2010-02

『遊びの中での声のかけ方』 Vol.4 - 2010.02.28 Sun

第四回目です。

『遊び』というのは大人が相手をしてあげることも(特に小さいときは)必要ですが、ゆくゆくは自分ひとりで遊べるようになって欲しいものです。

また、小さい子であったとしてもやはり自分でやりたいという強い気持ちがあります。
それを伸ばしてあげるために僕がしている声がけがあります。

それは・・・


『遊びの中での声のかけ方』 Vol.3 - 2010.02.26 Fri

第三回目です。

こどもって一見、鈍感なように見えても、実は大人以上に敏感で繊細です。
(ただ大人の接し方によっては鈍感になってしまうこともありますが)

前回、こどもは悪意でやっていることはほとんどないのだ、と言いました。
悪気があってやったわけではないのに、叱られたり、止められたり、注意されたり、日常なにげなくこういうことがたくさん経験させられてしまう子もいます。

大人がもし他の人から、故意でもないことで叱られたり、止められたり、注意されたりということを繰り返されたら、とても怒ったり、イライラしたり、へこんだりしてしまいますよね。

でも、これが当たり前になってしまっている子が少なからずいます。

これを普段からされていると、一見それは特にこたえているようでなくても、実はちょっとずつ影響がでます。
『遊び』のときもやはりこういう声がけが多く、よい遊びができなくなる理由の一つです。

そうしないために、注意や否定の言葉を大人が言う前に、『そのとき使う言葉を教えてあげること』を僕はしています。
どういうことかというと・・・




『遊びの中での声のかけ方』 Vol.2 - 2010.02.24 Wed

昨日の続きです。

以前、小さいうちは特に一人遊びこそ大切と書きました。
ではどうすれば一人遊びがよくできるようになるか。

それは、見ててあげることです。
大人が相手をして遊んであげるっていうことも必要なのだけど、一人で遊べているときは割り込まずに見守ってあげる。
遊びの途中で大人の視線を確認してくるときもそうだし、なにかが出来て見て欲しいとき、きちんと見てあげられると達成感が持てて、遊びに意欲的に取り組めるようになります。
別にず~っとつきっきりじゃなくても、だんだんどこで確認してくるか、出来たものを見て欲しいかってなんとなくわかってくるものですよ。


あと、おもちゃはありったけ出しておくのではなく、時々「入れ替え」をしてあまり使ってないものは目に付かないところにしまっておいて、しばらくしてまた出すと新鮮な気持ちでじっくり取り組めるようにもなります。
これけっこう効果あります。

『遊びの中での声のかけ方』 Vol.1 - 2010.02.23 Tue

以前コチラで「片付けをすることよりも、遊びを展開できるようにするほうが大切」ということを書きましたが、やはりみなさん「片付け」のことで大変お悩みのようでした。やっぱり「片付けがうまくいかないで困っている」とかのコメントが大半で、なんというか予想通りでした(笑)。

今日は「遊びの中での声のかけ方」というテーマなのだけど、やっぱり「片付け」については教えてあげません。多くの人が結局「片付け」に一生懸命になっちゃって、「遊び」がおろそかになっちゃうからね。

大事なのは「遊び」だよ。「遊び」。「遊べること」。
これのきちんとできる子はあとでいろんなものがついてくるからね。

生活のなかで大人の話を聞いて行動したり、言葉のキャッチボールができたり、一緒に歩いて散歩や買い物ができたり、ちゃんと座ってご飯が食べられたり、昼寝や夜の睡眠がきっちりできたり、危ないことをきちんと回避したりなどなど、「遊び」ができるっていうことはそういうこどもの行動と無関係でなく密接に関わってくるのだよね。

もちろん大きくなって勉強に取り組んだりするにも不可欠な力がこの乳幼児期の遊びのなかで培われると思います。
だから、小さいうちに文字を教えたりする人がいて、一見それは先取りして近道のようだけど、実は根本的な基礎の力をつけるべきときにそれをせず上ばかり積んでしまうことになるから、返って遠回りになると思うのですよ。今回のテーマとずれてしまうのでこのことについてはまたの機会に。

