2017-08

「いまこうしなければ、将来そうならなくなるのでは?」という不安について vol.2 - 2017.08.04 Fri

僕はもともと文章がうまくないので、思っていることがスラスラと文になりません。
なんだかこの頃プチスランプで、文が書けない病におちいっています。
この文章を書くのも4回書き直してようやくでした。

こういうときは、まったく書かないか、駄文でいいから好きな書きたいものだけ書いてみるのがいいようです。
まあ、こんなプチスランプはしょっちゅうなのですが(笑)


さて、では少し日が空いてしまいましたが、前の続きです。







子育てで、過保護・過干渉・支配的になってしまう人たちは、無意識のうちに次のように思っています。

「私が!いま!私の責任で!この子の姿を○○にしなければならない!」

○○のところには、その人それぞれの感覚で感じるところのさまざまな「規範意識」が入ります。

・おむつが取れるように
・あいさつができるように
・ひとみしりをしないように
・お箸が使えるように
・友達とうまく遊べるように
・片付けができるように
・勉強ができるように

などなど。あげきれないほど山のようにあります。


こういったものを、どれを、どの程度の強さで、というのはその人ごとに違いますが、
たくさんあり、なおかつその気持ちが強い人ほど、「規範意識」を子育ての中で強く出していくことになり、結果的には子育てがストレスフルになることを避けられないでしょう。

ここが現代の子育てを難しくしている大きな原因のひとつです。


ほとんどの人がこの意識をもって子育てにのぞんでいるといっても過言ではないでしょう。
それというのも、現代の子育てする人たちの世代はすでにそうやって育てられてきているからです。



僕はこの

>「私が!いま!私の責任で!この子の姿を○○にしなければならない!」

という感覚を変えていかなければならない時代に来ていると考えています。

なぜなら子供の育ちのメカニズムは、そのようにはなっていないからです。




子供のひとつひとつの行動や姿は、「私」が作り出しているわけではまったくありません。

もちろん、親に代表される身近な大人の関わりというのも大きな要素のひとつであることは確かです。

しかし、大きいとはいっても、それでも子供の成長のファクター全体から考えたら、ごく一部にすぎません。



子供の姿はすごくざっくりと言っても3つの要素からできています。


1,時間的成長(精神面・身体面)

2,環境(物的・人的)

3,大人の直接的な関わり




なんといっても大きいのは「時間」です。

子供は放っておいてすら、時間の経過によってグングン成長していきます。

すごく極端なことを言えば、例えばトイレットトレーニングなど一切しなかったとしても、20歳でおむつをしていることは考えられません。

20歳はオーバーにしても、10歳だってそうでしょう。

おそらくそれには多くの人が同意するはずです。
しかし、それに同意できる人たちですら、「私が介入することでなんとかおむつをはずしてあげなければ」と考えてしまいます。

つまり、時間的成長を考慮せず3,の「大人の直接的な関わり」のみで子育てを考えてしまっているわけです。



2,環境(物的・人的)というのは、子供の周辺にあるものから子供は影響を受けて成長していくということです。

例えば、子供集団の中にいれば、大人がなにもせずとも子供はそのなかで周りの子を見たり、関わる中でさまざまなことを身につけていきます。

きょうだい関係の中でも、「上の子がなかなかできなかったことが2番目の子はいつのまにかそれも早い段階で自然にできていた」なんていうのは、みなさんも聴いたことや実感したことがあるでしょう。




