2012-10

父親の育児参加 Vol.6  ―子供へのしわよせ― - 2012.10.31 Wed

女性の社会進出は、これまでの国のあり方や、男女同権、女性の自己実現などなど、さまざまな要因により進んできた。

しかし、女性が男性と同じように働くようになり、その分の家事や育児の穴埋めは誰がしているだろうか。


ひとつには保育園や子育て支援センターなどの社会的扶助というものが、そこを補っている。
ただ、それはあくまで外部的なものであり、完全な補完ではない。

祖父母の協力が得られる家庭ならば、その部分を埋めるのに非常に力強いだろう。

だが、核家族が現在の基本的な生活スタイルになってきており、祖父母の日常的な協力の得られない家庭も多い。

核家族=父・母・子供 という家族構成であるから、そこで出てくるのは当然ながら父親である。
というよりも、その穴埋めを日常的にできるのは父親しかいないのだ。


生活科の授業 - 2012.10.30 Tue

小学校1年生の息子が、今日生活科でどんぐり拾いに行ってきました。

生活科なので理科の授業としての(そういう側面もあるのかもしれませんが)自然観察とかそういうものではありません。

他にも以前に生活科の中で「フレンドリープラザ」なるものがあって、これは要するに縦割り活動の一種で、6年生と鬼ごっこをしたりしたそうです。


名前の使い方 - 2012.10.29 Mon

なにげなくやってしまっていることでも、度が過ぎてしまうと子供の姿に影響を及ぼしていくようになることもあります。

僕がときどき気になるのは

名前で叱責すること
名前を注意や否定、禁止に使うこと

です。


相談 「叩く子供の姿」 Vol.3 - 2012.10.28 Sun

「親を叩く子供の姿 の 大人との関わりからくるもの」について見ていきます。

こちらのほうが成長段階と関係なく起こっていることですから、より大人の関わりに原因が多くあります。
ただ、前回でみたような大人のはっきりしない関わり方による混乱などは、発達を契機として発生しなくとも、こちらのケースである通常の大人の関わりからでも起こります。


相談 「叩く子供の姿」 Vol.2 - 2012.10.27 Sat

前回の続き、「親を叩く子供の姿」について見ていきます。

これも当然ながら様々なケースがあり一概には言えることばかりではないですが、一般的に多くみられるケースで考えていきます。


相談 「叩く子供の姿」 Vol.1 - 2012.10.26 Fri

しばしば、子供が叩くことについての質問や相談を受けます。

今回はとくに事例をあげませんが、これについて考えていきたいと思います。


小学校の運動会へ行ってきました - 2012.10.25 Thu

小学校1年生の息子の初めての運動会です。
自分の競技には一生懸命参加し、子供らしい素直さで周りの応援をしたり、屈託なく楽しんでいる姿がみれました。

運動会を見てきて、ほかにも二つほど感じたことがあります。


関わりの方向 - 2012.10.24 Wed

むーちゃんは、お手伝いが好きである。

夕方の大人に甘えたくなってしまう時間。
夕食の準備をしていれば、「てつだうことある~?」と言ってくる。

別にお手伝いをすると褒められるからでも、お小遣いがもらえるからでもない。
手伝うことでコミュニケーションできることを知っているからである。

0、1歳くらいでは手伝うことそのものはまだ無理かもしれないが、もっと大きい子でもそういったときダダや大人の受け止めきれない甘えとして出してしまう子は多いだろう。


レストランでどうすればよかったか - 2012.10.23 Tue

『しつけの弊害』の記事での、レストランでのケースで、では実際どう対応したらよいのかという質問がありました。

当然そういう疑問がわきますよね。

父親の育児参加の記事以来、「子供を伸ばす関わり」「叩くこと」「しつけ」についての記事が取り混ぜられてUPされているのですが、これらの記事は実は互いに関連し合っています。