そう、大事なのは「遊び」なのです。「遊び」
このことは逆からみても明らかです。
大人の話を聞けなかったり、一緒に歩くことができなかったり、座ってご飯食べられなかったりする子は、まずたいてい良い遊びができません。

そこで、「遊び」の中で僕が取り組んでいることについて書きます。
こどももそれぞれ違うし大人もそれぞれなので、この通りにやったら必ずこうなるというものではないですからね。
その子その子の発達段階や普段からの関わり方なんかを考慮して臨機応変に対応してくださいね。


『子育てと虐待』 Vol.2 - 2010.02.22 Mon

今回のテーマとはまったく関係ありませんが、
みなさん、スキャットマン・ジョン(1942-1999)を覚えていますか?
15年くらい前日本でもCMに出演したり、独特の歌唱でいまだに忘れていない人も多いのではないでしょうか。

「自身の吃音を矯正するための訓練としてスキャットを始め、それで52歳になって歌手デビューした」とは僕も当時知っていたのですが、あまりちゃんと聴いたことはなく面白い歌を歌う人だなくらいに思っていたのですが、最近この人について偶然知る機会があり改めて聴いてみると、その歌にこもる魂に涙が止まりません。
ご自身が吃音というものを生涯にわたって抱えており、それ故に障害を持つ人、差別される人、そして全ての人間に対する深い共感と理解を持つに至ったのでしょう。
僕は「人間愛」といったものを安易に信じない人間ですが、この人は宗教的な道徳心からでもなく、既成の道義心に乗っかったわけでもない、本当に自身で獲得したその深い人間への共感は「人間愛」とでも言うしかないものだと感じます。
メジャーデビューしてたった5年で亡くなってしまったそうです。もっと早くに知っていたかったです・・。

『子育てと虐待』 - 2010.02.20 Sat

このところいろいろなブログを見て回っていました。
それで、前々から思ってたことがやっぱりそうだなって確信したのだけど・・・

ブログ書いている人、圧倒的に関西の人が多いと思います。
どうしてだろう~関西の人のほうが、自分から何かを発信したりコメントとかのやり取りをするのが好きなのかな?
関西の友達は「ボケとつっこみは小学校で必修なんだ」とか「空気感染するものなんだ」とか言ってたけどそれとかとも関係あるのかな・・・。不思議だ~。それともただの偶然なのかな。

まあ、そんなことは置いといて、このブログと同じ<子育てノウハウ>のカテゴリーの人のブログに「成長期」(反抗期)の対応の仕方として、「この時期に叩いてしつけることも必要」というようなことが書いてあったのでちょっとびっくりしてしまいました。

昔の子育てを志向する人の中には、この「叩いてしつける」ということを親の威厳などと共に必要視する人もいるのだけど、「しつけとして叩くことを許容する」ということは「児童虐待する人の理論的根拠」となってしまうのでとても危険な考え方であるといえます。




『遊びとかたづけ』 - 2010.02.18 Thu

前々回のまめ知識特集でもちょこっと「かたづけ」についてでましたが、遊びを語る上でけっこう重要なんですよね。
ウンウン、と思った人ちょっと違うかも。
それは・・・



『遊べる子、遊べない子』そして『友達との関わり』 - 2010.02.16 Tue

遊びについて書こうとすると、書くことは山ほどあるのだけど、普通の人が『遊び』と思っていることにたくさんの誤解していることがあるのです。
そして、誤解したままこどもを遊べない子にしてしまっているな~と感じることが多々あります。

今日はそんなお話です。



子育てまめ知識特集 その2 - 2010.02.15 Mon

これまでわりといい加減にカテゴリ分けしてたのですが、ちょっとだけ見やすくするために『魔の2歳児』や『排泄の自立』『叱らなくていい子育て』など細かく整理してみました。

