メデルマ

動画 GREATEST DAD WINS EVER

執筆で一日中ものを考えていると、脳みそがクタクタになってしまうのだけど、なんか癒やされました。

こちら(←Facebookの動画へのリンク)
ソファで目をつぶって横になっているお父さんが、赤ちゃんをキャッチするのすごいです。

31秒のところで、男性が花壇に突っ込みそうな子供を支えているところ。持っているものを投げ捨てているのね。これすごくいい判断で、ふつうはなかなかできません。僕も保育しているとき、普段から持っているものを躊躇なく手放すことをときどき意識します。そうしていないといざというときできないんですよね。あと、あんまり腕時計はしません。必要があってしなければならないときも、ごつい時計はしません。子供を助けようとしてかえって傷つけてしまうことがあるからね。

Esos momentos cuando papá se convierte en superhéroe

Posted by Mix 98.3 on 2015年8月24日

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

リンク 『朝夕は保育士1人でもOKに…?保育業界のニュースに7割が反対!』

 このところ執筆にかかりきりで僕もしらなかったのですが、保育園をめぐってこんな動きが出てきていました。

朝夕は保育士1人でもOKに…?保育業界のニュースに7割が反対!(保育のお仕事)

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

ほいくみーコラム 連載2回目

昨日、ラジオをうちの子供たちと一緒に聴きました。
なんだか聴くときの方が、収録のときより緊張した気がします。

内容は、「子育てに参加してくれないお父さんをどうしたら参加してくれるようにできますか?」
というものだったのですが、ある人を”どうすればこうできる”といった技術を僕は持ち合わせていないので、男性の子育て参加一般についてのお話しをしました。

それは要約すると、現代では男性だからと言って「まったく参加しない」のは、男性の方からすら「それは、さすがにえばって言えないな・・・」となっていますので、「遊びの相手や、お母さんに頼まれたことなどはしよう」という意識の人が多いです。
しかし、遊びの相手などは子育てのほんの一部でしかなくて、つきつめれば子育てというのは、日々、食べさせて、清潔に保って、健康を維持するという生活の部分がおもなものなのです。

ですから、男性も下手であってもいい、不得手であってもいい、例えば料理が苦手ならばお総菜を買ってきてでもいいから食事の準備をしたりといった、生活の部分に積極的に踏み込んでいきましょう。
現代では、子育ての表面的な一部ではなくて、そういった子育ての主要な部分に男性が参加することが望まれている時代になっているんですよ。

といったお話しでした。



さて、以前も紹介した『ほいくみー』の保育についてのコラム第二回が掲載されました。

『保育士おとーちゃんが教える「子育て・保育が大変にならないように」』

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

”意見を表明する”ということ vol.2

日本人は、我慢や忍耐を美徳のように考えてきた経緯があります。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

”意見を表明する”ということ

「日本人は議論がへただ」とよく言われます。

会議などをしていると、まったく僕もそのように感じます。
ただ、「議論が”へた”」とか「口べた」という意味合いで、議論がうまくできないわけではないと思います。

議論に対しての前提条件というか、次元がそもそも議論を可能にしていないようなのです。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

子育てのスタート地点

今日は朝から考え事をしていて、うっかりラジオの放送を聞き逃してしまいました。残念。
来週は忘れないようにしなくちゃ。


今日の記事は、現代の家族のあり方、男女の子育て参加についてのお話しです。



続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

ラジオオンエア日決まりました

以前お知らせした

FM nack5 "monaka"のオンエア日決まりました。

1回目・・・8月11日午前11時35分頃~
2回目・・・8月18日午前11時35分頃~

だそうです。どちらも火曜日ですね。
実際の放送ではどのくらいの長さになるのかは、僕もよくわかりません。
5分、長くても10分弱くらいではないかと思います。

パソコンやスマートフォンからでも”radiko.jp”から聴くことができます。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

『”明日の保育がもっと楽しくなるサイト” ほいくみー』にてコラム、スタート!

保育士さん向けの情報サイト 『ほいくみー』 において、保育についてのコラムが連載されます。

『子育てが難しい今保育士に求められること~保育士おとーちゃんのコラム~』

これから保育士を目指す人や、若い保育士さんのお役に立てればいいなと思います。


なにか気のきいたことを書こうと思いましたが、今日は本の原稿を10枚ほど書きすすめました。もう、頭が回りません。それを理由にしてなにかあまいものでも食べてしまおう。

最近ブログ更新できずにすみません。
コラムの方は保育士向けですが、そんなに難しく書いてはいないのでよろしかったら見てください。

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

FM nack5 "monaka"

つい先週末、ラジオの相談コーナーの出演依頼がありまして、本日その収録にいってきました。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

『ルポ 保育崩壊』(岩波新書)


各方面でこの本が話題になっています。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

WS 第六回 子供との距離感

昨日ワークショップが最終回を迎えました。
隔週で三ヶ月にわたり、長いようで短いようなあっという間の全六回でした。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

ハンモック

僕の執筆のサイクルが、ちょうど夏にぴったりとはまってしまっているので、去年も夏は大忙しでした。
忙しいというか、精神的に余裕がないというか。
でもその分、数日しかなかったけど夏休みはとても充実していました。
今年の夏は昨年にも増して暑くなりそうですが、あと2ヶ月執筆に集中してなんとかがんばっていきたいと思います。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

