2017-07

親のタイプから考える子育ての形 - 2017.05.16 Tue

子育てにもいろいろなタイプがあります。
子育てはバランスが大事なので、どれが良いというものではありませんし、どれなら悪いというものでもありません。
ただ、どれかにかたよりすぎれば問題が出やすいと思います。

そんなわけで、多く見られる子育てのタイプをまとめてみました。
もちろん、こればかりでもないですし、実際のところは個々により違いもありますが、自分がどういったタイプなのかざっとでもつかんでもらうことで、バランスをとる助けになってくれればと思います。





1,支配型
a,「ちゃんときちんとしっかり」タイプ
b,「勉強熱心」タイプ
c,「エゴ」タイプ
d,「気分次第」タイプ


2,いいなり型
a,「甘やかし」タイプ
b,「イライラ」タイプ


3,放任型
a,冷淡な放任タイプ
b,おおらかな放任タイプ


4,ハイブリッド型
a,支配型といいなり型の混合タイプ
b,支配型と放任型の混合タイプ





1,支配型

a,「ちゃんときちんとしっかり」タイプ

子供に「ちゃんときちんとしっかり」といった「正しいこと」・規範を要求していくタイプの極端なもの。いわゆる「しつけ」に厳しいタイプと言っていいでしょう。
「正しいこと」を獲得させなければという意図の元、子供に過干渉を繰り返し、自分の思い通りに子供を動かそうとしていってしまいます。さらには、正しくない姿と感じるときには、罰を与えたり、冷淡さを子供に向けていくといったものです。

真面目な人や、自身が厳しく育てられた人にありがちです。
また、他者から自分に向けられる視線に過敏になってしまう人にも起こることがあります。



特にこのタイプの子供への関わりが徹底されすぎたり、冷淡さをともなうようになってしまうと子供にさまざまな問題行動を引き起こさせる場合があります。また、それもその程度に比例して深刻化しやすくなります。

「意地悪」や「いじめ」をする子、される子の原因となることもあります。
また、「不登校」などの遠因となる場合もあります。
「キレる子」にしてしまうこともあります。そこから暴力的な態度を引き起こすこともあります。


「子供が私の思った通りにならないことに対して強い怒りを覚え、結果として冷たい気持ちになってしまう。そこから子供への攻撃的な関わりが多くなる」
といった人は、注意しましょう。


まだ、その自覚のある人はセーフです。
危険なのは、自身が冷淡さや子供に対して攻撃的な関わりをしている自覚がなく「私のしていることは正しいことだ!従わない子供が悪い!」というスタンスで子供を追い詰めてしまうケースです。
または、誰かにそれを指摘されると強い反発・怒りを感じてしまう人もおります。


極端なケースでは、思春期青年期になって他者への攻撃的な犯罪行為を引き起こしてしまうものにも、こういった支配型からの追い詰める子育てをしていたケースが多く見られます。


この問題は、その親自身の頑張りだけでは解決しないことが少なくありません。
信頼できる他者への相談や、カウンセリングなどを考えてみることも大切でしょう。



b,「勉強熱心」タイプ

上のケースの子供に求める「正しいこと」を勉強に特化させたタイプです。
勉強に関することになると、ヒステリックになってしまったり、神経質になってしまったりして、子供への支配が強化されてしまいます。

勉強にそれが特化されているので、比較的他の部分ではさほど支配的でないこともありますが、子供の生活全体を勉強に振り向けてしまえば、結局生活全般を支配することになるので、上に比べて程度が軽いということも言えません。

例えば、週一回の塾の勉強や宿題だけにガミガミ言うのであれば、まあ子供はそれを乗り切ることは比較的可能であっても、週の内に塾や習い事が5コも6コもといった状況になれば、それに合わせるために、親は子供の生活全般にイライラしたり、子供へのガミガミが起きることになります。



a,とb,は親和性が高いです。
a,の人は、b,にもなりやすく、b,の人はa,にもなりやすいです。


つづく。
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/tb.php/1033-d32f7aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

親のタイプから考える子育ての形 vol.2 «  | BLOG TOP |  » インターネット寺院『彼岸寺』掲載

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (40)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (87)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (71)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (15)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析