メデルマ

体罰で人を正すことはできない

川崎市中1殺害事件の公判が進み、いろいろなところでニュースになっています。
事件そのものについてではありませんが、これを読んで僕も考えるものがありました。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

いじめ問題 「学校の意識は古い」

他の記事が途中だけれども、今日はいろいろと思うところがあったので勢いで書きます。

いじめの事件の報道が相次いでいます。
いじめにはとても多面的な問題があって、ひとつのことを解決するだけでは減っていきません。

”子育て”が専門の僕からすると、ひとつ大きな問題は「いじめをする子は親によって作られる」ということです。
もちろん、わざわざ「うちの子をいじめっ子にしよう」と子育てする人はいません。親が無意識に、それか無頓着に、もしくは「よかれ」と思ってすることが、結果的に「他者にいじめや意地悪をすることで、心のバランスをとらなければならない」というところに子供を追い込んでしまいます。

僕は主に乳幼児の子育てに焦点をあてて、無理のない子育て、楽しい子育てをお伝えしています。それによって、遠回りだけど結果的に子供をそのようなところに追い込まなくてすむようにと考えてこの仕事をしています。


ですから、非常に微力ではあるけれども子育てへのアプローチから、いじめを無くすという働きかけはできます。
しかし、いじめ問題は多面的です。
それだけでは解決しません。
僕が働きかけられない分野に対しては、せめて訴えかけることで少しでも現代に生きる大人としての役割を果たしていこうと思います。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

グループ相談会 開催のお知らせ

2月25日(木)、東京青山にて定員10名で子育てのグループ相談会をいたします。
今回は、4~6歳のお子さんをお持ちの方を対象に、みんなで悩みや対応法を共有したり、悩みを聴いてもらうことで子育てをラクにしていけたらという会です。

年齢もあがってくると、なにかと悩みも深くなってきます。こういう対応でいいのかしらと迷ってしまうこともあるでしょう。そんな子育ての悩みや不安を話せる場になれればいいと思います。

詳細、お申し込みはこちらから。

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

なんで”自由”が大切なの?

前回のところで、”自由”がその根底にある、子供の学びには”自由”が重要と述べました。
また、それを実践しているこの幼稚園が素晴らしいとも言いました。

なぜ、自由が大切なんでしょう?
なぜ、この幼稚園が素晴らしいのでしょう?

それについて、今回は書いていこうと思います。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

リンク  手塚貴晴:他に例を見ない最高の幼稚園

日本ではあまり”建築”について語られることはそう多くないのですが、建築って見てみると、絵画などの芸術作品と同様に、そこにはいろいろな人間の考え方がつまっていて面白いものです。

僕は別段建築に詳しいわけではないのですが、ドイツの建築家ブルーノ・タウト (1880‐1938) の世界遺産にもなっている「ベルリンのモダニズム集合住宅群」をそこに住む人と他者との関わりのあり方の観点から研究したことがあって、建築は思想だと感じています。
日本にもゆかりのある方なので、熱海市や高崎市に住む方はご存じかもしれません。

さて、今回紹介したいのは、ある幼稚園についてです。


リンク先の動画や翻訳文を見ていただけばわかると思いますが、それが大変おもしろいのです。

手塚貴晴: 他に例を見ない最高の幼稚園


僕が蛇足の解説をするまでもありませんが、この根底にあるのは「自由」ということではないかと僕は感じます。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

AERA with Baby 2016年2月号 「第一子育児 お悩み解決隊が行く!」

「第一子の子育て」というテーマで監修をしました。

AERA with Baby 2016年2月号

「複数の方にお話をうかがってそれを記事にまとめます」と、そのとき言われたのですが、僕としてはそれぞれの人の話を並列的に記事にするのかなと勝手に思っていました。

できあがったものを見て、「ああ、なるほど。こういうかたちなのか~、面白いな」と感じました。

いくつもの質問項目への回答を、その僕を含めて4人の方のなかからピックアップして載せています。
だから「お悩み解決隊」だったのですね。

僕は実際的、具体的な子供への関わり方を旨としていますので、こういったものに合っているようです。
ほとんどの回答で、僕の話を取り上げて頂いています。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

モノで心を満たさない。心は心で満たす!

モノって魔物です。
モノと心は密接な関係があるようです。

大人の話ではありますが、例えば疲れてしまったときや、リフレッシュしたいときなど、「自分へのご褒美」として豪華な買い物をしたりすることで、自分を癒やすことができます。
そういったことは、必ずしも悪いものではありませんね。
しかし、それも度を超すと「クレジットカード依存症」のように、大きな問題となってしまうケースもあります。
最近なにかとニュースになっているものに「ゴミ屋敷」がありますが、あれらもモノを溜め込むことで心の隙間を埋めようとする、一種の心の病が背景にはあるのでしょう。

そのように、モノと心には密接なつながりがあって、適度にはなんでもありませんが、度を超すと問題となってしまいます。
そして、それは子供にもあります。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

