成熟な態度と言えます。

これは児童虐待をする人の主張に通じます。
「これは悪意なくしつけとしているのだから暴力を使うことに問題ない」
「愛情があるから子どもに暴力を振るっていい」
このような主張が現代において通らないことは、当然のこととして理解できることと思います。



ちなみに、この「悪意がないのだからやっていいのだ」という主張は、先般、芸能人がブラックフェイスをしてコントをした事件と同様の構造を持っています。

いまだに正式な謝罪がでていないようですが、その態度は「悪意がないのだから問題がない」という、社会的に大変未成熟な主張にしかなりません。
諸外国も注目する事件なだけに、国際社会の一員として大人の対応が求められていると言えるでしょう。

関連記事

● COMMENT ●

親から子の場合

親が子供を呼び捨てにするのも人権蹂躙に当たりますでしょうか?
子供が親を名前の呼び捨てにせず、「お父さん、お母さん」「パパ、ママ」などと呼んでいる場合です。
ただ、本当に平等にするなら子供が「お父さん、お母さん」などは言えなくなるのでは?
子供を「◯◯君、◯◯ちゃん」と呼んでいるなら、子供も親のことを同じように呼ばなければならない、となりそうです。
それはそれで不自然に思うのですが、不自然と思う理由は説明できません。私が無意識に人権意識が欠けているのかもしれません。

Re: 親から子の場合

家庭で子供を呼び捨てにしたとしても、必ずしも人権を損なうことにはならないので安心して下さい。
家庭内の場合は、そこに文化的な経緯が入るからです。

ただ、体罰をしたり、食事を抜いたり、自尊心を傷つけたり、罰として屋外に放置する、精神的な束縛、友達や恋人や将来の進路を勝手に決めるなどをする行為は、家庭内であっても人権を傷つける行為になります。
このことは、大人でも自分に置き換えると理解しやすいです。(会社で同様のことをされたり、配偶者から同じことされたとき自身がどう感じるか考えてみる)

それら子供の人権を損なう行為を、子育て(一般には「しつけ」)のためにしたとしても、子供を適切に導くことはできません。
それをしたとしても、親から子へのハラスメントにしかならず、子供の健全な成長になるどころか、長きにわたっての生きにくさの獲得をさせてしまいかねません。



保育園や学校などの施設の場合は、
呼び捨てで呼ぶ人の中にも、もちろん親愛の情でする人もいるかもしれませんし、人権を損なう文脈でする人もでてきます。
そこに線引きをすることができません。
ゆえに、統一して呼び捨てにすべきでないというのが、合理的な判断になります。

だからこのとき、「私は悪意がないからそれを今後もするのだ」という主張はできないのですね。

Re: 親から子の場合

ご返信ありがとうございます。

「お父さん、お母さん」「先生」と呼ぶ以上、上下関係は必ずあるものだと思いますが、先生の場合は特定の生徒だけに親愛の情を示して呼び捨てというのも逆に贔屓のようにもなるので避けたほうがいいでしょうね。

仕事や結婚相手への介入は家族であれば難しい問題ですね。子から親への介入も時にはありそうです。(再婚相手の反対や転職など)

本文とずれますが

投稿内容が自分のもの以外も編集できるようですので、システムの見直しをされたほうがよろしいかと思いますが大丈夫でしょうか。
管理人様のコメントも編集のリンクが押せましたので。

「知ってて悪い事をするのと、知らないで悪い事をするのは、どちらが罪深いかと言うと、おそらく多くの人は知ってて悪い事をする方が悪いと感じると思います。しかしながら、仏教の世界では、知らないで悪い事をする方が罪深いと言う事になっているそうです。当初は、私も違和感がありましたが、今は、非常に納得が行きます。無知は罪だからです。例えば、タバコの害を知りながら止められない人は多いです。でも、害を知っていれば、止められなくてもなるべく控えようと努力しますし、なるべく人に煙が行かないよう、配慮できます。妊娠したり、肺の病気になったりして、必要に迫られれば、止められます。しかしながら、害を知らなければ、止めようという発想すらありません。他人も巻き込み、肺がんになった時、知らなかったでは済まないのです。少し努力すれば知る事ができたのに、無知の人はその努力を怠ったのです。知らないでやった事は、罪にならないという発想は、通用しません。もしそうならば、何も学ばない人は何をしても許されるという事になりますが、とんでもない事です。無知は罪なのです。だから、国の治安を良くする為には教育が重要になります。」
尊敬する杉俊隆医師のコラムから引用させて頂きました。このコラムは私の心に響いています。だから、子育てでもいろいろな本を読んだり、おとーちゃんのブログで知識を得るように努力しています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/1126-064e3d36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「父兄」と「父母」の違いの裏にあるもの ~女性の人権~ «  | BLOG TOP |  » 男性保育士のあり方について vol.2

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (76)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (101)
日本の子育て文化 (174)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (45)
満たされた子供 (7)
早期教育 (20)
我が家の子育て日記 (93)
心の育て方 (105)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (61)
その他 (62)
未分類 (22)
講座・ワークショップ (88)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (28)
子育てに苦しむ人へ (18)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析