2012-07

保育園の送り迎え時に多い事故 - 2012.07.30 Mon

一週間ぶりの更新になってしまいました。
このところほんとに暑いです。
熱中症・熱射病などならないように気をつけてくださいね。

今日は題名の通り、登降園時に多い事故について書いておきます。



発達障がいについて考える Vol.7 ―忘れられないエピソード―  - 2012.07.23 Mon

自閉症やアスペルガー症候群などの特徴や対応で気をつけたい点を書こうかと考えていましたが、僕が書くよりももっと専門的なサイトなり本なりを見たほうがもっと正確だろうし詳しいと思いましたので、それはやめにします。

かわりに、自閉症と聞くといつも思い出すエピソードを書いておきます。
別になにかに役に立つというものでなく、ただの思い出というか、いまとなっては笑い話なんだけどね。



発達障がいについて考える Vol.6 ― 発達障がいはどこからどこまで? ― - 2012.07.18 Wed

僕の友人がこの前うちに遊びに来たとき、「電車の中に手土産もってきたの忘れてきちゃたよ」と言ってました。
「そういえばずいぶん昔にも同じことあったよね」と僕が返したら、その友人は「そういうことは、自分はしょっちゅうだから覚えてないよー」と。

他にも物忘れが多かったり、集合時間に間に合うことがめったになかったりと、いわゆる「天然ボケ」なキャラクターをしています。



いじめについて考える - 2012.07.14 Sat

発達障害についてがまだ途中ですが、この度の一連のいじめのことからはいろいろなことを考えさせられます。

学校教育のあり方、親と子・家庭のあり方、公務員のあり方、隠蔽体質、学校の実質的な治外法権、世間一般の人々の子供への考え方などなど。

今回のように『いじめ』問題に警察が刑事事件での立件も視野に入れて動くというのは初めてのことではないでしょうか。
こういう新たな動きが、いじめの減少につながってくれればいいと思います。

学校・教育委員会の答弁の矛盾や二転三転する話の内容など、納得のいかない、不信感のわくようなこともあり、たくさんの批判が寄せられていますが、僕は別の視点からいじめについて考えてみたいと思います。
一応断っておくと、今回の大津の中学校や教育委員会を擁護しようと思って書いているわけではありませんよ。むしろ激しい憤りしか覚えませんが、いじめをなくすためにはということを僕なりの視点で考えただけです。

*7月18日追記 繰り返しますが、以下はいじめに関しての一般的な意見を述べたまでで、大津のいじめ事件についてではありません。
皆さん感じるところは多々お有りでしょうけれども、今回きっかけとなったので冒頭で触れはしましたが、以下は単にいじめについての僕なりの考えというだけです。

はじめからお断りしてあるように、以下の文章は大津のいじめとは別の見地から書いていますので、大津のいじめ問題とつなげて批判されるのはお門違いです。大津のいじめ問題の憤りを吐き出したいという方はどうか別のところでお願いします。


子供は自分の話をするのが好き - 2012.07.12 Thu

大人からすると、子供と一日中一緒にいて十分相手をしてあげているつもりでいるとしても、ときとして子供からすると「大人に自分の話していることを十分に聞いてもらった」という実感をもてる瞬間というのは、そうそう多くないようです。

この「話を聞いてもらう」というのは、普段生活の中での会話ともちょっと違います。



発達障がいについて考える Vol.5   ―伝えることの難しさ― - 2012.07.10 Tue

今回は前回の逆の難しさです。

保育士をしていると、この問題に多々突き当たります。

預かっている子供になんらかの障がいがあるのではないかと思われるとき、障がいとは言えないまでも発達に個別的な対応が必要でないかと思われるとき、そのようなことは実際少なくないのですが、それを家庭に伝えるときにはいろいろな難しさがあります。

保育園というのは事情があって家庭で子供を見れない間、預かって保育するというところですから、そもそも親のための施設であると同時に、預かっている子供に対しては「その子の最善の利益を追求する」ということが根本にはあります。

それゆえに保育士は、子供になにか発達上問題があれば、それに対処してあげたいと考えます。



発達障がいについて考える Vol.4   ―援助者側の理解の難しさ― - 2012.07.04 Wed

前回の続き、保育園・学校などでの対応の難しさについて考えていきたいと思います。

ほかの施設でも基本的な事情はそうそうは変わらないと思いますが、僕は保育士なのでとりあえず保育園での対応ということで話を進めていきます。



発達障がいについて考える  Vol.3 ―判断・認知・理解の難しさ―  - 2012.07.02 Mon

○おねがい
拍手コメントのほうは字数制限などもありシステム上返信が難しいです、相談がある場合はブログ本文下部のコメント欄からお願いします。



「発達障がい」は、その判断・認知・理解において多岐にわたる面から難しさのあることを感じます。

発達障がいの難しい点のひとつはそれがわかりにくいということです。


発達障がいについて考える  Vol.2  ―個別的なアプローチ― - 2012.07.01 Sun

Vol.1の記事で

>そのことに対する無理解がその子の育ちを奪っていってしまいます。
>「発達障がい」においてはこの種の問題がとても大きいのです。
>(この点が僕が「発達障がい」について今回書くに至った最大の理由です。)

と述べました。

今回は、この点について考えてみたいと思います。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (7)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (29)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (85)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (53)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (66)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (9)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析