WS 第五回 過保護と過干渉

昨日、ワークショップ5回目の『過保護と過干渉』の回がおわりました。


続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

ちょっとした関わり  Vol.1

研究会に来ていただいた何人かの方から、以前ときどき書いていたような子育てのちょっとした技をまた書いてくださいと熱烈なリクエストをいただいたので。

でも、こういうことを僕はあんまり意識してやっていないので、あげてくださいと言われるとなかなか出てこないのですね。
なので、思い出したときにでもちょこちょこと書いてみます。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

研究会がおわりました

つつがなく研究会をおえることができました。
ご参加下さったみなさま、関係者の方々おつかれさまでした。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

”弱さ”の尊重

いよいよ明日が研究発表の日なのですが、そのなかで「全一性(integrity)」という言葉がでてきます。

明日の発表では、時間の関係であまりここを掘り下げてお話しできないので、ここにわかりやすく書いておこうと思います。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

『子育てする権利』

「保育サービス」という言葉が声高に世間でも言われるようになって以来、さまざまなニーズに応じた保育環境が求められるようになっています。

病児保育、夜間保育、24時間保育、などなど。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

”小言過干渉”

前回話したことの具体例のひとつをあげましょう。


続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

リンク 『私ばかりが損している!不満を爆発させる前に気付くべきこと』

まず、はじめにこちらを読んでみて下さい。

『私ばかりが損している!不満を爆発させる前に気付くべきこと』  (PHPファミリー)

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

敬心学園学術研究会

東京 高田馬場に、日本児童教育専門学校という保育の学校があります。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

1のことに10の援助をしない

なんだか急に夏みたいな暑さになってきましたね。
この数日、東京は湿度が高くて過ごしにくいです。
でも、クールビズはずいぶん定着してきましたね。
さすがに、こんな気候でネクタイ締めて背広着るのはしんどいですよね。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

「尊重」することは「支配」しないこと vol.3

書籍版『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』の増刷がなって、再びお求めいただけるようになりました。
そうしたら楽天ブックスのランキングがすごいことになっていて驚いています。
これが品薄商法の効果か!(別にそんなのぜんぜん狙ってやっているわけではないと思いますが)


では、前回の続きです。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

「尊重」することは「支配」しないこと vol.2

「子供を信頼していること」は、これは大人に置き換えて考えるとわりと簡単にわかります。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

「尊重」することは「支配」しないこと

講演会の時に、にいにとむーちゃんも来ていたので、その様子をみた何人かの方に、「どうしてあんなにおとなしく育つんですか?」とか「どうやったらああいう風に上手に遊べるようになるんですか?」と聞かれました。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

講演会にご参加ありがとうございました

本日、無事講演会がおわりました。
拙いところも多々あったとは思いますが、ご参加下さったみなさま本当にありがとうございました。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

講演会まであと3日

ずいぶん先だと思っていた講演会も、まもなくとなってきました。

参加者の方には諸注意をメールでお送りいたしましたが、少々補足を。


続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

日本人の思考の謎現象

ただいま、『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』 (PHP文庫)の欠品が相次いでいてお求めになられても手に入りにくいようです。
6月初旬に新たに増刷されますので、もう少々お待ち下さい。
ご迷惑おかけします。



子供はちょっとしたことでも体調を崩します。
人間は、体温がたった0.5度変化するだけでも、正常ではなくなってしまうか弱い生き物なので、子供ならばなおさらです。
ちょっとした疲れや、興奮、頭を使った、親に受け止めてもらえていないといったストレスですら、身体に変調を来すことがあります。

今日のテーマは、子供のことではないのですが。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

「子供」の尊重 (「疎外」 -支配と束縛の子育て法- vol. 3.5)

本当はこの記事は、4月21日に更新した『「疎外」 -支配と束縛の子育て法- vol.4』になるはずでした。


僕は、子育てを精神論や感情論にしたくないので、あんまり叙情的なものは書かないようにしているのだけど、疎外されて苦しむ子供たちがいることへの思いがあふれてしまって、ああいったお話しも書いてしまいました。
たまにはいいよね。


ですので、この記事は『「疎外」 -支配と束縛の子育て法- vol.3』の続きとして読んでみてください。
以下本文。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

自尊心と排泄の自立

「排泄の自立は、単におむつがはずれて、トイレでできるようになることではない」と、これまで排泄関連の中で何度も述べています。

このことは、前の記事ででてきた「自尊心」と密接な関係があります。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

嘘は大人がつかせる

「嘘をつくな」と大人は子供に言います。

これは理屈であり、正論です。
でも、”人は正論を重ねればその通りになる” と大人は考えたくなってしまうのですが、実際は、人は正論を押しつけることでそのようになるとは限らないのです。

ここが人を育てることの難しいところです。
また、まじめな人がつまづいてしまうところです。

続きを読む

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

書籍化しました
最新記事
最新コメント
プロフィール

保育士おとーちゃん

Author:保育士おとーちゃん
当ブログはあくまで個人ブログであり、記事の内容および相談・コメントの返信等は効果を保障するものではありません。
ご利用に当たっては自己責任でお願いします。

講演等のご依頼
講演・ワークショップ等のご依頼はFacebookのメッセージよりどうぞ
ランキングに参加しています
カテゴリ
テスト中
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしらせ♪
当ブログはリンクフリーです。トラックバック・リンクはご自由にどうぞ。 しかし、本文・コメント・その他を含めて著作権は私にありますので、引用・転載する場合は連絡をお願いします。また引用元の記載も併せてお願いします。 なお写真の転載はお断りいたします。
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
アクセス解析