このところがっつり子育て文化論をしちゃったので、ちょっと息が抜けるように前回好評だった小ネタ集の2回目です。
でも、あんまし溜まってないのでちょこっとね~。


現代の子育ての落とし穴 Vol.5 「認可園と認証保育所」 - 2010.02.15 Mon

前回、「親が子育てに慣れておらず、物事を教え込むことでこどもに必要なものを与えていると思ってしまう」という落とし穴について述べました。

しかし、このことは親と子の間だけの問題ではなくなってきているのです。
それが僕に今後のこどもの育ちを不安に思わせているもうひとつの理由でもあります。

どういうことかというと・・

現代の子育ての落とし穴 Vol.4 - 2010.02.13 Sat

前回はけっこう重い内容になってしまったのに、みなさん暖かいコメントほんとうにありがとうございました。
保育園というのは関係ない人にはまったく関係ないちょっと特殊なところなので、今ひとつ理解しにくいことかもと考えていたのだけど、思いのほか共感していただけたようです。
これからもがんばらなくちゃな~と気分を新たにできました。

さて、今回はもうすこし軽い内容でと前回予告しましたが、軽いっていう表現はちょっと違かったかもと考え直しました。正確にはより身近で起こっているっていう意味かな。
それは・・・

現代の子育ての落とし穴 Vol.3 「抑圧された子」 - 2010.02.10 Wed

昨日の続きです。ここから読んでもわかりにくいと思うので、昨日のとこからよんでね~。


この程度ならば「抑圧ポイント レベル1」くらいです。(こんな育児用語はどこにも存在しません。僕が勝手にいまつけただけです、他で言っても通じませんのであしからず~)

このくらいだったら、性格にちょっとくせができたりはするかもしれませんが、まあ普通に人と関わったり友達を作ったりして成長していくことが出来ます。
親は日々「子育てって大変」と思うかもしれませんが・・・。

現代の子育ての落とし穴 Vol.2 「抑圧ポイント」 - 2010.02.10 Wed

昨日は「いい子、出来る子にしようとするあまり逆効果になってしまっている」ということを述べました。


では、それをもう少し具体的にみていきたいと思います。

とある事例です。
3歳の女の子2人が、それぞれのお母さんと一緒に公園に遊びに来ました。
どちらのお母さんもまじめなのです。育児にも一生懸命。
だからどちらも、ついついしっかり「しつけ」たくなってしまう人だったのです。

現代の子育ての落とし穴  「いい子・できる子」 - 2010.02.08 Mon

現代では「子育て」っていうのはとても特殊なスキルになってしまっています。
僕の親の世代、いわゆる団塊の世代以前の人はかならずしもそうではありませんでした。
兄弟が5人6人いるなんて普通のことで、親が仕事や家事をしている間、上の子が小さな子や赤ん坊のめんどうを見るということが当たり前だったからです。いまでは兄弟がいたとしても、年齢がちかく2人多くても3人くらいが普通になっているので、兄弟姉妹のおむつを換えた経験がある人はおおくないでしょう。
また、近所の子を預かってめんどうをみる、なんていう以前は良くあったこともいまではあまりないのでオムツ換えどころかこどもと関わる経験すらとぼしくなっています。

そういわけで、おそらくほとんどの人が自分にこどもが生まれて、初めてこどもの世話をするという状況になっているのではないでしょうか。
つまり、稽古も事前の準備も予行演習もなんにもなしでいきなり本番の舞台に立つようなものです。


実地に経験したノウハウがまだないので、とりあえず自分の持っている価値観で子育てに臨んでいます。
そこでけっこう多くの人が行き着いてしまうのが、「いい子、出来る子にしよう」ということです。
これがまず「落とし穴」の一つです。

『カニの本』 - 2010.02.08 Mon

『カニの本』という育児書があります。
正確にはありましたなんです。なぜなら30~40年前に絶版になってしまってもう手に入らないと思います。
ネットで検索しても、ひとつも引っかかりませんでした。
おそらく日本でも幼児教育の専門家など一部の人しかもう知らないような本だと思います。