叩かれ損 - 2012.10.22 Mon

乳児くらいの年齢の子に対しては、育児ストレスやイライラから「叩く」という行為になることも多いだろう。

これが幼児や学齢期の子供に対してだと、「言う事を聞かないから」という理由で叩くことが多いようだ。


つまり、「しつけ」や「教育」として「叩く」という行為になっている。


しつけの弊害 - 2012.10.21 Sun

「しつけ」において、子供が客体になってしまうことを具体的に書いてみよう。

このことはしつけの弊害と言い換えてもいいだろう。

『粘土細工と植木鉢』 - 2012.10.20 Sat

「しつけ」でする子育ては粘土細工のようなものだ。

昨日書いたことを寓話的に書いてみた。

「しつけ」はどこまでいっても子供が「客体」である - 2012.10.19 Fri

すでに何度か述べているが、僕は「しつけ」で子育てを語っていこうとは考えない。

これからの時代、「しつけ」で子育てすることがプラスになるとは思わないからだ。


ビクッとさせる子 - 2012.10.18 Thu

みなさんたくさんのコメントありがとうございます。
自分が書いているものにいろんな反響が寄せられることは、とても書いていく上での励みになります。

いま頭をいっぱいにしていろいろ考えています。
思いついたことを忘れないように、テーマだけでも題名に書いてドキュメントファイルをデスクトップに貼り付けているのですが、それだけで現在16あります。

既に書きあがっているものや、全く違うテーマのものもあるし、ボツになるものもあるかと思いますが、なんとかできるだけ形にしていきたいと思っています。

しかし、それらのことで頭がいっぱいになっているので、切り替えてコメントの返信や相談に答えていくことがやや難しくなっています。
コメント・相談への返信が遅くなったり、もしかして個々にレスをつけることができなくなってしまうかもしれません。

大変申し訳ありませんが、頂いたコメントにはしっかりと目を通しておりますのでどうかお許しください。
相談に関しては極力早いうちに返信したいと思っています。





保育園でときおりこんな子供がいる。


大人の何気ないしぐさに、とっさに反応して体をビクッとさせるのだ。


なぜ子育てに「叩かない」と言うのか - 2012.10.18 Thu

アメリカはかつて体罰主義の国だった。

家庭で子供に対して体罰をすることを当然のこととしてきた。
むしろ、しないことがおかしいこととすら思われていた時代・地域すらある。

60年代以前の映画や小説などでも頻繁にそういったシーンがでている。


いまでは建前として一切、体罰を容認していない。

家庭における「しつけ」としてでもである。

そうしなければ激化する虐待を止める根拠がなかったのだ。



叩く子育て - 2012.10.17 Wed

初めて大人に叩かれた子がどんな反応を示すか知っていますか?

痛がるのではないのですよ。


子供を伸ばす関わり方 Vol.3 - 2012.10.16 Tue

前回書いたような「子供を伸ばす関わり方」だが、実を言えばそもそも「子供を伸ばそう!」と思ってやっていたわけでも、やっているわけでもない。

ただ単に、子供を一人の人間として尊重しただけである。


以前にも何度か言及しているが、「子供への視点」の問題なのだ。



子供を伸ばす関わり方 Vol.2 - 2012.10.15 Mon

これまでの日本の子育てというのは、「指示」「禁止」「教え込む」を軸に構成されているので、過干渉になりやすいし、また子供そのものの力を伸ばすということにつながらないことをしていることも多い。

例をとって説明しよう。



子供を伸ばす関わり方 - 2012.10.14 Sun

公園に1歳半くらいの女の子とその母・祖母が遊びに来ていた。

その女の子は、歩くのはもうそれなりにしっかりしている。
言葉はほとんど出ていない様子。



「あなたの子育ては甘やかしすぎ」 - 2012.10.13 Sat

子供が大人から見て好ましく育っておらず、↑のように祖父母や周りの人から言われたりしている人がたくさんいます。

しかし、この中の全部とは言いませんが、僕の知る限りその中のかなりの数が実は「甘やかしすぎ」で子供のそのような姿が引き起こされているのではありません。

なかには確かにスポイル(spoil)という意味での「甘やかし」によってそうなっていることもありますが。

(これについての一例としてわかりやすいものが 早稲田大学名誉教授<心理学> 加藤諦三 先生の書かれたものにあります。)加藤諦三ホームページ 『人を育てる』


むしろ、そのように言われることや、子供のその姿を気にするあまり、逆に子供への支配やしめつけが強化され過ぎてしまい、子供のネガティブな姿を助長してしまっているということも多いです。


ペットのしつけにおとる人間のしつけ - 2012.10.12 Fri

まだ僕が保育士を目指す前だったからもう20年は前のことだと思います。
たまたま、本屋で平積みになっていたペットの雑誌に目が止まりました。

今でも有名な犬のなんとかという雑誌です。

別に犬を飼ってるわけでもないので、なんとなく手にとっただけだったと思うのですが、その時の特集が「犬のしつけ」でした。


耳そうじ - 2012.10.11 Thu

先日、むーちゃんの昼寝がずれこんで、小学校1年生の兄と二人の時間があったので、のんびりと耳そうじをしてみました。

そのあと、学校での出来事の話になり、いつもよりくつろいだ様子でたくさん教えてくれました。


夕方 - 2012.10.10 Wed

この頃、夕食の準備の頃など、ぐずったり、甘えたり、さみしがったりする姿が前よりも増えたような気がしませんか?

