2010-11

『満たされた子供』 その3  -マイナスのもの- - 2010.11.30 Tue

今回は「マイナスのもの」についてです。
以前でてきたときには詳しく書けませんでしたが、ここで「マイナス」といっているのは「デメリット」という意味ではなくて、人が自分にとってマイナスになることを受け入れられる「心の余裕」とでもいうようなもののことなんです。

ちょっとわかりにくいので、例をとって説明すると。
子供がそれぞれ持っている「入れ物」をクッキーの缶だとします。

親や身近な大人が、大切に思ったり優しくしてもらったりすることでその缶にクッキーをちょっとずつ入れてもらっているとします。

缶一杯になったらそれが満たされた状態ですね。


(今回ものすごく長くなってしまいました。途中で分ければいいのだけどもう深夜でその気力もありません~。ごめんなさい。)






『満たされた子供』 その2  -入れ物の大きい子- - 2010.11.25 Thu

先日まったくの偶然から妻が教え子に会い、僕が卒園させた教え子の中学校の学校公開があることを知り行ってきました。
いまは小学校だけでなく中学校でも学校公開あるんですね。

僕が担任した子供達は中学2年生で2歳から6歳の卒園まで見た子供達でした。
その前後の1年生と3年生も同じ幼児で早番・遅番などでも一緒だったので知っている子がたくさんいました。

中学生になりどんな風になってるだろうとドキドキしましたが、基本的にその人の性格とかってかわらないですね。
まあ、もちろん変ってないわけではないのだろうけど、その子の持ち味というか性格のエッセンスみたいなのってそのままなんですよね。
見た目はとってもかわってましたが。(笑)






『満たされた子供』 その1  -うちのむーちゃんの場合- - 2010.11.18 Thu

最近、むーちゃんがだいぶ歩くのが上手になってきたのでよく外をお散歩します。
するといろんな人に声をかけられるのが、「まだ、そんな小さいのにちゃんと手をつないで歩いてすごいですね」という言葉です。下町のせいか見知らぬおばちゃん、おばーちゃんでもよく言われます。

そしてそのあとだいたい続いて聞かれるのが、「やっぱりちゃんと教えているんですか?」
さらに、「うちの孫はすっとんでっちゃってちっとも一緒になんか歩いてくれないんですよ~」としばしばグチを聞かされます。(笑)






過干渉の悪循環からの脱却  -過保護と過干渉- その8 - 2010.11.14 Sun

少し間があいてしまいましたが、前回「そもそも他の子の玩具とか取らない子に育てちゃえばいい」の続きです、そのためにはどうしていけばいいかということについて書いていこうと思います。

その前に、少し整理をしておきますね。

子供の行為に細々と口を出したり、注意をしたり、止めたり、小言をいったり叱ったり否定したりする過干渉になってしまっている人は、実はその「過干渉」自体が子供のそういった行為の原因となってしまっているのだと、これまでのところで説明してきました。

それにより、悪循環になってしまい子供の育ちにまで大きな影響(その多くは悪影響)を与えてしまっていること。親も子育てを大変なものにしてしまっていることがあったわけです。
「叱る・しつける」の日本の子育て文化が、いやおうなくそういう方向へと子育てを持っていってしまっていることもその背景にある大きな原因になっていることも見逃せない事実です。


そうならないために、小さいうちから「しつけ」を目指すのではなく「子供と寄り添った」関わりをするほうがいいと-過保護と過干渉- その6のところで提案しました。


それについて深くみていくことが、↑の「そもそも他の子の玩具とか取らない子に育てちゃえばいい」の答えになるかと思います。

また、このことはただ単に「人のものをとらない子」というだけではありません。
その子の育ち、子育てのすべてに関わってくることでもあります。






正論を押し付けない対応  -過保護と過干渉- その7 - 2010.11.06 Sat

なかなか続きを書かないものだから(笑) -過保護と過干渉- その5ででてきた砂場での対応ってどうしたらいいのでしょう?
というご質問をけっこういただきました。


公園の砂場で友達の玩具を取ってしまったとき、相手の親御さんの目もあってついつい強く叱ってしまうという人が多いようでした。


叱らない子育てでも同じようなエピソードで紹介していますが、今回の主旨とも関連するので対応の仕方を書いときますね。






過保護・過干渉についてとても高い関心が寄せられています - 2010.11.04 Thu

シリーズ途中なのに更新が滞ってしまい申し訳ありません。

実はですね、今回のこととくに「過干渉」について反響が大きくてですね。

メール・コメントなどでとてもたくさんの相談なんかを頂きました。
それがびっくりするほど多くて、そちらにお返事するのでいっぱいでなかなか続きがかけないでいました。

相談してくれるのはいいんですよ。
僕も実際にどういうところに悩んでるのか勉強になるし、少しでもお役に立てたらうれしいです。

また、次書こうと思っていることは自分なりにきちんと書きたいことでもあるので、ちゃんとまとめてからUPしようと思っているのも遅くなっている理由です。


やはりというか反響をみると、今回のことは非常に大きな現代の子育てのポイントみたいです。
みなさん、そうとう深刻に悩んでました。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (162)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (7)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (26)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (85)
心の育て方 (89)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (52)
その他 (55)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (63)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (8)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析