>「私が!いま!私の責任で!この子の姿を○○にしなければならない!」


という考え方で子育てを行うことは、「3,大人の直接的な関わり」のみで子育てをしようとすることです。

これでは必ず無理がでます。


大きな影響としては、そのアプローチが導き出すのは「否定の積み重ね」になり、子供の意欲をそいでしまうことです。


現代の大人が「自己肯定感の低さ」で悩み続けているのは、これまでの時代の子育てのあり方に原因の一端があるのはまずまちがいありません。

そこには、この「私が!いま!私の責任で!この子の姿を○○にしなければならない!」という子育ての方向性が大きな影を落としています。


僕はこの逆をお伝えしています。

「子供の姿は私だけが作っていない!」





◆「いまこうしなければ、将来そうならなくなるのでは?」は大人の心の問題

>「いまこうしなければ、将来そうならなくなるのでは?」

という感覚は実のところ、直接的な子育てそのもののファクターではないのです。


それは、大人の心にある問題です。

どういう問題かというと、「不安」です。


「このままでは私の子育ては失敗してしまうのではないか・・・・・・」

そういた自己への自信のなさや、先への見通しの持てなさが「不安」を呼びます。
「不安」は解消しないままだと、どんどんふくらんでいきます。

その不安を、自身の中で消化できる人はいいのですが、そのやり場がないと、子供への関わりの過剰さとして出てきます。


自分が不安なので子供に要求し、子供の行動のよい結果を作り出そうとすることで自分の不安を解消しようという方向に流れていきます。


しかし、そもそも「不安」というネガティブものから感情的に導き出される動機とその具体的なアプローチですので、余裕がなく否定的なものとなりがちです。

すると、子供の姿の結果としては余計に思わしくないものとなり、不安を増大させることになります。
それをさらに子供にぶつけていくので、子供はオーバーワークとなり、「子育て大変」という状況を生みます。



できることならば、子供に自身の不安を押しつけてしまう前に、それを解消できるのが一番です。


よく言われるところでは、話し相手の存在です。
グチを聞いてもらったり、周りの人の成功・失敗談を聞いたり、そういった問題と思える姿が一過性のものにすぎないことをその段階を過ぎた子育て経験者の人から示してもらったり・・・・・・。


人間の心は、「話すこと」で不安を解消させられるメカニズムを持っています。

的確なアドバイスや、悩んでいるものごとそのものでなくてすらかまいません。
まったく関係のない世間話をすることでも、それがまわりまわってその人がとても悩んでいることの不安が解消されます。


現在では、そういったシチュエーションは失われつつあるかもしれませんが、「井戸端会議」というのは、実は人が生きていく上でのものすごく重要なものだったのだろうと感じます。



しかし!

現代は、井戸端会議どころか、他者と関わることやコミュニケーションを持つこと自体が難しい時代になり、さらには人間のあり方も人との関わりが難しいものとなっているという問題がたちはだかっています。


「誰かに子育ての悩みを聴いてもらいなさい」というのが、解決手段としては無責任なものになってしまう状況があたりまえにあるわけです。





◆積み木をトンと箱に落とすように

そういう人に対してもとりあえず僕が伝えられることは、

「いいでもなく、悪いでもなく自分のあり方を受けてしまうこと」

です。


おそらくここを読んでいる人で、こういった悩みを感じている人は、
「私は、子供に激しくイライラしてしまったり、どう対応していいかわからずおどおどしてしまったり、高圧的で支配的になってしまう・・・・・・」などの悩みを抱えていると思います。


実はその人たちは、その時点で大きく前進しているのです。

なぜかというと?
そこには「気づき」があるからです。

「私はイライラしてつい子供にきつくあたってしまう」
「過干渉に子供をせっついてしまう」
「子供が思い通りにならないと感情的に怒ってしまう」
「子供を動かすためにモノで釣ったり、ごまかしをしてしまう」

などなどの認識をもっていることでしょう。


そういった自分に気づいていることで、まったく気づいていない状況に比べると子供へのネガティブな影響は格段に減るのです。


気づいている人は、気づいていないときに比べれば、ずっと子育てはどうにかなっていきます。
うまい対応が少しもできなかったとしても、です!



ですので、僕はこういった子育ての難しさに直面してしまって、どうにもうまい出口が見えない人には、「時間は味方だから、そんなに焦って頑張らなくてもいいんですよ」とお伝えしています。

その人たちはすでに「気づき」があるからね。


しかし一方で、気づいているからこそ、そこから「自己否定」が起こってしまいます。
この自己否定があると、余計に子育ては難しくなっていきます。

なので、僕は「いいでもなく悪いでもなく、ああ、自分はいまそういう気持ちや子育てになってしまうんだなぁ~~」と受け止めてみるといいですよ、とお伝えしています。


例えば、子供の姿にイライラして感情的になってしまったときなど。

少しどこか他人事のような気持ちで、「ああ、怒ってるわたしがいるなぁ~~」と、なんか幽体離脱でもして上から自分を第三者的な気持ちで見下ろすような感じで、いい悪い抜きで受けてしまいます。

自分の感情がうまく思い通りにならなかったということが起こったら、その都度それをできるときだけでいいのでやってみます。

「ああ、私イライラして子供にあたっちゃったな」
「時間がなくて焦って、子供にイヤな顔を向けちゃったな」
「会社で受けたストレスを子供にぶつけてしまったな」
「疲れていることから、子供の気持ちを受け止めてあげられなかったな」