けっこうそういう人いるんではないかと思います。

これにはある理由があります。


秋の夜長に - 2012.10.09 Tue

すっかり涼しくなってきましたね。
この頃、過ごしやすいのでブログの更新頻度も過去最高を記録しているおとーちゃんです。


最近では娯楽もたくさんあるし、そもそも「秋の夜長」という言葉自体あんまり見かけなくなりましたね。

でも、夏の暑い時期と違って、こう秋めいてくると落ち着いてなにかして過ごしやすくなりますね。

我が家では、最近食後にカルタとか、すごろくとかのアナログなゲームをして家族みんなで遊ぶことがすっかり定番になりました。
テレビをつけること自体が、いまではすっかりないです。


最近気になるコマーシャル - 2012.10.08 Mon

よく言えば懐疑的、ひらたく言えばひねくれた見方をする人間なので、たぶん僕の考えすぎなのでしょうけれども、このごろいやに引っかかるCMがあります。

それはなんとも露骨に、おじいちゃんが孫や孫家族に買ってあげろ、お金をだしてやれというふうなメッセージの仕込まれたCMです。

とくにあからさまなのが、台湾に旅行して「ああ、みんなで来てよかったなぁ」というおじいちゃんの笑顔で締めくくられる旅行会社のCMと、おじいちゃんから孫に送るということを強調したランドセルのCMは、ほんとにそのものですよね。

CMなんていうのは物を売るためのものだから、ものを買わせようというのは当然のことなのだけど、なーんかどうしてもつまらないことを考えてしまうんだよね。


父親の育児参加 Vol.5  ―熟年離婚が意味するもの― - 2012.10.07 Sun

最近でこそ男性の育児・家事への参加が進んできているが、まだまだ全体でみれば一部のことであるだろう。

いまだに前の時代の価値観、「子育てや家事は女性がするもの」という意識でいいる人も多い。

父親の父親の時代、つまりいまの祖父たちの時代はその価値観だったので、その子供である今の父親にも多分にそういう意識が刷り込まれている。

しかし、その祖父たちの時代ですら実はこの価値観ではうまくいっていなかったのである。
そのことは最近爆発的に起こったある現象が示している。

それは、熟年離婚である。

保育園にあずけることについて - 2012.10.06 Sat

『最近の親の意識・あり方の変化』あたりで、「子供は預けられることで不安感を感じている 云々」ということを書いたせいか、預けることに不安感を与えてしまったようで、この頃それについての相談が増えてしまったので、ちょっとここで補足をしておこうと思います。


いろんなものが変わった明治期 - 2012.10.05 Fri

この前のところで明治の話題がでましたので、ついでに。

『うさぎ』の歌を皆さん知っていると思います。

『うさぎ』 文部省唱歌

  うさぎ うさぎ
  なに 見て はねる
  十五夜 お月さま  見て はねる

この歌、我々が知っているのは、終わりの部分が

み~て~は~ね~る~

と伸ばされているわけですが、もともとは違ったのです。


父親の育児参加 Vol.4 ―近代における子育ての変化― - 2012.10.04 Thu

前回からの続きです。

僕も以前は、「日本人が子供を支配的に扱うのは、儒教的な考え方に基づいているからなのではないか」と思っていたのですが、どうもそれは間違いでした。

儒教の根幹は、子が親を敬う『孝』という考え方にあるのですが、それに対して親が子に対して施すのは親からの抑圧や支配ではなく、『仁慈』『慈愛』というような慈しみの精神でした。



父親の育児参加 Vol.3 ―江戸時代の子育て― - 2012.10.02 Tue

「イクメン」が流行りだした頃から、子育てにおいて注目されてきたことがもうひとつあります。

それは「江戸時代の子育て」です。


現代の日本では、子育ては女性がするものという観念が強いですが、というより揺るぎない当たり前のこととなってしまっていますが、江戸時代の子育てを知るとそれがちっとも当たり前でなかったことがわかります。

むしろ、子育てというのが男性の役割であったとすら言えるようです。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (36)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (87)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (70)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (15)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析