たしかチェコスロバキアの育児書だったと思います。
チェコなんてめずらしいと思われるかもしれませんが、チェコは幼児教育文化のとても高い国です。
カレル・チャペックに代表されるような絵本の国として知られていますよね。
ハンガリーやドイツ、スウェーデン、デンマーク、フィンランドなど冬の長い国は子育てについて熱心なところが多いようです。

では、なぜ育児書が『カニ』の本なのでしょうか?
それは・・・

ちょっと一息、コーヒーでも - 2010.02.06 Sat

子育てしているとやっぱりストレス溜まりますよね~。
育児してるけど、ストレスなんか感じたことないよイライラしたことも全然ない。という幸運かつ素晴らしい人もいることはいますけどね。100人か200人に1人くらいね。

はじめにことわっておくけど、今日は子育てちっとも関係ないお話。
おとーちゃんは嗜好品全般的に好きなんだけど、最近「あ~こんなにうまいものなんだ~」とあらためて実感したのがコーヒーなんです。

軽井沢に旅行でいったとき、なんでも世界のコーヒーの審査会で審査員をしている人がやっているコーヒー店があると聞いていたので、探していってみたのです。
別荘地のなかにあり喫茶店というより、そのまま別荘みたいなお店でした。
暖炉があってじっくり落ち着けそうなかんじ。

そこで飲んだスペシャルティーコーヒーもおいしかったのですが、豆売りもそのレベルの豆としてはとても安いので一袋買い、家で飲むと改めてうまい。それ以来毎月たのんでいます。
コーヒーの香りはそのままアロマテラピーですよね、育児で疲れたこころを癒してくれます。
僕の場合は「職場の!」育児のほうですが(笑)。

『丸山珈琲』
ネットでの販売はありませんが、電話やファックスで注文を聞いてくれます。
どれも品質の高いストレート豆もうまいですが、季節ごとのブレンドや、やはり店名を冠した「丸山珈琲のブレンド」は豆、ロースト、ブレンドが非常にバランスが取れていて素晴らしいです。
もちろん嗜好品だから、人の好みは様々だと思うけどね~。でも、しっかりした味のコーヒーが好きな人ならたぶんおいしいと思うよ。



子育てまめ知識特集 - 2010.02.04 Thu

なんか、いままでのところで書き忘れちゃったことやほんとにちょこっとした小技、小ネタを思いついた順に紹介。
う~ん、役に立つかもしれないことから、どうでもいいようなことまで適当に書いちゃうので役に立ちそうなことだけ読んでくらはい。

バルサミコ酢 - 2010.02.02 Tue

コメントで料理のことがでたので、ちょこっとお役に立つかも知識を紹介。

最近ではわりとどこでも売っているようになったバルサミコ酢。
買ってはみたけどあんまり使いこなしてない、なんてよく聞きます。

そこでとっておきレシピを!
作り方はとても簡単。

バルサミコ酢 1 に対して 醤油 1
これを弱火で煮立てて、まろやかになったくらいで火から下ろして常温で冷ませばおいしいソースのできあがり。

いまが旬のカキやホタテ、サーモンなどをかるく塩コショウ、小麦粉をまぶしてムニエルにしたものなどに好みで適量かけて食べるだけで、ただのムニエルがレストランの味になりますよ~。スライスしたニンニクなんかもカリカリに焼いて添えるとさらにイタリア料理っぽい感じに。
白ワインや冷やした日本酒などとも相性抜群。
たくさん作っても冷蔵庫にいれておけば、ずっと保存できるのでいつでも使えます。

カルパッチョなんかにかけてもいいし、塩コショウした薄切りの牛肉を焼くときに軽く回しがけると、簡単にイタリアの肉料理タリアータができます。生のバルサミコ酢もちゃんと使って焼けば、本格的なタリアータだよ。