そういったことがあったときに、「ああ、そういう自分がいるな~~」とただ飲み込んでおきます。

「良くないから直さなければ」といった気持ちはいりません。

ただ、「ああ、そういう自分がいる」だけでいいのです。


イメージとしては、机の端においた積み木を指でちょこんと押して、下にある積み木の箱に落っことすような感じとでもいいましょうか。

あるものを、「ああ、あるな~」と眺めるような気持ちです。

「それを直さなきゃ」
「私が良くない」
「子供に申し訳ない」
「私はだめな親だ」

そういった思考に持っていく必要はありません。



うまくいことがあれば、うまくいかないのも子育てです。

子供はなにもうまい子育てをしなかったとしても、きちんと育っていく力をどの子も持っています。

私だけが子供の姿を作っているわけではないのです。

なにより、子供はモノではありません。
子供自身も、その子その子の意思、他者に認められたい、いいことをして褒められたいといった善良な気持ちがあります。
それゆえに、子供自身でもいい方へ成長しようという力をもっているのです。

「私がいま子供のすべてを作らなければ」とプレッシャー気味に子育てをとらえる必要はないのです。



子育ての多くのことは「どうにかなるもの」です。

それでも、失敗や壁にあたります。
失敗や壁にあたったら子育てはおしまいではありません。

そこからいくらでも軌道修正して、なんとでもなっていけるものです。


失敗を恐れる必要はないし、失敗を避けようと子育てする必要もないのです。

そもそも、未来にある失敗を避けて子育てするとことなど、どれほど事前に策をめぐらしても現実にはありえないのです。

子育ては失敗にあたるものです。
それでもみんなそれを乗り越えて人生を歩んでいくことができます。
現実に人はそのようにしか生きられません。


目の前の子供の姿も、将来の子供の幸せも、そのすべてを親である「私」が作っているわけではないのです。
どれほど子育てに意をくだいても、どれほど子育てがうまい人がやったとしても、それが子育ての現実です。


最近、「私がこのようにしたから、子供が東大に入れました!」的な子育てのケースがもてはやされているけれど、あれは結果に到達した人が後付けでそれを主張しているのであって、子育てのメカニズムからしたらほぼ本質を欠いていることと僕は見ています。


「大人がどのようにしたから子供のこの姿を作り出せた」という子育てのとらえ方は、過干渉が子育てのスタンダードなものになってから出てきた、ぽっと出の考え方にすぎません。
そういった子育ての形を真に受けてしまうと、子育ての中での悲劇は増えることでしょう。(直接的には「教育ハラスメント」が起こります。実際はもっと多様に悲劇が派生します)


そういう方向ではとらわれないで欲しいなと思います。


関連記事

● COMMENT ●

初めてコメントします

いつも楽しみに読んでいます。
積み木のイメージは新鮮で面白く惹きつけられました。
試しにイメージしてみたら、思う通りにならないイライラや、育児の不安が収まるとこに収まりました。
こんな感じなんですね!!
驚きと喜びで思わずコメントを書いています。

私はおとうちゃんさんの表現にとても救われています。 いつもありがとうございます!!

オムツはそのうちみんな取れますが、箸使いは親から仕込まれなかったら、なかなか自分で気が付いて直そうとしないんじゃないですかねぇ。
誰だったか忘れましたが、足利尊氏の食べ方が汚かったので、こんな人が天下を取っても国を治めることはできないと思って南朝方についたそうですし、食べ方は結構人に見られているのでそりゃ心配です。
今すぐ、絶対に、というほど強く教え込むと親も子もつらいですが、そのうちにはきれいに食べられるようになってほしいなぁ。
私は記憶にある頃にはちゃんとお箸を持っていたので、やっぱりもっと小さいころに親に仕込まれたのかな?
悲しいことにフォークとナイフの使い方は教わらなかったので(たぶん知らなかった)、今でもコースで出てくるようなお店に行くと、他の人を盗み見ながら食事します。
やっぱりちゃんと教えるというのは大切なことなんじゃないかなぁ。
やり方の問題ですかね。
今ならできそう、絶妙のタイミング、という時にそれとなく教えてみる、というのがいいのでしょうか。「今ならできそう」という成長の見極めが非常に難しいのですが。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/1068-4b68521a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

過干渉や支配から変えるほんのひと匙 «  | BLOG TOP |  » 親に「まあ、いいか」を伝える大切さ(保育士バンク!コラム)

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (165)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (88)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (72)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (17)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析