2012-04

餃子の材料が余ったとき - 2012.04.27 Fri

この頃、ちょっと時間がとれなくてあんまり書けません。

だいぶ更新していないので、今回はちょっと雑文でも。



絵本を読み聞かせる vs 絵本を自分で読ませる - 2012.04.18 Wed

先日、図書館で調べ物をしていたら、子供関連の書棚に二冊の本が隣り合って並んでいるのを見つけました。
まったくの偶然でしょうけれど、その二冊がものの見事に、子供が本を読むことに関しての反対のことを言っている本だったので、なんとなく面白かったので二つとも読んでみました。

その二冊というのが、



なんで想像力なのか - 2012.04.16 Mon

息子がラキューで、海の生き物をいろいろつくって、それを使って「サクラエビの冒険」みたいな話を即興でつくりながらむーちゃんと遊んでました。

あんまりまじまじ聞き入ると、大人を意識して自由な話にならないこともあるので、こっそり聞き耳をたてていると、どうやらサクラエビがむーちゃんを遊びに誘いに来て、

「ボクは土のうえはにがてなんだよ~。うみへいこう」

とむーちゃんに海のいろんなところを見せてあげるというストーリーで、どんどん空想を広げてその場その場で、お話にしていました。

「あ、くじらさんがいる  くじらさんはおおきいから、ボクもむーちゃんものみ込まれちゃうよ いそいでにげなきゃ~~」
みたいな感じでしばらく遊んでいました。



そらまめってどんな味? - 2012.04.14 Sat

春なので、「ウド」が食べたいと思い八百屋さんに買いに行きました。

ウドの身はぬたにして、むいた皮も捨てずに細く切って味醂と醤油で炒めてきんぴらにするとおいしくて、僕はこれが好きなんですよ。


しかし、八百屋のおばちゃんに「ウドはね~置いても売れないから最近じゃ仕入れていいないのよ~。食べないどころか知らない人がいるくらいだからね~」と言われてしまいました。

う~ん、残念。わからなくもないけどね~。


このまえ「そらまめくんのベッド」を紹介しましたが、保育園で読んだ時などそれとなくそら豆食べたこと・見たことあるか聞いても、知らない子の方が多いくらいなんですよね。

笑顔をほめてみよう - 2012.04.12 Thu

笑顔って勝手に出てくるもののように思ってしまっているけれども、実はそうではないと思うのです。

某ファーストフード店では「スマイル 0円」と書いてありますが、子供の笑顔の裏には周囲の人々のよい関わりのとても大きな投資があると言っていいでしょう。


情緒が不安定な子や、精神的に追い詰められている子、不登校などになっている子など、まずまっさきに笑顔がなくなります。いじめっ子、いじめられっ子、虐待を受けている子も然りです。

笑顔っていうのは、人の心となにか密接な関係があるのでしょう。



子供ってよく笑うものだし、あんまり気にも止めないかとは思いますが、よく笑う子にもそうでない子にもその笑顔をほめてあげるといいです。


「いい笑顔でわらうね~」
「○○ちゃん笑うととってもかわいいよ」
「そうやって笑っている○○ちゃん大好きだよ」


思い出した時だけでもいいから、笑顔をほめてみるといろんなところで子供のちからになると思います。

心が豊かにそだちますよ。

お風呂の鏡 - 2012.04.11 Wed

ときどき、風呂場の鏡が曇っていてもお湯をかけて消せないことがあります。

妻と子供が先に風呂に入ったとき、毎回ではないですが鏡に子供たちが、主に息子が絵を描いています。
「おとーちゃんかいといたよ~」と教えてくれる時もあれば、体を洗おうと思って鏡を見て初めて気づくということもあります。

その絵の顔がほとんどたいてい満面の笑顔になっています。
そんな瞬間に子供がいてよかったな~とつくづく思います。

しかけ絵本 そらまめくんのベッド - 2012.04.10 Tue

二つまえの記事で、子供時代のイメージ・空想を大事にしたいと書きました。

ファンタジーやメルヘンというものを持っていられるのは、子供の大いなる特権です。
ぜひとも大人には子供にリアルを教え込む前に、大切にしてあげてほしいと思います。


そして、個性のさもありますが、そういったメルヘンの世界を心の中に持てて、イメージや空想する力の大きい子はとてもよく遊びこめます。


もし、お子さんがそういうタイプだったら、とてもおすすめなのが↓この本です。



春ですね - 2012.04.03 Tue

ようやく暖かくなってきました。
大人はあんまりそうでもありませんが、「陽気」っていうのに子供はけっこう影響を受けるようです。

この時期になると、なんとなくハイだったり、いつもとは違う姿が見られたり、落ち着かなかったり、言葉が届いていないと感じられることが子供にはよくあります。

なんか、だんだんハメを外して来てしまってかけた、制止の言葉が通じなくて大人の方がイライラしてしまったり、やたらと子供の声が大きくなっていたりするので見ていて疲れてしまうこともありますよね。

この時期は「陽気のせい」ってこともあるようですので、あんまりカリカリしすぎないのも一つの手ですね。



また、それとは違って新学期やクラス替え、新生活などなど、が間近にあったり、また新しい環境・生活になったりすることによる影響というのもあるようです。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (87)
日本の子育て文化 (162)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (7)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (26)
満たされた子供 (7)
早期教育 (15)
我が家の子育て日記 (85)
心の育て方 (83)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (50)
その他 (54)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (62)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (7)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析