キッチンにバルサミコ酢使わないまま眠っていたら、魚介のおいしい今のうちに是非おためしあれ~。

↓励みになります。よろしかったらお願いします。

育児ブログ・ランキング

東京にも雪がつもってきました - 2010.02.02 Tue

実は僕きょう誕生日だったんです。日付がかわっちゃったので正確にはもう昨日ですが・・。
僕が生まれた日も大雪が降っていたらしいです。
36歳になりました。
なんか仕事についてからの時間はあっという間でした。

僕が初めて卒園させたこどもたちは中学生になりました。
昨年の3月小学校の卒業式にいったときはもう号泣しちゃいました。その子たちが2歳くらいだったときのことがほんとに昨日のことのように思い出されるんですよね。

ここ数年、咲いている花を見ても、がんばっているこどもたちを見ても感動するのですね。
若いときなんでもなかったことがなんか実はすごく貴重なことのような感じがするのです。

僕は中学生くらいからずっとジャズが好きなのだけど、その頃聴いてもなんにも感じなかったビリー・ホリデイとかカーメン・マクレエとかが今では涙が出るほど心に響くのですよね。
こどもが生まれたり、しぬほどつらいことがあったりしていろいろ感じられるようになったのかな。

さっきギャンギャン泣いてたむーちゃんがおとーちゃんが好きなジャズを聴きながらスキャットしながら抱っこして踊ってたらすやすや寝てました。赤ちゃんって大人がリラックスしてれば安心するんだよね。

大きくなったむーちゃんとジャズでも聴きながらウイスキーのんで哲学語り合えるまでは生きていたいな~。
あ~~でも女の子だからそんなことには付き合ってくれないか~;;


いつものように子育てのこと書こうとしてたのだけど、↑これ聴いてたらそんなことを思ってしまいました。
綾戸さんテレビで見るとただの大阪のおばちゃんだけど、一度しにかけた人だけがもつ心の深いところにとどく歌があります。だれもが知っているイマジンやマイウェイがまた違って聴けますよ。

ではおやすみなさい~あした雪でころびませんように~。

↓励みになります。よろしかったらお願いします。

育児ブログ・ランキング

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ごあいさつ

ただいまコメント欄での子育て相談は休止中です。 お悩みのコメント下さっても回答を差し上げることができません。 申し訳ありませんが、過去記事、すでにある返信コメントなどを参考になさってください。 多くの相談への返信がすでにあります。関連するカテゴリーから探す、検索を使って探すなど利用してみてください。 多忙になってしまい、コメントへの返信ができなくなってしまいましたが、お寄せいただいたコメントにはすべて目を通し更新の励みになっております。ありがとうございます。

最新刊

よければレヴューも書いてね!

前作!

最新記事

最新コメント

プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

楽しく無理のない子育てを広めたいと2009年ブログ開設。多くの方の応援があって著作の出版や講演活動をするようになりました。 現在は、子育て講演や保育士セミナーの他、『たまひよ』や『AERA with Baby 』等の子育て雑誌の監修やコラム執筆。『ジョブデポ保育士』の監修や育児相談などをいたしております。

講演等のご依頼

講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージ または『保育士おとーちゃんホームページ』 http://hoikushioto-chan.jimdo.com/ よりどうぞ。

カテゴリ

はじめにお読みください (1)
【まとめ】記事 (2)
子育てノウハウ? (75)
子育て日記 (13)
保育園・幼稚園 (88)
日本の子育て文化 (163)
おもちゃ (26)
叱らなくていい子育て (9)
排泄の自立 (11)
『魔の2歳児』 (5)
子育てまめ知識特集 (4)
あそび (41)
おすすめグッズ (8)
おすすめ絵本 (22)
食事について (15)
過保護と過干渉 (31)
満たされた子供 (7)
早期教育 (19)
我が家の子育て日記 (86)
心の育て方 (91)
相談 (83)
子供の人権と保育の質 (53)
その他 (56)
未分類 (21)
講座・ワークショップ (69)
父親の子育て参加について (3)
雑誌・メディア (12)
子育てに苦しむ人へ (3)

保育ひろば

保育ひろば

楽天

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪

当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。

ランキングに参加しています

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

アクセス解析