2012-03

失われつつある子供の空想力 - 2012.03.29 Thu

久々に『書』をはじめました。
小学校の頃にしばらく習字教室に通っていて、高校の美術の専科で書道を選択したのが筆を持った最後なので、かれこれ20年ぶりくらいです。

別にたいしてうまいわけじゃないんだけど、展覧会に出すわけじゃないし、書きたい字を書きたいように書くだけでもなかなか楽しいです。



おまえ、天使だろっ! - 2012.03.27 Tue

ある日、おとーちゃんが布団のシーツをかえていたときのことです。



小さな経験の積み重ねが大切 - 2012.03.26 Mon

これまで排泄の自立や卒乳など、「できる・させる」といったトレーニングではなく、子供の成長を促して引き出すのだと、たびたび僕の考えを述べてきました。

先日、妻とその話をしていで、そう説明しても誤解してしまう人がいるねという話になりました。


自然なモチベーション - 2012.03.25 Sun

ハイパーモチベーション娘  Vol.2のところで

算数でいえば、「答えをおしえちゃう」よりも「答えを出せるやり方を教える」ほうがいいし、もっといえば「その問題を解きたい」という気持ちだけ持たせてあげて、あとは自力で解けるのがさらにいいのではないかというようなことでしょうか。

と言うことを書いていました。

その時はたんなる比喩だったのですけど、よく考えたらまったくこのままのことがありました。

今度小学校に上がる息子のことです。

0距離コミュニケーション - 2012.03.23 Fri

前回の「ごつん ぐりぐり」は、やっぱりみなさん似たようなことしているみたいですね~。

「遊び」と書きましたが、こういった関わりを親の方からしていくことができると、子供も「こういう風に大人と関わっていいんだ」とわかるので、子供の方からもそういった関わりが見られるようになります。


「ごつん ぐりぐり」 - 2012.03.21 Wed

3秒でできる遊びです。

遊びというかコミュニケーションかな。


子供のおでこに自分のおでこをくっつけて、「ごつん ぐりぐり~」と言いながらぐりぐり動かす。

その名前のまんま。


信号をまっている間とか、おむつ替えをするときとか、いつでもできます。


ほんと、2~3秒で出来るただそれだけなんだけど、きっと子供にとってはそれ以上のものがあるよ。

隠れた名作 『みどりいろのたね』 - 2012.03.19 Mon

『みどりいろのたね』  たかどのほうこ/太田大八 福音館書店

前回、紹介しますと言っていた本です。

作者のたかどのほうこさんは、知っている人は知っているのですが、あまりご存知でない方も多いかと思います。
絵本作家というよりも、童話作家として、小学生向けくらいのものを中心に書いているからです。
なので、小学生のお子さんがいる方や、もしかすると若いお父さんお母さん達だとご自分で「昔、小学校の図書館で読んだ」という方もいるかもしれません。

幼児・小学校低学年向けの本だと、たかどのほうこ、もう少し大きい子向けの本だと 高楼方子 名義で出版されているようです。(ただし楽天にしてもアマゾンにしても売っている本屋さんの表記だと、本にはひらがなで書いてあっても案内には漢字で書かれてしまっているものも多いです)


さて、内容ですが

『くっついた』を絶賛する理由 - 2012.03.14 Wed

相談コメントより 「自分のものへのこだわりが強くて、貸してあげられない」で


これまでにも何度も紹介している三浦太郎さんの『くっついた』とその姉妹本『なーらんだ』『わたしの』が出てきました。

三浦さんの絵本はどれもとても素晴らしいものが多いですが、中でも僕はこの三冊のシリーズが特に優れていると思います。

ちょっと大げさかもしれないけれど、絵本として優れているだけでなくて、これらの本とその評価が日本の乳児向けの絵本の歴史の中で革命的とでも言えるようなものだからです。

子供の成長は多面的 - 2012.03.12 Mon

子供の成長が遅く感じると、親としては大変心配になるものですが、保育士をしていていろんな子供をみてきて、成長が多少ゆっくりとか、幼いといったことはあまり気になりません。

ごく小さい時、ややほかの子よりも幼いなんていうのは、大人になるのを待つこともなくほんの数年もすればその差はほとんどなくなるものだからです。
もしくは、差こそあれちょっとしたものならば個性の範疇だからです。

むしろ、小さいうちに心配なのは、ある面で年齢以上に伸びていて、そこを親に期待されすぎてしまう子です。



疎外感 - 2012.03.09 Fri

先日、息子のMRの予防接種に行ってきました。

そのとき病院での出来事。


子供は常に自立に向かっている  - 2012.03.05 Mon

子供の、特に乳児の成長にとって「子供が甘えを出せること」や「大人が甘えを受け止めること」「様々な主張をまずは受け止めること」=(受容)の大切さをしばしば述べてきました。

これまであまり明確には書いてこなかったのだけど、このとき一つ気に止めて欲しいことがあります。

子供の成長とは常に自立に向かっているということです。


保育士が施設病  Vol.2 - 2012.03.01 Thu

前回の続き。

床にテープをはって立ち入り禁止にすることが、なぜ保育の根本に関わっているのか。
なぜそれが「子供への視点」の問題なのか。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (92)
日本の子育て文化 (169)
おもちゃ (27)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (23)
食事について (15)
過保護と過干渉 (44)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (89)
心の育て方 (94)
相談 (84)
子供の人権と保育の質 (56)
その他 (59)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (76)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (21)
子育てに苦しむ人へ (6)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析