ほいくみーコラム 第6回目『個性を踏まえた子供との関わり  -否定の保育にならないように-』

保育について連載している『ほいくみー』のコラムを更新いたしました。


『個性を踏まえた子供との関わり  -否定の保育にならないように-』


子供への視点をきちんと確保することで、すべての子供により適切な関わりをしていって欲しいと思い書いています。

保育士の多くは、心優しい人たちです。
ここに書かれているようなことを文章や理論としてではなく、その人のセンスや感覚、これまでの経験から身につけてうまくできてしまっている人もたくさんいます。

でも、本当に専門家・専門職というからには、それだけでは足りません。
人に聞かれて、それを言葉で伝えられるくらいでなければならないのです。
そうでないと、次世代を担う若い人にその大切さを伝えることが不十分になってしまったり、適切に子供を尊重して関われない保育士がいたときに「その保育は子供のためにならない!」と自信を持って伝えることができなくなってしまいます。

そのような子供を尊重しない保育がその施設の主流に染まってしまっているところも、現に少なくありません。
だからこそ、保育士には経験のみにかたよらず、それをきちんと言葉でも理解できるようになることは、とても大切なことだと思うのです。

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

「まっすぐにしてくださいっ!」

おしゃれと言えば、うちの娘も一年前は活発で男の子によく間違えられるくらいだったのに、最近では女の子らしさに目覚めて、お気に入りのスカートがあったり、髪の毛をロングにしたりとするようになりました。

なので、しばしば僕が朝、髪をとかしてポニーテールに結わいてあげたりしています。

「おとう、やってー」と髪ゴムとクシを持ってきます。
普通はあまりそういうことでお父さんを頼らないかと思いますが、そんな風に娘に来てもらえて僕はしあわせだなぁと、そのたびに感じます。


そんなむーちゃんですが、この前お兄ちゃんとふたりで床屋さんにいかせました。
そしたら自分でなんかこだわりがあったようで、前髪を「まっすぐにしてくださいっ!」とお店の方に頼んだそうです。
なのでいま、前髪ぱっつんの日本人形のような感じになっています。

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

女の子ってすごい

もちろん個性の差はあるにしても、やっぱり男女の違いはあるようです。

そんな女の子の特徴としては、”おしゃれ”、”かわいいもの好き”があります。
誰が教えたわけでなくとも、女の子はわりと小さいうちから服装や小物、色などへのこだわりが出てきます。これは2~3歳でしばしばでてくる”こだわり”とは別にあります。


続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

たまひよNET 『脱・イクメン』

たまひよNETで連載中の男性の子育て参加についてのコラムの第二回が更新されました。

『脱・イクメン』

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

『保育士おとーちゃんの「心がラクになる子育て」』

あけましておめでとうございます。
みなさまお正月はいかがお過ごしでしょうか。

我が家では、今年は小豆を煮てお汁粉を作って食べました。



続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

『父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。』

以前に紹介したCommons.jpの主筆でもあり、子育てをテーマにした本を多く手がけている出版社『三輪舎』代表の中岡さんにお会いしてきました。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

保育士になった理由のひとつ

僕の学生時代の友人の話です。
その友人は、高校生になるまでサンタクロースの存在を信じていたというのです。
それというのも、毎年ずっと、家の廊下に長靴の足跡があったり、たくさんの演出をご両親がしてくれていたとのこと。

この話が、僕にはある種のカルチャーショックだったのです。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

今日の講演会の補足

本日は個人の方からの依頼で、「叱らなくていい子育て」と「イヤイヤ期」をテーマにした講演をしてきました。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

加古川市講演会を終えて

兵庫県加古川市での講演会が終わりました。

講演時間1時間半、質疑応答30分、合計2時間とフルサイズの講演会です。
話す方としては一生懸命話しているので、時間はあっという間なのですが、話を聴いている方にとっては結構長い時間だったと思います。

ご参加くださった方々、またコメントくださったみなさまありがとうございます。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

こっそり・・・・・・

ないしょだよ。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

”サンタクロース”という存在

これまで日本では、子供へのプレゼントを「子供の欲しいものを与える」という考え方が主流であったようです。

うん、たしかにそれはわかります。
せっかくプレゼントしたのに、その子が見向きもしてくれなかったら悲しくなってしまいますよね。

だから、普通の贈り物や誕生日プレゼントは、その子が望んでいるものや、望みそうなものを僕も考えます。(それでも、子供に迎合するのではなく、大人としてなにを与えたいかで吟味はしますが)

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

タイトル『保育士おとーちゃんの「心がラクになる子育て」』

今日、著者が直接原稿に手を加える工程としては最後になるゲラ(推敲するための印刷された原稿)の提出が終わりました。
締め切りギリギリになってしまったので、出版社を訪れて原稿を手渡しすることに。

自分ではまったく意識していなかったのですが、原稿を渡した瞬間に気が抜けてしまって、しばらく席から立ち上がれないほどでした。
普段はあまり気にとめることもないのだけど、人間って精神的なものにが大きく影響しているのだとつくづく感じさせられます。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

平成27年度 加古川市子育て講演会

コメントでいただくまですっかり告知することを忘れていました。
ご指摘ありがとうございます。


この秋冬の間にたくさんの講演依頼をいただきました。
講演を聴きに来ていただいた方の子育てのちからになれますように、このところ寝食を忘れて講演準備をしております。
必ずや「聴きに来てよかった」と思っていただけるようなものとしたいと思っています。

一般募集のないものもありますので、あまり告知しておりませんでしたが、一般募集のあるものにつきましてはお知らせをしていきますね。


12月5日(土) 14時~16時
兵庫県加古川市役所からご依頼をいただきまして、加古川市民会館にて講演をいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

第1回加古川市子育て講演会 ~叱らなくていい子育て~ のお知らせ

ポスター


テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

「不安と心配」について

実は前回の記事、前半と後半で微妙に論点がずれてしまいましたね。
下書きもしないで勢いで書いたものですから、僕の悪いクセがでてしまいました。
もう少し本来書きたかった前半部分を掘り下げてみようと思います。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

悩みの後ろ側にあるもの

時期的なものでもあるのですが、このところ本当に多忙になってしまいまして、以前であれば忙しいと言っても、ブログの記事を構想するのだけど書く時間がとれないといった程度だったものが、最近ではそれを考える時間もとれないほどになってしまいました。

ブログの更新を楽しみにしていただいている方には、本当に申し訳ないのですが、そんな状況ですのでご理解ください。

コメントにて相談もいただいておりますが、現在は育児相談を休止しております。
記事の整理整頓がきちんとできていないので恐縮なのですが、さまざまなケースに対する、かなり多くの質問への返信が過去記事やコメントの中にありますので、そちらを探していただけたらと思います。

気づいていない方もいらっしゃるかと思いますが、『相談』のカテゴリーのみならず、該当する記事の下にあるコメント欄で、相談返信のやりとりをしている箇所もたくさん(むしろそちらのほうが多く)ありますので、コメント欄に目を通していただけると幸いです。

このブログの価値は、コメント欄にあるといってしまっても過言ではないかもしれません。


そんなわけで、相談のひとつひとつにお返しすることはできないのですが、子育ての悩みの元になっているものについて”気づく”ことで、子育ての悩みを軽くできるかもしれないことを今回は書いてみようと思います。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

Web版『たまひよ』にてコラム開始しました

このたび、Web版『たまひよ』にて、お父さん向けのコラムを月1回くらいのペースで連載していくことになりました。

たまひよnet

最近は、講演などの依頼でも「お父さん向けのお話しも入れて下さい」といったご要望を承ることが多くなって参りました。

男性の方からも、「育児には参加したいけど、具体的にはどうすればいいのだろう・・・・・・?」そういうことも多いようです。



第一回のテーマは、
『お父さんもたくさん写真に写ろう!』 と 『親子の絆が深まる「皮膚感覚」のお世話』です。

よろしければご覧ください。

『保育士おとーちゃんのパパ向けコラムはじまります!』

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

品川子育てメッセに行ってきました

一昨日、品川子育てメッセに行ってきました。
短めの講演でしたが、事前予約も含めて大勢の方に聴いていただき、質問もたくさんありました。
大きな会場だと、なかなか身近でお話しできないのですが、講演後に会場入り口で質問を受けていたら、「もっといろいろお話し聴きたかったです」とあたたかい言葉もかけていただき、もっとこういう機会を増やしていかなければとあらためて感じました。

もうしばらくすると、いま取りかかっている仕事も落ち着くので、また自分でも講演を企画していこうかと思います。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

いじめについて考える  Vol.9

前回の続きから。

似たようなケースでは、「虐待」の問題があります。
これは、かつてといまでは社会通念が変わって、以前よりは対応が踏み込めるようになりました。
なにが変わったかというと、それは「通報義務」ができたことです。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

いじめについて考える  Vol.8

『文部科学大臣の体罰謝罪からいろいろ考えてみた』
の続きですが、しばらく「いじめ」についての話をしますので、連番で書いている『いじめについて考える』のタイトルにしました。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

ほいくみーコラム 連載5回目

ほいくみーコラムの第5回が掲載されました。

「個性」とは何?~子供・保育・子育てでのとらえ方~

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

イニシアチブは大人でいい

ママテナの記事その2が掲載されました。

『“王様子ども”にしないために、親が日々心がけることは?』



その関連で、先日あったこんなことを紹介したいと思います。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

mamatenna[ママテナ] 『急増中!優柔不断な親を翻弄する“王様子ども”』

”ママの知りたいが集まるアンテナ[ママテナ]mamatenna
にて、僕の監修した記事が載りました。

急増中!優柔不断な親を翻弄する“王様子ども”

全3回のうち、いまのところ1つめがUPされています。

「過保護」についてのテーマです。

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

文部科学大臣の体罰謝罪からいろいろ考えてみた

馳浩 文部科学大臣が教員時代に生徒に体罰を振るっていたことを謝罪しました。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

最新刊
すべて書き下ろしました!  保育士おとーちゃんの「心がラクになる子育て」
前作!
保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」
最新記事
最新コメント
プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

講演等のご依頼
講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージよりどうぞ
ランキングに参加しています
カテゴリ
テスト中
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪
当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
アクセス解析